火を使うのは面倒だけど、火が通ったにんじんが大好きという人は電子レンジを使用してみましょう。電子レンジで調理すると、にんじんの鮮度と甘みが際立つ上に、簡単ですぐに調理できます。シンプルに蒸す、ブラウンシュガーを絡める、甘辛風味等様々なレシピに挑戦しましょう。

材料

蒸しにんじん

  • にんじん450g
  • 水30ml

グレイズドキャロット

  • にんじん450g
  • バター45g
  • オレンジの皮5g
  • ブラウンシュガー15g

にんじんの甘辛

  • にんじん680g
  • 未精製のココナッツオイル30ml
  • ライトブラウンシュガー15g
  • クミン粉末2.5g
  • 潰した赤唐辛子1.2g
  • コーシャーソルト5g
  • 蒸留ホワイトビネガー30ml
  • エシャロット2つ

方法 1 の 3:
蒸しにんじん

  1. 1
    にんじん450gを洗って6.5mmの短冊もしくは輪切りにする 丸ごとのにんじんを流水で洗って軽く水分を拭き取り、ピーラーで外側の硬い皮を剥きます。そして、よく切れる包丁でにんじんのヘタと根の先を切り落とし、短冊切りか輪切りにします。[1]
    • 袋詰めのベビーキャロットを使用しても良いでしょう。洗った状態で売られていますが、もう一度水で洗ってから水分を拭き取ります。カットせずにそのままか、2~3等分して調理しましょう。
  2. 2
    電子レンジ対応の皿ににんじんと水30mlを入れる にんじんと水を入れてもゆとりがあるサイズの電子レンジ対応の大きめの皿(ガラス製やセラミックが最適)を使用しましょう。[2]
    • 電子レンジで金属製のボウルを使用してはいけません。
    • プラスチック製のボウルを使用する場合は、電子レンジ対応のラベルを確認しましょう。
  3. 3
    皿に蓋をするかプラスチック製のラップをする 蓋を傾けたりラップに穴を開けて空気を逃がすのはやめましょう。にんじんを蒸すために水をボウルの中に閉じ込めましょう。[3]
    • プラスチック製のラップはにんじんに触れると溶けることがあります。必要に応じて大きなボウルを使用しましょう。
  4. 4
    ハイパワーで3分半電子レンジにかける 電子レンジの加熱が終わったら、熱くなっているボウルをミトンを付けて取り出します。出てくる蒸気が手や顔にかからないように、蓋もしくはラップを慎重に外しましょう。[4]
    • このレシピの加熱時間は1000ワットを想定しています。これよりワット数が高いレンジを使用する場合は加熱時間を3分に減らし、低いレンジなら4分に増やしましょう。
  5. 5
    にんじんを転がしたら再び蓋をして柔らかくなるまで火を通す にんじんを転がして蓋をしたら、ハイパワーであと2分加熱します。そして、再び取り出してフォークで火の通りぐあいをチェックしましょう。弱い力でにんじんに穴が開く程度が良いでしょう。まだ火が通っていないときはもう1分レンジで加熱します。これを必要に応じて繰り返しましょう。[5]
    • 薄いスライスは計6~9分程で火が通るでしょう。
    • 短冊切りは計5~7分程で火が通るでしょう。
    • 丸ごとのベビーキャロットは計7~9分程で火が通るでしょう。
  6. 6
    熱いうちに蒸しにんじんを配膳する そのままや塩コショウで味付けして出しても良いでしょう。バターひとかけを絡めても美味しいでしょう。[6]
    • 蒸しにんじんは様々な料理に副菜として出したり野菜の付け合わせとして出しても良いでしょう。例えば、鶏胸肉のグリルや焼き魚の付け合わせとして出しましょう。
    広告

