完璧な人はいません。世の中の誰1人として、例え、地球上で最も美しく「勝ち組」だと評される人々も完璧ではありません。完璧は達成不可能です。しかし、自分を完璧な人だと印象づけることはできます。つまりは、「完璧の定義は曖昧なのかもしれない」と人に思わせることができれば、完璧に見せることはそれほど難しくはないでしょう。この記事では、できる限り完璧に見せる方法について詳しく紹介します。

方法 1 の 3:
外見を完璧に見せる

  1. 1
    衛生管理を徹底する 常に清潔さを保ち新鮮な雰囲気を作ることを基本とすれば、最高の自分になるという目標の具体的な行動指針が見えてきます。清潔感と爽やかな香りを漂わせる習慣を身につけましょう。[1] 肘、首筋、膝などは細菌がつきやすい場所です。帰宅後は必ず、汚れをきれいに洗い落としましょう。[2] 体についた細菌を放っておくと、特に肌が白い場合は肘などの黒ずみの原因となります。
    • 毎日シャワーを浴びましょう。良い香りのボディソーで汚れを洗い落としましょう。髪の毛は毎日洗う必要はありません。実際、毎日髪の毛を洗うと乾燥し過ぎてしまいます。定期的に洗う習慣をつければ問題ありません。ただ、運動後は必ず洗いましょう。
    • 自分の髪質にあったシャンプーとコンディショナーを選びましょう。定期的にトリートメントも行って、髪の自然な輝きを保ちましょう。
    • 少なくとも1日2回、歯を磨きましょう。同時に、舌を磨くことも忘れてはいけません。朝起きてすぐ、また寝る直前に歯を磨く習慣を徹底させましょう。歯を白く見せるホワイトニング剤を使うと、真珠のような白い歯を更に輝かせることができるでしょう。[3]
      • デンタルフロスと、マウスウォッシュも使いましょう。衛生習慣を保つのに役立つだけでなく、歯周病や虫歯も防ぎます。[4]
    • デオドラントを使いましょう。[5] 1日を通して、皮脂や臭気が皮膚から分泌されます。最高の自分に見せるには、体臭にも注意を払わなければなりません。デオドラントを使って、毛穴から放たれる臭いを防ぎましょう。
      • 香水やコロンのつけ過ぎは避けましょう。軽くスプレーする程度なら効果的ですが、通りの反対側でも感じられるような強烈な香りは、例え雛菊の香りであっても理想的とは言えません。
  2. 2
    睡眠を十分にとる 夜8時間しっかりと睡眠がとれると、エネルギーが充電され翌日の準備が整うだけでなく、外見も生活の質も向上します。[6] 目の下の隈の心配も不要になります。[7]
    • 睡眠中に、血液やリンパ液の循環が改善されます。睡眠中の体液循環によって肌が栄養分を受け取るため、しっかり睡眠をとれば、より健康で輝くような肌に整えることができます。[8]
    • 睡眠と代謝は脳の同じ領域によって制御されます。睡眠を多くとる人は、そうでない人に比べて脂肪を落としやすく、逆に睡眠をあまりとらない人は、筋肉を落としやすいということが研究結果から明らかになっています。[9]
    • また睡眠は、日中記憶したことを忘れないように脳に固定させる働きがあります。十分な睡眠は脳の記憶の再構築を助長し、記憶をたどりやすくするだけでなく創造性も高めます。[9] 注意力が増して集中しやすくなり、より良い成績を得ることができます。
    • 8時間の睡眠は運動能力も高めます。約10時間の睡眠をとるアスリートは、日中の倦怠感が少なく、ランニングの速度も速まるという報告があります。[9]
  3. 3
    肌の手入れをする 肌のタイプに応じて、ケアの仕方が異なるでしょうが、どんな肌質であってもそれに応じたケアを習慣づけましょう。[10]
