げっぷする方法

3 方法:大げっぷ即席げっぷデリケートで上品なげっぷ

げっぷとは飲食の際に一緒にのみ込まれた少量の空気を出そうとする身体の働きのことです。したいときに大きなげっぷができるようになれば、友達をムカつかせることができますが、また一方で、結婚式やお葬式などのフォーマルな場でげっぷを静かに行える技をマスターしておきたいものです。では、げっぷを上手にコントロールする技を学びましょう。

1
大げっぷ

  1. 1
    げっぷに燃料を与える よいげっぷはよい食事から始まります。大きなげっぷをするには胃を活発にさせる必要がります。あまり噛まずになるべく急いで食べて、空気をたくさん飲み込みます。
    • 炭酸飲料、コーラ、ビールなどの発泡性飲料を飲むのもおすすめです。その泡には炭酸ガスが含まれているからです。速く飲めば飲むほど、二酸化炭素が速く胃に到達します。ストローを使って飲むとさらに効果的で、二酸化炭素が逃げません。
    • 身体に負担がかからないようであれば、一気飲みでもげっぷが出るようになります。アルミ缶入りの飲み物を一気飲みする方法は、「ビールの一気飲みの方法」をご覧ください。
    • 大きなげっぷにはそれまでに食べたり飲んだりしたもののガスが含まれています。いろんな食べ物が混ざった凄まじい臭いになっていることでしょう!
  2. 2
    立ち上がる 立てない場合は背筋を伸ばして座ります。まっすぐの姿勢でないと胃の上部で胃の内容物とガスが混ざらないので、ガスが喉を通って外に出ることはありません。
  3. 3
    動き回る  ジャンプや挙手跳躍運動(手足を開閉しながら跳躍運動をする)を行ってみましょう。そうすると胃の中のガスが活発になります。炭酸飲料をすでに飲んでいるのであれば、運動によって炭酸飲料の缶を振ったときのように泡やガスが作られます。
    • 満腹でこうした運動をすると吐き気が起こるかもしれないので、やり過ぎには十分に注意してください。げっぷは笑いごとですみますが、嘔吐ではそうはいかないので。
  4. 4
    げっぷが出そうになったら、口を開けて頭を後ろに傾ける ここで腹筋の準備をします。次のステップでは腹筋を使います。
    • 口を開けることには二つの効果があります。一つ目は顔が醜くなること。二つ目は、口を大きく開けると洞窟のような音響効果があり、げっぷの音が大きくなることです。(「げっぷの音を大きくする方法」をご覧ください)
  5. 5
    げっぷをするとき、腹筋に力を入れます。これには多少の練習が必要かもしれません。腹筋に力を入れるのは、胃をふいごのようにしてげっぷを外に押し出すためです。横隔膜と腹筋を使ってしっかりと(強すぎない程度に)力を入れます。これが上手くできると最大音量のげっぷが出るはずです。この方法に慣れるまで練習を行ってください。
    • 長いげっぷを出すには、それほど力を入れず、少しずつげっぷを出します。程よいバランスを会得するのは容易ではありません。力を入れすぎれば長くは続かず、力を弱めればげっぷとは言えない弱々しいものになってしまう恐れがあります。

