お金を管理する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム | 11 出典

この記事には:予算を立てる生き金を使う賢く投資する貯金する

個人のお金を管理する方法は、学校の授業で教えられることはまずありません。しかし、大人になるにつれて、たいていの人が、お金のやりくりの問題を扱うことになります。ここに、次のような統計があります。法律相談サイトなどを運営する日本法規情報の「資産運用・形成に関する意識調査」の結果によると、「定年後のライフプランや資金計画は考えていますか」という質問に対し、日本人の53%が「全く考えていない」と答えています。[1]一般に老後に必要な資金は約3,000万円と言われますが、厚生労働白書平成28年10月版によると、定年退職した日本人の世帯の平均貯蓄額は約2,400万円しかありません。[2]また、一般社団法人日本クレジット協会が毎年行っている「クレジットに関する消費者向け実態調査」平成28年度版の調査結果によると、日本人のクレジットカードの月々の支払い平均額は約5.4万円であることがわかっています。[3]このような事実に不安を覚えて、人生の流れを変えたいと思った人は、このwikiHowを読んで、幸せな老後を過ごすために、将来を見据えた具体的な方法を学びましょう。

パート 1
予算を立てる

  1. 1
    1ヶ月間の支出を記録する 制限をかけずに、1ヶ月間、お金の使い道を考えることに専念しましょう。レシートを全て保管しておき、必要な現金の金額とクレジットカードの利用額を書き留めて比較しましょう。そして、月末に手元に残った金額を計算しましょう。
  2. 2
    記録をはじめて1ヶ月後に支出の内容を吟味する ここでサバを読んで「たられば」の数字を書いてはいけません。費やした金額を「正確に」書きましょう。自分が見やすい方法で、購入品を分類しましょう。1ヶ月の支出を簡単にまとめた表の例を、以下に示します。
    • 1ヶ月の収入 ¥300,000
    • 支出
      • 家賃(もしくは住宅ローン) ¥80,000
      • 家計費(水道光熱費、電気代、通信費)¥12,500
      • 食費 ¥30,000
      • 外食費 ¥12,500
      • ガソリン代 ¥10,000
      • 救急医療費 ¥20,000
      • その他雑費 ¥40,000
      • 貯金 ¥90,000
  3. 3
    実際に予算を書き出す これまでの支出の傾向を考慮に入れつつ、1ヶ月の支出の記録を基にして、分類した支出項目に毎月いくらの予算を投じるのかを決めましょう。必要に応じて、たとえばマネーフォワードのような、クラウド家計簿ソフトを使いましょう。アプリで簡単に予算の管理ができます。
    • 予算を立てる際、「見積もり」予算と「実際に使った」予算を2列に分けて書きましょう。見積もり予算は、支出項目のために使うと見込まれる金額です。これは、はじめに1ヶ月の支出を計算したときの数字を、そのまま毎月の予算に設定しましょう。実際に使った予算は、最終的に費やした金額です。これは月末に算出される数字で、毎月変動します。
    • 貯金のために予算を大きく割く人はたくさんいます。必ずしも貯金を予算に組み込む必要はありませんが、一般に、貯金は賢くお金を管理する方法だと考えられています。プロのファイナンシャルプランナーは顧客に対して、収入の合計の少なくとも10%から15%を貯金するように助言しています。[4][5]
  4. 4
    自分自身に正直になって予算を立てる これは、自分のお金の問題です。予算を立てる際、見積もり金額に嘘の数字を設定しても、意味がありません。いい加減な金額を設定して困るのは、自分自身です。一方で、お金の使い道について関心を持てない人は、予算を決めるために2、3ヶ月の時間を要するかもしれません。差し当たり、現実的な予算を決められない間は、無理な数字を設定してはいけません。
    • たとえば、毎月の貯金を¥50,000に設定していて、貯金額を満たすために日常的にお金がない状態になっているとすれば、この金額を設定してはいけません。現実的な数字で予算を立てましょう。もう一度予算を考え直して、お金を他の使い道にまわすように調整する必要があります。そしてその後に、あらためて貯金額を決めましょう。
  5. 5
    長く継続して予算の管理をする 出費は毎月変動するため、予算は立てづらいものです。しかし、予算を立てて出費の動向をおさえることができるようになれば、1年間のお金の動きを正確に把握できるという利点があります。
    • 予算を立てると、自分の支出を正確につかめていなかった人は、目からウロコが落ちる思いをします。非常に些細なものにお金を費やしていたと、予算を立てた後にわかる人はたくさんいます。このことがわかれば、お金の習慣的な使い道を見直して、さらに有意義なお金の使い方ができるようになります。
    • 予期せぬ出費も考慮に入れましょう。予算を立てると、予期せぬ出費がいつ発生するのかは本当にわからないものだと、教えられることもあります。しかし、この予期せぬ出費を予測することは可能です。車の故障や子供の病気や怪我を「計画する」ことができないのは明らかですが、予期せぬ事態を予測して、万が一のための資金を準備しておくことはできます。

