PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

新しい年の始まりを祝う国や地域は数多くありますが、日本のお正月も大変個性豊かな伝統行事です。お正月の由来は諸説さまざまですが、誰にとっても生活から切り離すことのできない重要なイベントであることは間違いないでしょう。でも、お正月の飾りつけや食べ物の準備を毎年当たり前のようにやってはいても、その意味をあまり知らないものもあるのではないでしょうか。それぞれの意味や由来を知って、次のお正月を迎える準備に役立ててみませんか?

方法 1 の 2:
お正月に関する知識を深めましょう

  1. 1
    どのような行事なのか知りましょう 日本人にとってお正月は生活と密着しており、特別な行事と言うよりも「新年特有の過ごし方」という捉え方のほうが近いとも言われています。身近だからこそ知らないという部分もあるのかもしれませんね。この機会に、日本の行事としてのお正月の意味合いを再確認してみましょう。
    • 正月という漢字は「あらためる月」を指します。年があらたまって始まりの月、という意味を覚えておきましょう。
    • 行事として一番重要な意味は「年神様をお迎えすること」です。年神様はご先祖様の霊神であり、子孫繁栄や五穀豊穣の神様でもあると言われています。お正月は年の始まりに年神様をお迎えして、一つ歳を重ねられたことを感謝し、たくさんの幸せを授けてもらうための行事なのです。
    • 「笑う門には福来る」ということわざがありますよね。これには、年神様をにこやかにお迎えするために、お正月はのんびり健やかに過ごす休息日だという意味合いもあるのです。
    • お正月は神様にまつわる行事なので、神祭りの行事とされるのが一般的です。大晦日の除夜の鐘は仏教行事ですが、日本では宗教として厳密に区別されることは少なく、どちらも一年のけじめの行事として広く受け入れられています。
  2. 2
    社会における位置付けを知りましょう お正月は伝統行事のひとつですので法律で決められたものはありませんが、他のどの伝統行事よりも「全国共通の重要なお祝い事」と認識されています。社会の制度としてはお正月の期間をどのように取り扱っているかを知ることで、お正月の位置付けがわかるかもしれません。
    • 国が1月1日を「元日」として休日に定めています。
    • 各行政機関は「行政機関の休日に関する法律[1] 」により、12月29日から1月3日までを休日とすることが定められています。
    • 地方自治体や民間企業も、行政機関に準じた休日を設定している場合が多く見受けられます。
    • 世界各国にもお正月を祝う風習は見られます。中国の春節は有名ですが、中国をはじめアジア諸国では旧暦(太陰太陽暦)のお正月にお祝いをすることが多いようです。
  3. 3
    お正月の間に気をつけることを知りましょう お正月の間には、すること・するべきでないことがあります。縁起を気にしすぎる必要はありませんが、それらをあらかじめ知っておけば準備の段階で配慮できることもあるでしょう。
    • 初詣は、年神様とは別の土地の神様へのお参りです。参拝する際には混同しないよう心がけましょう。[2]
    • 元旦に掃除や洗濯をするのは、年神様が運んで下さった福を「掃き出す・洗い流す」ことになり、縁起が良くないという言い伝えがあります。しかしその裏には、元日くらいは家事や仕事を減らして、疲れたり怪我をしないようにのんびり過ごしましょう、という意味もあるようです。
    • 喧嘩はしないに越したことはありませんが、新年早々喧嘩をするのは特に避けたいものです。自分にも周囲にもつまらない思いをさせてしまうようでは、それこそ福が逃げて行ってしまうでしょう。
    広告

