つけまつげを洗う方法

共同執筆者 Laura Martin

この記事には:綿棒で洗うプラスチックの容器を使用するつけまつげを安全に保管する22 出典

つけまつげを毎回買っているとお金がかかるため、再利用したいと思う時もあるでしょう。つけまつげを再利用するには、様々な方法があります。綿棒で洗う、もしくはピンセットを使用してメイク落としを入れたプラスチックの容器で慎重に洗います。終わったら、涼しくて乾燥した場所で保存しましょう。

1
綿棒で洗う

  1. 1
    道具を揃える つけまつげを洗い始める前に、道具を準備します。この方法には、下記の道具が必要です。[1]
    • アイメイク用のメイク落とし
    • 消毒用アルコール
    • コットン
    • 綿棒
    • ピンセット
    専門家からの回答
    Q

    ウィキハウ読者からの質問: 「つけまつげを付けている状態で、どうやってアイメイクを落とせばよいですか?」

    Laura Martin

    Laura Martin

    認定美容師
    ローラ・マーティンはジョージア州に住む認定美容師です。2007年よりヘアスタイリストとして働いています。2013年からは美容術の講師も務めています。
    Laura Martin
    専門家からのアドバイス

    コスメトロジスト、ローラ・マーティンの回答: 「オイルフリーのメイク落としを使用し、優しく落とします。つけまつげを使用しているときは、オイルベースのメイク落としや洗顔は目の周りに近づけないようにしましょう。」

  2. 2
    手を洗う まずは水道水と抗菌せっけんで手を洗いましょう。目に炎症をおこす可能性があるため、汚い手でつけまつげを扱ってはいけません。[2]
    • 流水で手を濡らして、抗菌せっけんを泡立て20秒ほど洗います。指の間、手の甲、爪の中もきれいに洗いましょう。[3]
    • きれいな水で流し、清潔なタオルで拭きましょう。
  3. 3
    つけまつげを外す まつ毛にメイク落としを塗ってつけまつげを外します。指で瞼を押さえて、他の指で優しくつけまつげを持ち上げましょう。爪やピンセットではなく指の腹やを使った方が良いでしょう。[4]
    • 親指と人差し指でつけまつげをしっかりと掴みます。
    • 粘着部を内側方向にゆっくりと剥がすと、比較的簡単に外れるでしょう。
    • つけまつげを付けているときは、オイルベースのメイク落としは使用してはいけません。
  4. 4
    コットンをメイク落としに浸してつけまつげを拭く コットンをメイク落としに浸けたら、つけまつげに沿って優しく擦りましょう。コットンを根元から毛先に動かし、粘着部まで確実にきれいにします。メイクと接着剤がすべて落ちるまで続けましょう。[5]
  5. 5
    もう片方のつけまつげにも繰り返す つけまつげを裏返して、新しいコットンにメイク落としをしみ込ませます。そして、もう片方のつけまつげもコットンで拭きます。根元から毛先にコットンを動かしましょう。粘着部も確実に拭き取り、メイクを全て取りましょう。[6]
  6. 6
    ピンセットで接着剤を取り除く つけまつげの帯には接着剤が付いています。ピンセットでこれを取り除きましょう。[7]
    • 接着剤が残っていないかしっかりとチェックしましょう。残っているのを見つけたら、ピンセットで取り除きましょう。片方の手の指の腹でつけまつげを持って支え、もう片方の手でピンセットを持ち、接着剤を引っ張ります。
    • 接着剤を引き剥がす際は、ピンセット以外は使用しないようにしましょう。毛を引っ張ると、つけまつげが傷んでしまうことがあります。
  7. 7
    新しいコットンを消毒用アルコールに浸けてつけまつげを拭く メイクや残った接着剤が全て落ちている状態であることを確認します。コットンを消毒用アルコールに浸けてつけまつげを拭きましょう。接着剤を落とすこと加えて、つけまつげをこうして消毒すると次回使用する時に安全に使用できます。

