ちょいワルになる方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:ちょいワルな振る舞いと習慣ちょいワルとして自信を持つちょいワルなデートをする8 出典

一体どうして、女性はちょいワルな男に対して、メロメロになってしまうのでしょうか。それはちょいワルな男が嫌なヤツだからではありません。そもそも、嫌なヤツを好きになるような女性はいません。その理由は、ちょいワルな男はむしろ自信に満ちていて、自己をしっかりと持っているからです。言い換えるならば、色気があり、魅力的だということです。この記事を読んで、男性としての自信を身にまとい、亭主を尻に敷いている世のすべての女性たちを見返してやりましょう。

パート 1
ちょいワルな振る舞いと習慣

  1. 1
    漢(おとこ)であること 自分自身の時間を大切にし、自分にふさわしい夢を持ち、自分の考えに基づいて行動しましょう。誰かを幸せにしようという理由で(その相手が恋愛対象であるかどうかは関係ありません)、生半可な気持ちで自分自身の行動を変えてはいけません。たとえば、好きではないことに対して、好きなふりをしてはいけません。自信を持って好き嫌いを主張しましょう。こうすることで、自ずと自分と同様の考え方を持つ人々を引きつけることができます。
    • 自分の価値観を知りましょう。好きなものは何ですか。嫌いなものは何ですか。あなたという人を特徴づけているものは何ですか。どんなときに幸せを感じますか。自分自身について知りましょう。それが分からなければ、「周囲に適合する」ために自分の価値観について嘘をつくことになります。自分ではない誰かになりすまして、本当に幸せになれるでしょうか。いや、なれるはずがありません。
  2. 2
    自分が世界の中心になる 何よりもまず「自分自身」が幸せになるために、自分という存在があります。他人のことは、自分が幸せになった後で考えましょう。己の考え方と生き様を優先させます。自分が大切だと思って行動していると、周囲の人々は、男性はもちろん女性までも、あなたを重要人物とみなすようになります。重要人物は、自然と周囲の人々の心を引きつけるので、格好良い男性になることができます。
    • ごく稀な例外を除いて、恋愛を成就させようとするときに、決して自己イメージを捨ててはいけません。自分に脈がない印象の女性を好きになってしまった場合、その女性のことは忘れましょう。あなたの価値がわからない女性を振り向かせようとするのは時間の無駄です。
    • 女性は男性の利己的な部分に惹かれます。利己的な男性は、自身が求めるものを自覚し、果敢にそれを得ようとしている印象を与えます。
  3. 3
    細かい部分に注意を払うことをやめる 日常生活の細かい部分にいちいち気を揉んでいる男性ほど魅力のない人はいません。ちょいワルは、すべてがうまくいくという「確信を抱いている」ので、細かい物事を心配することはありません。たとえば、魅力的な女性に囲まれたとき、ちょいワルは必ずしもだらしのないダメ男の振る舞いをするわけではありません。まるで家でテレビを見ているかのような自然体を装い続けます。このような振る舞いをすると、冷静で、自信に満ちた、思慮分別のある人物という印象を周囲の人々に与えます。そのため、ちょいワルな男は、正真正銘の色気のある男性だと思われます。
    • 神経質で心配性の人が、一朝一夕にして人当たりの良い自信に満ちた人に変わるのは、とても難しいことです。心穏やかな人物に変わるために、立ち居振る舞いをゆっくり行いましょう。まずこの点を意識するだけで、だいぶ落ち着いて見えます。そして、かなり穏やかな気分になります。ゆっくりと、しっかりとした足取りで、大またに歩きましょう。ゆっくりとした口調で、自信を持って話しましょう。どんな時も物怖じをしてはいけません。
    • いくらちょいワルになったとしても、物事は常に計画通りに行くとは限りません。「悪い」出来事が起こったとしても、あまり重く受け止めてはいけません。その代わりに、軽い冗談を言って受け流しましょう。たとえば、飲み物を体中にこぼしてしまったとしても、家に帰ってどれだけ漂白しなければならないかなどと心配している暇はありません。その代わりに、「おおっ。ぼくの手持ちの服の中に、新しい絞り染の洋服が加わったみたいだよ」などと言いましょう。少々安っぽいセリフですが、周囲の人々には、小さな問題にとらわれない人物であるという印象を与えます。
