お悔やみに対して返事をする方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

愛する人を失くすと、心が落ち着くまでに長い時間がかかります。友人や家族は、メッセージカードや手紙、オンラインメッセージ、花などを通じて気遣ってくれるかもしれません。忘れてはならないのは、彼らがお悔やみの言葉を送ってくるのは、あなたのことを愛していて、心配しているためだということです。気持ちが落ち着いたときに、それらのメッセージや親切な心遣いにどのように対応すればよいかを知っておきましょう。

方法 1 の 2:
どのように答えるか考える

  1. 1
    直接お悔やみを述べられたら、心から「ありがとうございます」と返す あなたが感情的になっていること、または傷心していることは皆理解しています。周りの人たちが「お悔やみ申し上げます」と言うのは、あなたのことを気にかけていると伝えたいためであり、長い会話を期待してはいません。「ありがとうございます」とシンプルに返すだけで大丈夫です。[1]
    • 他に、「お気遣いありがとうございます」や「ご親切にありがとうございます」などと返すのもよいでしょう。
    • 相手も故人と知り合いであり同様に悲しんでいる場合は、「あなたもおつらいことでしょう」と返すこともできます。
  2. 2
    カードや贈り物をくれた人にシンプルで心のこもったメッセージを書く オンラインメッセージに返事をする、あるいはカードを書く場合、長文を書く必要はありません。彼らの心遣いやサポートに感謝の気持ちを表しましょう。贈られた花について、あるいは葬儀に出席してくれたことについてなど、具体的に触れてもよいでしょう。[2]
    • 感謝のメッセージの例:「私たち家族がつらい時間を過ごしている間、お心遣いをいただき感謝しています。花もお贈りくださり本当にありがとうございました。いただいたお気持ちとサポートは、私にとって大きな力になりました」
    • 礼状を送る場合は、送る相手との関係に基づき適切な文章を選ぶようにしましょう。英語では相手が家族や友人なら、「love」または「with love」と加えます。故人の友人、あるいは職場の同僚など、あまり顔なじみのない人であれば、「warm regards」または「sincerely」と書きましょう。
  3. 3
    気持ちが落ち着いてから返信をする 受け取ったお悔やみに対して数週間以内に返信することで、早く気持ちを落ち着かせようとする人もいます。しかし、気持ちの準備ができていないうちは悲しみに浸る時間をもちましょう。2~3か月経ったら少しずつ返事を返してみます。それでもまだつらい場合は、友人にサポートを求めるとよいでしょう。[3]
    広告

方法 2 の 2:
手紙やメッセージに返信する

  1. 1
    メッセージをくれた人たちに手書きの手紙やカードを返す 気遣いのカードや手紙がさまざま届いたことでしょう。心のこもった手書きの手紙を受け取ったなら、あなたも手書きでメッセージを返すようにしましょう。[4]
    • 一般によくあるカードに名前だけを追記したものを受け取った場合は、特に返信する必要はありません。[5]
  2. 2
    葬儀社が手配する印刷済みの礼状で返信し、簡単に済ませる 個人に合わせた返信をするのが難しい場合は、葬儀社が手配する礼状を使いましょう。通常これらの礼状は、相手の心遣いに感謝する内容になっています。[6]
    • もう少し深い感謝を伝えたいなら、後日改めて手紙を送ると書いておきましょう。[7]
  3. 3
    葬儀場のウェブサイトにメッセージを投稿してくれた人たちに返信をする アメリカでは、多くの葬儀場がウェブサイトに追悼記事を載せており、そこに誰でもお悔やみの言葉を投稿することができます。温かい言葉を投稿してくれた人に、ウェブ上で感謝のメッセージを返しましょう。[8]
    • 返信メッセージの例:「お悔やみをいただきありがとうございました。つらい時期にお心遣いをいただき感謝しています」
  4. 4
    SNSでお悔やみの言葉を送ってくれた人たちに感謝の気持ちを投稿する 最近はオンラインでお悔やみの言葉を送ることがよくあります。Facebookなどのサイトでメッセージやコメントを受け取った場合は、彼らの心遣いに対して感謝のメッセージを返しましょう。[9]
    • Facebookの友達が投稿とは別にカードや電話をくれた場合は、個人的に礼状を返すようにしましょう。
  5. 5
    普段の連絡手段にメールを使用している場合は、メールで感謝の気持ちを返す メールでの連絡は温かみを持たないと考えられることがあります。しかし、友人や親しい人がメールでお悔やみを送ってくれた場合で、普段もメールで連絡をとっているのであれば、メールで返信して問題ありません。[10]
    • 相手が葬儀に出席してくれた、あるいは手書きの手紙を送ってくれた場合は、電話で連絡をするか、手書きで返事を返しましょう。
    広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 社交
このページは 129 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告