PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

ヤムと呼ばれることもあるさつまいもは美味しく栄養価に優れ、様々な副菜に調理することができます。丸ごとオーブンで簡単に焼く方法、皮を剥き角切りにしてから焼く方法をはじめ、さつまいもを調理する簡単な方法を紹介します。あっという間においしい副菜が出来上がります。

材料

さつまいものオーブン焼き

  • さつまいも 好みの分量
  • オリーブ油または植物油 さつまいも1個につき1~3滴

さつまいものロースト

  • さつまいも 1.4 kg  皮を剥き角切りにする
  • オリーブ油 60ml
  • 塩 小さじ2杯(10g)
  • 黒コショウ 小さじ½杯(2.5 g)

大学芋風さつまいも

  • さつまいも 900g
  • 黒砂糖 65 g
  • バター又はマーガリン 大さじ3杯(約40g)
  • 水 大さじ3杯(45ml)
  • 塩 小さじ½杯(2.5 g)

さつまいもフライ

  • さつまいも 450g
  • コーンスターチ 55g
  • 炭酸水 大さじ6杯(90ml)
  • キャノーラ油又は植物油(揚げ油として) 適宜
  • 塩 (好みに応じて)

方法 1 の 4:
さつまいものオーブン焼き

  1. 1
    さつまいもを洗い、フォークで刺して穴をあけます。さつまいもを流水で洗い、たわしなどでこすって汚れを落とします。加熱中に蒸気を逃がすため、フォークで穴を開けましょう。フォークの先端をさつまいもに約1㎝ほど突き刺して穴を開けます。さつまいもの周囲6~12箇所ほどまんべんなく穴を開けましょう。調理するさつまいもすべてをこの要領で準備します。[1]
  2. 2
    オーブンを200℃で予熱し、さつまいもの表面に油を塗ります。さつまいもの周囲に植物油又はオリーブ油を薄く塗ります。こうすると、皮が潤い焼き上がりが滑らかに仕上がります。油を直接さつまいもに数滴たらして、手でまんべんなく塗りましょう。[2]
  3. 3
    さつまいもをアルミホイルで緩く包みます。さつまいもを1個ずつアルミホイルで緩く包むと均等に火が通ります。きっちり包むのではなく、アルミホイルの端に少し隙間を開けておくと蒸気を逃せます。[3]
  4. 4
    オーブンで45分間焼きます。アルミホイルで包んださつまいもをオーブンの中段で焼きましょう。45分間焼いたらさつまいもを1個取り出し、焼け具合を確認します。鍋つかみを使い、注意しながら取り出します。アルミホイルを外し、ナイフで刺して確認しましょう。簡単に切れるようなら焼き上がりです。まだ硬ければ5分ごとに焼け具合を確認しながら、柔らかくなるまで焼きましょう。[4]
  5. 5
    焼きあがったさつまいもをオーブンに入れたまま15分間おきます。オーブンのスイッチを切り、さつまいもをオーブンに入れたまま10~15分間おきましょう。こうすると均等に火が通ります。10~15分経ったら、鍋つかみを使ってオーブンから取り出します。さつまいもがまだ熱いので気を付けましょう。[5]
  6. 6
    残ったら密封容器に入れ冷蔵庫や冷凍庫で保存します。残ったさつまいもはタッパーウェアなどの密封容器に入れて保存します。冷蔵庫で5日間、冷凍庫で6か月間保存できます。[6]
    広告

方法 2 の 4:
角切りさつまいものロースト

  1. 1
    さつまいもの皮を剥き、角切りします。皮むき器や果物ナイフを使ってさつまいもの皮を剥きましょう。まな板の上に皮を剥いたさつまいもを載せ、よく切れる包丁で半分に切ります。半分に切ったさつまいもを4㎝くらいの厚さに切ってから4㎝角に切りましょう。[7]
  2. 2
    オーブンを230℃に予熱し、さつまいもを縁のある天板に載せます。縁のある天板を使うと、さつまいもを混ぜる際にこぼれる心配がありません。皮を剥き角切りしたさつまいもを天板に載せ、均等に広げます。[8]
  3. 3
    さつまいもにオリーブ油、塩、コショウを振り、かき混ぜます。オリーブ油60mlをさつまいもにかけ、まんべんなくいきわたるようにかき混ぜます。塩小さじ2杯(10g)と黒コショウ小さじ½杯(2.5 g)を振りかけてから再度かき混ぜ、均等に味付けします。[9]
  4. 4
    時々かき混ぜながらオーブンで35~45分間焼きます。15分毎にかき混ぜると天板に張り付くことなく均等に火が通ります。焼き色が付き、柔らかくなれば焼き上がりです。[10]
  5. 5
    温かいうちにいただき、残ったら冷蔵庫で5日間保存できます。オーブンのスイッチを切り、注意しながら天板を取り出します。好みの主菜にさつまいもを添えていただきましょう。残ったら密封容器で保存します。冷蔵庫で5日間保存できます。[11]
    広告