パート 2
生き金を使う

  1. 1
    知人や業者から借りることができる場合は、買わない 購入した後で視聴せずに何年も埃をかぶったままのDVDは何枚ありますか?本、雑誌、DVD、工具、パーティー用品、運動器具はすべて、安い値段で借りることができます。レンタル品を活用すれば、維持するための手間や保管場所を考える必要はありません。また、道具を丁寧に扱うようになります。
    • 闇雲に借りてはいけません。長く使う道具は、購入が最善の方法の場合もあります。借りた場合と買った場合のどちらが得なのかを、簡単に費用分析してみましょう。
  2. 2
    まとまったお金が手元にあるのであれば、住宅ローンの頭金を多く払う 多くの人々にとって、家の購入は生涯の中で最も高額で重要な買い物です。そのため、賢く住宅ローンを払う方法を知っていると有利です。早くローンの完済をするためには、手元の予算とローンの額を相殺することによって、支払利息と手数料の額をなるべく小さくする必要があります。
    • 早めに前払いしましょう。住宅ローンを組んではじめの5〜7年間は、一般に、利子の支払いが最も高くなります。[6]可能ならば、不動産取得税の軽減措置を受けて、控除された金額の一部を返済に当てましょう。利子の支払いを減らして早く完済することで、資産の形成がしやすくなります。
    • 毎月の支払い方法を隔週にできるかどうか、すなわち、年12回の支払い回数を26回払いにできるかどうかを確認しましょう。変更の際に追加の手数料が発生しないのであれば、この方法で数十万円の節約ができます。金融機関の中には、支払い変更のために3万円から4万円ほどの手数料がかかる場合があります。また、住宅ローンの種類や条件により変更できない場合もあります。
    • 借り換えについて金融機関に相談しましょう。例えば、これからも同額を返済していくという条件で金利6.7%のローンから5.7%のものに借り換えられる場合は、借り換えましょう。[7]返済期間を数年短縮できる場合もあります。
  3. 3
    クレジットカードを持つことで信用を築けるということを覚えておく 日頃からクレジットカードをきちんと使い、その利用代金を期日までに返済していけば、自ずと信用力が上がります。そのため、カードの金利が下がり、利用限度額も上がります。これはカードを使わずに現金で支払った場合と比べると、大きな違いです。滅多にカードを使わない人であっても、クレジットカードを1枚持っておくことが重要です。カードを使いすぎるおそれがある人は、カードを引き出しに入れ、かぎをかけて保管しましょう。
    • クレジットカードを、現金と全く同様に扱いましょう。中にはクレジットカードを打ち出の小槌のように扱う人もいます。このような人は完済不可能な金額だとわかるまで利用額を膨らませ、月々の支払いをできるだけ少額にしようとするだけです。このようなカードの使い方をすると、支払利息と手数料に大金を費やすことになります。
    • クレジットカードの利用額を抑えましょう。クレジットカードの利用額を抑えれば、カードの利用限度額に対して負債の割合を低くすることができます。平たく言えば、クレジットカードの1ヶ月の平均利用額が2万円で利用限度額が20万円の場合、利用限度額に対する負債の割合はとても低くなり、およそ1:10になります。一方でクレジットカードの1ヶ月の平均利用額が2万円で利用限度額が4万円の場合、利用限度額に対する負債の割合は著しく高くなり、およそ1:2になります。
  4. 4
    身の丈以上の出費をせずに、持っている分だけ使う 自分はお金を稼げる人だと思うことは誰にでもできます。しかし、実際の給料がその考えに伴わないのであれば、自ら墓穴を掘っているようなものです。お金の使い方について優先させるべき最も重要なルールを次に述べます。緊急の場合でない限り、身の丈以上の出費をせずに、持っている分だけ使う。このルールを守れば、借金をすることなく、素晴らしい将来の計画を立てることができるはずです。