方法 2 の 2:
お正月の準備を整えましょう

  1. 1
    大掃除をしましょう お正月を迎えるための大掃除は年末の風物詩です。家屋や車など、一年間お世話になった感謝の気持ちを込めてきれいにしましょう。隅から隅まできれいにしておくと、お正月には年神様がたくさんのご利益を授けてくれると言われています。
    • 家は多くの時間を過ごす場所ですから、使う人みんなで手分けして掃除をしましょう。不要品を整理するのにもいい機会です。すっきり片付けて新年を迎えましょう。
    • 神棚があれば隅々まできれいにしておきましょう。年神様はご先祖様の霊神でもありますから、仏壇やお墓も同様です。感謝の気持ちを込める意味で、普段掃除をする機会がない家族にも手伝ってもらうといいかもしれません。
    • 自動車や自転車などの乗り物も、一年の感謝と来年の交通安全を願って、洗浄と手入れをしましょう。
  2. 2
    飾り付けをしましょう お正月には独特の飾り付けの品々があります。日本人ならすぐに思いつく鏡餅・注連縄・門松の三種類はその代表格で、お正月のシンボルマークと言ってもいいでしょう。
    • 鏡餅の役割は重要です。鏡餅はお迎えした年神様が宿られる場所になるからです。床の間やリビングなど、家族みんなが見える場所に飾るのがよいでしょう。福にあずかりたい場所が複数ある場合は、それぞれに鏡餅を飾ってもよいとされています。年神様がお帰りになった後は鏡開きをして食べ、福を頂くことも忘れてはいけません。[3]
    • 注連縄は、神社や御神体の岩・御神木などに掛けられているものと同じで、神様がいらっしゃるのに適した清らかな空間を作るための結界とされています。玄関に飾りつけ、家の内側を清らかであることを年神様にお知らせしましょう。
    • 最近では飾る家庭も減ってきましたが、門松も年神様を家に招き入れるための目印です。一般的にお正月を祝うのは年神様がいらっしゃる1月7日までとされ、この期間を「松の内」と言いますが、これは「門松を飾っている間」という意味を持っているのです。
  3. 3
    おせち料理を用意しましょう お正月の食べ物と言えば、何をおいてもおせち料理でしょう。おせちは「御節」と書き、季節の節目節目を祝う料理のことでしたが、今では最も重要な節目であるお正月のお祝い料理を指すようになりました。おせちは年神様にお供えし、年神様と共に頂いてご利益を授かるための料理です。縁起の良い食べ物の由来を知って、願いを込めて重箱に詰め込みましょう。
    • 黒豆の「まめ」には、勤勉で丈夫に、という願いが込められています[4]
    • 子孫繁栄を願う数の子は、ニシンの卵であることから「二親」につながり、両親が健康であることにも通じます。
    • 紅白の色がめでたいかまぼこは、半月の形が日の出も表しています。
    • 昆布は「喜ぶ」とかけます。昆布巻きにしておせちに加えましょう。
    • 栗きんとんは「勝ち栗[5] 」と「金」がかかった縁起ものです。
    • 焼き物は長寿を表す海老や出世魚の鰤などが中心になります。
    • 生野菜を摂るために、日持ちのする酢の物なども用意しましょう。縁起をかついだ大根と人参の紅白なますもよく食べられます。
    広告

ポイント

  • お正月の準備を全て完璧にするのは大変です。疲労困憊で新年を迎えてしまっては本末転倒です。一番大切な感謝の気持ちと笑顔を持って、無理のない範囲で準備しましょう。
広告

関連記事

筒型のプレゼントを包装する
イースターエッグを染める
プレゼントの箱にリボンを掛けるプレゼントの箱にリボンを掛ける
西洋カボチャに色を塗る西洋カボチャに色を塗る
自分の誕生日に欲しいプレゼントを決める自分の誕生日に欲しいプレゼントを決める
誕生日のお祝いをスペイン語で伝える誕生日のお祝いをスペイン語で伝える
新年を気持ちよく始める新年を気持ちよく始める
コミケに参加するコミケに参加する
大晦日に年越しまで寝ない大晦日に年越しまで寝ない
ボクシング・デーを祝うボクシング・デーを祝う
プロポーズするプロポーズする
彼氏の誕生日を祝う彼氏の誕生日を祝う
葬儀に出席する際の服装を選ぶ葬儀に出席する際の服装を選ぶ
父の日を祝う父の日を祝う
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 祝祭日・年中行事
このページは 480 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告