かぼちゃの種を調理する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム | 12 出典

この記事には:かぼちゃの種のロースト直火で焼く水に浸してから水分を取り除く方法記事のサマリー動画

ローストしたてのかぼちゃの種はとても美味しく、ハロウィンのせいか秋の味覚として多くの人に楽しまれています。かぼちゃのスープやハロウィンの飾りを作ったり、かぼちゃをくり抜く際は種を捨てずに取っておき、後日ローストしましょう。かぼちゃの種には亜鉛、たんぱく質、鉄をはじめ多くのビタミン類などの栄養素が豊富に含まれています。

材料

かぼちゃの種のロースト

  • 生のかぼちゃの種 200g
  • 水 1.4リットル
  • 塩 大さじ3杯
  • 油 小さじ2杯
  • 香辛料 適宜

かぼちゃの種の直火焼き

  • 生のかぼちゃの種 130g
  • オリーブオイル 小さじ1杯
  • 香辛料 適宜

かぼちゃの種を浸水する方法

  • 生のかぼちゃの種 130g
  • 塩 大さじ½杯
  • 水 水500ml

1
かぼちゃの種のロースト

  1. 1
    かぼちゃの種を用意します。かぼちゃの種を簡単に取る方法として、最初にかぼちゃの上部を5cmほど切ります。その後、かぼちゃを4つに切ります。スプーンで種を掻き出し、ざるに移します。[1]
    • ハロウィンの飾りにかぼちゃを使う場合は、別の方法で切りましょう。茎から5~7cm外側に45度に傾けた包丁をあて、中心に向かって刺し込みます。45度の角度で茎の周りをくり抜きましょう。上部を取り除きかぼちゃの内部に手を入れて、スプーンで種を掻き出します。種をざるに移します。
  2. 2
    種を洗います。種を入れたざるを流水にさらします。流水ですすぎながら指でこすり、種に残っている果肉をきれいに取り除きます。
    • 種に付いた繊維や果肉を洗い流したら、水を止めてざるを振り水気をきります。[2]
  3. 3
    種を塩水に浸けます。小さな鍋に水と塩を入れます。かぼちゃの種を加え中火にかけて沸騰させます。沸騰した後10分間煮ましょう。[3]
    • 10分間煮たら火からおろします。種をざるにあけ、ざるを数回振ってできるだけ水気をきります。
    • かぼちゃの種が200gより少ない場合は、水の量はそのままで、かぼちゃの種60gに対して塩大さじ1杯の割合で調整します。
  4. 4
    種に油と香辛料を加えます。種をボウルに移します。油を注ぎ、ボウルをゆすったりかき混ぜて種に油をまぶします。好みで香辛料を加えましょう。使用する香辛料の目安は小さじ1~2杯ですが、好みで調節します。かぼちゃの種の味付けによく使われる香辛料は次のとおりです。[4]
    • 塩・こしょう
    • カイエンペッパー
    • ガーリックパウダー
    • オニオンパウダー
    • ケイジャンシーズニング
    • パプリカパウダー
    • 黒砂糖とチポトレパウダー
    • カレー粉
    • ローズマリーやタイムなどのハーブ類
  5. 5
    種を焼きます。かぼちゃの種をベーキングトレイに重ならないように広げます。200ºCのオーブンで黄金色になるまで10~20分間焼きます。[5]
    • 5分ごとに種をかき混ぜると焦げる心配がなく、均一に火が通ります。
  6. 6
    冷めてからいただきます。ベーキングトレイを金網の上に置き、種が冷めてからいただきましょう。

2
直火で焼く

  1. 1
    種を集めて洗います。かぼちゃの種を焼くには生の種が必要です。新鮮な生のかぼちゃから生の種を取るのが最適です。かぼちゃの上部を切り取ってから、4つ割りにします。又は、茎の周囲を斜めにくり抜きましょう。スプーンで種を掻き出します。
    • 種をざるに入れ、流水で洗います。種に残った繊維や果肉を指でこすり落とします。ざるを振って水気をきりましょう。[6]
  2. 2
    フライパンを熱します。フライパンを使うと簡単にかぼちゃの種を焼くことができます。乾いた25cmの鉄製フライパンを中火で2~3分間から焼きします。[7]
    • 「乾いたフライパン」とは、油やその他の液体がフライパンに付いていないという意味です。
  3. 3
    種を焼きます。温まったフライパンに種を入れ、均一に熱が通るように、種を重ねずに広げましょう。[8] 4~5分間焼きましょう。
    • 毎分フライパンをゆすったり、木べらでかき混ぜましょう。
    • 種がふっくらして黄金色になったら完成です。
  4. 4
    油や香辛料で味付けしてからいただきます。フライパンを火からおろして、種をボウルに移します。[9] 油と香辛料を加えよく混ぜます。次の香辛料を少量使います。
    • こしょう
    • シナモンパウダー
    • カレー粉
    • ローズマリーやタイムなどのハーブ類

3
水に浸してから水分を取り除く方法

  1. 1
    かぼちゃから取った種を洗います。かぼちゃの上部を切ったり、茎の周囲を斜めにくり抜きます。スプーンで種を掻き出し、ざるに入れます。流水で洗いながら、指で種に残った繊維や果肉を取り除きましょう。[10]
    • 種を洗ったら、ざるを振って水気をきります。
  2. 2
    種を浸します。種を瓶やボウルに入れ、水を加え塩を振りかけます。タオルやペーパータオルでボウルを覆い、キッチンの片隅に置きます。
    • 少なくとも7時間、できれば1晩浸します。[11]
    • 種を浸すと発芽に似た状態になり、栄養素を消化しやすくなります。かぼちゃの種は発芽しないので、代わりに浸水して発芽に似た状態を作ります。
  3. 3
    種の水分を取り除きます。ざるにあけて水を捨てます。ベーキングトレイに種を入れ、重ならないように広げます。66ºCに加熱したオーブンに入れます。オーブンで12~24時間過熱して水分を取り除きましょう。[12]
    • 12時間過熱したら、種の状態を確認します。種が乾燥し、完全に水分がなくなると完成です。
    • オーブンで低い温度を設定できない場合は、できるだけ低い温度に設定してオーブンで焼くか、除湿器を使います。
  4. 4
    出来上がりです。

ウィキハウ動画: かぼちゃの種を調理する方法

動画を見る
Did this video help you?
もう一度見る

記事のサマリーX

かぼちゃの種をローストするには、まず鍋に水を約1500mLと、塩を大さじ3杯入れます。かぼちゃの種を加え、中火で鍋を沸騰させます。次に、弱火で10分間コトコト煮ます。そして、お湯を捨て、種だけをボウルに入れます。種にオイルを振りかけ、塩、ガーリックパウダー、その他好みの調味料で味付けします。オーブン用の天板に種をのせ、約200℃で黄金色になるまで10分~20分間焼きます。最低10分間冷ましてから、盛り付けましょう。 かぼちゃの種をローストするのではなく、フライパンで焼く方法などを知りたい場合は、記事を読み進めましょう!

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: レシピ

他言語版:

English: Make Pumpkin Seeds, Español: preparar semillas de calabaza, Português: Preparar Sementes de Abóbora

このページは 71 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?