テーブルに伝票が届いたら率先して受け取りますか?それとも相手の反応を見てから決めますか?どちらがデート代を負担するかを決めるのは難しいかもしれませんが、いくつかの点に注意すれば気まずい瞬間を避けることができます。この記事を参考にして、最初のデートとそれ以降のデートの費用をどちらが負担するべきかを知りましょう。

方法 1
方法 1 の 4:
デート代の負担に関する専門家からのアドバイス

  1. 1
    最初のデート代は、誘ったほうが払いましょう。自分が相手をデートに誘った場合は、2人分の食事代を負担するのが礼儀です。反対に自分が食事に誘われた場合は、相手がすべて支払ってくれるでしょう。[1]
    • たとえ自分が払う立場になくても、支払いのときには財布を出すのが礼儀です。おそらく相手が払うと言うので、そうしたらお礼を言いましょう。
    • 自分が払うと言っても相手が割り勘にしたいと言う場合は、気まずくならないように「ここは私が払うから、次はあなたが払ってね」などと言いましょう。
    • 相手にすべて払ってもらうことに抵抗がある場合は、次のように考えましょう。デート代を払いたいというのは、あなたを大切に思っていることを態度で示したいということです。相手の気持ちをありがたく受け取れるようになりましょう。
  2. 2
    2回目以降のデート代は割り勘にしても良いでしょう。交際が本格的になってきたら、デート代を2人で負担することができます。2回目以降のデート代は割り勘にしても良いでしょう。真剣に交際するようになったら、デート代をどちらが払うのか、割り勘にするのかなどについて話し合うことができます。[2]
    • デートの前に費用の負担についてはっきりさせておきたければ、「前のデート代は私が払ったから、今日のデート代はあなたが払ってくれる?」と言っても良いでしょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 4:
デートの費用はいつも男性が負担すべき?

  1. 1
    最近では、男性がすべて負担すべきだとは考えられていません。男性が負担するというのはかなり昔の伝統であり、数十年前からは時代遅れの考え方になっています。実際に、デート代をすべて男性に負担させると、いずれ男性は利用されていると感じるようになり、関係がうまくいかなくなるかもしれません。[3]
    • また、いつも片方が費用を負担していると、2人の立場が均等でなくなるかもしれません。払ってもらっているほうは、相手に借りがあるように感じる可能性があります。これは、健全な関係ではありません。[4]

方法 3
方法 3 の 4:
デート代を割り勘にするのは失礼?

  1. 1
    失礼なことではありません。ただし、自分が誘った初めてのデートの費用を割り勘にすると、相手を失望させる可能性があります。初めてのデートに誘う場合は、自分が払える場所を選びましょう。そうすれば、デート代を負担することができて、良い印象を与えられるでしょう。[5]
    • 割り勘にする場合は相手にはっきりと伝えましょう。そうすれば、どちらが払うべきかわからずに気まずい思いをすることがありません。
    • たとえば、「今日は割り勘でもいいかな?」「ここは割り勘にしよう」などと言いましょう。
    広告

方法 4
方法 4 の 4:
性的少数者の場合はどちらがデート代を負担すべき?

  1. 1
    通常は、デートに誘ったほうが負担します。誘ったほうが負担するという原則に基づいて、デートの場所を決めたほうがデート代を払いましょう。[6] お互いに自分が払うと言ってきかない場合は、割り勘にしても良いでしょう。 

関連記事

酔っぱらっても吐かない酔っぱらっても吐かない
女の子から「会いたい」と言われたときに返事をする女の子から「会いたい」と言われたときに返事をする
別人になる別人になる
チャットで会話を盛り上げるチャットで会話を盛り上げる
相手に嫌われていないかを判断する相手に嫌われていないかを判断する
キスの絵文字が送られてきた場合に返信するキスの絵文字が送られてきた場合に返信する
話題が無い時に会話を始める話題が無い時に会話を始める
生理中の女の子をメッセージで慰める生理中の女の子をメッセージで慰める
目の絵文字が送られてきた場合に返信する目の絵文字が送られてきた場合に返信する
同僚をデートに誘う同僚をデートに誘う
うまい皮肉を言ううまい皮肉を言う
離婚したての女性にアプローチする離婚したての女性にアプローチする
メッセージで女性に写真を送ってもらうメッセージで女性に写真を送ってもらう
自分に興味のない女の子を振り向かせる自分に興味のない女の子を振り向かせる方法(女の子の気を惹く方法16選)
広告

このwikiHow記事について

Lisa Shield
共著者 ::
デートコーチ
この記事の共著者 : Lisa Shield. リサ・シールドはロサンゼルスに拠点を置く恋愛関係コーチングのエキスパートです。スピリチュアル心理学の修士号とライフ・リレーションシップコーチの資格を持ち、17年以上の経験を有します。The Huffintin Post、Buzzfeed、LATimes、Cosmopolitanなどのメディアにも登場しています。
カテゴリ: 社交
このページは 129 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告