PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

かぼちゃやウリ科の野菜には種があり、「パンプキンシード」という名前で売られていることもあります。種は白や黄色の殻に包まれ、種の中身は平たい形で緑色です。かぼちゃの種はマグネシウム、マンガン、リン、鉄、銅、タンパク質、亜鉛を豊富に含み、健康食として用いられます。殻も食べられますが、硬すぎて敬遠する人もいるでしょう。殻は、割って茹でれば外せます。また、ひとつずつ手で剥ぎ取ることも可能です。

方法 1 の 3:
一度で多数の殻を割る

  1. 1
    かぼちゃから種を取り出す 新鮮な種を食べたいなら、スーパーなどで買ってきたかぼちゃの種を使いましょう。まず、上部のヘタの周りにナイフで切り込みを入れます。そして、切った部分を取り外しましょう。
    • 手やスプーンを使って、かぼちゃの中心部をすくい出しましょう。
    • 種にはオレンジ色のわたが付いています。わたは、後で洗い流す必要があります。ボウルに種とわたを入れていきましょう。
  2. 2
    種を洗う かぼちゃの中心部をごっそり取り出したら、わたやぬめりが取れるまで種を洗います。この時、ざるを使って洗うとよいでしょう。台所のシンクで流水に当て、できるだけわたを洗い流します。
    • 種にわたが少し残っていてもかまいません。中には頑固で取れないわたもあります。しかし、できる限り取り除いておきましょう。特に種をローストする場合は、オーブンで加熱中にわたが焼け焦げてしまうことがあります。[1]
  3. 3
    種の上でめん棒を転がす 種の殻を外す作業に入ります。殻には毒性がないため、残しておいても問題ありません。しかし大半の人は、中の柔らかい部分だけ食べるのを好みます。まずは、キッチンカウンターやまな板などの硬い場所に種を広げましょう。[2]
    • 種はできるだけ重ならないようにして広げましょう。
    • 種の上にめん棒を置き、殻に割れ目が入るくらい力をかけてゆっくりと転がします。
    • 力をかけすぎないようにしましょう。中にある柔らかい部分がつぶれてしまいます。殻の表面に割れ目ができれば十分です。
  4. 4
    種を5分間茹でる 種が全て入る大きさの鍋に湯を沸かし、種を入れましょう。茹でている間に殻が徐々に外れていくはずです。[3]
    • 茹でている間は種から目を離さないようにし、殻がほとんど外れたら火から下ろしましょう。種から外れた殻が湯の中に浮かんでいたり、鍋の底に集まっていたりするはずです。
    • 通常茹で時間は5分ほどですが、種の量によって多少前後することがあります。量が少なければ2、3分で済み、多ければ殻が外れるのに10分ほどかかるかもしれません。
  5. 5
    種を火から下ろして冷やす 殻が外れたら火から下ろしましょう。シンクでざるに移して水を切り、乾燥させます。
    • ペーパータオルを敷いたトレーやキッチンカウンターに種を広げれば、紙が水を吸収します。
    • 種に殻の破片が残っていたら、乾いてから指で取り除きましょう。まず手を洗うことを忘れずに。
    広告

方法 2 の 3:
ひとつずつ殻を剥がす

  1. 1
    種を取り出して洗う 生のかぼちゃの種を使う場合は、まず種を取り出しましょう。かぼちゃのヘタの周りに切込みを入れます。ヘタを持ち上げて上部を取り外し、手で種とわたをすくい出しましょう。そしてざるに入れ、シンクで流水に当てて洗います。
    • オーブンで種を焼く予定なら、できるだけわたを取り除いておきましょう。残っているわたは焦げることがあります。
    • 平らな場所に種を広げ、ペーパータオルでたたくようにして水分をふき取ります。水分が取り切れない場合は、乾くまで少し待ってから殻を割り始めましょう。
    • 殻も一緒に焼きたいなら、殻を取らずに焼いてもかまいません。
  2. 2
    種を1つ手に取り、指で挟んで割る 料理に使うなどでなければ、大量に殻を割る必要はありません。単に食べるだけならひとつずつ割って食べましょう。殻を割るには、種を1つ手に取り、指で挟んで力を入れます。[4]
    • 種の片側半分を親指と人差し指で挟みましょう。もう片側を、逆の手の親指と人差し指でつかみます。
    • 挟んでいる指に力をかけて殻を割ります。殻に割れ目が入るまで力を加えましょう。比較的簡単に割れるはずです。かぼちゃの種の殻は特別硬いものではありません。
  3. 3
    殻を剥がす 殻に割れ目が入ったら、指で殻を剥ぎ取りましょう。親指を割れ目に入れ、殻を2つに割るようにして剥がします。片方が取れたら、もう片方も取りましょう。[5]
    • 種に殻の破片が残るようなら、流水で洗い流しましょう。
    広告