方法 3 の 4:
大学芋風さつまいも

  1. 1
    さつまいもをこすって洗います。流水の下で、たわしなどでこすって洗い汚れを落とします。たわしなどを使い隅々まで念入りにこすり洗いし、汚れをしっかり落としましょう。[12]
  2. 2
    鍋にさつまいもと浸るくらいの水を入れます。さつまいも6個又は900gを調理します。さつまいもはしっかり洗い、皮を剥かずに使います。鍋にさつまいもとそれを覆うくらいの水を入れましょう。[13]
  3. 3
    鍋を火にかけ沸騰したら火を弱めます。鍋を強めの中火にかけ沸騰させます。沸騰したら弱火にしましょう。[14]
  4. 4
    鍋に蓋をして25~35分間茹でます。鍋に蓋をすると熱と蒸気を閉じ込め早く茹でられます。フォークで簡単に刺せるくらい柔らかくなれば茹で上がりです。[15]
  5. 5
    湯を切り、冷めてから皮を剥きます。注意しながら鍋の中身をざるにあけます。10分程度冷ましてから手で皮を剥きましょう。指で皮を引っ張るだけで簡単に皮を剥くことができます。[16]
  6. 6
    1㎝くらいの厚さに切ります。まな板にさつまいもを載せ、よく切れる包丁で1㎝くらいの輪切りにします。できるだけ同じ厚さになるように切りましょう。[17]
  7. 7
    フライパンに黒砂糖、バター、水、塩を入れます。直径25㎝のフライパンが適当です。黒砂糖65g、バター又はマーガリン大さじ3杯(約40g)、水大さじ3杯(45ml)、塩小さじ½ 杯(2.5g)をフライパンに入れましょう。[18]
  8. 8
    フライパンを火にかけかき混ぜながら熱します。黒砂糖、バター、水、塩がよく混ざるように絶えずかき混ぜましょう。混ぜながら10分ほど熱すると泡立ってくるでしょう。[19]
  9. 9
    フライパンにさつまいもを加え、更に2~4分間加熱します。切ったさつまいもを注意しながら加えましょう。さつまいもにバターと砂糖がまんべんなく付くようにそっとかき混ぜます。しっかり熱が通ったら火を止めて盛り付けます。[20]
    広告

方法 4 の 4:
さつまいもフライ

  1. 1
    さつまいもを洗い皮を剥きます。さつまいも450g(大き目のさつまいも2個くらい)を使います。さつまいもを流水の下で洗います。たわしなどでこすって汚れをしっかり落としましょう。その後皮むき器や果物ナイフで皮を剥きます。[21]
  2. 2
    油を火にかけ165~180°C に熱します。電気フライヤーやダッチオーブンを使います。植物油又はキャノーラ油を¾ まで入れます。使う油の量はフライヤーやダッチオーブンの大きさによって異なります。新しい油を使い、165~180°C まで予熱しておきましょう。[22]
  3. 3
    さつまいもを5㎜の厚さに切ります。さつまいもを横半分に切り、それぞれを5㎜の厚さに切ります。安定した場所にまな板を置き、よく切れる包丁を使いましょう。[23]
  4. 4
    切ったさつまいもを水洗いし乾かします。さつまいもを切った後水洗いしキッチンペーパーや汚れても構わない布巾で拭いて乾かします。水洗いするとでんぷんを洗い流すことができるのでカラっと揚がります。[24]
  5. 5
    コーンスターチと炭酸水を混ぜ、さつまいもにまぶします。コーンスターチ55gと炭酸水大さじ6杯(90ml)をジッパー付き保存袋に入れます。炭酸水がなければ代わりに冷水を使いましょう。切ったさつまいもを袋に入れ、袋を揺すって均等にまぶします。[25]
    専門家情報
    Vanna Tran

    Vanna Tran

    料理家
    家庭料理の名人であるヴァナ・トランは、幼少の頃から母親と一緒に料理をしてきました。5年以上にわたりサンフランシスコ・ベイエリアにてフードイベントやポップアップレストラン(空き店舗を活用して期間限定でオープンするレストラン)を主催しています。
    Vanna Tran
    Vanna Tran
    料理家

    熟練の料理人ヴァナ・トラン氏からのアドバイス: 「中がふっくら、外側がカリカリのさつまいもフライを作るには、さつまいもを塩水でゆがき、半分まで火を通したあと乾かし冷凍します。食べる直前にコーンスターチをまぶし、黄金色になるまで揚げましょう」

  6. 6
    2~4分間揚げます。注意しながらさつまいもをフライヤーやダッチオーブンに入れます。一度に少量ずつ揚げましょう。2~4分間揚げて、柔らかくなり茶色に変わり始めたら出来上がりです。残りのさつまいもも同じ要領で揚げましょう。[26]
  7. 7
    好みに応じて塩を振り盛り付けます。好みに応じて塩、市販のミックススパイスなどで味付けします。ケチャップ、ランチドレッシングなど好みのディップソースを添えていただきます。残ったら密封容器に入れ、冷蔵庫で5日間保存できます。[27]
    広告

