そばかすとは肌に生じる褐色の斑点です。鼻から頬にかけてそばかすがある人もいれば、全身にそばかすができている人もいます。そばかすは遺伝性なので、持っているか持っていないかの二通りに分類されます。そばかすができる人は日光を浴びると自然に数が増えていくでしょう。そばかすができない人は、メイクやコスメティックタトゥーでそばかすを作りましょう。

方法 1 の 4:
自然にそばかすを増やす

  1. 1
    そばかすがどのようにできるのかを理解する そばかすは遺伝体質の1つで、肌の色素が偏って分配されている状態を指しています。つまり、メラニン色素が1か所に集中することで作られます。[1]
    • 自然なそばかすのほとんどは人体に害を及ぼすことはありません。顔などの日光を浴びやすい部位に現れます。そばかすが欲しいと思う人の多くが、このようなそばかすを想像します。また、褐色、茶、黒、黄色、赤など色合いも様々です
    • 日焼けからそばかすが発生することもあります。こうしたそばかすは、1つ1つが大きくなる傾向があり、生じる場所も不規則です。通常のそばかすであれば浴びる日光の量が減っていくにつれて減っていきますが、日焼けに伴うそばかすは消えません。
  2. 2
    自分にそばかすの遺伝体質があるかどうか判断する そばかすの遺伝体質を持っていなければ自然にそばかすができることはありません。赤毛で色白の肌の人に最も多く見られますが、その他の特性を持った人にも、もちろん現れることはあります。暗い髪色の人はそばかすの遺伝体質を持っていない可能性が低いものの、ゼロではありません。明るい髪色と瞳の色を持った人も、そばかすの遺伝体質を持っている人が多い傾向があります。
    • 家族の特徴を観察し、自分がこの遺伝体質に当てはまるのかどうか考えてみましょう。兄弟、両親、祖父母といった直系の家族が最も正確な判断材料となります。ただし、遠縁の親戚と同じ遺伝体質を持っているということもあります。
  3. 3
    少し日光に当たる そばかすは紫外線にさらされることで引き出されます。自然にそばかすができる人は少し日光に当たることで隠れていたそばかすが現れるかもしれません。ただし、日に焼けてしまうほど日光を浴びないよう注意しましょう。SPF20~30の日焼け止めを塗り、赤くなる日焼けから肌を守っていても、肌の色は濃くなっていきます。
    • 紫外線が表皮(肌の最も外側の層)に到達すると若干厚みが増し、細胞が多めに色素を生成します。その結果、そばかすの色が濃くなり、目に見えるようになります。
    • 日光に当たりたくないという人は日焼けサロンの利用を検討してみましょう。ただし、過剰に肌を焼くと、がんの原因となることもあるので、サロンが推奨する使用方法に従い必要以上に紫外線を浴びないようにしましょう。
  4. 4
    日焼けに限度を設ける 紫外線を過剰に浴びると皮膚がんになる恐れが高まります。そばかすが欲しい人にとって紫外線は必要不可欠な要素のように感じられますが、非常に危険な側面も持ち合わせています。そこで、日焼け止めや衣服で肌を保護せずに日光を浴びる時間に上限を設けるようにしましょう。
    広告