方法 3 の 3:
種を食べる

  1. 1
    生のまま食べる 生の種を好んで食べる人はたくさんいます。種は食物繊維が豊富なうえ、マグネシウム、銅、セレニウム、亜鉛が多く含まれており、高い栄養価があります。またかぼちゃの種はタンパク質も豊富なので、ベジタリアンやヴィーガン向けの健康的なおやつになるでしょう。[6] [7]
    • たいていの人は、殻が完全に取れていればかぼちゃの種を食べても問題ありません。しかし種に少し殻が残っている場合、腹痛を起こす人もいます。
    • 子どもに種を与える場合は、喉に詰まるのを防ぐため殻が残っていないかどうかよく確認しましょう。
  2. 2
    炒める 食べる前に種に手を加える方法も多数あります。オリーブオイルで炒める方法もその1つです。フライパンにオリーブオイルを引きましょう。油の量は種の量によりますが、フライパンの表面全体に回れば十分です。[8]
    • オリーブオイルを数分間熱したら、種を投入します。種がはじけるような音を立てるまで炒めましょう。
    • 次に砂糖を大さじ1杯加え、再びはじけるような音が出るまで炒めます。種を火から下ろし、冷えたらいただきましょう。
  3. 3
    オーブンで焼く 190℃に熱したオーブンで種を焼く方法もあります。天板に種を広げましょう。[9]
    • 種に味をつけない場合は、そのままオーブンで焼きます。カレーパウダー、チポトレフレーク(燻製にした唐辛子原料の香辛料)、カイエンペッパー(唐辛子の粉末)をかけるのを好む人もいます。甘い風味をつけるには、クローブ、シナモン、ナツメグなどを使いましょう。
    • 20分ほど、あるいは種に焼き色がつくまで焼きましょう。
  4. 4
    完成です。
    広告

ポイント

  • ここで紹介した方法の多くは、ウリ科に属する他の野菜の種にも使えます。
広告

注意事項

  • 種を茹でたあと、ざるに移す際にはお湯で手や腕を火傷しないように気をつけましょう。
広告

関連記事

パイナップルを熟成させるパイナップルを熟成させる
ココナッツを割る
りんごの芯を抜く
ブドウを種から育てるブドウを種から育てる
バナナのスライスの変色を防ぐバナナのスライスの変色を防ぐ
オレンジの皮を剥いてゼストを作る
パパイヤの種を食べるパパイヤの種を食べる
傷んだキノコを見分ける傷んだキノコを見分ける
パイナップルを切る
バナナを長持ちさせるバナナを長持ちさせる
オレンジからオイルを抽出するオレンジからオイルを抽出する
悪くなったスイカを判別する悪くなったスイカを判別する
カンタロープメロンを熟させるカンタロープメロンを熟させる
スイカを切る
広告

このwikiHow記事について

VT
共著者 ::
Vanna Tran
料理家
wikiHowコミュニティーの信頼できる共著者の一人、Vanna Tranがこの記事を共著しています。家庭料理の名人であるヴァナ・トランは、幼少の頃から母親と一緒に料理をしてきました。5年以上にわたりサンフランシスコ・ベイエリアにてフードイベントやポップアップレストラン(空き店舗を活用して期間限定でオープンするレストラン)を主催しています。
カテゴリ: 野菜と果物
このページは 186 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告