PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

さつまいもは栄養価の高い野菜で、様々な種類の料理に入れることができます。さつまいもにはカルシウム、ベータカロチン、ビタミンCなどの様々なミネラルやビタミンが含まれています。さつまいもは食べる前に茹でましょう。皮を剥いてから茹でるか、皮付きのまま茹でます。さつまいもが茹で上がったら様々な料理に使用できます。

方法 1
方法 1 の 3:
さつまいもの皮を剥いてから茹でる

  1. 1
    さつまいもを洗う 野菜などを調理する前には必ず洗いますが、さつまいもも同様です。冷たい水道水でさつまいもを洗いましょう。さつまいもに付着している余分な汚れやゴミなどを取り除きます。皮が完全にきれいになってから次の工程に進みましょう。[1]
  2. 2
    さつまいもの皮を剥く 野菜用のピーラー、または果物ナイフでさつまいもの皮を剥きます。さつまいもの両端もナイフで切り落としましょう。[2]
    • さつまいもの皮が剥けにくい場合は、最初に野菜用のブラシでこすりましょう。こうすると皮が剥がれやすくなり、剥く作業が楽になります。 
  3. 3
    鍋を準備する さつまいもが完全に水に浸る大きさの鍋を用意します。さつまいも同士が密着せずに、十分な隙間ができるようにします。また、使用する鍋の蓋も用意しておきましょう。[3]
    • 適切な鍋を用意したら、水道水を鍋の半分程度まで入れます。
    • さつまいもを鍋に入れ、全体が水に浸かるようにします。必要に応じて水を追加しましょう。
    • 水を沸騰させます。 
  4. 4
    さつまいもを10分間調理してから茹で具合を確認する さつまいもを鍋に入れます。鍋に蓋をしてさつまいもを約10分間調理します。10分経過したら鍋の蓋を外しましょう。[4]
    • さつまいもの外側部分は、ナイフなどで楽に突き刺せる程度に柔らかくなっているはずですが、ナイフが完全に突き刺さるほど柔らかくはなっていないでしょう。
  5. 5
    必要に応じてさらに茹でる 10分経過してもさつまいもが十分柔らかくなっていない場合は、さらに10~15分間茹でます。さつまいものマッシュポテトを作る時のように非常に柔らかいさつまいもにする場合も、長めに調理するとよいかもしれません。さつまいもをこの程度まで柔らかく茹でるには、25~30分間調理する必要があります。[5]
    • さつまいもが好みの柔らかさに仕上がったら、ざるで水切りをして脇に置き、冷ましましょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
さつまいもを茹でてから皮を剥く

  1. 1
    さつまいもを洗う さつまいもに冷たい水道水をかけて表面を洗います。さつまいもの皮に付着している汚れやゴミを全て確実に取り除きましょう。[6]
  2. 2
    さつまいもを鍋に入れる さつまいも全体が水に浸る大きさの蓋付き鍋を用意します。鍋に水を入れ、さつまいもを水に浸します。鍋を調理コンロに置き、蓋をしましょう。[7]
  3. 3
    さつまいもを10分間茹でた後、ナイフを刺して切り込みを入れる 鍋を強火で10分間熱します。次に鍋の蓋を外してナイフを用意します。ナイフでさつまいもに小さな切り込みを入れましょう。[8]
  4. 4
    さらに20分間調理する さつまいもに切り込みを入れたら再び鍋に蓋をします。強火でさらにさつまいもを20分間調理しましょう。[9]
    • さつまいもが柔らかくなっていれば、ナイフが抵抗なく突き刺さるでしょう。20分間経過してもさつまいもが茹で上がらない場合は、もう少々長く調理する必要があるかもしれません。
  5. 5
    湯を切る ざるを使用して鍋の湯を切ります。さつまいもは冷めるまでざるに置いたままにしましょう。急いで冷ます必要がある場合は、冷たい流水をかけましょう。[10]
  6. 6
    皮を剥く 茹で終わった状態のサツマイモの皮は楽に剝けます。果物ナイフなどでさつまいもに最初の切り込みを入れれば、そこからはバナナの皮を剥くような感覚で簡単に皮が剥けるでしょう。[11]
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
さつまいもを料理に使用する

  1. 1
    さつまいもを角切りにして副菜にする 茹でたさつまいもはそのまま食べても副菜にしてもよいでしょう。角切りにしてバター、塩、胡椒と和えて好みの味付けにしましょう。[12]
  2. 2
    その他の料理に茹でたさつまいもを加える さつまいもを角切りにして他の料理に加えることもできます。茹でたさつまいもはサラダ、タコス、スープ、シチュー、パスタ、キャセロール(オーブンで作る鍋料理)などに使用できます。食事に栄養を足したい時には茹でたさつまいもを入れましょう。[13]
  3. 3
    さつまいものマッシュポテトを作る さつまいもをつぶす場合は、最初に皮を剥いておくとよいでしょう。さつまいもを6本程度茹でてから電動ミキサーを使用してその他の材料を加えます。[14]
    • さつまいもを混ぜながら、牛乳約180mL分を1度に半分ずつ程度加えましょう。
    • さらにバター約110gとメープルシロップ約180mLも加えましょう。
    広告

ポイント

  • さつまいもを鍋に入れる際には、さつまいも全てが浸る量の水を鍋に入れるようにしましょう。さつまいもが全て水に浸らない場合は、1回目の調理で鍋にさつまいもを全て入れようとせずに、入りきらない残りのさつまいもは2回目に調理しましょう。
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHowスタッフライター
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は1,147回アクセスされました。
カテゴリ: 菜食主義
記事のサマリーX

さつまいもを茹でるには、まず野菜用のピーラーや果物ナイフで皮をむいてから、一口大の角切りにします。次に、鍋に水を入れて沸騰させ、さつまいもを入れます。鍋に蓋をして、10分~30分ほど茹でますが、茹で時間が長いほど、柔らかく仕上がります。栄養価を高めるには、さつまいもの皮を剥かずに茹でるようにします。また、角切りではなく半分に切って、30分~45分間茹でてもよいでしょう。 さつまいもをマッシュにしたり、他の料理に使う方法などについては、記事を読み進めましょう!

このページは 1,147 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告