方法 2 の 4:
茶色のアイライナーでそばかすを描く

  1. 1
    アイライナーの色合いを決める 肌や髪の色合いに近い茶色をまず使用してみましょう。例えば、寒色系の色合いの肌でアンダートーンが黄色の人は、褐色が適しています。暖色系の色合いの肌で、アンダートーンが赤の人は、ワインレッドが混ざった、より濃厚な色合いの茶が良いでしょう。さらに、これよりも1トーンほど暗い色合いのライトアッシュのアイライナーも必要になります。
    • アッシュ系ブラウンの色合いは、どのような色合いの肌でも合うでしょう。
    • 自分の肌にどのような色を合わせれば良いのか分からない場合は、複数の色合いを自分の眉毛の色と比べてみましょう。明るい方のアイライナーは眉毛の色よりも2トーンほど暗く、暗いほうのアイライナーは、それよりもさらに1トーン暗くしましょう。
  2. 2
    明るい方のアイライナーでそばかすを描く アイライナーを使って小さな点を鼻すじから頬にかけて描きましょう。多くなりすぎると不自然な見た目になるので気をつけましょう。
    • 点の大きさを不揃いにしましょう。全体として押しピンの頭のような大きさが目安となりますが、それよりもやや小さな大きさの点も含めるようにし、左右非対称に散らばらせましょう。
    • 左右対称にならないよう注意しましょう。
  3. 3
    暗い方のアイライナーでいくつかの間を埋める[2] 暗いほうのアイライナーを用意し、さらにいくつかの点を描きましょう。自然なそばかすは年月の経過と共に濃くなっていくので、色合いも1つだけではありません。
    • 鏡を見ながら、点が重ならないよう気をつけて描きましょう。
    • 2つ目の色合いの点は1つ目の色合いよりも数を減らすことがポイントです。
  4. 4
    コットンで色を馴染ませる より自然な見た目に整える必要がある場合は、指先や小さくちぎったコットンを優しく押し当て色を馴染ませましょう。アイシャドーが付着していない清潔なアイシャドーチップで軽く表面をこすっても良いでしょう。
  5. 5
    メイク崩れ防止スプレーやパウダーを用いる 必須ではありませんが、描いたそばかすの持ちが良くなります。また、どちらを用いても、肌の見た目がよりつややかで健康的になるという効果を期待することもできます。
    広告

方法 3 の 4:
健康的に日に焼けた印象を作る

  1. 1
    鼻から頬にかけて軽くブロンザーをつける 大き目のメイク用ブラシを使い、鼻すじから頬にかけて頬骨に沿うように、さっとブロンザーを乗せましょう。[3] ブロンザーを用いると肌の色合いがやや暗くなります。そばかすは日に当たることでできるものなので、やや小麦色に焼けたような色味にすることは理にかなっているでしょう。
    • ブロンザーは顔全体につける必要はありません。逆に暗くなりすぎ、不自然な色合いになってしまいます。
    • 光沢のないブロンザーを使うと、より自然な見た目になります。
  2. 2
    そばかすを描くアイブロウペンシルを選ぶ 実際に眉毛に用いるアイブロウペンシルよりも2トーン暗い色を選びましょう。アイブロウペンシルはアイライナーよりも乾いていて、アイライナーほど暗い色合いに仕上がらないので、ブロンザーと合わせやすいという特徴があります。
  3. 3
    小さな点をいくつか散らばらせる ペンシルの先が丸くなっていないことを、まず確認しましょう。力を入れずに、小さな点を鼻すじから頬の上部にかけて描きましょう(つまりブロンザーを先ほどつけた部分です)。
    • 鼻の上の部分と目の真下の部分のそばかすは、間隔をつめて描きましょう。さらに下に広げていくにつれて間隔も空けていきます。
    • そばかすは全体的に小さめに描きつつも、大きさは不揃いにしましょう。やや大き目の点も含めて描き、一定の模様になったり左右対象にならないよう配置を工夫しましょう。
  4. 4
    空白を埋める 鏡の前から1歩下がり、そばかすの状態を確認しましょう。必要応じて点を付け足し、不自然な空白部分を埋めましょう。同様に、指先や小さくちぎったコットンを優しく押し当てて色を馴染ませましょう。
  5. 5
    お好みでさっとファンデーションをつける そばかすを目立たせたいのであれば、ファンデーションは不要です。逆に、用いたペンシルの色合いが暗すぎた場合は、パウダーファンデーションで軽く仕上げると、よりさりげない見た目になります。
    • この段階でリキッドファンデーションは使えません。描いたそばかすが消えてしまいます。
    広告