方法 2 の 3:
グレイズドキャロット

  1. 1
    にんじん450gを6.5mmの厚さの輪切りにする 丸ごとのにんじんを洗って水けを取り、皮を剥きます。そして、よく切れる包丁で慎重に切りましょう。6.5mmの短冊状に切っても良いでしょう。[7]
    • 袋詰めのベビーキャロット450gを使用しても良いでしょう。
  2. 2
    大きなボウルでバター45gを溶かす バターを電子レンジのフルパワーで30秒加熱し、様子を見ながら溶けるまで15秒ずつ足していきます。電子レンジでバターを加熱するとすぐに焦げるため、目を離さないようにしましょう。[8]
    • セラミックやガラス製、その他の電子レンジ対応のボウルを使用します。バターを溶かした後ににんじんを加えても余裕があるサイズのボウルを選びましょう。
  3. 3
    オレンジの皮5gとブラウンシュガー15gを加える ゼスターやおろし金でオレンジの外側の皮のみをこそぎ落とします。内側の白い部分には苦みがあります。オレンジの皮とブラウンシュガーをバターのボウルに入れて、砂糖が溶けるまで混ぜましょう。[9]
    • ブラウンシュガーの代わりにメイプルシロップかハチミツ15mlを使用しても良いでしょう。
  4. 4
    ボウルににんじんを加え優しく混ぜる トングやスプーンでグレイズドソースをにんじんに絡めます。[10]
    • にんじんをペーパータオルで軽く叩いて水分を取るとグレイズドソースが絡まりやすくなるでしょう。
  5. 5
    ボウルに蓋をしてフルパワーで計5~8分電子レンジで加熱する 蓋やプラスチック製のラップをします。この時空気孔は開けないようにしましょう。3分半したら火の通り具合をチェックし、優しく転がします。そして、フォークが通るくらいの柔らかさになるまで90秒ずつ増やしていきましょう。[11]
    • ボウルを動かしたりにんじんをチェックするときは、ミトンを使用し熱い蒸気に気を付けましょう。
    • 加熱時間は電子レンジにより変動します。このレシピは1000ワットの電子レンジを想定しています。
  6. 6
    皿に盛りつけて熱いうちに配膳する 好みにより、配膳の直前にオレンジの皮を少量あしらっても良いでしょう。豚のローストの付け合わせとして、または甘い軽食としていただきましょう。[12]
    広告

方法 3 の 3:
にんじんの甘辛

  1. 1
    にんじん680gを1.3cmの輪切りにする にんじんを洗って皮を剥き、よく切れる包丁でカットします。ベビーキャロット680gを使用しても良いでしょう。[13]
    • 片方が非常に細くもう片方が太いにんじんは、太い方を縦半分に切って細い方のサイズに合わせましょう。
  2. 2
    ココナッツオイル、ブラウンシュガー、その他の材料をオーブン皿で加熱する 20cm×20cmの電子レンジ対応のオーブン皿を使用します。下記の材料を混ぜ合わせて砂糖が溶けるまで(約30秒)電子レンジで加熱しましょう。[14]
    • 未精製のココナッツオイル30ml
    • ライトブラウンシュガー15g
    • クミン粉末2.5g
    • 潰した赤唐辛子1.2g
    • コーシャーソルト5g
  3. 3
    にんじんと蒸留ホワイトビネガー30mlを加える ホワイトビネガーを加えて混ぜ、にんじんを加えてソースがからまるようにやさしく転がします。[15]
  4. 4
    オーブン皿にプラスチック製のラップをして穴を開ける オーブン皿にラップをして包丁の先や串で穴を6つ開けます。穴を開けていないと、にんじんのちょうど良い歯触りが失われて、ぐちゃぐちゃになります。[16]
    • オーブン皿に穴あきの蓋が付いている場合は、そちらを利用すると良いでしょう。
  5. 5
    オーブン皿を5分ずつ計15分間電子レンジで加熱する ハイパワーで5分加熱し、取り出して蓋を取りにんじんを素早く混ぜます。再び蓋をして、これをあと2回繰り返します。にんじんにフォークが通るくらいの柔らかさで、水分ほとんど吸っていたら加熱を止めましょう。[17]
    • にんじんに火が通ってないようなら、火が通るまで電子レンジで2分ずつ増やしながら加熱しましょう。
    • 蓋を取ってにんじんを混ぜるときは、熱い蒸気でやけどする恐れがあるため、十分気を付けましょう。
  6. 6
    仕上げにエシャロット2つを薄くスライスしてトッピングする スライスしたエシャロットを少量取っておいて、残りをにんじんと混ぜ、取っておいたものは配膳前に上にトッピングしましょう。これで、準備完了です。[18]
    • にんじんの甘辛は焼きエビやお米と相性が良いでしょう。
    広告

必要なもの

  • にんじんを下ごしらえするためのまな板と包丁
  • 電子レンジ対応の皿
  • 電子レンジ

関連記事

How to

パイナップルを熟成させる

How to

バナナを長持ちさせる

How to

悪くなったスイカを判別する

How to

パパイヤの種を食べる

How to

バナナのスライスの変色を防ぐ

How to

ココナッツを割る

How to

ブドウを種から育てる

How to

バナナを冷凍する

How to

オレンジの皮を剥いてゼストを作る

How to

桃を熟させる

How to

シンプルなシロップを作る

How to

傷んだキノコを見分ける

How to

オレンジからオイルを抽出する

How to

グァバを食べる
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 野菜と果物
このページは 378 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告