ポイント

広告

必要なもの

  • たわし
  • 鍋つかみ又はオーブンミトン
  • フォーク(オーブン焼き)
  • アルミホイル(オーブン焼き)
  • 皮むき器又は果物ナイフ(ロースト、フライ)
  • 縁のある天板(ロースト)
  • まな板と包丁(ロースト、大学芋風、フライ)
  • 蓋のあるなべ(大学芋風)
  • ざる(大学芋風)
  • フライパン(大学芋風)
  • スプーン又は泡だて器(大学芋風)
  • 電気フライヤー又はダッチオーブン(さつまいもフライ)
  • キッチンペーパー又は汚れても構わない布巾(さつまいもフライ)
  • ジッパー付き保存袋 Lサイズ(さつまいもフライ)

動画
このサービスを利用すると、一部の情報がYouTubeと共有される場合があります。


関連記事

牛乳からクリームを作る
塩気の強いスープの味を調整する
生アーモンドをローストする
ベーキングパウダーの代用品を作るベーキングパウダーの代用品を作る
ご飯を温め直すご飯を温め直す
自家製ワインを造る自家製ワインを造る
シチューにとろみをつける
オートミールを作る
フロスティングを作る
牛乳からバターミルクを作る
アイシングシュガーを使わずにアイシングを作るアイシングシュガーを使わずにアイシングを作る
乾燥パスタの量をはかる
ケーキのアイシングを作るケーキのアイシングを作る
ホエイプロテインを作るホエイプロテインを作る
広告
  1. https://www.bonappetit.com/recipe/roasted-sweet-potatoes
  2. https://www.realsimple.com/holidays-entertaining/holidays/thanksgiving/how-long-do-sweet-potatoes-last
  3. https://www.healingtomato.com/5-tips-for-baking-sweet-potato/
  4. https://www.bettycrocker.com/recipes/classic-candied-sweet-potatoes/4d6a33d3-b89c-49cf-a2aa-11e67acedf53
  5. https://www.bettycrocker.com/recipes/classic-candied-sweet-potatoes/4d6a33d3-b89c-49cf-a2aa-11e67acedf53
  6. https://www.bettycrocker.com/recipes/classic-candied-sweet-potatoes/4d6a33d3-b89c-49cf-a2aa-11e67acedf53
  7. https://www.bettycrocker.com/recipes/classic-candied-sweet-potatoes/4d6a33d3-b89c-49cf-a2aa-11e67acedf53
  8. https://www.bettycrocker.com/recipes/classic-candied-sweet-potatoes/4d6a33d3-b89c-49cf-a2aa-11e67acedf53
  9. https://www.bettycrocker.com/recipes/classic-candied-sweet-potatoes/4d6a33d3-b89c-49cf-a2aa-11e67acedf53
  10. https://www.bettycrocker.com/recipes/classic-candied-sweet-potatoes/4d6a33d3-b89c-49cf-a2aa-11e67acedf53
  11. https://www.bettycrocker.com/recipes/classic-candied-sweet-potatoes/4d6a33d3-b89c-49cf-a2aa-11e67acedf53
  12. https://dinnerthendessert.com/crispy-sweet-potato-fries/
  13. https://dinnerthendessert.com/crispy-sweet-potato-fries/
  14. https://dinnerthendessert.com/crispy-sweet-potato-fries/
  15. https://dinnerthendessert.com/crispy-sweet-potato-fries/
  16. https://dinnerthendessert.com/crispy-sweet-potato-fries/
  17. https://dinnerthendessert.com/crispy-sweet-potato-fries/
  18. https://dinnerthendessert.com/crispy-sweet-potato-fries/

このwikiHow記事について

VT
共著者 ::
Vanna Tran
料理家
wikiHowコミュニティーの信頼できる共著者の一人、Vanna Tranがこの記事を共著しています。家庭料理の名人であるヴァナ・トランは、幼少の頃から母親と一緒に料理をしてきました。5年以上にわたりサンフランシスコ・ベイエリアにてフードイベントやポップアップレストラン(空き店舗を活用して期間限定でオープンするレストラン)を主催しています。 この記事は10,401回アクセスされました。
記事のサマリーX

さつまいもをオーブンで調理するには、まずオーブンを200℃強に設定して予熱します。オーブンが予熱をしている間に、流水でさつまいもをこすって洗います。次に、それぞれのさつまいもをフォークで6回~12回程度突き刺してから、オリーブオイルを塗ります。アルミホイルでさつまいもを1本ずつ軽く包み、オーブンの中段に直接置き、45分間焼きます。食卓に出す前に、さらに15分間、オーブン内で冷まします。あまり時間がない場合は、電子レンジでも調理できます。まず、さつまいもをこすって洗い、フォークで突き刺してから、耐熱ボウルに入れます。5分~8分間加熱して、途中で裏返します。盛り付けておいしく食べましょう! 角切りのさつまいもをローストする方法や、さつまいもフライを作る方法を知りたい場合は、記事を読み進めましょう!

このページは 10,401 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告