お金が必要な時に、財布の中身が空で嫌な思いをした事はありませんか。お金の多少に関わらずお金を賢明に用いれば、お金を最大限有効に活用する事ができるでしょう。後述する秘訣を活用して、主立った分野での支出を削減したり、買い物へのより安全な全体的アプローチを採用しましょう。

方法 1 の 4:
支出の基本

  1. 1
    予算を立てましょう支出と収入の記録を取り、自身の経済状況を正確に把握します。領収書を保存するか、購入記録をノートに記しておきます。月毎の請求書を再吟味してこれらの出費を予算に加えます。
    • 購入内容を項目別(食品、衣料、娯楽など)に仕分けましょう。月々の支出の中で最も多い(もしくは予想外に多いと思われた)項目が、削減の好対象になります。
    • 購入内容の記録をしばらく行った後、項目毎に毎月(もしくは毎週)の上限を設定しましょう。期間中の予算の総合計が必ず収入を下回るように設定します。できれば貯金をするだけの余裕を持たせましょう。
  2. 2
    購入は前もって計画を立てましょう。衝動買いは支出の急増につながります。自宅の落ち着いた環境下で、必要な購入品のリストを作成しましょう。
    • 実際の買い物をする前に、予備的にいくつかのお店を訪れましょう。お店で購入希望品と代替品の値段をいくつか書き記します。複数のお店で確認してもよいでしょう。何も購入せずに帰宅した後、次の「実際」の買い物で何を購入するのかを選択します。[1]焦点を絞りお店で過ごす時間を減らすほど、支出を減らす事ができます。[2]
    • 一つ一つの買い物を重要決定事項として取り扱うと、より良い決定を下せるでしょう。[3]
    • 興味本位で無料サンプルや試食品を試すことは避けましょう。購入予定がないのにサンプルを体験すると、事前に購入の必要を熟考することなく購入を即決してしまいかねません。[4]
  3. 3
    衝動買いは避けましょう。事前に購入計画を立てる事が良策とすれば、衝動買いは愚策と言えるでしょう。次に挙げる秘訣に倣う事で、間違った理由での購入決定を避けることができます。
    • 興味本位でウィンドーショッピングをしたり、お店に立ち寄ったりしないようにしましょう。大抵の場合、不必要な物に過大な出費をしてしまう結果になります。[5]
    • 判断力が鈍っている時に購入決定をするのはやめましょう。アルコールや薬物の摂取、睡眠不足[6]は分別のある判断を損なう危険があります。空腹時や、大音量で音楽を聴いている時の買い物も[7]買い物リスト通りに買い物をしない人にはよいアイディアとは言えません。
  4. 4
    買い物は一人でしましょう。子供や買い物が好きな友人、あるいは素敵なセンスを持つ友人と買い物に出かけると、余計な出費をしがちになります。[8]
    • 店員のアドバイスを聞き入れないようにしましょう。質問がある場合は、丁寧に返事を聞きますが、購買決定に関するアドバイスは無視するようにしましょう。しつこくつきまとわれる時には、いったんお店を出て後からもう一度お店に戻り、それから購入するかどうかを決定をします。
  5. 5
    支払いは現金で全額を払いましょう。クレジットカードやデビットカードを使用すると、通常使用する額より使えるお金の量が増える、そして現金が手許から出て行く事を目視できないため「現実」の購買として意識されない、という2つの理由から支出が増加します。同様に、つけ払いや後払い方式を利用すると支出の実感が薄くなります。[9]
    • 必要以上の現金を持たないようにしましょう。余分なお金が手許になければ、お金を使う事はできません。[10]同様に、お金が無くなる度にではなく、その週に必要な予算分を週に一回ATMから引き出すようにします。
  6. 6
    マーケティングにだまされないようにしましょう。何に支出するかを決定する上で、外的影響力は非常に大きな部分を占めています。自分が製品に引きつけられるあらゆる理由について、油断なく警戒する様にしましょう。
    • 広告に基づいて購入する事はやめましょう。テレビ広告であれ、製品の包装であれ、広告は懐疑的に見るようにします。[11]広告はお金を使うように促す目的で作られたもので、あなたの選択肢を正確に描くためのものではありません。
    • 値引きがあるというだけで購入する事はやめましょう。[12]購入予定品の割引クーポンやセールスは役立ちますが、不必要なものが5割引になったとしても節約にはなりません。
    • 策略的価格設定に注意しましょう。198円は200円だと理解しましょう。製品価格の判断は同じ会社が提供する他の値段より「お得」だからと言う理由ではなく、製品そのものの価値によって判断します。(「損な買い物」の値段を法外にする事で、不必要な付加的製品によけいなお金を払わせる策略があります。)
  7. 7
    セールやディスカウントを待ちましょう。今すぐではなく後々必要となるものは、製品がバーゲンコーナーで見つかるまで、もしくは割引クーポンが届くまで購入を控えましょう。
    • 割引クーポンやセールは「本当に必要」な物や、ディスカウントが始まる以前に購入決定をしていた物「だけ」を購入するために活用しましょう。安売りの魅力は、往々にして不必要な物を購入してしまう原因となります。
    • 季節物は季節外れの時期に購入しましょう。冬用のコートは夏には安くなるはずです。
  8. 8
    調査をしましょう。高価な買い物をする前にインターネットや消費者レポートを参考にして、最低限の支出で最大限の効果を生み出す方法を探します。自分の予算内で購入できる製品の中から、最も耐久性があり自分の必要に合致するものを選択しましょう。
  9. 9
    全ての経費を勘定に含めましょう。高額商品の買い物には、値札に表示されている価格以上の費用がかかります。購入を決定する前に但し書き全てに目を通して、支払い総合計がいくらになるかを計算します。
    • 低額の月賦返済にごまかされないようにしましょう。最低額で購入できる選択肢はどれか、支払い合計金額(月払いの額x支払い月数)を計算します。
    • ローンを利用する際は、合計支払利息を計算しましょう。
  10. 10
    あまり高価ではないご褒美を時々自分に与えましょう。矛盾するように(これは不必要な物を購入する事ではないでしょうか。)思われるかもしれませんが、自分に時々ご褒美を与えると支出目標の維持が容易になります。不必要な支出を完全に断つと、結局は挫折して、必要以上に浪費してしまう結果になります。[13]
    • ごく小額の予算をこうしたご褒美のために取り分けましょう。ちょっとしたご褒美を与える事で自分のやる気を維持して、後々の浪費を防ぐ事が目的です。
    • 自分へのご褒美がいつも高額な人は、安価な代替案を探しましょう。スパへ出かける代わりに自宅で泡風呂を楽しみましょう。映画館へ行く代わりに図書館からビデオを借りて見るのも良いでしょう。
    広告

