できるだけ早く胸を大きくする方法

共同執筆者 Carrie Noriega, MD

この記事には:食べ物と飲み物に気をつかうエクササイズその他のアプローチ21 出典

女性の胸は思春期になると自然に大きくなり、さらに一生を通して変化していくものです。通常は、10歳から11歳頃に発達が始まり、20歳前半頃まで胸の成長は続きます。胸の大きさや形状は、その後も年齢や体重の変化、妊娠などを機に変わっていきます。[1] 胸の発達期間には18ヶ月〜9年と大きな幅があります。胸の大きさは、ほとんどの場合はDNAによって決まってしまいますが、体重、筋肉量、年齢などの他の要因がその見た目に影響を及ぼすこともあります。胸が自然に成長するのを待つのが一番ですが、特定の食べ物を摂取したりエクササイズをすることで自然なバストアップを図る方法もいくつかあります。

1
食べ物と飲み物に気をつかう

  1. 1
    良質な脂肪分を摂取する 胸は脂肪組織でできているため、体脂肪をつけることがバストアップには不可欠な要素だと言えます。一価不飽和脂肪は、バストアップに最も効果的な脂肪です。良質な脂肪を含む食品には、オリーブオイル、ナッツ類、チーズ、アボカド、ヨーグルト、グラノーラなどが挙げられます。[2]
    • 体脂肪が17パーセント以下になると、女性の場合は生理や排卵が止まってしまうことがあります。思春期を過ぎても正常な周期の月経が来ない場合は、健康的な方法で体脂肪を増やすことで、バストアップや正常な月経・排卵を促すことができます。
    • ファーストフードや加工食品に多く含まれるトランス脂肪酸や不飽和脂肪酸などの不健康な脂肪は避けるようにしましょう。このような脂肪は、太もも、お尻、お腹周りなど、女性が特に気にしがちな体の部位に蓄積してしまう場合が多いのです。さらに、このような質の低い脂肪を体内に取り入れることで、コレステロール値の増加などの害を健康に及ぼす可能性もあります。[3]
    • 加工食品、砂糖、清涼飲料水の摂取は控えるようにしましょう。このような食品や飲み物は体重増加に繋がる可能性があるだけでなく、確実に健康に害を及ぼすものです。
  2. 2
    エストロゲンを含む食品を摂る エストロゲンは、強力な作用を持つ女性ホルモンの1つです。このホルモンが正常な働きをすると、胸の成長が促されます。植物性エストロゲンを多く含む食べ物には、かぼちゃ、にんにく、小豆、ライマメ、ひよこ豆、ナス、亜麻仁(フラックスシード)などが挙げられます。[4]
    • 大豆製品を積極的に摂りましょう。大豆製品には、イソフラボンが多く含まれています。イソフラボンは体内でエストロゲンと似た働きをするため、バストアップが期待できます。さらに大豆製品には豊富なタンパク質が含まれ、体内の損傷した組織を再構築するのに役立ちます。豆乳や、大豆由来のナッツバターなどを試してみましょう。[5]
  3. 3
    テストステロンの分泌を促す食品は避ける テストステロンは、エストロゲンに匹敵する作用を持つ男性ホルモンで、胸の成長を妨げてしまいます。体内のテストステロン分泌を最小限に抑えるためにも、ポテトチップス、クラッカー、白米、パン類などの炭水化物を多く含む食品は避けましょう。 [6]
    • アナボリックステロイド(筋肉増強剤の一種)を使用した場合にも、テストステロンと同様に胸の成長を妨げることになります。
  4. 4
    タンパク質を摂取する バストアップを図るのに最も効果的な方法の1つが、タンパク質を摂ることです。牛乳をたくさん飲んだり、卵、ピーナッツバター、脂肪分の少ない魚、鶏肉、ナッツ類などを豊富に含む食事を摂るようにしましょう。「できるだけ早く胸を成長させる」という目的の有る無しにかかわらず、バランスのとれた健康的な食生活を心がけることが大事です。
    • タンパク質をたくさん摂取することで、体の曲線的な部位はさらに柔らかく、美しく丸みを帯びていきます。[7]
  5. 5
    果物や野菜を食べる 果物や野菜を摂ることで、体内のテストステロン値が抑制されます。一方、果物や野菜に含まれるアントシアニンや抗酸化物質は、健康的な組織を構築してフリーラジカル(遊離基)による損傷から体を守ります。1日に4食分の野菜・果物を摂取するよう努力しましょう。[8]
    • ブルーベリーなどのベリー類は抗酸化物質を多く含むため、摂取する食べ物としては良い選択肢だと言えます。
    • ナツメヤシ、さくらんぼ、りんご、すももなどは、エストロゲン分泌の活性化機能が他の食品よりも高いため、毎日の食事に取り入れるようにしましょう。[9]
  6. 6
    パパイヤジュースと牛乳を混ぜたものを毎日飲む 大規模で確実な信頼性のある研究とは言えませんが、パパイヤジュースと牛乳を混ぜたものを飲むとバストアップには非常に効果的だということがいくつかの研究により分かっています。この2種類の材料に含まれる栄養素やビタミンの働きにより胸が大きくなると言われていますが、効果を得るためには毎日飲み続ける必要があります。[10]
    • パパイヤジュースを手に入れるのが難しければ、新鮮なパパイヤで代用しても良いでしょう。