  4. 4
    許可や同意を求めることをやめる いわゆる「いい人」は、行動に移しても安全であるという裏付けを常に欲しがります。しかしながら、そのような裏付けはめったにあるものではありません。それゆえ、いい人は優柔不断に見えます。(特に女性と一緒のときは)果断になりましょう。そして、異論に対して向き合いましょう。自分の行動が「正しい」かどうかを判断するために、他人の顔色をうかがってはいけません。自分にとって正しいと感じる行動をとりましょう。そうすれば、これまで他人に許可を求める機会がいかに多かったかということに気づけます。
    • 女性に対しては、「キスしてもいい?」と聞く代わりに、実際に唇を奪いましょう。「デートに行こうか」と聞く場合も同様です。相手に語りかけるや否や、「遊びに行こうぜ。金曜日と土曜日のどちらがいいだろうか」と言いましょう。たとえ断られたとしても、その潔さは、単に彼女の気を惹こうとする行動より、ずっと魅力的に見えます。
    • 食事をするレストランから、自由時間の過ごし方に至るまで、あらゆることについて自分の意見を持ちましょう。自分が何を欲しているのかを知り、それを手に入れるために行動しましょう。そうすれば、周りにより魅力的な印象を与えるだけではなく、自分自身がもっと幸せになれます。[1]
    • 注意事項 誠実な男性は相手に不愉快な思いをさせるような行動はとりません。また、性的倒錯者でもありません。大胆でありながらも、女性が求めるものに対して細やかな心配りをしましょう。嫌がる女性に対して、キスなどの望んでいない行為を決して強制してはいけません。自分が激しく欲求を感じるのと全く同様に、相手にもそれぞれ強く望んでいるものがあります。女性の気持ちを尊重しましょう。
  5. 5
    先頭に立って行動する 男性として、常に先頭に立って行動しましょう。どこへ行くべきか、何をすべきかを、誰かに言われるまで待っていてはいけません。集団の中で意見がまとまらないときは、自分がまとめ役を買って出ましょう。他人の心配をやめて、自分がやるべきと感じたことを行動に移せば、自然に集団の先頭に立って行動できるようになります。これはわがままになるということではありません。他人をあてにしなければ、自分自身の生き方を大切に考えることができます。
    • 人生のあらゆる場面において、先頭に立って行動しましょう。好きな女の子に話しかけたいときも、就きたい職業があるときも、自分から率先して動きましょう。
    • 仲間の前でもリーダーでいましょう。臆病で女の子に話しかけられない友人がいるとき、精神的に傷つかない程度に、少しだけからかいつつも、その友人が自信を持って話せるように背中を押してあげましょう。後押ししてあげた友人からは感謝され、女性たちはリーダーであるあなたの存在に、メロメロになるはずです。
  6. 6
    まずは自分自身に対して正直になり、そして、誰に対しても正直になる 女の子はちょいワルな男性の正直さに惹かれます。「いい人」はしばしば正直ではないときがあります。ちょいワルな男性が女の子を好きになると、その気持ちを相手に伝えます。しかし、「いい人」は好きな気持ちを隠したり、遠回しに伝える傾向があります。また、いい人は恋人になるための足がかりとして、普通の友達になろうとしますが、結局ただの友達の関係で終わります。男性が女性を好きになるとき、たいていの女性は好意を持たれていることに気づきます。ちょいワルな男性は、相手に好意が伝わっていることに気づいているので、好きな気持ちを伝えることに躊躇しません。ちょいワルになるためには、自分の気持ちに正直になりましょう。たいていの女性は男性の正直さを高く評価します。恋人を見つけようとするときに、友好的な嘘を並べ立てるような男性を好きになる女性はいません。
    • どちらかといえば、異性への興味を露骨に出すくらいの男性を、女性は高く評価します。たとえば、ちょいワルな男性と「いい人」が女性の胸を見る場面を考えてみましょう。ここで、ちょいワルは胸に向ける視線を隠そうとはしません。いい人はこっそりとのぞき見しようとしてばれますが、見るなら堂々と見た方がよほど魅力的です。ちょいワルな男性は自分の欲求に正直で、それを恥ずかしいとは思いません。