    • 自分の肌質を知りましょう。乾燥肌の場合は、濃厚で保湿性の高いクレンザーを使いましょう。脂性肌の場合は、サラッとしたオイルフリー(油の入っていない)のクレンザーを使いましょう。汚れや垢などを取り除くためにも、毎日少なくとも1回は顔を洗いましょう。
    • ニキビは、サリチル酸または過酸化ベンゾイルを含むニキビ薬を使って治しましょう。[11] それでもニキビが治らない場合は、皮膚科医に診てもらいましょう。ニキビをつぶしてはいけません。痕が残り、更なるニキビ発生の原因になります。[12] 必要であれば、メイクでカバーすることもできますが、毛穴が塞がれるため、吹き出物が益々増える可能性があります。
    • 紫外線から肌を守りましょう。[13] 15分間の外出でも、日焼けは起こります。SPF 15入りの日焼け保湿クリームとリップクリームを塗って肌を紫外線から守りましょう。今は色白の肌が流行です。黒く日焼けし、染みやシワだらけの肌は過去のものです。
    • 爪も肌の一部であることを忘れてはいけません。どの位の長さに保つかは自分次第ですが、角を整え清潔に保ちましょう。足指の爪も忘れてはいけません。
  4. 4
    髪の毛を整える 人によって理想的な髪型は異なります。色々な髪型を試して自分に合うものを見つけるか、ヘアースタイリストに相談しましょう。
    • 満足できるスタイルを見つけたら、そのスタイルを保てるよう入念なケアをしましょう。6〜8週間ごとに毛先を整え、歯の広い櫛を使ってもつれを解きましょう。[14] 髪の毛をとかし過ぎると頭皮や髪を痛めてしまいます。
    • ドライヤーで乾かしたり髪の毛を熱に晒したりするのは避けましょう。高熱を髪の毛に当てると髪が乾燥し、弱まり、大きなダメージを受けます。できるだけ自然乾燥させましょう。[15]
    • 男性の髪をスタイリングする際も同じ原則に従いましょう。
  5. 5
    自然の美しさを大切にする 濃いメイクは、「素顔は美しくない」という印象を与えがちです。自然な美しさを強調する方が完璧に見えます。[16]
    • パウダーでテカリを抑えましょう。
    • ほんのり赤く光るリップクリームは、皮膚にダメージを与えることなく顔を明るくし、まるで太陽からキスされたような印象を作ります。
    • マスカラを少し使ってまつ毛を長く見せ、強調しましょう。
      • 肌トラブルがある場合、またはメイクを濃く施す必要がある場合に備えて、コンシーラーとファンデーションの使い方を学びましょう。正しく使えば見栄えが良くなりますが、間違った使い方をすると悲惨な見た目になるため注意が必要です。
  6. 6
    自分を最高に美しく見せる理想的な装いを選ぶ これだ!という「完璧な」装いはありません。自分が最高に輝くのは、着心地の良い服を着た時です。
    • どんな服装でも、清潔であることが重要です。汚れた服は決してお洒落には見えません。
    • 流行を追う必要はありません。流行は移り変わりが激しいため、流行に乗り続けるのは非常に疲れます。流行を追うのはやめて、自分のスタイルを確立し維持しましょう。毎回新しい洋服を買う必要がないためお金の節約になり、加えて、ありのままの自分でいられることにより幸せを感じるでしょう。
    • ぴったり合う服を選びましょう。きつすぎれば、その中に収まろうと窮屈な思いをし、大きすぎれば、引き摺らないように常に持ち上げていなければなりません。服を選ぶ時は、あらゆる角度から考え、試着をして動き回り着心地を確かめた上で購入しましょう。
    広告

