焼いたさつま芋は濃厚で甘く、付け合わせにぴったりで、他の料理によく合います。簡単に作れるので料理初心者に向いていますが、甘い食材にも辛い食材にも合うので、料理上級者にも重宝されます。[1]この記事ではいくつかの焼く方法と、味付けに幅を持たせる方法を紹介します。

材料

  • さつま芋一人分8.8オンス(250g)
  • 油大匙1(13g)
  • お好みの調味料

方法 1 の 2:
角切りのさつま芋を焼く

  1. 1
    さつま芋を買います。北米では「ヤム」という名前で売られているものもあります。「ヤム」は中が明るいオレンジ色をしていて、焼くと甘くなります。「スイートポテト」と言われる通常のさつま芋はより硬く、中は淡い黄色です。[2]
    • ガーネットヤムは中が明るいオレンジ色で、調理すると甘くなるため、切って焼くのに向いています。
  2. 2
    お好みでさつま芋の皮をむきます。皮も食べられますが、硬くて繊維質な場合があるので、食感を重視する場合はむきましょう。[3]
  3. 3
    さつま芋を同じ大きさに切ります。最も大切なのは、全部同じ大きさにすることです。そうすれば均等に火が通ります。
    • 厚めのいちょう切りが一般的な形ですが、特に決まりはありません。太めの千切りにしたさつま芋を焼いて、サツマイモフライにするのも人気です。
    • 小さく切ると、オーブンの熱を受ける表面積が広くなるので、よりカラメルの風味が出ます。より細い形を低い温度で長く調理すると、パリパリになります。
  4. 4
    さつま芋を大きなボウルに移して味付けします。調味料を加えて、さつま芋の甘さや旨味を引き立たせます。
    • さつま芋の甘さを引き立たせたい場合、シナモンかオールスパイスを軽くまぶし、(4人分に対し)オレンジの1個分の皮と果汁を加えて混ぜます。蜂蜜、黒糖、スイートチリソースや同様の甘いソースを加えても構いませんが、砂糖が焦げないよう、少し低い温度で、より頻繁に確認しながら焼く必要があります。
    • さつま芋の旨味を引き立たせたい場合、潰したニンニク1片と、タイムとローズマリーを混ぜた香辛料を小匙1加えます。
  5. 5
    味付けしたさつま芋に油をかけます。よく混ぜて全てのさつま芋に均等にあぶらをまぶします。こうすると、焼いた際に表面がしっかりカラメル状になります。
  6. 6
    焼き皿を選び、アルミホイルで覆います。くっつかない信用性のある良い焼き皿や金属製の深鉢タイプの鍋があれば、それが理想です。
    • さつま芋を重ねずに広げられるくらい大きな物を選びましょう。そうすれば全体がより褐色に色づきます。
    • さつま芋にはたくさんの砂糖と水が含まれるため、滑らかな皿だとくっつきやすい傾向にあります。
  7. 7
    さつま芋を焼き皿に移します。さつま芋どうしを離して置いて、間を熱い空気が通るよう、大きな皿が必要です(約1cm強の間隔で十分です)。ぎゅうぎゅうに置いてしまうと、水っぽくなったり火の通りが不均等になります。一方、離しすぎると乾燥して硬くなります。
  8. 8
    35~40分焼きます。15分経ったら、ひっくり返して皿の中で移動させ、火が通りや色づきが均等になるようにします。
  9. 9
    再度味付けをします。全ての調味料を焼く前に加えていいわけではありません。軽くて新鮮な風味の物は、調理後に加えましょう。以下に例を挙げます。
    • 大匙1(16g)のバルサミコ酢(またはサラダドレッシング)と塩コショウを食べる直前に加えます。
    • みじん切りにした生のパセリまたはバジル、唐辛子、そしてレモン汁少々。
  10. 10
    盛り付けて食べます。温かいうちに他のおかずと一緒に盛り付けるか、別のレシピに加えます。
    • そのまま食べる他に、焼いたさつま芋の活用方法は色々あります。潰してスープに加える、他の野菜や鶏の中に詰める、グレービーソースやシチューと合わせる、あるいは温/冷サラダに使うなどです。
    広告

方法 2 の 2:
さつま芋を丸焼きにする

  1. 1
    さつま芋を買います。北米では「ヤム」という名前で売られているものもあります。「ヤム」は中が明るいオレンジ色をしていて、調理すると甘くなります。「スイートポテト」と言われる通常のさつま芋はより硬く、中は淡い黄色です。[4]
    • アヤコマチという種類のさつま芋は中が明るいオレンジで、調理すると甘くなり、丸焼きに適しています。[5]
    • 白いさつま芋はシチューやスープなど、甘さが第一ではない場合に向いています。
  2. 2
    さつま芋を洗います。小さなたわしを使って表面の汚れを全て落とします。傷んだ部分も小さい果物ナイフで取り除きましょう。
  3. 3
    さつま芋をナイフやフォークで何回か刺します。こうすると焼いている際に蒸気が出やすくなり、さつま芋が弾けるのを防げます。
  4. 4
    焼き皿を選び、アルミホイルで覆います。くっつかない信用性のある良い焼き皿や金属製の深鉢タイプの鍋があれば、それが理想です。
    • さつま芋にはたくさんの砂糖と水が含まれるため、滑らかな皿だとくっつきやすい傾向にあります。
  5. 5
    予めオーブンを350ºF (約180ºC)に予熱します。さつま芋は様々な温度に耐えられるので、他の物も焼く場合、それと一緒に異なる温度でさつま芋を焼いても問題ありません。ただし、調理の時間は調整しましょう。
  6. 6
    さつま芋を焼き皿に乗せ、オーブンに入れます。350ºF (約180ºC)の場合、約1時間焼きましょう。45分経ったら様子を見ます。さつま芋の表面をフォークで刺します。簡単に刺せたら出来上がりです。
  7. 7
    さつま芋をオーブンから出します。丸焼きにしたさつま芋は皮付きのまま二つに開き、バターの小片と塩コショウだけで楽しめます。(少し冷めてから)皮をむき、好みの調味料とつぶす食べ方もあります。
    • つぶしたさつま芋の甘さを強めるため、バターの小片と一緒に黒糖とシナモンを少量加えてみましょう。そうすればつぶしたスイートポテトが美味しくて洒落た付け合わせになります。
    広告

ポイント

  • 手早く簡単に調理するため、 電子レンジを使ってさつま芋を調理することを検討しましょう。
  • さつま芋には栄養がぎっしり詰まっています。食事にさつま芋を加えると、ベータカロチンや抗酸化物を摂取できます。[6]

広告

注意事項

  • さつま芋にはたくさんの砂糖が含まれるため、他の野菜よりも早く焦げます。焦がさないため、目を離さないようにしましょう。
広告

関連記事

How to

ステーキをバーベキューグリルで焼く

How to

バーベキューでピザを焼く

How to

ハムの塩を抜く

How to

バーベキューグリルの網を掃除する

How to

サーロインステーキをグリルで焼く

How to

バーベキューする

How to

スペアリブをいぶす

How to

炭焼きグリルを使う

How to

液体着火剤を使わずに炭火を起こす

How to

グリルで串焼きケバブをつくる

How to

イタリア風ソーセージを作る

How to

バーベキューソースを作る

How to

木炭を作る

How to

肉をローストする
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: バーベキュー
このページは 157 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告