2
エクササイズ

  1. 1
    ヨガまたはピラティスを行う これらのエクササイズは、体のコア(体幹)を活性化させ、その結果として胸部を鍛え強くするのに効果的です。バストの下にある胸筋を鍛える動きがこれらのエクササイズには多く含まれることがその理由です。ヨガの伝統的なポーズの1つであるチャタランガなどを通してこれらの筋肉が鍛えられることで、胸のサイズや形状が強調されていきます。
  2. 2
    チェストプレスを行う 両手にそれぞれ2キロのダンベルを持ちます。エクササイズ用のマットにゆっくりと仰向けに寝そべりながら、ダンベルを横に置きます。ベンチ台を使っても良いでしょう。
    • 膝を曲げて腹筋を深く収縮させます。
    • 両手にそれぞれダンベルを持ちます。ダンベルを持った腕を、肩の真上まで持ち上げます。腕を上げている状態の時は、手のひらを向かい合わせるようにしましょう。
    • ウエストの位置で肘が床につくまでゆっくりと腕を下に下ろしていきます。
    • いったん動きを止めて、ゆっくりと腕を持ち上げます。この動きを12回繰り返しましょう。間に30秒間の休憩時間をはさみながら、12回のセットを3セットこなしましょう。
    • 手の平を足の位置に向けたポジションに変えて、さらに同様のエクササイズを続けます。このバージョンでは、5キロのダンベルに持ち替えても良いでしょう。
  3. 3
    タオルを使ったトレーニングを行う 足を肩幅くらいに開いて立ちます。ハンドタオルの両端をそれぞれの手で掴みます。腕を体の前方にまっすぐに突き出します。腹筋を収縮させて、それぞれの手でタオルを綱引きの要領で外側へ引っ張ります。引っ張った状態で30秒〜1分間停止しましょう。これを3度繰り返します。
    • 1日おきに、筋肉を収縮させる時間を伸ばしていきましょう。
  4. 4
    チェストフライを行う 角度を変えることのできるベンチ(インクラインベンチ)を使います。ベンチでなくても、角度を変えることができてしっかりとサポートしてくれるものであれば、椅子を使用しても構いません。2キロのダンベルを持ちましょう。体を斜めに起こして仰向けに寝そべります。
    • 両手にそれぞれダンベルを持って、両方の二の腕を平行に肩からまっすぐ持ち上げます。手の平は向かい合わせるのではなく、下半身の方に向けます。
    • 胸の前方で両手に持ったダンベルが触れるくらいまで腕を持ち上げます。いったん停止して、ゆっくりと腕を元の位置へ戻します。
    • 12回のセットを3セット繰り返します。
  5. 5
    椅子を使ったトレーニングを行う このトレーニングを行うことで、腕、胸、肩を調整し鍛えながら胸のサイズや見た目を改善することができます。
    • 安定感のある椅子を背後に置きます。足を膝よりもやや前方に出した状態で重心を落とし、体の後ろで椅子のひじかけ、または座面を掴みます。
    • 肘を曲げた角度が90度になるまで、胴体を少しずつ下ろしていきます。それより先には重心を落とさず、今度は体を押し上げます。
    • この動作を10回繰り返して休憩し、10回のセットをさらに2セット行いましょう。
  6. 6
    腕立て伏せを行う バストの基盤にある胸筋を鍛えるのに腕立て伏せも効果的です。腕立て伏せを行うことで、胸のつくりがしっかりとしたものになっていきます。腕立て伏せは、体全体のバランスを整えて鍛えるのにも非常に効果的です。[11]
    • エクササイズ用のマットにうつぶせに寝そべります。肩のすぐ下辺りに腕を置きます。
    • 体を持ち上げてプランクポジションを取ります。肩から足首までのラインがまっすぐになるようにして、体の重心は手と足で支えます。
    • 上半身に十分な力がない場合は、膝をついたプランクポジションに変えて腕立て伏せをしてみましょう。
    • 肘を曲げてできるだけ低く体全体を落としていきます。床に体がつく直前で止めます。
    • 体を再度持ち上げます。それぞれの動きに2〜3秒をかけてゆっくりとした動きを心がけましょう。
    • 10回のセットを2セット行い、反復回数を毎週増やしていきましょう。
  7. 7
    パーム・プッシュを行う 場所や時間帯を問わず、簡単にできるエクササイズです。両手の平を5秒間押し合わせてから力を抜きます。これを10回繰り返しましょう。