パート 3
賢く投資する

  1. 1
    様々な投資の選択肢を理解する 金融の世界というものは、子供の頃に思い描いていた姿よりもかなり複雑なものだということが、大人になるにつれてわかってきます。そこには文字どおり、「想像上の」商品を取引するための選択肢が存在します。すなわち、まだ見ぬ未来に賭けるための選択肢があり、複雑な仕組みの中で大量の株券が取引されています。金融商品とその可能性について知れば知るほど、いざお金を投資するときに成功する可能性が高まるものです。たとえば、投資の引き際がわかっているだけでも、うまくいく可能性は高まります。
  2. 2
    雇用主が提供する個人退職金積立計画を利用する 確定拠出年金(401k)を選択することが可能な会社員は多くいます。確定拠出年金において、給料の一部は自動的に企業内預金制度に移されます。この支払いは非課税で給料から引かれるため、大きな節約になります。またそれゆえに、気づかないうちにこの支払いをしている人がほとんどです。
    • 会社の人事担当者に拠出金について尋ねてみましょう。しっかりとした福利厚生計画を持っている大きな企業の中には、「マッチング拠出」を採用しているところもあります。マッチング拠出とは、会社の拠出額を上限に、従業員本人が掛け金を上乗せできる制度です。これにより事実上、投資額は2倍になります。たとえば会社が毎月の給料から10万円の拠出額を天引きし、これに本人が10万円を上乗せした場合、給料を受け取るごとに20万円の投資をすることになります。
  3. 3
    株式売買に投資する場合、博打をしない 株式売買をするときに、個人取引で毎日少額の得失を繰り返す、いわゆるデイトレードをしようとする人はたくさんいます。デイトレードは経験豊かな投資家にとってお金を生み出す有効な方法になりえますが、一方で、極めて危険であり、投資以上に博打の要素が大きい方法でもあります。「株式売買で危険のない投資をしたいと思ったら、長期投資をしましょう。」[8]長期投資とは10年、20年、30年もしくはそれ以上長い期間にわたり、株を保有し続けることをいいます。
    • どの株に投資するのかを選ぶとき、会社の本質(資本金の額、製品履歴、従業員の評価方法、戦略提携)に目を向けましょう。基本的には、現在の株価が過小評価されていて、株価が将来上がると予想した場合に株を購入します。[9]
    • 株の取引で手堅く賭けるために、投資信託に目を向けましょう。投資信託は危険を最小限にするために、複数の株に投資する金融商品です。投資信託について、次のように考えてみましょう。持っているすべてのお金を一つの銘柄に投資し、その銘柄の価格が急落すれば、大損をします。一方で、持っているすべてのお金を100の銘柄に分散投資すれば、完全な損失が多くあったとしても、最終的な損益に影響は与えません。これが投資信託の危険が小さくなる基本的な仕組みです。
  4. 4
    補償内容の優れた保険に入る 賢明な人は予期せぬことを予期し、万が一の備えをしているものです。いつ非常事態になって多額のお金が必要になるのかなど誰にもわかりません。補償内容の優れた保険に入ることにより、危機的な状況を乗り切る際に、大きな助けを得ることができます。次に挙げるように、非常事態に備えるために購入できる保険は様々な種類のものがあります。どの保険に入るべきか家族と話し合いましょう。
    • 生命保険(自分自身や配偶者が予期せずに亡くなった場合)
    • 健康保険(予期せぬ医療費の支払いをする場合)
    • 火災保険(火災、破裂・爆発、落雷、風災・雹災・雪災、水災などの予期せぬ災害が起こり家屋が損壊した場合)
    • 地震保険(地震・噴火またはこれらによる津波の被害を受けた場合)
  5. 5
    個人型確定拠出年金(iDeCo)への加入を検討する 企業型確定拠出年金である401k(企業によって内容は若干異なる)に加え、個人型確定拠出年金への加入についてファイナンシャルアドバイザーに相談してみましょう。個人型確定拠出年金は、より豊かな老後を送るための私的年金制度で、一定額を拠出して自身で運用し、60歳以降に年金または一時金として受け取ります。運用益は非課税で、拠出時・受取時にも各種控除が受けられます。[10]
    • 個人型確定拠出年金の運用商品は主に、定期預金や保険商品に代表される「元本確保型」と、投資信託などの「価格変動型」の二つに分かれます。それぞれの特徴を理解し、自身の運用スタイルに合わせて選択しましょう。
    • 保険アドバイザーに貯蓄型保険について相談しましょう。この手の保険は、引退後の生存期間に、年金の形で保険金を受け取るという計画を立てることも可能です。このタイプなら、老後の資金が尽きるという心配は無くなります。また、本人が亡くなった場合、配偶者に継続して保険金が支払われる商品もあります。