方法 2 の 3:
内面を磨く

  1. 1
    自信をつける[17]  その場の雰囲気を明るくする人には誰もが惹きつけられ、常に側にいたいと思うものです。例え自信がなくても、あるように行動しましょう。それが、目指すイメージ通りに自分をアピールする最初のステップです。[18]
    • 顔を上げて歩きましょう。 ボディーランゲージは言葉よりも強烈にその人を物語ります。背筋を伸ばし顎を上げて行動すれば、人々はあなたの存在を意識し、自信ある人だという印象を受けるでしょう。
    • アイコンタクトをとりましょう。周囲の人たちに意識を向けていることを知らせましょう。人の視線を避けてしまうと、緊張してオドオドしている人という印象を与えます。逆に、自信たっぷりに振る舞うとセクシーに見えるだけでなく、人からもすぐに信用されます。
  2. 2
    笑顔を向ける 幸福感情は伝染します。[19] 常に楽しそうに振る舞い笑顔を向けていれば、人は自然にあなたの元に集まって来るでしょう。
    • 笑顔は周りの人々の気分を高めるだけでなく、あなた自身の気分も上げます。脳は筋肉からの信号を受けて働くように設計されています。つまり、最初は強いて笑顔を作っていたとしても、笑顔を習慣にしようと努めるうちに、自然と笑顔を向けられるようになり幸せな気分にもなります。[20]
  3. 3
    健康を維持する 嫌な気分でいると、何を行うにも困難になります。最高の気分で、最高の自分が感じられれば、完璧な人に見せるのは簡単です。
    • 健康的でバランスのとれた食事を心がけましょう。[21] 体のケアは、自身全体のケアに繋がります。全粒穀物、果物、野菜をたくさん食べましょう。体重増加を防止できるだけでなく、エネルギーも十分に摂取でき、病気のリスクが軽減され、長生きが可能になります。加工食品は、栄養がない上、人工的な精製を繰り返した不健康な砂糖がたくさん含まれているため、なるべく控えましょう。
    • 活動的になりましょう。[22] 運動が健康に非常に良いことは周知の事実ですが、それ以外にも輝く肌と良好な睡眠をもたらすことが証明されています。[23] 週に数回散歩するだけでも、脳が活性化され、顔色が良くなり、よりリラックスできるようになります。
  4. 4
    自分を大切にする 自信に満ちた美しい人になるには、自分自身を好きにならなければなりません。難しく感じるかもしれませんが、自己受容を妨げているのは、自分以外の何物でもありません。[24]
    • 自分の良いところ全てを書き出しリストにしましょう。思いつかない場合は、周りの人に尋ねましょう。書き出したリストは毎朝読み返し、新たな良い面に気づいたら即、書き加えましょう。
    • ポジティブな態度を維持しましょう。[25] 悲観的なことを考えていることに気づいたらすぐにやめましょう。[26] 悲観的な考えは完全にコントロールできます。ネガティブ思考が頻繁に浮かんでくる場合は、忙しい生活を心がけましょう。必要なら、全てを日記に綴りましょう。感情を抑えてしまうと、ストレスや欲求不満につながります。
  5. 5
    心を開く 心を閉じていると、「完璧」にはあらゆる形態があることに気づけません。世の中は限りなく広いため全ての情報が得られるとは限りません。常に他人の立場で物事を考え、その上で意見を持つようにしましょう。[27]
    • 偏見のない態度は、積極的な姿勢、他人を理解し共感できる心へと繋がります。これらは人を魅力的にさせる要素です。更に、自分の欠点や他人の短所、世の中で起こっている好ましくない事態も受け入れられるようになります。そんなあなたを見て周囲の人は、「自分をありのままに受け入れてくれる人だ」と嬉しく思い、結果として、あなたのことも受け入れるようになるでしょう。
    • 自分にとって価値のない物事を手放しましょう。[28] 自分を傷つけたり裏切ったりした人々が忘れられないと、気分は落ち込んだままです。恨みや復讐心を抱えた状態では完璧な人になるための鍵である、幸福感、積極性、自信を持つことができません。過去のことは許し、忘れ、先に進むよう努力しましょう。目指すのは完璧な自分です。悲観している時間などありません。ネガティブ思考の自分にサヨナラを告げ、新しい自分に変わることが、完璧な人への近道です。[29]
    広告