3
その他のアプローチ

  1. 1
    胸をマッサージする 科学的な根拠は未だないものの、毎日胸をマッサージすると胸周辺の血流が促進され、食事を通して摂取された自然なホルモンが胸部組織に到達しやすくなり、結果として胸が大きくなると言われています。[12]
  2. 2
    ブラジャーの着用をやめる 15年にわたるフランスの研究では、女性の胸が垂れる原因の1つがブラジャーの着用であるという結果が出ています。この研究によれば、ブラジャーの着用を止めることで胸の伸縮性が高まって張りが出るそうです。この研究結果は、ブラジャーが女性の胸をサポートし、胸が垂れるのを防ぐという従来の認識を覆すものです。[13] ただし、この研究結果が当てはまるのは、ブラジャーを着用したことがない18歳〜35歳の女性のみであるという点に注意してください。
    • この研究結果によると、ブラジャーを着用したことのない女性は、定期的にブラジャーを着用している女性よりも乳頭の位置が(肩の位置に比例して)平均で7ミリも高いということが分かっています。[14]
  3. 3
    バストアップに効果的な漢方薬をとる 近くの健康食品店または自然療法医に、女性用の自然な健康促進サプリメントや漢方薬の摂取について相談してみましょう。このようなサプリや漢方薬を摂ることで、バストアップや綺麗な胸の張りを期待することができます。ただし、自然由来の製品を選ぶよう心がけましょう。[15]
    • 例えば、アルテア根はバストアップに効果のある植物の1つと言われています。ただし、この植物から作られた製品は、他の医薬品との併用に適さない場合があります。使用する前に、かかりつけの医師に必ず相談しましょう。
    • 植物由来の製品でバストアップ効果が科学的に証明されているものはないという店に注意しましょう。
  4. 4
    低用量ピルの服用について医師に相談する 低用量ピルにはホルモンが含まれています。中でも最も重要なホルモンが、胸のサイズに影響を与えるエストロゲンです。ただし、ホルモンの調整は、最終手段として取っておくのが賢明でしょう。[16]
    • 妊娠のリスクを低下させる以外にも、低用量ピルを摂取すべき理由はいくつかあります。低用量ピルに含まれるホルモンは、月経を管理し、生理痛の軽減やPMSの症状を和らげる効果があります。
    • 低用量ピルの服用経験のないティーネイジャーは、ホルモン値を計測する処置を受けられるかどうか、両親と医師に相談してみましょう。[17] ただし、体重の増加のみを目的に低用量ピルの服用を選択すべきではありません。ピルは医薬品であり、その他の副作用による影響を体に及ぼす可能性があるため、慎重に服用を検討する必要があります。
  5. 5
    胸の実際のサイズを変えないバストアップ方法を試してみる 胸を大きく見せたいけれど、上に挙げたような方法を実践する気にはなれないという人は、パッドなどの詰めものが入ったブラジャーを着用してみましょう。実際に体に変化を加えることなく、胸を大きく見せることができます。[18]
    • 背筋を伸ばしてまっすぐに立ち、良い姿勢を保つだけでも胸を大きく見せることができます。
  6. 6
    辛抱強く待つ 現在、思春期のまっただ中にいる人は、自分の胸が自然に大きくなるかどうかを知るヒントがいくつかあります。