方法 2 の 4:
衣料への支出

  1. 1
    実際に必要な物だけを購入しましょう。洋服箪笥を開けて既に持っている服を調べます。既に着なくなったものや合わなくなった服は売るか、譲るかして現状の把握に努めます。
    • 洋服箪笥を整理するのは、新しい服を買う言い訳のためではありません。どんなタイプの服が十分にあり、購入する必要があるタイプは何かを知る事が目的です。
  2. 2
    高品質にお金をかけてもよい状況を判断しましょう。すぐに破れてしまう事を考えれば、最も高額なブランドの靴下を購入するのは愚かと言えるでしょう。しかし、長持ちする高品質の靴に費用をかければ、長期的には節約につながるでしょう。
    • 値段と品質は必ずしも一致しない事を覚えておきましょう。最も高価なものが長持ちすると決め込むのではなく、最も長持ちするブランドは何かを調査しましょう。
    • 同様に、できるなら必要なものがバーゲンになるまで待ちましょう。バーゲンは不必要なものを購入するための言い訳ではないことを銘記しておきましょう。
  3. 3
    リサイクルショップで買い物をしましょう。リサイクルショップの中には、驚くほど高品質なものを取り扱っているところがあります。少なくとも、ベーシックなアイテムなら新品に比べてごくわずかな額で購入できるはずです。
    • 豊かな居住地区にあるリサイクルショップには、より高品質なものが通常寄付されます。
  4. 4
    リサイクルショップで見つからなければ、安い汎用品を購入しましょう。デザイナーのロゴマークは高品質を意味するものではありません。
    広告

方法 3 の 4:
飲食料品への支出

  1. 1
    週の献立と買い物リストをまとめましょう。食品用の予算額を決めたら、どんな食事をするのか 、その食事を作るために食料雑貨店で購入が必要な食材はなにかを、前もって正確に書き記します。
    • こうすると食料雑貨店での衝動買いを防止できるだけでなく、多くの人にとって大きな支出要因である食品の無駄を防止できます。[14]食品を捨てている事に気づいたなら、予定の食事量を減らしましょう。
  2. 2
    食費を節約する秘訣を学びましょう。食材のまとめ買いから安くなる時間帯を知っておく事まで、食料雑貨店でお金を節約する方法には様々なものがあります。
  3. 3
    レストランで食事をする回数を減らしましょう。外食は自宅で自分の食事を調理するよりはるかに高価なので、お金を節約しようとする人は決して衝動的に外食をしてはなりません。
    • 仕事や学校の昼食にはお弁当を用意しましょう。
    • 高価なボトル入りの水を購入する代わりに自宅で水道水をボトルに入れましょう。
    • 同様にコーヒーをよく飲む人は、安いフレンチプレス式コーヒーメーカーを購入して、自宅でコーヒーを準備する事で節約ができます。
    広告