  7. 7
    孤高を保つ 決して他人を「必要」としてはいけません。人脈を持つのはいいことですが、それは幸せになるために必ず要るものではありません。自分自身と仲間が楽しく付き合える方法を考えましょう。自分が他者を必要だと思わなければ、逆に他者はその孤高の存在を必要だと感じるものです。常に自分なりの遊び方と楽しみ方を考えましょう。燃えるような情熱を持ちましょう。そして、時間をかけて取り組みたいと思うような趣味や関心事を見つけましょう。
    • 決して人間関係を最優先にしてはいけません。また、決して全ての幸せは人間関係にあるなどと考えてはいけません。自分が幸せになるために他人(特に女性)を探すのをやめましょう。そのような相手は必ず要るものではありません。世の中の男性は、自分以外の何者かに幸せを求めて、時間を浪費しています。自分なりの方法で幸せな気分になれば、自ずと周囲には人が集まってきます。
    • 幸せな気分になれる趣味のために、時間を使いましょう。若くて魅力的な人と新たに出会えるような趣味であれば、なおさら最高です。好きで夢中になれるものの中でも、さらに心の支えになるような趣味を持ちましょう。趣味を持ちたいと思わない人は、ボランティア活動に参加するという手もあります。世の中をより良くするために、自分の時間を使いましょう。ちょい「ワル」な男性は、「本当の悪人」ではありません。
  8. 8
    偏りのない公正な目線で自分自身を評価し、愛する 自分自身が他人よりも価値があることを知っている男性は、「ちょいワル」になれます。ちょいワルな男性は自分自身を大切に扱います。ちょいワルな男性は自分自身のことを誰よりも知り尽くしているため、己についての見解は、他の誰よりも自分が正しいと思っています。自分を知り尽くしている人には自尊心があります。他者(とりわけ女性)に尊敬されたいと思う前に、まずは自尊心を持ちましょう。
    • どうすれば自尊心を持てるのでしょうか。その答えは、他人の考えを受け入れるときとそうでないときの判断基準を決めて、それをしっかりと守るということです。自尊心を持つときに最も大切なのは、自分自身や自分にとって大切な人に対して、失礼な態度をとる人々(性別に関係なく)のために我慢をしないということです。
    • 「いい人」の問題点は、たとえ相手が嫌な人であったとしても、いい人であろうとすることです。私たちは皆、不当な処置を受けても、甘んじて受け入れよと教えられます。しかし、残念ながらこの教えに従うと、馬鹿を見るだけになるときがあります。嫌な振る舞いをしてくる人を、相手にしてはいけません。好意的な態度を示す相手に対して、好意的な行動で返しましょう。嫌な相手の前でいい人になっても、その人がいい人になることはないということを覚えておきましょう。信頼と尊敬のできる人々と人間関係を築きましょう。
  9. 9
    肉体を鍛えて、それ以上に精神を鍛える 家族、友人、そして何より女性に頼り甲斐があると思われるような男性として、強い軸を持つ必要があります。泣き言を言ってはいけません。どんなに不平不満を漏らしても、状況は変わらないということを肝に銘じましょう。それよりも、ぐだぐだ言わずに、自分がその状況を変えていくしかないのです。被害者意識を持ったままでは、つまらない人生を送ることになります。そして何より、状況が良くなることはありません。
    • 物事がうまくいかないときは、その日を乗り切るために全力を尽くしましょう。悪い事が起こったときに、人は状況に簡単に流されます。しかし、自分は問題を解決できるし、状況は必ず変えられると信じて行動しましょう。
    • 周囲の人々を大切にしましょう。人生において最も重要な人物は自分自身です。女性に貢ぎ物をするような男性になってはいけません。しかし、強くて頼もしい、人々の助けになれるような人物ならば、高く評価され、周囲に求められる存在になることができます。
    • 毎日運動をしたり、何らかの形で体を動かしましょう。習慣的に運動をすると、気分が良くなり、元気が湧いてきて、心身ともに健康になります。この運動が、日々のストレスに対する免疫力を維持するため、そして感情を制御するためには、非常に重要です。また、運動すると自信が高まり、肉体的な魅力も増します。ここまで良いことがあるのならば、運動をしないという手はありません。

