お礼のメールに対応する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

兄弟からであれ、上司からであれ、お礼のメールをもらうのは嬉しいことです。どのように対応するか考える際、最も重要なのは心を込めることです。送信者に感謝の気持ちを示し、関係を強める機会としてとらえましょう。返答の仕方には、対面、電話、メールなどがあります。

方法 1 の 3:
同僚に返信する場合

  1. 1
    「どういたしまして」と連絡して相手に受信を知らせましょう。お礼のメールへの対応に時間を割くことで、職場内の同僚や上司との関係を強められます。直接会うにしても、メールを送るにしても、わざわざメールをくれたことへの感謝の気持ちを示しましょう。

    補足: 「どういたしまして」が伝えたいニュアンスと違う場合、「お気持ちに感謝します」など、自分の言葉で感謝の気持ちを伝えましょう。

  2. 2
    相手が述べている仕事や事業が、どれだけ自分のためになったか伝えます。相手のお礼を受け取ったことを知らせるだけでなく、その仕事に携わったことで得られた喜びやメリットを述べて、更なる機会を得られるようにお膳立てしましょう。
    • 「とてもためになる仕事でした。この事業を通して様々なことを学びました。この機会をいただけたことに感謝します」
    • 「またデザイン部と一緒に仕事ができることを期待しています。本当に光栄でした」
  3. 3
    簡潔にします。仕事に関係する感謝への返信は必須というわけではありません。同僚の時間をあまり奪わないよう、返事は簡潔にしましょう。[1]
    広告

方法 2 の 3:
顧客からのお礼に対応する場合

  1. 1
    感謝を表現します。単純な「どういたしまして」に加え、顧客からのお礼への返信は、相手の取引に感謝したり、継続した付き合いをお願いしたり、優遇策として値引きやサービスを提供したりする機会になります。
    • 「一緒に仕事ができて光栄でした。知り合えて良かったです。近いうちにまたお会いしましょう」
    • 「新しい作品を気に入っていただき嬉しく思います。感謝の気持ちを込めて、次回画廊で購入いただく際は、10%引きにいたします。
  2. 2
    返信のタイミングを逃さないようにします。どんなメールの返信もそうですが、時間を空けすぎないのが賢明です。適時性は、あなたにとって送信者の優先度が高いことを示し、感謝の気持ちを強めます。[2]
  3. 3
    温かくて品のある表現を使いましょう。誰かがお礼を言うために連絡してきた場合、その人との関係を深めたり、相手に「自分は気に留められていて、特別な存在なんだ」と感じてもらう良い機会になります。[3]
    • 「お取引ありがとうございました。素晴らしい旅を!」
    • 「お会いできてとても良かったです。事業の成功を願っています!」
    広告

方法 3 の 3:
友達や家族に対応する場合

  1. 1
    「どういたしまして」と伝えます。これが感謝されたときの最も一般的な返事です。相手の感謝の気持ちがあなたに届いたことが伝わります。[4]その他の表現には以下のようなものがあります。
    • 「問題無いよ」
    • 「いつでもどうぞ」
    • 「助けになれてよかった」
  2. 2
    「お互い様だよ」と伝えます。より掘り下げて、相手との親密な仲に感謝したい場合、このような表現が使えます。信頼関係が示唆されます。[5]似たような言い回しには以下のようなものがあります。
    • 「いつかのお返しだよ」
    • 「支え合える仲で嬉しいよ」
    • 「いつでも頼って」
  3. 3
    相手のためになれて嬉しかったことを伝えます。人のためになれること自体が報いであり、そうすることができて光栄だという考えを示すには、次のような表現が使えます。
    • 「光栄でした」
    • 「君のために選ぶのは面白かったよ」
    • 「楽しかった!」
  4. 4
    身振りで誠意を表現します。お礼のメールに直接会って対応する場合、微笑んで目を合わせながら相手に感謝の気持ちを述べ、胸の前で腕を組むのは避けましょう。非言語のメッセージも、言葉と同様に重要です。[6]
    広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: インターネット
このページは 201 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告