方法 3 の 3:
実践に移す

  1. 1
    目標を達成する どんな目標でも、立てたらそれに向かって突き進みましょう。熱意とモチベーションに満ち溢れた人は、止まることを知りません。
    • 具体的な目標もあれば、抽象的なものもあるでしょう。どんな目標でも、心に決めたらそれを紙に書き出し、その横に目標達成に向けての具体的な取り組み方も書きましょう。例えば、 「もっと自信を持ちたい。これからの数週間で次の目標を1つずつ達成しよう。1:新しい人に積極的に話しかける。2:グループの前に立って意見を述べる。3:人に電話番号を尋ねる」といった精神的に強くなることを掲げる場合があるかもしれません。または、「毎月5万円を貯金する。外食を週に一度に減らし、自転車通勤に切り替え、毎月15時間残業することで達成可能だろう」といった具体的なものかもしれません。
    • 目標を立てたらそれに向かって邁進しましょう。[30] 小さな目標が1つ1つ達成されて行くのが実感できると、自分に対する評価が上がり自尊心も高まります。つまりは、完璧な人になるには、自分が完璧であると「信じる」ことが一番重要だと言えます。
  2. 2
    スキルをマスターする 創造力が豊かなら歌う、絵を描く、踊るなど色々試しましょう。運動が得意なら、外に出て体を動かしましょう。テクノロジーに精通しているなら、コンピューターを組み立ててはどうでしょうか。何かが上手にできると、魅力的な、また多面性のある人間に成長でき、話題も豊富になる上、新しい機会にも恵まれ、多方面で成功できる機会も多く得ることができます。[31]
    • スキルを目標と関連付けましょう。たくさんお金を稼ぎたい場合、スキルをどう使えば効果的でしょうか。副業を始めましょうか。描いた絵画を販売するというアイディアはどうでしょうか。減量したいなら、どのように目標を達成させましょう。自然が好きならハイキングコースの散策という方法があるでしょう。自分自身について深く考え、答えを導き出しましょう。答えはすぐに見つかるはずです。
  3. 3
    学び続ける 人には多面性があります。あなたにも何かしらの才能があるのです。最近の出来事で興味深いテーマを積極的に追って、話題豊富で話していて楽しい人になりましょう。
    • 躍動的で博識であるだけでなく、問題解決にも優れ何事にも迅速に反応できるようになります。例えば、「あれ、君のジャガイモ、もう芽が出ちゃったの?リンゴを一緒に入れておけば発芽を遅らせることができたのに」「あ!それ読んだよ。中国が示した新しいスタンスは何を意味するのかな?」などと発言できるようになるでしょう。
    • 学びは、自分にも大きなメリットをもたらします。情報に基づいた失敗しない意思決定を行うことができ、物事の全体像も理解できるようになります。更に、常に学ぶ姿勢を維持していれば、仕事の機会にも恵まれ、経済的成功への道が色々な方面で開けます。[32]
  4. 4
    人に優しく親切に振る舞う[33]  知性と自信、才能があっても、役立てることができなければ何の意味もありません。自分の才能を人助けのために使うことことができたら素晴らしいと思いませんか。知性と美を備えていれば、純粋に素晴らしい人だと評されるでしょうが、それに加え、共感できる心、寛容な心も持っていれば、ほぼ完璧な人になります。
    • 人を助けましょう。食料を運ぶのに困っている人や、数学の問題に苦労している子供を見たら、手伝いを申し出ましょう。困っている時に救いの声をかけられれば嬉しくなります。彼らの嬉しそうな表情を見て、あなた自身も笑顔になるはずです。
    • 人には礼儀正しく敬意の念を持って接しましょう。[34] 人が自分とは異なる行動をとったり感情を示したりする時には、即座に判断を下さずに一歩下がって冷静に考えましょう。彼らの文化的背景や生まれ育った地域の風習について深く理解できていないのかもしれません。説明してもらえば、簡単に理解できることかもしれません。
    • 人助けは、作業が完了しその場を離れた途端に終わるわけではありません。作業した場所をきれいに片付け、友達や家族に思いやりの気持ちを忘れず、全ての物事がスムーズに行くように手助けしましょう。家族が夕飯を作ってくれたら、進んで後片付けをしましょう。友人が授業を欠席したら、ノートを貸してあげましょう。どんなに小さなことでも親切心と優しさを持って行い、世の中をより住みやすい場所にしましょう。
    • 周りの人々に親切にするだけでなく、地球にも優しい行いをしましょう。地球は私たちにとって、かけがえのない唯一の生活環境です。ゴミを捨てたり、電気を使いすぎたりしてはいけません。できる限り車の相乗りを実行してエネルギーを節約し、可能な場合はリサイクル品を使うようにしましょう。
  5. 5
    良い友人になる[35]  完璧さは、自分が完璧になりさえすれば良いという自分にだけ焦点を当てた努力では達成できません。実際、完璧な人とは他人を最優先できる人を指します。[36]
    • 自分の希望に加えて、人の願望も考慮しましょう。自分にとって良いことが他人にもそうだとは限りません。常に自分中心に考えていると、人はあなたを敬遠するようになり、完璧な人だという印象を与えることが難しくなります。
    • 交わした約束は守りましょう。すると言ったことは必ず実行しましょう。ただし、私たちには、日々の生活で負う義務がたくさんあります。無闇に約束をするのは控えましょう。嘘つき、当てにならない人、などと言われるのは最悪です。
  6. 6
    自分の価値観を大切にする 自分自身と自分が大切にしているものがよく理解できていると、賢い決断を下すことができ、容易になりたい人になれるでしょう。不誠実なまたは偽善的な態度に対する言い訳は避けましょう。正しいと分かっているなら、多くの人が賛同しなくても気にする必要はありません。
    • 志を同じくする人々と友達付き合いをしましょう。尊敬の心、積極的な態度、日々成長したいという気持ちをなおざりにする人たちに染まるのは簡単です。悪影響を及ぼす人たちは、最高の自分を目指す上で障害になります。
    広告