パート 2
ちょいワルとして自信を持つ

  1. 1
    自分自身を知る ここまでに述べてきた方法の多くが、大きな自信を持ちつつ、自分に対して良いイメージを持つというものでした。基本的にこのような前向きな気持ちがなければ、本当のちょいワルになることは、不可能ではないにしても、難しいものです。「自分がクヨクヨする場面はあるだろうか」「自分は精一杯良い人生を送っているだろうか」と自問してみましょう。もし答えが満足のいかないものだったときは、大きな自信を育むために、次のステップを実践してみましょう。たちまちちょいワルになれるような気がしてくるはずです。
  2. 2
    体を鍛える ちょいワルになるために、ボディビルダーになる必要はありませんが、体は丈夫である必要があります。運動で体を動かすと、自尊心が高まり、気分が落ち込みにくくなるという科学的な証拠があります。運動の効果は、即効性のあるもの(ストレスを減らすエンドルフィンが分泌されます)と遅効性のあるもの(自己イメージが高まり、健康状態が良好になります)の両方があります。[2]明日があるからと先延ばしにしてはいけません。今日、ジムに行きましょう。
    • ある研究では、適度に激しい有酸素運動をすると、すぐに、気持ちが著しく前向きになることがわかっています。[3]また、どんな形であれ、肉体の健康を高めるために習慣的な運動をすると、自分に対する自信が高まり、他者を魅了する人間になることができます。
    • 習慣的な運動をはじめるコツは、wikiHowのガイドで、運動について調べることです。たくさんの記事がありますが、中にはエクササイズする方法もあります。
  3. 3
    勝ち癖をつける 職務経歴を作りつつ、個人の目標を達成するために、絶えず仕事をしましょう。大きな自信を持つためにお金持ちになる必要はありませんが、自分自身を誇りに思う必要はあります。一生懸命働いた結果、成功すれば、価値のある重要な経験を味わうことができます。そしてその経験は、自信にあふれた人間性を作る基礎となります。
    • (ちょいワルな人も含めて)あらゆる人が、人生がうまくいかないことに対して悩んでいます。仕事や私生活で困難を経験したら、それに屈せずに最後までやり抜くことで、より強い自分になれるチャンスと考えましょう。決して諦めてはいけません。
  4. 4
    自分を大切にする 好きなことをして楽しみましょう。価値ある時間を味わうために、大金を費やす必要はありません。たとえば、何か自分が食べたいと思った料理を作りましょう。適度に好きなお酒を飲みましょう。そして、趣味の時間を満喫しましょう。好きなことをしていると、自然と幸せな気分になります。幸せな気持ちになれば、自信がさらに湧いてきます。
  5. 5
    個人の精神的な問題と向き合う 自信を持てない人の中には、根深い原因がある場合もあります。幼年時代の虐待や衝撃的な体験は、生涯に渡り精神的な障害を引き起こし、自尊心に悪影響を与える可能性があります。[4]自分の精神や感情に悪影響を与える問題について、治療法を探してみましょう。たとえば、カウンセリング、バイオフィードバック療法、薬の処方など、様々な治療を受けることができます。
    • 精神的な問題について助けを求めることは、自身の弱さではなく、強さがなせるものだという事を覚えておきましょう。真の男は、自分自身の問題をそのままにせずに、解決しようとするものです。時として、それは他者の助けが必要になることもあります。カウンセラーや療法士の診察を受ける事を決して恥ずかしがってはいけません。2017年の調査によると、日本では400万人を超える人が、精神疾患のために医療機関にかかっています。[5]

