PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

お粥は、昔から食べられている朝食の定番です。しかし、お粥は非常にシンプルであるがゆえに、それぞれに独自の作り方(そして食べ方)があります。この記事では、3種類のお粥(オートミール、米、大麦)に加え、いつものお粥をアレンジする方法を紹介します。これまでシンプルなお粥を食べてきた人は、味覚がびっくりしてしまうかもしれません。
各レシピは4人分です。

材料

オートミール粥

  • ロールドオーツ 160g
  • 牛乳、豆乳または水 3カップ(600ml)
  • 海塩
  • トッピング(はちみつ、ブラウンシュガー、果物、ヨーグルトなど)

調理時間:10~15分

米の粥

  • 白米 4カップ
  • 水またはだし汁(とろみの強い粥にする場合) 8カップ
  • 卵 2個(任意で)

調理時間:15~20分

大麦粥

  • 精白麦 2カップ
  • 水 6カップ
  • 塩 小さじ1
  • 牛乳 1カップ
  • 生クリーム
  • ブラウンシュガー、シナモン、ローストして刻んだクルミ(任意で)
  • トッピング用の生の果物(任意で)

調理時間:60~75分

バナナとナッツのお粥

  • スキムミルク
  • バナナ 2本
  • バニラエッセンス
  • ナツメグ
  • シナモン
  • オートミール
  • トッピング用のナッツとシード

方法 1
方法 1 の 4:
オートミール粥

  1. 1
    大きめの鍋にオーツ麦と水を入れて中火にかけましょう。水を使うのが一番簡単です。牛乳は鍋の底に焦げ付きやすく、お粥がダメになり、台所に臭いが充満します。お粥がクリーミーにならないのではと気になるなら、最後の方で牛乳を加えましょう。
    • ロールドオーツはほとんど加工せずそのままの状態で売られているため、これを使うのが一番好ましいでしょう。しかし、スティールカットオーツやクイックオーツでも問題はありません。ただ、気に入る味ではないかもしれないというだけです。
  2. 2
    塩をひとつまみ加えてかき混ぜましょう。木製スプーンでかき混ぜます。鉛筆でかき混ぜるように、スプーンの先を使って混ぜる人もいます。泡が出るまで混ぜ続けましょう。
    • 焦げつき防止加工が施されている鍋で、金属の道具を使わないようにしましょう。金属は表面加工を剥し、鍋から剥がれた小さな破片が食事に混入してしまいます。必ず木製スプーンまたはゴムべらを使いましょう。
  3. 3
    5分ほど煮ましょう。沸騰したら弱火にします(牛乳を使っている場合は、焦げ付きを防ぐために特に重要です)。できるだけ頻繁にかき混ぜて、滑らかでクリーミーに仕上げましょう。
    • さらさらのお粥にしたければ、お好みに合わせて牛乳または水を少し追加しましょう。複数人分のお粥を作っている場合は、器に分けた後、各人に自由に水分を足させるようにしましょう。
  4. 4
    お好みでブラウンシュガーやはちみつを少し加えましょう。お粥に甘味を加えてみる人はたくさんいます。バターを入れる人もいます。お粥が完成に近づいたら、少し甘味を足しましょう。ブラウンシュガーとはちみつを、それぞれ大さじ1杯くらいずつで十分です。
    • 糖分の摂取量を気にしている、あるいは芳ばしいお粥を好む場合は、このステップを飛ばしてかまいません。後からいつでも追加できます。
  5. 5
    トッピングで味を足して食べましょう。昔ながらのシンプルなお粥にトッピングする方法はたくさんあり、朝食が簡単に美味しくなります。以下を参考にしましょう。
    • はちみつやギリシャヨーグルトをかける
    • ブラックベリーやラズベリーを煮込み、果汁と共にトッピングする
    • バナナを1~2本スライスして、メープルシロップと一緒に加える
    • チョコレートピーナッツバターを大さじ1~2杯加える
    広告

方法 2
方法 2 の 4:
米のお粥

  1. 1
    残り物の白米を大きめの鍋に入れましょう。このレシピでは生米を使うこともできますが、大幅に長い時間がかかります。鍋は、水が十分に入るものを使いましょう。
    • このお粥は炊飯器や電子レンジでも作ることができます。その場合、調理時間はそれぞれ異なります。基本的に、お粥は白米に多量の水を加えて煮たものです。
  2. 2
    水またはだし汁をご飯の2.5cmほど上まで入れましょう。米のお粥は、多くの場合残り物の白米を消費するために作られ、この不朽のレシピには決まった分量はありません。しかし白米を使う場合は、その2倍の量の水を使うとよいでしょう。ご飯が十分浸るように、またご飯の2.5cmほど上まで入れるようにします。
    • 生米を使う場合は、4倍の量の水を入れましょう。調理中に米が水を吸って膨らみます。
    • 風味豊かで芳ばしい味がお好みなら、だし汁を使いましょう。しかし、必ずしも必要というわけではありません。
  3. 3
    沸騰させて10分間煮ましょう。かき混ぜながらご飯の粒をほぐし、固まりをなくして滑らかになるようにします。沸騰したら弱火にして煮ましょう。
    • 鍋には蓋をしますが、何度も開けて確認するのはやめましょう。蓋を開ければ開けるほど、蒸気や熱が逃げ、できあがるまでに時間がかかります。
  4. 4
    卵を入れましょう。卵はフォークを使って溶きましょう。そうしなければ、お粥に黄身の小さな塊が浮かんでしまいます。昔ながらのお粥では、卵が完全にお粥に混ぜられ、食感というよりは風味が加わわっていました。
    • 米のお粥は、単に溶き卵を入れたお粥というわけではありません。滑らかなお粥を作るには、あらかじめ卵を溶いてよくほぐしてからお粥に加えましょう。
  5. 5
    お粥がゼリーのように滑らかになるまで混ぜ続けましょう。米がだし汁や水を吸ってふやけていくにつれ、1つに固まり始めます。米粒の形がなくなり、水分に粘りがあるように見えます。こうなったら正しく調理ができている証拠です。
    • かき混ぜ続けるようにしましょう。お粥は、ムラなく調理され、鍋の底に焦げ付いていないのがベストです。
  6. 6
    お好みで醤油や調味料を加えましょう。醤油はお粥には定番の調味料です。チリソースやシラチャーソースなどのホットソースを入れて、刺激を加えるのを好む人もいます。
    広告