パート 4
貯金する

  1. 1
    自由に使える(余分な)収入はできるだけ貯金する 生活の中でなるべく貯金することを考えましょう。たとえ予算が少ないとしても、財布の紐を引き締めれば、収入総額の10%以上を貯金できるはずです。
    • 次のように考えましょう。やりくりをして年に100万円貯金した場合(月々の金額に直すと10万円に満たない金額です)、15年経てば1,500万円とその利息が手元に残ります。この金額は、もしたった今子供が生まれたとしても、その子供を大学まで通わせる教育費として十分な金額です。それゆえ、子供の教育や素晴らしいマイホームに向けてまとまった頭金を作るためにも、貯金をはじめましょう。
    • 若いうちから貯金をしましょう。学生であれば、なおさら貯金が大切になります。上手く貯金できる人は、お金を貯めるという行為に、必要性よりも道徳律を感じます。早めに貯金を始めて、そのお金を賢く投資した場合、はじめの小さな投資額は複利計算により雪だるま式に増大して、大金を手にすることができます。これは文字通り、将来を見据えるという意味で、「前向きな」投資となります。
  2. 2
    いざという時のために貯金をする 貯金とは、様々な用途に使える収入を手元に残すという行為です。自由に使えるお金を持っていれば、借金をすることはありません。借金がなければ、いざという時のための蓄えを作ることができます。このようにして、緊急時のためのお金を蓄えておけば、万が一の時に大きな助けになる場合もあります。
    • 車が故障して、急に20万円の出費が発生した場合を考えてみましょう。これは予期せぬ事態だったので、ローンを組まなければなりません。ここで信用力のない人は、金利がとても高額になる可能性があります。近いうちに6〜7%のローンの金利を払うことになれば、半年間は貯金をする余裕が無くなります。
      • そもそも、ここでいざという時のための蓄えがあれば、負債を背負ってその利息を支払う必要はないはずです。貯金を持てば、支出を大きく減らすことになります。
  3. 3
    もうすでに老後のための貯金を始めて、いざという時のためのお金を蓄えている人は、支出の3~6ヶ月分を貯蓄する[11] 繰り返しますが、貯金とは、すべては不測の事態のための備えです。急に会社を解雇になったり、減給になった場合、生活資金を調達するために借金をしてはいけません。支出の3ヶ月分もしくは6ヶ月分、もっと言えば9ヶ月分の蓄えがあれば、急に災難が起こったときでも、借金のない生活をすることができるに違いありません。
  4. 4
    借金を作ったらすぐに返済をはじめる クレジットカードのローンであろうと、抵当を入れて借りたお金であろうと、借金を作ることで貯金をする余裕は著しく失われます。最も金利の高い借金から返済をはじめましょう。返済が終わり次第、次に金利の高い借金の返済をはじめます。借金の残高がゼロになるまで、金利の高い順番に返済を続けましょう。(抵当を入れてお金を借りた場合、大きな金額を返済する必要がありますが、抵当の無い借金があるのであれば、後者を優先して返済する必要があります。)
  5. 5
    老後の備えを真剣に蓄える 45~50歳になって老後の備えを持っていない人は、今すぐ貯蓄を始めることが非常に重要です。毎年の確定拠出年金は限度額いっぱいまで掛けましょう。50歳以上で少しでも老後の蓄えを増やしたいと考えている人は、確定拠出年金に加入しましょう。税金の優遇を受けることができます。
    • 子供を大学に行かせるための貯金さえも後回しにして、まずは老後の蓄えを確保しましょう。大学の授業料は簡単に借りることができますが、老後の資金を借りることはできません。
    • どのくらい貯金をすればよいのか全くわからない人は、インターネットで閲覧できる老後資金シミュレーションを使いましょう。
    • ファイナンシャルプランナーやファイナンシャルアドバイザーに相談しましょう。老後の蓄えをなるべくたくさん確保したいと思うものの、貯金をどうはじめたらよいのかわからない人は、資格を持ったプロのプランナーと話しましょう。プランナーは預かったお金を賢く投資するための訓練を受けています。さらに、たいていのプランナーは投資した資本に対して得られた利益(ROI)の業績記録を持っています。サービスを受けるためには料金を支払わなければなりませんが、一方で、支払った料金は投資の利益として戻ってきます。取引として悪くはない話です。

