ブランチングをすると、にんじんの鮮やかな色と味が引き立ちます。通常、ブランチングは、サラダに使うにんじんの生っぽい味を取り除くために行います。また、にんじんの冷凍保存をする際の下処理としても優れた方法です。以下のステップに従って、ありきたりなにんじんを美味しいサイドディッシュに変身させましょう!

パート 1 の 2:
にんじんの下準備

  1. 1
    にんじんを洗いましょう。流水でしっかりと洗い、泥などの汚れを取り除きます。
  2. 2
    にんじんの皮をむきましょう。皮むき器を使って外側の皮をむきます。皮をむくと、ブランチング後のにんじんの味と食感が良くなり、見た目も美味しそうに仕上がります。
  3. 3
    にんじんを薄切りにしましょう。小さく切ると、ブランチングにかかる時間が短くなり、食感も良くなります。小さく切ることで均等に熱が通り、長時間茹でる必要が無くなります。根元と傷がついた部分を取り除き、小さめの薄切りにしましょう。
    • 輪切りにするとサラダの具に最適です。
    • スティック状に切ると手軽なおやつに最適です。
    • いちょう切りにすると冷凍保存に最適です。
    • 火が均一に通るように、大きさを揃えて切りましょう。
    広告

パート 2 の 2:
にんじんのブランチング

  1. 1
    氷水を入れたボウルを用意しましょう。これは、にんじんを茹でた後で余熱による茹ですぎを防ぐために必要です。
  2. 2
    フライパンに水を入れて火にかけましょう。にんじんがすべて入る大きさのフライパンに、水を4分の3の深さまで入れます。水を入れたフライパンを強火にかけます。味付けに塩を加えて、沸騰するまで待ちます。
  3. 3
    にんじんをお湯に入れて、タイマーを2〜5分に設定しましょう。一般的に、大きなにんじんは火が通るまでに時間がかかり、ミニキャロットや小さく切ったにんじんは短時間で火が通ります。火元を離れないで、タイマーが鳴ったらすぐににんじんを取り出しましょう。
  4. 4
    にんじんを氷水を入れたボウルに移しましょう。タイマーを設定し、ブランチングにかかった時間と同時間冷やします。3分間茹でた場合は、3分間冷やしましょう。
  5. 5
    タイマーが鳴ったらにんじんを氷水から取り出しましょう。ざるで水気を切り、キッチンペーパーで軽く叩いて水気を取ります。水気を取ったにんじんは、必要に応じてすぐに使うことができます。または、後で料理に使うために取っておきましょう。
  6. 6
    これで完成です。
    広告

注意事項

  • にんじんを沸騰したお湯に入れる時とお湯から取り出す時には細心の注意を払いましょう。
広告

必要なもの

  • フライパンまたは鍋
  • にんじん
  • ざる
  • キッチンペーパー

関連記事

How to

塩気の強いスープの味を調整する

How to

固ゆで卵をひびを入れずに茹でる

How to

ラザニアの冷凍保存

How to

ご飯を温め直す

How to

ソーセージを調理する

How to

圧力鍋を使う

How to

ゴマを炒る

How to

スペアリブを温め直す

How to

乾燥パスタの量をはかる

How to

固ゆで卵ができたか確認する

How to

フライドポテトを温め直す

How to

鶏肉を茹でる

How to

アスパラガスの調理

How to

干し鱈を料理する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む14人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,589回アクセスされました。
カテゴリ: 調理法
このページは 1,589 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告