PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

あると気になるささくれは、皮膚の表面が甘皮や爪から剥がれてできる、小さな皮膚の裂け目です。ほんの小さな皮膚の損傷ですが、服や髪の毛にひっかかると酷く痛い思いをします。それだけではなく、化膿することもあるので、きちんと手入れをして正しい方法で取り除き、皮膚の裂傷、腫れ、炎症を防ぎましょう。

パート 1
パート 1 の 2:
ささくれを治療する

  1. 1
    指をお湯に浸す 指をお湯に10分浸します。お湯に浸けると皮膚や爪が柔らかくなり、ささくれを切り取りやすくなります。
    • ビタミンEオイルやオリーブオイルをお湯に数滴たらして指を浸けると、さらに皮膚が潤います。[1]
  2. 2
    ささくれを切り取る ささくれを切る際には、清潔でよく切れるキューティクルニッパーを使用し、ささくれのできるだけ根元近くを切ります。[2]  根元に近いほど、服などにひっかかることが少なくなります。
    • ささくれを引っぱってむしり取ってはいけません。皮膚が余計に裂けて、患部がさらに痛みます。また、引き抜くと出血する恐れもあります。
    • 必要以上に深く皮膚や爪を切ってはいけません。深い傷になって化膿しやすくなります。
  3. 3
    抗生物質軟膏を塗布する 抗生物質軟膏には殺菌効果があり、切り口に菌が入り込むのを防ぐとともに、傷の治癒を促進します。少量の軟膏を切り口全体に塗ります。
    • 深いささくれには絆創膏を張って、雑菌の侵入を防ぎましょう。[3]
  4. 4
    ささくれの周囲を保湿する それほど深くない小さなささくれには、ビタミンEオイルを塗布します。ビタミンEオイルは皮膚に吸収されやすく、しっかりと保湿できます。ビタミンEオイルの他に、保湿剤であればどれを塗布しても、ささくれの原因である甘皮の乾燥を抑えて、皮膚が裂けるのを防ぎます。[4]
    • 1日に数回、特に熱いお湯を使ったり手を洗ったりした後には、オイルか保湿剤を塗りましょう。
    • ささくれにならないように、ワセリン、蜂蜜、オリーブオイル、ココナッツオイルなどで保湿して、手をつねに柔らかく、潤いのある状態に保ちましょう。
    広告

パート 2
パート 2 の 2:
ささくれを防ぐ

  1. 1
    爪床を常に保湿する 乾燥がささくれの主な原因なので、浸透性のあるローションやオイルを手に塗り、常に潤いのある状態に保つことが肝心です。
    • キューティクルオイルで定期的に爪の周りの皮膚を保湿しましょう。乾燥しているとささくれができやすくなります。
    • 手が濡れたら完全に乾かしましょう。実のところ水は刺激物であり、痛みを助長することがあります。
    • 一日中水を十分に飲み、水分を補給して体の中から保湿しましょう。
    • 洗剤や水を扱う際にはゴム手袋を使用するとよいでしょう。こうして予防すると、水や洗剤による乾燥から手を守ることができます。[5]
  2. 2
    小さなうちにささくれを取り除く 甘皮を引きちぎって皮膚が炎症を起こす羽目になる前に、ささくれているのを感じたらすぐに切り取りましょう。切れ味のよいキューティクルニッパーや爪切りばさみを使えば、むけた皮膚を上手に切り取れます。これで、ささくれが服などに引っかかって深い傷になるのを防げます。
    • ささくれを切るにはニッパーや爪切りで真っ直ぐに切って上へ引っ張ります。下へ引くと皮膚が裂けてしまうので注意しましょう。
    • ささくれの周囲が赤く腫れてきたら、おそらく炎症を起こしています。この場合は1日3回、お湯にささくれを浸すことから治療を始めます。数日経過してもよくなる兆しがなければ、病院へ行きましょう。抗生物質での治療が必要かもしれません。[6]
  3. 3
    爪を噛むのを止める 爪を噛むと爪や周囲の皮膚を傷め、ささくれができやすくなります。[7]
    • 指を口に入れたり口元にあてたりすると、口の中の細菌がささくれに感染することがあります。
    • 甘皮も噛んではいけません。甘皮がむけたり出血したままにすると、爪や皮膚の感染の原因となります。
    • つい頻繁に爪を噛んでしまうようであれば、ネイルを塗っておきましょう。ネイルの味がするので、爪を噛んでしまいにくくなります。
  4. 4
    こまめに爪を切る 爪が長くなり過ぎないように、爪切りで短く切ります。こうすると、ささくれになるのを防ぐことができます。また、オレンジウッドスティックで甘皮を優しく押し上げて、爪にかぶらないようにします。月に1~2回行いましょう。
    • オレンジウッドスティックは爪の手入れに使う細い棒で、斜めに切れている方で甘皮を押し上げ、尖っている方で爪の内側をきれいにするのに使用します。
    • 爪を切る際にはお湯で温めて柔らかくしてから切ると、爪が切りやすくなります。
    • 定期的に爪の手入れをすると爪を健康に保ち、爪の成長を管理することができます。
  5. 5
    アセトン入り除光液を避ける アセトン入り除光液はマニキュアがよく落ちる反面、手や爪を極度に乾燥させます。皮膚や爪の乾燥はささくれの原因となるため、肌を乾燥させる製品の使用を避けましょう。[8]
    • 酢酸エチルを含むノンアセトン除光液や、イソプロピルアルコールでマニキュアを落としてみましょう。[9] また、グリセリンや大豆成分を保湿調整に含んだ除光液も使用できます。[10]
  6. 6
    健康的でバランスの取れた食生活を送る これから爪を強くし、ささくれを予防するには、鉄分、カルシウム、ビタミンB群が豊富な食品を摂りましょう。また、1日にコップ8杯以上の水を飲み、水分を補給します。[11]
    • 食事から十分なビタミンが摂れない場合は、サプリメントの服用も検討しましょう。
    • ビオチンサプリメントには爪を強くする効果があります。摂取しても良いかどうか、医師に確認しましょう。[12]
    広告

関連記事

タトゥーシールをはがす
靴の音鳴りを止める靴の音鳴りを止める
ワンピースのウエストを詰める
眼鏡のレンズについた傷を消す
防犯タグを外す防犯タグを外す
革に付いた油染みを落とす
ジーンズについた血液のシミを落とす
自家製シュガーワックスを作る
皮膚に付いた食品着色料を落とす
声を変える声を変える
縮んだ服を伸ばす
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
おへそのお手入れおへそのお手入れ
布地からマニキュアを落とす
広告

このwikiHow記事について

Mia Rubie
共著者 ::
ネイルアーティスト
この記事の共著者 : Mia Rubie. ミア・ルビーはカリフォルニア州サンフランシスコにて ネイルサロン「Sparkle San Francisco」を経営しています。ネイリストと経営管理者として8年以上の経験があり、限界に挑んだネイルデザインの施術と芸術的な色彩感覚を持つネイルアーティストとして知られています。 Sephora、Target、そしてVogueと契約しており、その業績はSan Francisco ChronicleとStyleCasterに取り上げられました。サンフランシスコ州立大学にて起業学と中小企業経営学の学士号を取得。Instagramに@superflynailsのアカウント名で作品を投稿しています。 この記事は13,622回アクセスされました。
このページは 13,622 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告