ニンニクはどんな気候でも簡単に栽培できます。ニンニクの生育には時間がかかりますが、収穫した新鮮なニンニクを冬にそなえて蓄えたり、友達におすそ分けすることも出来ます。ニンニクは土壌でも、プランターでも栽培でき、夏の半ばから終わりにかけて収穫できます。ニンニクの栽培をステップ1から始めてみましょう。

パート 1 の 3:
植え付け準備

  1. 1
    植え付けるニンニクを用意します。スーパーなどで購入したニンニクも植え付けできますが、地元で育ちやすい苗や種をそろえている園芸店で購入したほうが、豊作になる確率が上がります。インターネットでは、幅広い種類のニンニクから、好みのものが購入できます。丈夫な品種や寒さに強い品種などがあります。
    • スーパーで売られているニンニクは遠隔地から運搬されてきたものが多く、住んでいる地域の気候や土壌に合った品種でないことがあります。
    • スーパーで売られているニンニクは、日持ち向上の為に保存料などの薬品が使われています。薬品処理されたニンニクは、薬品処理されていないものに比べて発芽しないものが多くあります。
  2. 2
    秋か春に植え付けします。霜が降る北の寒地では、ニンニクを秋に植え付けしましょう。ニンニクは耐寒性があり越冬に適していて、早い時期に植え付けすると、春に植え付けしたものに比べて、大きくて旨みのあるニンニクに育ちます。[1] 南の温暖地で冬がそれほど寒くないのであれば、春先にニンニクを植え付けます。
    • 秋にニンニクを植え付ける場合は、土壌が凍る6~8週間前には植え付けましょう。
    • 春にニンニクを植え付ける場合は、土が耕せる状態になってすぐ、2月から3月にかけて植え付けます。
  3. 3
    植える場所を準備します。日が当たりと水はけが良い場所を選びます。ガーデニング用のクマ手やくわで10cmの深さまで土をかいてならします。堆肥を加えて土を肥やすと、力強く健康なニンニクが育ちます。
    • プランターでもニンニクを栽培できます。ニンニクを栽培するするのに十分な幅と深さがあるものを選び、鉢植用の土壌を入れます。
  4. 4
    ニンニクの鱗片を植え付けます。ニンニクの皮を残した状態の鱗片をバラします。ニンニクの鱗片を10cm間隔で5cmの深さに植えましょう。平らな根の部分が下向き、芽の部分を上向きにして植えます。そうしないと、間違った方向にニンニクが芽吹きます。植え付けたニンニクに土をかぶせて軽く押さえます。
    広告

パート 2 の 3:
ニンニクの育て方

  1. 1
    植え付けた場所を敷きわらで覆います。秋にニンニクを植え付けする場合、冬の間は厚さ15cmのわらでニンニクを覆います。春に敷きわらを取り除きます。
  2. 2
    春にとう(花芽)を取り除きます。春先にニンニクの花茎が発芽します。花茎をそのまま育てると、養分がそちらに吸い取られてしまい、ニンニクの育ちが悪くなるので花芽を取り除きます。
  3. 3
    しっかり水やりをします。栽培期間中は、3日から5日ごとに水やりをしましょう。土が乾いたり埃っぽくなっている時には、水やりが必要です。ニンニクは、秋と冬の間は水やりは必要ありません。
  4. 4
    必要に応じて、追肥と除草をします。ニンニクの芽が成長期に黄色ぽかったり萎れている場合は、追肥をして成長を助けましょう。水分と土の栄養分を雑草と取り合いにならない様に除草します。[2]
    広告

パート 3 の 3:
収穫と貯蔵法

  1. 1
    ニンニクの上部分が黄色くなって枯れ始めたら収穫します。7月か8月の栽培末期に、ニンニクの上部分が黄色くなり、倒れて枯れます。この時が収穫時期です。
    • 収穫シーズンを逃さないようしましょう。ニンニクがしぼんでしまい、食べられなくなります。
    • 早い時期に収穫すると美味しく貯蔵出来ません。
  2. 2
    球を壊さずに土から引き抜きます。鱗茎を壊さない様に、球の周りを掘り起します。ニンニクに付いている土をブラシで叩き落します。ニンニクの茎葉は基部にそのまま残します。
  3. 3
    2週間ほど貯蔵します。ニンニクを使う前には貯蔵期間が必要です。この間に、皮が乾燥して鱗茎が固くなります。収穫したニンニクは乾燥した暗所で貯蔵しましょう。
    • 茎葉を基部から切り離し、球の部分だけを貯蔵することも出来ます。風通しを良くしましょう。
    • もう一つのニンニクの貯蔵法は、茎葉を残したニンニクをひもで束ね、乾燥した暗所に吊るします。
  4. 4
    ニンニクの皮が乾燥して紙の様になってから使いましょう。鱗茎は触ると固く、簡単に引き離せるようでなければなりません。
  5. 5
    一番状態のよい球は、次の植え付け用に保管します。大きい球をいくつか選別して、土壌が凍る前の秋か春先に植えます。来年の収穫が大きく美味しいものになるように、一番見目がいいものを選別しましょう。[3]
    広告

ポイント

  • 温暖な地域ではニンニクは冬に植え付けできます。
  • 酸性の土でない限り、石灰は必要ありません。5.5~6.7pHの水素イオン濃度の土壌が最適です。
  • ニンニクは30cmの間隔をあけて植え付けます。

広告

注意事項

  • 根腐れを起こすので、水のやり過ぎに注意しましょう。
広告

必要なもの

  • 土壌の準備に使う道具
  • 土を掘り起こす道具
  • 新鮮なニンニクの鱗茎(必要な数)
  • プランターで育てる場合は、プランターと土


関連記事

How to

アリを殺虫剤なしで殺傷する

How to

エアーベッドの空気漏れを修理する

How to

革製品の臭いを取り除く

How to

キャンドルのロウを落とす

How to

カタツムリを駆除する

How to

台所のアリを駆除する

How to

コンクリートを仕上げる

How to

ツタを取り除く

How to

ヒューズをチェックする

How to

池の藻を除去する

How to

コーラでトイレを掃除する

How to

衣服に付いたロウを落とす

How to

ミリオンバンブーを栽培する

How to

ドライバーを使わずにネジを外す
広告

出典

  1. http://www.almanac.com/plant/garlic
  2. http://www.organicgardening.com/learn-and-grow/how-to-plant-garlic
  3. http://www.organicgardening.com/learn-and-grow/how-to-plant-garlic
  4. Caroline Foley, Jill Nice and Marcus A. Webb, New Herb Bible, p. 51, (2001), ISBN 1-875-169-92-X – research source
  5. Bay Books Gardening Library, Herbs for Your Garden, p. 50, (1992), ISBN 1-86378-028-9 – research source

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は7,587回アクセスされました。
このページは 7,587 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告