きしむ靴を履いていると、自分だけでなく他の人の迷惑にもなってしまうでしょう。靴が元々不良品である場合もあれば、靴がすり減ったり裂けたりすることできしみが生じることもあります。その他の原因として、靴の内部に溜まった湿度も挙げられます。自宅で靴を修繕する方法もありますが、靴のパーツに問題があるようであれば、靴修理屋に持っていく必要があるでしょう。

方法 1 の 3:
簡易的に修繕する

  1. 1
    問題の原因を見つける 靴を履いた状態で前後に歩き、次に靴を前後左右に揺すってみましょう。どの動作がきしみを引き起こしているかが分かれば、次に動作中に湾曲する靴のパーツを調べてみましょう。
    • 可能であれば、友人にしゃがんでもらい、歩いている際の音を聞いてもらいましょう。
  2. 2
    粉末を振りかける 靴のどの部分がきしんでいるのかが判明すれば、ベビーパウダーやコーンスターチ、重曹をその部分に振りかけます。こうすれば音の原因である湿度が吸収されて、靴のパーツ同士のきしみに起因する音を低減できます。よくある問題と、その修繕方法を以下に紹介します。
    • 靴の内部がきしんでいる場合には、靴の中敷きを取り出して粉末を内側の縫い目に沿って振りかけます。靴の中敷きが取外せない場合には、靴底の縁部分に粉末をすり込んでみましょう。
    • 靴ひもの下にあるタン(舌皮)がきしんでいる場合には、そこに振りかけてみましょう。
    • 靴底がきしむ場合には、エアクッションが原因である可能性があります。粉末を靴底の縫い目部分か気泡部分にすり込んでみましょう。[1]
  3. 3
    潤滑スプレーかシリコンスプレーを塗る これらの製品は革用クリームよりも効果的にきしみを取り除くことができます。しかし靴を傷めないためにも取り扱いには注意しましょう。この潤滑剤を綿棒や綿球に噴霧します。きしみが生じている箇所や靴全体に沿って、靴の外側の縫い目に塗り込んでみましょう。[2]
    • スウェード材には石油系物質を使用してはいけません。けばが損傷してしまいます。
  4. 4
    革用クリームを塗り込む 革靴の場合には、革用クリームを塗り込んでから、乾いた布で磨いて潤いを保ちましょう。[3]スウェード製の靴には、一般的な革用クリームの代わりにスウェード用のクリームを使用しましょう。
    広告

方法 2 の 3:
しつこくきしむ靴を修繕する

  1. 1
    以下の方法を試す前に返品規則を確認しておく 新品の靴がきしむ場合ので修繕したいという場合は、不良品の可能性があり、返品や交換の対象になるでしょう。ただし、修繕のために接着剤や強力な物質を使用してしまうと、保証対象外になる可能性があります。
  2. 2
    サドルソープ(革用石鹸)を使用する 高級革靴の持ち主の間でも、サドルソープの使用については議論が交わされています。石鹸が革を乾燥させてしまうという人もいれば、無害であると主張する人もいます。危険をかえりみないのであれば、少量のサドルソープ鹸を問題の箇所に塗り、乾いた布で磨いてみましょう。タン部分のきしみに特に効果的な場合があります。[4]
    • サドルソープをスウェードに使用してはいけません。
  3. 3
    取れかかったヒール部分を接着剤で固定する 上記の「簡単な修繕方法」のどれもが功を奏さなかった場合においてのみ、この方法を試してみましょう。接着剤を多用すると、靴を傷め、染みの原因となる恐れがあります。ヒールが取れかかっているようであれば、少量の強力接着剤かゴムセメントを付けてしっかりと固定し、接着剤の効果が出るまでくっ付けた状態で数秒間押さえましょう。
    • これはウレタン製の靴には効果を発揮しません。
    • 高価なハイヒールの場合には、破損の危険を防ぐためにも靴修理屋に持ち込む方がよいでしょう。
  4. 4
    破損した靴底部分をシリコンコーキング材で埋める 絞り出せるようなチューブ形状のシリコンコーキング材や靴修理専用のシリコン製品を購入します。チューブのノズルを靴と靴底の間の隙間に差し込み、隙間が埋まるまでゆっくりと絞り出しましょう。靴を輪ゴムやおもし、また締め付け金具で挟み、乾燥するまで一晩放置しましょう。
  5. 5
    靴修理屋に持ち込む 靴を修理屋に持ち込むか、誰かにお金を払って修繕してもらってもよいでしょう。靴のきしみの大半の原因は、靴の内部のシャンク(踏まず芯)が緩んでいることが原因です。その場合には専門家の手に任す方が賢明でしょう。
    広告

方法 3 の 3:
濡れた靴を乾燥させる

  1. 1
    濡れた靴のきしみの原因を確認する 大半の靴は濡れている時にだけきしみます。この音は、リノリウム床材や固い木材、その他のすべすべした床とゴム製の靴底が接触する際に生じます。靴によっては濡れた際の膨張や構造的問題が原因できしみが発生します。その場合は、前述のいずれかの方法で対処できます。いずれにせよ、この部分で紹介する乾燥方法で、靴を傷めずに、迅速かつ効果的に乾燥することが可能です。
  2. 2
    中敷きを取外す 靴の中に取外せる中敷きがある場合には、取り出して個別に乾燥させれば、乾燥速度を速めることができるでしょう。
  3. 3
    靴に新聞紙を詰め込む 乾いた紙を固まりにして靴の中に入れましょう。紙を靴のつま先の端まで押し込んで吸収度を最大に高めます。
  4. 4
    可能であれば杉製の靴型を使用する 「靴型」は新聞紙の代わりに靴の中に詰めることができる分岐式の物です。これにより、靴が乾燥する際の型崩れを防げます。杉には靴の内部から湿度を逃がす効果があるので、杉材の靴型は特に効果的です。
  5. 5
    横にして室温で放置する 靴を横にして置くか、壁に立てかけておけば、靴底部分が乾燥する際に空気にさらされます。暖かい部屋で乾燥させますが、熱源の近くに置くことは控えましょう。[5]
    広告

ポイント

  • 新品の靴がきしんでいる場合には、返品して返金または無料修理を受けられる場合があります。

広告

注意事項

  • 濡れた靴を強力な熱源を使用して乾かすと、靴が反ったり破損してしまう恐れがあります。
広告

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

VANSスニーカーをきれいにする

How to

スニーカーのサイズを広げる

How to

靴に塗料を塗る

How to

NIKEのニセモノを見抜く

How to

ドクターマーチンを履き慣らす

How to

ビルケンシュトックの靴をお手入れする

How to

靴を滑りにくくする

How to

靴ひもを隠す

How to

偽物のVANSのスニーカーを見極める

How to

コンバースの偽物を見分ける

How to

ナイキ(Nike)のスニーカーの型番を確認する

How to

靴紐の汚れを落とす

How to

靴底に付いたガムを取る
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む14人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ:
このページは 868 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告