方法 3
方法 3 の 4:
大麦粥

  1. 1
    大麦2カップに水6カップと塩小さじ1を加えましょう。これらを大きめの鍋に入れて中火にかけ、沸騰させます。沸騰したら弱火にしましょう。温度を高いままにすると大麦が焦げ、水も早く蒸発してしまいます。
    • 4人分作る必要がなければ、このレシピは簡単に半量にできます。しかし、トッピングの分量は必ずしも変更する必要はありません。甘いお粥が好きなら、砂糖をそのままの量加えましょう。
  2. 2
    大麦が柔らかくなるまで45~60分ほど煮込みましょう。大麦は硬くて割れにくいナッツです(もちろんこれは比喩表現です。大麦は穀物であって、ナッツの風味があるというだけです)。大麦はとても硬いため、柔らかくなるのにオーツ麦や米よりも長い時間がかかります。約10分ごとにかき混ぜて様子を確認しましょう。調理時間は鍋によって多少異なります。
    • 蓋はできる限り開けないようにしましょう。10分が経過したら蓋を開けて、木製スプーンで数回かき混ぜます。水分がほとんどなくなっていたら、大麦は柔らかくなっています。
  3. 3
    大麦の水分を切りましょう。さらっとしたお粥が好みでも、水を切りましょう。残った水分には、牛乳のような美味しさやコクはありません。
    • プラスチックまたは金属のざるで水を切るのが最も簡単です。ざるがなくて困った場合は、蓋の端を少しずらして開け、鍋を傾けてシンクに水を捨てましょう。
  4. 4
    中型のソースパンに柔らかくなった大麦と残りの材料を入れて、中火にかけましょう。牛乳1カップ、ブラウンシュガー大さじ1、シナモン小さじ1/2と一緒に火にかけると、大麦に味が付いておいしい朝食になります。甘さはお好みに調節しましょう。
    • 牛乳は必ず使いましょう(脂肪分が多いほどクリーミーな味になります)。ブラウンシュガーガーとシナモンを入れる、またはちみつ、フルーツジュース、あるいはヨーグルトなども試してみましょう。
  5. 5
    15分強、加熱しながらかき混ぜましょう。15分ほどすると、牛乳が全体的に吸収されます。そして、大麦には甘味とシナモンの風味が付いています。
    • どろっとしてお粥のような粘りが出てきたら完成です。少しさらっとさせるなら、牛乳を足しましょう。
  6. 6
    4つの器にお粥を分けましょう。これで基本の大麦粥ができあがりです。味を加えるなら、クルミ、生クリーム、果物をお好みでトッピングしましょう。
    • 好奇心があれば、ヨーグルト、ピーナッツバター、ココア、はちみつなど、朝食に食べたくなるお粥になりそうなものは何でも試してみましょう。
    広告

方法 4
方法 4 の 4:
バナナとナッツのお粥

  1. 1
    スキムミルクを鍋に入れて沸騰させましょう。
  2. 2
    適度に熟れたバナナを2本入れましょう。
  3. 3
    バニラエッセンス、ナツメグ、シナモン(あるいはお好きなスパイス)を少々加えましょう。
  4. 4
    オートミールを入れましょう。
  5. 5
    4~5分かき混ぜながら煮ましょう。
  6. 6
    器に入れましょう。
  7. 7
    お好みのナッツとシードを、少量の牛乳と一緒にトッピングしましょう。カシューナッツ、ひまわりの種、麻の実、亜麻仁、かぼちゃ種も試しましょう。これらは、別でオーブンを使う時があれば、ついでにローストしておくとよいでしょう。
  8. 8
    完成です。
    広告

ポイント

  • 調理中にミロを入れましょう。食欲をそそる風味が加わります。
広告

必要なもの

  • 計量カップ
  • 木製スプーン
  • ざる(大麦粥を作る場合)

関連記事

牛乳からクリームを作る
塩気の強いスープの味を調整する
生アーモンドをローストする
ベーキングパウダーの代用品を作るベーキングパウダーの代用品を作る
ご飯を温め直すご飯を温め直す
シチューにとろみをつける
オートミールを作る
フロスティングを作る
自家製ワインを造る自家製ワインを造る
牛乳からバターミルクを作る
ケーキのアイシングを作るケーキのアイシングを作る
ホエイプロテインを作るホエイプロテインを作る
アイシングシュガーを使わずにアイシングを作る
ソーセージを調理する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む21人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
記事のサマリーX

調理コンロでオートミールのお粥を作るには、ロールドオーツ90gと水750mLを鍋に入れて中火にかけ、沸騰するまで加熱します。次に、弱火にしてかき混ぜながら5分間煮込みます。甘くしたい場合は、煮込んでいる間にブラウンシュガーや蜂蜜を少々加えます。5分経過したらお粥をボウルに移し、好みのトッピングを添えて盛り付けましょう! お米や大麦でお粥を作る方法については、記事を読み進めましょう!

このページは 800 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告