ポイント

  • 自分が幸せに感じるものを追えば完璧に近づきます。人の幸福を重視すれば、自分自身を失うでしょう。
  • 完璧とは心の状態を指します。見方を変えれば、全ては落ち着くべき所に落ち着きます。シェイクスピアは「世の中には良いことも悪いこともない。思考がそう思わせるだけだ」と言いました。的を得た考え方です。
  • 他人に自分の価値を決めさせてはいけません。ある人はあなたを完璧だと思っても、別の人はそうは思わないこともあります。世の中の人全員を幸せにはできません。
  • 故意に問題を起こし、自分を馬鹿にしたり傷つける人とは距離をおましょう。彼らに執着してはいけません。取り合わないように最善を尽くしましょう。収集がつかない場合は、その場所を離れましょう。
  • 誰一人として、物笑いのタネにしてはいけません。

広告

注意事項

  • 完璧を目指す上で、不快に思うことや自分の価値観に反することを実践してはいけません。
  • 「完璧」など存在しません。存在しないもの、得られないものを求めて努力しても、不幸せになるだけです。「完璧」という概念を「最高の自分」「理想の自分像」に置き換えてみましょう。それなら確実に「達成可能」です。
広告

関連記事

How to

口周りの黒ずみを取る

How to

埋没毛を処理する

How to

お酒の臭いを消す

How to

女性が立ち小便をする

How to

手に付着したシリコンコーキング剤を落とす

How to

歯磨き粉でニキビを治す

How to

デリケートゾーンの匂いを消す

How to

肌に付いた塗料を落とす

How to

蒸し風呂に入る

How to

ひび割れて痛む唇を治す

How to

タンポンを使用する

How to

カミソリ負けを早く治す

How to

重曹でニキビを治す

How to

手を洗う
広告
  1. https://www.mayoclinic.org/healthy-lifestyle/adult-health/in-depth/skin-care/art-20048237
  2. https://www.aad.org/public/diseases/acne-and-rosacea/10-things-to-try-when-acne-wont-clear
  3. https://www.aad.org/public/diseases/acne-and-rosacea/pimple-popping-why-only-a-dermatologist-should-do-it
  4. https://www.cdc.gov/cancer/skin/basic_info/sun-safety.htm
  5. https://www.allure.com/gallery/when-to-get-a-haircut
  6. https://www.insider.com/mistakes-styling-hair-2018-3#you-grab-the-blow-dryer-right-after-your-shower-6
  7. https://www.mindbodygreen.com/0-8355/15-natural-ways-to-maintain-beautiful-youthful-skin.html
  8. https://www.lifehack.org/683919/how-to-be-more-confident-the-definitive-step-by-step-guide
  9. https://www.psychologytoday.com/us/blog/changepower/201805/how-be-more-self-confident-in-just-3-minutes-day
  10. https://www.webmd.com/balance/news/20081204/happiness-is-contagious
  11. https://www.psychologytoday.com/us/blog/cutting-edge-leadership/201206/there-s-magic-in-your-smile
  12. https://www.nhs.uk/live-well/eat-well/
  13. https://www.betterhealth.vic.gov.au/health/ten-tips/10-tips-to-stay-active-year-round
  14. https://www.mayoclinic.org/healthy-lifestyle/fitness/in-depth/exercise/art-20048389
  15. https://www.psychologytoday.com/us/blog/the-main-ingredient/201512/loving-yourself-how-guide
  16. https://www.forbes.com/sites/travisbradberry/2016/08/23/3-powerful-ways-to-stay-positive/#6557351619c9
  17. https://www.forbes.com/sites/forbescoachescouncil/2018/04/25/11-ways-to-stop-negative-thought-patterns-and-move-forward/#2d7b57319ffb
  18. https://www.positivelypresent.com/2010/09/7-benefits-of-being-openminded.html
  19. https://www.psychologytoday.com/us/blog/your-emotional-meter/201708/important-tips-how-let-go-and-free-yourself
  20. https://psychcentral.com/blog/learning-to-let-go-of-past-hurts-5-ways-to-move-on/
  21. https://www.lifehack.org/articles/productivity/6-things-every-day-ensure-you-stick-your-goals.html
  22. https://hbr.org/2012/11/how-to-master-a-new-skill
  23. https://hbr.org/2017/02/lifelong-learning-is-good-for-your-health-your-wallet-and-your-social-life
  24. https://www.lifehack.org/articles/communication/30-ways-kind-and-happier.html
  25. https://www.skillsyouneed.com/ips/politeness.html
  26. https://www.psychologytoday.com/us/blog/brain-waves/201712/how-be-good-friend
  27. https://tinybuddha.com/blog/25-ways-to-be-a-true-friend/

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む35人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 個人衛生
このページは 212 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告