ポイント

  • 住宅の差し押さえが増加している間は、まだ家を買うのに最も適した時期ではありません。銀行が動き出すにつれて、需要供給の法則により価格はさらに下がります。
    • それから銀行が差し押さえた物件を売却処分にすると、需要供給の法則により価格は戻ります。
    • 住宅の差し押さえがあまりないとき、家の値段は上がるので、不動産は所有し続けましょう。
  • 自身の能力を高めましょう。時間をかけて、より高い知識と技能を身につけることにより、競争において先んじることができます。競争で優位に立つことができれば、将来お金を得られる可能性は高まります。
  • デビットカードは必ずしもクレジットカードの代用にはなりません。デビットカードは、クレジットカード発行人を介さずに、銀行口座から直接お金を引き出します。さらに、店側が仮売上システムを採用している場合には、たとえ最終的に何も買わなかったとしても、仮売上金が即座に引き落とされるため、自由に使えるお金が減ります(たとえば、ガソリンスタンドによっては、実際の給油額に関わらず、カードを挿入した時点で仮売上金として1万円を引き落とすところもあります。クレジットカードなら引き落としまで時間がかかるので問題はありません。しかし、デビットカードの場合、即座に口座から引き落とされるため注意が必要です)。
  • 瓶の貯金箱を使いましょう。生活費、娯楽、慈善行為、貯金、投資、教育用にそれぞれ6つの瓶を用意しましょう。月給を割合に応じて、瓶に配分します。たとえば、生活費60%、貯金10%、娯楽10%、投資10%、慈善行為5%、教育5%という配分にします。毎日の支出をこの瓶で分類して、記録しましょう。(この瓶を預金通帳やオンラインの口座の代わりに使うことができます。)
  • 7%ルールに従うと最善のお金のやりくりができます。老後の資金に7%を掛けた数字を1年間に使える金額にすると、安定した老後の資金を確保できます。つまり、3,000万円×0.07(7%)=210万円を1年間に使える金額にして、所得税を引いて、社会保障のような収入を足します。生活費が上がったり、支出が変動したり、受取利息が下がる可能性を考えると、残された人生を生活していくために2,400万円を持っているだけでは、十分であるとは言えません。

注意事項

  • 1億円以上の与信枠でクレジットカードの契約を勧める電話が銀行からかかってきたとしたら、そこでいかに気持ちが高揚しようとも、この借金を増やすための提案を受け入れてはいけません。期限を過ぎても払いきれない借金のために銀行に追い立てられることほど、悩ましい問題はありません。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: ビジネス・ファイナンス

他言語版:

Español: administrar el dinero, Português: Gerenciar as Suas Finanças, Italiano: Gestire le Tue Finanze, Русский: обращаться со своими деньгами, Deutsch: Manage deine Finanzen, Français: gérer ses finances, 中文: 管理你的财务, Bahasa Indonesia: Mengatur Keuangan Anda, Čeština: Jak spravovat osobní finance, العربية: إدارة أموالك, Nederlands: Je financiën beheren, Tiếng Việt: Quản lý tài chính cá nhân, ไทย: บริหารการเงิน

このページは 699 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?