パート 3
ちょいワルなデートをする

  1. 1
    自分が欲しいものを知る ちょいワルな男は相手に求めるものを知っています。そして、それを正直に相手に伝えます(パート1ステップ6を参照)。正直な気持ちで、性的な関係を純粋に求めれば、恥ずかしいと思うことはありません。また同様に、恋人と長く付き合うことを、ちょいワルらしくないと思う必要はありません。本当にちょいワルな男として、女性とよりうまく付き合えるコツを以下に紹介します。
  2. 2
    我が道を行く 自分の人生を女性に捧げるような関係を目指してはいけません。たとえ結婚していたとしても、自分なりの流儀を貫きましょう。自分の時間を持ち、友人との付き合いにも時間を割きましょう。自分自身を価値のある人物とみなしていると、パートナーからも、一緒に過ごす時間がとても貴重なものだと思われるようになります。逆に、しょっちゅう彼女の気まぐれに振り回されている人は、共に過ごす時間が価値の低いものと思われています。誰が相手でも自分を優先させる付き合い方を変えてはいけません。自分のことを後回しにしてまで、女性に献身的になってはいけません。
  3. 3
    自惚れる 女性と関係を持つときに、相手を崇拝する必要はありません。むしろ、からかいましょう。気楽に付かず離れずの距離感でいた方が、熱烈で刺激的な関係を維持することができます。また、多少口喧嘩になっても構わないという余裕を見せることで、自信に満ちた性格であることを相手に伝えることができます。[6]次のように考えてみましょう。「四六時中」優しくしなければならない女性と、本当につきあいたいと思いますか。いや、思うはずがありません。
    • からかいすぎてもいけません。たとえば、容姿や経歴のような、相手が気にしていることは口に出さずに、当たり障りのないものをネタに選びましょう。
    • 自分がからかわれたときは、それを受け止める器の大きさを持ちましょう。人を平気でからかうくせに、自分がからかわれて激怒してはいけません。
    • 思いがけず相手の気持ちを傷つけてしまった場合、心からお詫びしましょう。ちょいワルな男は正直者であるということを、忘れてはいけません。本当にすまないと思っているのなら、そのように相手に伝えましょう。ちょいワルな男ゆえに、謝罪すべき場面であっても、人に頭を下げてはいけないなどと考えてはいけません。それは「ちょいワル」ではなく、ただの嫌なヤツというものです。
  4. 4
    亭主関白になる これは相手を尻に敷いたり、相手の決定権を奪うという意味ではありません。むしろ、状況に相応しい決断をして、いつでも計画的に行動できるように心がけなければならないという意味です。たとえば、外出をするときは、事前に行き先を選び、予約をしておきましょう。人混みの中を移動するときは、頼まれなくても、彼女の手をとって進みましょう。気分が盛り上がってきたと思ったら、彼女にキスをしましょう。彼女の前では、二人が望んでいるものが何かを当然知っているという態度でいましょう。会話では、自分が情熱的に語れる話題を選びましょう。たとえば、家族について語りましょう。また、自分が感動した出来事を語りましょう。他人の噂話をしてはいけません。心から話したいと思っていることを話しましょう。そして、感受性の強い一面や、本当に家庭を大事に考えているという一面を恋人に知ってもらいましょう。
  5. 5
    驚かせる 長く付き合っていると、決まりきったやり取りが続き、マンネリを感じやすくなります。しかし、時には自ら変化を起こす努力をしましょう。二人の時間が合うときには、週末に出かける計画を立てましょう。彼女の枕元に、夜のコンサートのチケットを置いておいて、朝の目覚めと同時に驚かせましょう。マンネリを解消することで、新鮮で刺激的な関係を築くことができます。
    • 一見すると、前もって「自発的に」行動することは、ちょいワルらしくないようにも思えます。しかしながら、それは必要な行動です。たとえば、何の準備もなしにアイススケート場へ行って、閉館日だったことがわかることほど、最悪の事態はありません。アイススケート場がちょいワルなデートにふさわしい場所なのかどうかを考えるところから、事前に準備する必要があります。
    • 彼女にプレゼントをたくさん与えるために、自発的な行動しているのではないということを覚えておきましょう。自分の中の価値観がブレてはいけません。何をすべきか迷ったときには、自分の好きなことをする計画を立てましょう。自分が幸せを感じる行動をとることで、彼女も喜んでくれるはずです。
  6. 6
    お互いに干渉をしない ちょいワルな男とそのパートナーはお互いに依存をしません。お互いに自分自身の人生、交友関係、そして趣味を持っています。お互いに自分の居場所を持っているからこそ、一緒に過ごす貴重な時間が、より価値のあるものになります。
    • 友人と過ごす時間と、恋人と過ごす時間の配分が難しいときもあります。幸運なことに、これは誰しもが悩む問題なので、思慮に富んだオンライン記事(中にはそうでないものもありますが)のネタになっています。実践的な内容の記事から助言を得ましょう。