方法 4 の 4:
コスメティックタトゥーでそばかすをいれる

  1. 1
    コスメティックタトゥーの仕組みを理解する コスメティックタトゥーとは、電動の針で素早く色素を皮膚に注入するという手順を指します。[4]パーマネントメイクアップとも呼ばれています。元々は主に眉、アイライナー、あるいはリップスティックに半永久的に残る色味を加えることを目的とした処置でしたが、最近ではそばかすを作る方法としても人気が高まっています。
    • 内部が空洞になった針が振動しながら皮膚の表皮に刺さり、少量の色素が注入されます。
    • コスメティックタトゥーは除去することも可能ではあるものの、かなり難しく、除去をしても施術を受ける前と全く同じ状態には戻りません。
  2. 2
    コスメティックタトゥーの専門家2~3名に相談する 感染症といった副作用のリスクを軽減するためにも、コスメティックタトゥーに精通した専門家に施術を依頼しましょう。
    • 施術者の経歴を確認しましょう。適切な訓練を受け、医師免許を取得している人物であることが必須です。
    • 美容整形外科の医師や過去に施術を受けたという人に施術者を紹介してもらいましょう。過去に施術を受けたことのある人には、施術前と施術後のそばかすの写真も見せてもらえないか聞いてみましょう。
  3. 3
    自分が求める見た目について話し合う 施術担当者からいくつかの案が出されるかもしれませんが、自分が求めているそばかすを実現させるには、自分からも積極的に意見を出すことが大切です。可能であれば何枚か写真を用意して、どのようなそばかすが自分に最に合っているのかを決定しましょう。
    • 施術担当者も、あなたに合った色味や色合いのそばかすを考えてくれるでしょう。
    • そばかすの位置や配置についても話し合いましょう。
  4. 4
    施術を受ける 準備が整ったのであれば施術の予約を入れ、コスメティックタトゥーでそばかすを入れましょう。まず、消毒済み手術用スキンマーカーで実際に色素が注入される個所に印をつけていきます。次に、施術箇所に表面麻酔ジェルが塗られます。施術中は、ある程度のチクっとした痛みが感じられるでしょう。
    • 麻酔担当者が消毒済みの手袋と機器を用いているかどうかも必ず確認しましょう。
  5. 5
    アフターケアを怠らない 冷湿布で腫れを和らげます。また、感染症のリスクを抑えるために抗生物質軟膏を塗らなければなりません。[5] 施術者の指示に従い、適切なケアを行って回復を待ちましょう。
    • そばかすのタトゥーを入れた直後は、色がかなり暗く見えますが、心配する必要はありません。3週間程経過すると色が褪せ、本来の色合いになります。
    • 施術後2~3日が経過して、施術箇所が不自然なまで腫れていたり、痛みや赤みが生じている場合は、感染症やアレルギー反応が起きている可能性もあります。
    広告

注意事項

  • 衣服や日焼け止めで肌を守っていない状態で長時間日光に当たらないようにしましょう。過度に紫外線を浴びると、皮膚に問題が生じる可能性があります。皮膚がんにかかるリスクも高まります。
広告

必要なもの

  • 茶色のアイライナー、あるいはアイブロウペンシル
  • ブロンザー
  • 化粧崩れ防止スプレー、あるいは仕上げ用パウダー

関連記事

How to

目の形を判断する

How to

キスマークを偽造する

How to

肌のアンダートーンを見極める

How to

眉毛にスリットを入れる

How to

片方の眉を上げる

How to

自然な赤みのある唇にする

How to

眼鏡を調整する

How to

血管を浮き上がらせる

How to

ビューラーを使わずにまつ毛をカールさせる

How to

アイラインをきれいに落とす

How to

ローズウォーターを作る

How to

目の色を自然に変える

How to

鼻を細く見せる

How to

顔の赤みを取る
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む23人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,002回アクセスされました。
カテゴリ: メイク
このページは 1,002 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告