2
即席げっぷ

  1. 1
    肺に空気を送る 大きな呼吸をする必要はなく、通常通りの呼吸で息を吸い込みます。この方法は食べ物と一緒に空気を呑み込むのではなく、空気を直接肺に送り込みます。
  2. 2
    口を閉じて鼻をつまむ これ以上空気が吸えないことを確かめてください。ただし、窒息しないように気をつけます。呼吸がしたくなったならすぐにしてください。げっぷをしようとして気絶した人だなんて噂になったら嫌でしょう?
  3. 3
    口の中に空気を含み、その空気を唾液とともに呑み込みます。これには少し練習が必要かもしれません。何かを食べているような感じで呑み込んでみてください。口いっぱい分の空気が食道を通って下りてゆくのが感じられるでしょう。実際には空気を肺から胃へと移動させているのです。げっぷとして体内から喉を通って逃げられる場所へ空気が移ったのです。
  4. 4
    この空気を呑み込む動作を何度か行ってください。この時、舌を口の奥の方にひっこめるようにすると、大量の空気を呑み込めます。この動作は初心者には難しいかもしれません。最初は、げっぷを出すように無理に押し出さないといけないかもしれません。上手くできるようになるまで空気を呑み込む方法を練習してください。すぐに周りの人をイラつかせることができるようになるでしょう。
  5. 5
    げっぷをするとき、腹筋に力を入れます。これには多少の練習が必要かもしれません。腹筋に力を入れるのは、胃をふいごのようにしてげっぷを外に押し出すためです。横隔膜と腹筋を使ってしっかりと(強すぎない程度に)力を入れます。これが上手くできると最大音量のげっぷが出るはずです。この方法に慣れるまで練習を行ってください。

3
デリケートで上品なげっぷ

  1. 1
    上品な食事をする このげっぷの技は、おしゃれで高級感のある食事の場でなるべく静かにげっぷをしたい、というときに役立ちます。これはどちらかというとげっぷの予防で、食事や飲み物が少なければげっぷもそれなりに小さくなります。
    • 「気付かれないようにげっぷする方法」もご覧ください。
  2. 2
    げっぷが出そうな時は口を閉じる 静かなげっぷの方法を正しく行わなかったとしても、口を閉じていれば、大きなげっぷが出ても音を包み消します。
  3. 3
    ガスを鼻から出す 鼻から出るげっぷはほぼ無音です。これは口から出すげっぷと異なり、上部の食道括約筋が振動しないためです。鼻げっぷの音は鼻呼吸の音とそれほど変わりません。においは残るかもしれませんが。
    • 鼻孔を空洞にしておきましょう。そうしなければげっぷは行き場を失います。
  4. 4
    手を鼻にかざす げっぷの空気が手に当たって放散するからです。こうすると、げっぷがそれほど目立たなくなります。においで自分が気絶しないように。
  5. 5
    代替方法:閉じた口の中でげっぷする 手やこぶしで口を覆えば、音を消すことができるでしょう。げっぷが出たあとは口を開けてガスを外に出します。
    • あくびのフリは口を開ける絶好の機会になります。あくびをする前に、これ以上げっぷが出ないかを確認しましょう。

ポイント

  • 食後のげっぷが礼儀となる国もあります。料理を作ったシェフに、その食事を自分が楽しんだことを伝えるものだからです。また失礼なことだと見る国々もあります。他国に滞在して高級レストランでげっぷをしてしまう前に、地元の人、もしくは経験のある旅行者に話を聞きましょう。
  • 一生懸命にげっぷを出そうと無理をしないでください。気分が悪くなるかもしれません。げっぷを出すには時間がかかります。我慢強く待ちましょう。
  • すべての人に効果があるというわけではありませんが、もし喉の近くにガスが溜まっていたら、あくびをしてみてください。
  • げっぷから食べた物のにおいがすることがあります。新しく臭いを出したいのなら、異なった食品の食べ合わせを試してください。

注意事項

  • 同席者がげっぷをしても気にしない相手かどうかを見定めることが大切です。その点に気をつけないと、下品なげっぷで最初のデートがダメになるかもしれません。注意しましょう。
  • 過度のげっぷ、特に他の症状が伴う場合、特定の病状の兆候である可能性があります。下記の症状を伴い継続的にげっぷが出る場合はかかりつけの医師にご相談ください。:
    • 痛み
    • 胸焼け
    • 体重の減少
    • 吐き気
    • 食欲減退


記事の情報

カテゴリ: 対人関係

他言語版:

English: Burp, Español: eructar, Français: éructer, Deutsch: Diskret aufstoßen, Português: Arrotar, Italiano: Ruttare, Nederlands: Boeren, Русский: рыгнуть, Bahasa Indonesia: Bersendawa

このページは 39,288 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?