ポイント

  • ちょいワルになるということは、他者の存在やその発言よりも、自分自身を信じることです。自分が持っている不安や不信を思い知り、そしてそれらを取り去りましょう。他者から認めてもらいたいという考えを捨て去れば、ちょいワルな男になれます。
  • ビジュアリゼーション(映像化)を実践しましょう。毎日、なりたい自分になっている姿を想像しましょう。話し方、歩き方、考え方が、自分の思い通りになっているかを実際に確認してみましょう。このように見える化を実践することが、なりたい自分になる近道です。
  • ちょいワルになるためには、時間がかかります。一歩一歩、前に進んでいきましょう。そうすれば、まさしく自分がなりたいと思っている、ちょいワルな男になれる日が必ずやってきます。これは自分をちょいワルに見せるためではなく、最高の自分に変身するための方法です。時間をかけてじっくりと、本当の意味で成長をしていきましょう。
  • 次のような映画を観ましょう。ファイト・クラブ、300(スリーハンドレッド)、ラストサムライ、イエスマン、最後の恋のはじめ方。
  • 次のようなゲームをしましょう。「Total Overdose」、「パニッシャー」、「グランド・セフト・オート・バイスシティ」。
  • 次のような本を読みましょう。「Way of the Superior Man」(英語)、「自分を動かす―あなたを成功型人間に変える」、「鉄のハンス」、「What women want when they test men」(英語)。
  • すべての女性がちょいワルな男を求めているわけではありません。ちょいワルな男として振る舞いたいと思っても、女性には礼儀正しく、敬意を持って接しましょう。そのほうが、自分をさらに格好良く見せることができます。そして、人に好かれるようにもなります。

注意事項

  • 女性は、相手の男性が本物なのか、ただ虚勢を張っているだけなのかを、試すときがあります。これまで述べてきたステップを習得し、実践することで、本物のちょいワルになりましょう。
  • ちょいワルになると、過去の煩わしい習慣や人間関係から自由になれます。
  • 自分自身を変えることは簡単ではありません。そして、何年も習慣として続けてきたものは、変えようと思っても変わりません。しかしながら、常に改善をし続けることはできます。もっとも効率良く結果を出すためには、自分自身を完全に変えようとしてはいけません。一番改善しやすいところに的を絞って、変わる努力をしていきましょう。
  • ちょいワルは、嫌なヤツではないということを忘れてはいけません。ちょいワルな男は自信に満ちていますが、横柄であったり、無慈悲な態度をとることはありません。自分の価値を知り、身の丈以上のことを決してしないのが、ちょいワルというものです。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 人間関係

他言語版:

English: Be a Bad Boy, Français: être un "bad boy", Español: ser un chico malo, Português: Ser um Bad Boy, Deutsch: Ein böser Junge sein, Italiano: Essere un Ragazzaccio, 中文: 做一个坏男孩, Русский: быть крутым парнем, Čeština: Jak být správný "bad boy", Bahasa Indonesia: Cara Menjadi Seorang Bad Boy, Nederlands: Een bad boy zijn, العربية: أن تكون ولدًا شقيًا, ไทย: เป็นแบดบอย, Tiếng Việt: Trở thành "Trai hư", 한국어: 나쁜 남자가 되는 방법, हिन्दी: बुरे लड़के बनें

このページは 352 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?