    • 母親や祖母の胸のサイズを見てみましょう。家族の女性のほとんどが大きな胸を持っている場合は、あなたの胸も思春期を通過するにしたがって大きくなる可能性が高いと言えます。[19]
    • 鏡で自分の胸を観察してみましょう。乳輪(乳首の周りの部分)が少しだけ突き出して、バストトップの部分だけこんもりと盛り上がっていないでしょうか?もしそうであれば、胸がまだ成長過程にある証拠です。[20]
    • 10代の終わりから20代の初めにかけて、胸の成長は続くということを覚えておきましょう。[21]

ポイント

  • その瞬間の自分の体を好きになるように努力しましょう。理想の体型ではないかもしれませんが、あなたが一生つきあっていく体です。体型ばかりに気を取られずに、健康で幸せな生活を送ることを心がけましょう。
  • 胸のサイズに良し悪しはないということを覚えておきましょう。胸の大きさや形は千差万別です。どれが「良い」「悪い」という認識は必要ありません。
  • 仰向けに寝ると負担がかかりにくくなるため、胸の健康に良いと言えます。また、夜寝る前にコップ一杯の温かいミルクを飲むことで胸の痛みを軽減することもできます。
  • 牛乳やプロテインをたくさん飲みましょう。

注意事項

  • 胸を大きくする効果があると言われる特定の自然療法に関して、十分な研究が成されているものは今のところありません。

記事の情報

この記事はCarrie Noriega, MDが共著しています。 ノリエガ医師はコロラド州に住む産婦人科の認定医です。2005年にミズーリ大学カンザスシティ校において臨床研修を修了しています。

カテゴリ: ビューティー・ファッション

他言語版:

English: Make Boobs Grow Faster, Español: hacer crecer los senos rápido, 中文: 让乳房快速生长, Português: Agilizar o Crescimento dos Seios, Italiano: Far Crescere più Velocemente il Seno, Français: faire pousser ses seins plus vite, Русский: ускорить рост груди, Deutsch: Den Busen schneller wachsen lassen, Nederlands: Je borsten sneller doen laten groeien, Bahasa Indonesia: Membuat Payudara Tumbuh Lebih Cepat, Čeština: Jak mít větší poprsí, العربية: جعل الثديين ينموان بشكل أسرع, हिन्दी: ब्रैस्ट जल्दी बढ़ाएं, Tiếng Việt: Kích thích Vòng một phát triển nhanh hơn, ไทย: ทำให้หน้าอกใหญ่เร็วขึ้น, 한국어: 가슴을 빨리 자라게 하는 방법

このページは 484 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?