PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

目元をぐっと引き立てて普段と違ったおしゃれを手軽に楽しむには、つけまつげが最適です。慣れるまでに何度か練習が必要ですが、装着はとても簡単です。一度コツをつかめば数分でつけられるようになるでしょう。

ステップ

  1. 1
    まつげの幅を測ります。つけまつげに接着剤をつける前に、自分の目に比べてつけまつげの幅が広すぎないか、必ずチェックしましょう。まぶたの上につけまつげを持ち、必要に応じてカットします。
    • つけまつげが長すぎると思ったら、自然に見えるようにお好みで毛先を一本一本カットします。目尻側が長くなるように整えましょう。
  2. 2
    アプリケータか小さなブラシで、つけまつげのシーム外側に接着剤をつけます。まつげに装着する前に、接着剤が乾くのを少し待ちます。
    • 接着剤を直接塗る代わりに、利き手の反対側、つまり右利きの人は左手の甲に接着剤を細いライン状に出して使うという方法もあります。この接着剤にシーム外側をやさしく滑らせましょう。
  3. 3
    つけまつげをまぶたの上で持ち、自分のまつげにできるだけ近い位置に置きます。前から押し当てるのではなく、上から乗せましょう。こうすれば、本物のまつげの直近につけることができます。[1]
  4. 4
    接着剤が自然に乾燥するまで待ちます。つけまつげがきちんと乗ったら、押さえつけたり支えたりする必要はありません。[2]
  5. 5
    マスカラをつけますマスカラをつけると、つけまつげと本物のまつげがよく馴染み、自然に見えます。色は黒かブラウン、ダークグレーが良いでしょう。
  6. 6
    リキッド・アイライナーを上まぶたの際につけます。つけまつげと自前のまつげの間をしっかり埋めて、自然に仕上げましょう。黒かブラウン、ダークグレーのアイライナーを使いましょう。
  7. 7
    つけまつげを取る時は、メイクアップ・リムーバーを使います。アイメイクアップ・リムーバーに浸した綿棒で、まつげのラインをそっとこすります。リムーバーが浸みこむまで1分ほど待ってから、やさしく剥がしましょう。
  8. 8
    完成です。
    広告

ポイント

  • つけまつげを再び使う予定がある場合は、接着剤や汚れを完全に落としてから保管しましょう。綿棒とアイメイク・リムーバーで、接着剤やアイライナー、マスカラを全て綺麗に拭き取ります。[3] 元のケースに入れて保管しましょう。
  • 粘着性を高めるために、つけまつげに接着剤をつけてから15秒以上待ち、息を吹きかけた後に装着するのも効果的です。
  • 目の炎症を起こさないよう、つけまつげは寝る前に外しましょう。
  • つけまつげに接着剤を使いたくない場合は、接着剤不要のワンタッチタイプのものを使うと良いでしょう。このタイプには大抵、スペアテープが1セット付いています。
  • マスカラのブラシでまつげがうまくカールできなくても、つけまつげらしく見せる方法はまだあります。マスカラとコームを使うのです。マスカラをつける前に、自分のまつげの根元にコームを通して整えます。こうすることで、マスカラが固まるのを防ぎ、まつげにボリュームを与えられます。その後、マスカラを3回丁寧に重ねれば、根元から毛先まで完璧に仕上がり、つけまつげをつけているように見えます。
  • 部分用つけまつげも全体用と同じ要領でつけます。目尻側から始めるのがコツです。
  • アイメイクは、つけまつげを接着する前に行いましょう。つけまつげの長さと厚さによっては、アイシャドーがつけにくくなります。
  • マスカラは、接着剤が乾いてから少しつける程度にしましょう。
  • つけまつげをつけたくない人は、自分のまつげをカールするという手もあります。マスカラのブラシを使ってまつげを上手くカールすれば、つけまつげのように見えます。まつげの端から端まで、ジグザグにブラシを慎重に動かします。それからまつげの先をブラシでカールさせ、10秒数えます。ブラシをとると、綺麗にまつげがカールしているはずです。
  • つけまつげを外したら、メイク落としシートでマスカラとアイライナーを落としましょう。
  • つけまつげは繰り返し使えます。
  • つけまつげは、明るい場所でつけましょう。
広告

注意事項

  • つけまつげの装着やアイメイクは、必ず手を洗ってから行いましょう。
  • つけまつげやアイメイク用化粧品を他人と共有してはいけません。感染症を招く恐れがあります。
  • まつげ用コームを使う時は、コームがまつげに引っかからないように、丁寧にやさしくが鉄則です。
  • つけまつげらしさを出すためにマスカラブラシでまつげをカールさせる時は、誤って目をつかないよう気をつけましょう。
  • 接着剤やメイクが目に入ったら、すぐにぬるま湯で洗い流してください。接着剤が落ちない場合は病院で処置してもらいましょう。
広告

必要なもの

  • つけまつげ
  • つけまつげ用接着剤
  • マスカラ
  • まつげコーム
  • メイク落としシート

関連記事

タトゥーシールをはがす
靴の音鳴りを止める靴の音鳴りを止める
ワンピースのウエストを詰める
眼鏡のレンズについた傷を消す
防犯タグを外す防犯タグを外す
革に付いた油染みを落とす
ジーンズについた血液のシミを落とす
自家製シュガーワックスを作る
声を変える声を変える
皮膚に付いた食品着色料を落とす
縮んだ服を伸ばす
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
おへそのお手入れおへそのお手入れ
お酒の臭いを消すお酒の臭いを消す
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む88人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,772回アクセスされました。
記事のサマリーX

つけまつげをつけるには、まずつけまつげの片方をピンセットでつまみます。根元のシーム部分に、つけまつげ用接着剤を薄く塗って、少し固まり粘着性が出てくるまで5秒間待ちます。シームが上まぶたの際にくるように、つけまつげを慎重に下ろします。少し上についてしまった場合は、指で軽く叩いて押し下げましょう。まつげの位置を調整したら、接着剤が固まるまで2分間待ちます。その後、もう片方のまつげも同じようにつけましょう。最後に、リキッドアイライナーを使って、それぞれのつけまつげの内側の目頭から目尻に向かってラインを引き、つけまつげと自分のまつげの生え際とをなじませます。 つけまつげのサイズを確認したり、つけまつげを外す方法について、この記事の共著者である専門家からアドバイスがあります。読んでみましょう!

このページは 1,772 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告