方法 4 の 4:
現金を賢明に貯金する

  1. 1
    賢明な支出と貯金は協調関係にあります。普通預金口座や他の確実で金利を得る事のできる投資口座に、毎月できる限り貯金ができるように予算を立てます。より多くの貯金を毎月すればするほど、財務の健全性は向上します。お金を賢明に用いる目的は本来、財務の健全性を向上させるためにあるのではないでしょうか。貯金のためのいくつかのアイディアを列挙します。
    • 緊急用資金を準備する
    • Roth IRA(米国の年金制度の一種 日本では個人型年金積立金非課税制度と呼び、導入の検討が行われている)か確定拠出年金に加入する
    • 不必要な手数料を避ける
    • 1週間分の献立をたてる
  2. 2
    高価な習慣をやめましょう。喫煙や飲酒、賭け事といった強迫的な習慣は節約したお金を無駄に消費します。こうした習慣を断つ事は、お財布だけではなく健康にも恩恵をもたらします。
  3. 3
    必要がないものの購入はやめましょう。買う必要があるかどうか迷った時には、次の自問をしましょう。全ての質問に「はい」と回答できなければ、それはお金を使うべきではないという強力なサインです。
    • 自分はこのアイテムを定期的に使用するだろうか 腐る前に牛乳を飲み切る事ができるか、購入するスカートは残りの夏の期間中に数回以上着る事があるかどうかを確認します。
    • 代用できるものは持っていないだろうか  自分がすでに所有している、基本的なアイテムでこなせる作業を専用の道具に頼ろうとする事には注意しましょう。[15]特化したキッチン用具や、トレーニングパンツやTシャツで代用のできる専用の衣装などはおそらく不必要でしょう。[16]
    • このアイテムは自分の生活を改善するのに役立つだろうか 微妙な質問ですが、「悪習慣」や、 自身の生活のより大切な部分を疎かにする事を助長する購入は避けましょう。
    • このアイテムを購入しないと不自由するだろうか
    • 自分を幸福にしてくれるだろうか
  4. 4
    趣味を切り詰めましょう。通っていないジムの会員であるなら、会員更新をやめましょう。熱心なコレクターだったのに中途半端な所有者になってしまったなら、収集物を売ってしまいましょう。財源とエネルギーは、本当に自分が情熱を持っている分野にのみ注ぐようにします。
    広告

ポイント

  • 家族全員の協力があると予算に従いやすくなります。
  • ユーティリティ(用役)や保険を定期的に物色しましょう。多くのサービス(電話やインターネット、有線や衛星放送、保険等)では、よりお得な契約を提供して、新規事業に新規顧客を獲得しようと努めています。定期的に業者を変更すれば、常に安価なプランで契約できます。(電話会社によっては、現在使用中の電話契約中途解除の解約金を変更する時に払ってくれる場合もあります。)
  • 2台の車を比較するときは、燃費が悪い方(km/L)の車を購入した場合、ガソリン代をどれだけ余計に払わなければならないかを計算します。[17]
  • ドライクリーニングのみと書かれた衣料は避けましょう。衣料購入の際には必ず注意表示を確認します。ドライクリーニングのためにお金を定期的に払いたくはないでしょう。[18]
  • 新車時からの5年間にかかる、車の年間所有費を計算できる様々なインターネットサイトがあります。「車の所有費」で検索します。ガソリン代や保険料、メンテナンスや修理などが考慮に含まれています。マニュアルを読んで、いつ何をメンテナンスしなければならないのかについて、メーカーの推奨を常に確認します。長期的にみると多額の節約につながります。
  • 目標を定めるように努めましょう。月末に1万円を残す事を最初の目標にしてはどうでしょうか。友人や家族に自分が定めた目標について伝えるなら、貯金というアイディアによりいっそう専心する事ができます。
  • 生き延びるのに必要なものだけを購入しましょう。自身のために何かを買いたいなら、給料の8分の1を取り分け、残りはとっておきます。残りは貯金に回します。お金を取り分ける前に、本当にそのアイテムが欲しいのか判断を下します。ただの流行ものであれば、購入を少し待ってみてはどうでしょうか。

広告

関連記事

How to

経費の計算

How to

ビットコインを購入する

How to

利息を計算する

How to

デイトレードで失敗しない

How to

株価収益率を計算する

How to

蓄財する

How to

節約して生きる

How to

ビットコインを使用する

How to

ビットコインをペーパーウォレットに保管する

How to

株式投資の

How to

為替取引を始める

How to

遺言状を書く

How to

ビットコインで投資をする

How to

ビットコインを受け取る
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む72人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,348回アクセスされました。
カテゴリ: 資金管理
このページは 1,348 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告