2
プラスチックの容器を使用する

  1. 1
    道具を揃える この方法を始める前に、道具を準備しましょう。下記の道具が必要です。[8]
    • 小さな食品保存容器等のプラスチック容器
    • アイメイク用メイク落とし
    • ピンセット
    • ティッシュ
    • まつ毛コーム
  2. 2
    手を洗う つけまつげにばい菌が付かないように、作業を始める前に手を洗いましょう。きれいな水と抗菌せっけんを使用して20秒以上洗います。爪の中、指の間、手の甲も忘れずに洗いましょう。終わったらすすいで清潔なタオルで拭きましょう。[9]
  3. 3
    つけまつげを外す 必ず洗った手でつけまつげを外しましょう。指先やピンセットではなく指の腹を使って外しましょう。親指と人差し指でつけまつげを挟んで、内側に引っ張ると、比較的簡単に外せるでしょう。[10]
  4. 4
    容器の中につけまつげを入れる 容器の中につけまつげを寝かせて置きます。[11]
  5. 5
    容器にメイク落としを加える 大さじ1杯程度のメイク落としを容器に入れます。容器が大きい場合はもう少し加えて、つけまつげが完全に浸かるようにしましょう。[12]
  6. 6
    5分間放置する 子供やペットが触れない安全な場所に置きましょう。5分以上放置すると、つけまつげを傷めてしまうため、漬けておくのは5分以内に留めましょう。[13]
  7. 7
    ピンセットで取り出す 5分経過したら容器から慎重に取り出して、ペーパータオルの上にそっと乗せます。ペーパータオルは必ず清潔で平らなところに置きましょう。[14]
  8. 8
    ピンセットで接着剤を取り除く 親指と人差し指でつけまつげをつまんで、ピンセットで接着剤を取り除きます。取り除く際はピンセットのみを使用しましょう。毛の部分を引っ張ると、つけまつげが裂ける可能性があるため止めましょう。[15]
  9. 9
    容器を洗って再びメイク落としを入れる 容器をしっかりとすすいでさらにメイク落としを入れます。1回目より少なめに、容器の底にメイク落としが薄く溜まる程度で十分です。[16]
  10. 10
    ピンセットでメイク落としの中を泳がせる ピンセットを使用して、メイク落としの中でつけまつげを前後左右に動かします。つけまつげを裏返してこれを繰り返しましょう。[17]
  11. 11
    きれいになるまで繰り返す 容器を空にして新しいメイク落としを注ぎ、ピンセットで前後左右に動かします。つけまつげをコロコロして、メイク落としが乾いてなくなるまで続けましょう。こうなると、つけまつげが完全にきれいになったサインです。[18]
  12. 12
    清潔なティッシュの上に乗せて乾燥させる つけまつげがきれいになったら、安全な場所で乾かしましょう。ペーパータオルのようなものの上に乗せて、子供やペットが触ることのできない安全な場所で乾かしましょう。[19]
  13. 13
    まつげコームでつけまつげを梳かす まつ毛コームか古いマスカラのブラシ部でつけまつげを梳かしましょう。このステップを怠ってはいけません。つけまつげを洗った後に梳かすと、型崩れを防ぐ効果があります。[20]

3
つけまつげを安全に保管する

  1. 1
    保管する前に完全に乾かす カビやばい菌が増殖する可能性があるため、つけまつげがまだ濡れている状態で保管してはいけません。保管する前に1時間程度放置して乾かしましょう。
  2. 2
    つけまつげを箱に戻す つけまつげは購入時に入っていた箱で保管しましょう。メイク道具入れにそのまま放り込んではいけません。汚れやごみがついて、目の炎症の原因になることがあります。[21]
    • 元々入っていた箱がないときは、コンタクトレンズのケースを使用するか、オンラインで容器を購入して保管しましょう。
  3. 3
    日陰で保管する つけまつげは直射日光で変色する可能性があります。必ず暗い場所で保存して変色を防ぎましょう。[22]

ポイント

  • つけまつげは繊細にできているため、優しく扱いましょう。
  • 安価なつけまつげは数回しか再利用することができません。

出典

  1. http://www.fahv.com/can-you-reuse-fake-eyelashes-how-to-clean-and-reuse-fake-eyelashes/
  2. http://www.fahv.com/can-you-reuse-fake-eyelashes-how-to-clean-and-reuse-fake-eyelashes/
  3. http://www.cdc.gov/handwashing/when-how-handwashing.html
  4. http://www.xovain.com/how-to/how-to-maintain-and-care-for-fake-eyelashes
  5. http://www.fahv.com/can-you-reuse-fake-eyelashes-how-to-clean-and-reuse-fake-eyelashes/
  6. http://www.fahv.com/can-you-reuse-fake-eyelashes-how-to-clean-and-reuse-fake-eyelashes/
  7. http://www.fahv.com/can-you-reuse-fake-eyelashes-how-to-clean-and-reuse-fake-eyelashes/
  8. http://www.fahv.com/can-you-reuse-fake-eyelashes-how-to-clean-and-reuse-fake-eyelashes/
  9. http://www.cdc.gov/handwashing/when-how-handwashing.html
続きを 表示する… (13)

記事の情報

この記事はLaura Martinが共著しています。 ローラ・マーティンはジョージア州に住む認定美容師です。2007年よりヘアスタイリストとして働いています。2013年からは美容術の講師も務めています。

カテゴリ: メイク

他言語版:

English: Clean False Eyelashes, Español: limpiar tus pestañas postizas, Italiano: Pulire le Ciglia Finte, Русский: очистить накладные ресницы, Português: Lavar Cílios Postiços, Deutsch: Falsche Wimpern reinigen, Français: nettoyer des faux cils, Bahasa Indonesia: Membersihkan Bulu Mata Palsu, Nederlands: Nepwimpers schoonmaken, العربية: تنظيف الرموش المستعارة, Tiếng Việt: Vệ sinh lông mi giả, 中文: 清理假睫毛

このページは 149 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?