はたけカカシのように振る舞う方法

冷静沈着な最強忍者「はたけカカシ」。その振る舞いを真似るのはいたって簡単です。非常に口数の多いカカシですが、その発言はいつも明確で的を射ています。しかし、あまり無理をして木に登り、骨折しないように気を付けましょう。カカシは大の読書好きでもあります。暗部編では、自分の仕事に誇りを持つカカシの強い一面が描かれています。

ステップ

  1. 1
    気楽に構えてクールな自分を演出しましょう。アニメ中のカカシは実に冷淡で、いかにも「戦いたくない相手」といった雰囲気を醸し出していました。常に落ち着いていて、何かに驚くこともほとんどありません。
  2. 2
    勇猛果敢な人物がいれば、良いライバル関係を築きましょう。勝つことを常に念頭に置き、勝利に向かって最短の道を進みます。こうした人物とは少し距離を置き、論理的に接しましょう。
  3. 3
    大きな傷がある人は、はたけカカシの写輪眼のように隠しましょう。目を隠したい場合は、カカシと同じく眼帯を使うか、前髪を横に流して隠します。
  4. 4
  5. 5
    知的になりましょう。
  6. 6
    何よりも身体能力を鍛えましょう。筋肉を鍛え上げ、スポーツ万能な体を作ります。あらゆるスポーツでトップを目指しましょう。
  7. 7
    常に口元を隠しましょう。職場や学校ではこれが特に大切です。「カカシになりたい!」という熱意が周囲に伝わることでしょう。
    • 学校などの場所ではフェイスマスクを使いましょう。常に着用していても周囲に怪しまれずに済みます。マスクについて質問されたときには、カカシと同じようにふざけた理由やとんでもない言い訳で返しましょう。
  8. 8
    他人と口論をするときにも礼儀を忘れず、冷静に、そして嫌味なまでに論理的に返しましょう。口は隠れていて見えないため、目で微笑みましょう。カカシは常に真剣で、不要な冗談は一切口にしません。
  9. 9
    集まりには少し遅れて顔を出し、とんでもなく馬鹿げた言い訳を述べましょう。
  10. 10
    普段はだらしなく振る舞いながらも、必要とあれば素早く行動しましょう。カカシはいつも半分寝ているように見えますが、実はほんのわずかな異常にも常に神経をとがらせています。
  11. 11
  12. 12
  13. 13
    カカシの写輪眼のように、自分の個性や特技で名を馳せましょう。
  14. 14
    いつも連れて歩くのは考え物ですが、犬には優しく接しましょう。
  15. 15
    食事は素早く食べましょう。さっと食べ終えて口元をすぐに覆えば、人に素顔を見られずに済みます。
  16. 16
    ミステリアスになりましょう。自分のことについて人に聞かれても、詳しくは答えず、話題を変えましょう。
  17. 17
    他人の性格を分析できるようになりましょう。
  18. 18
    尾行能力を身に付けましょう。ナルトをはじめ、カカシは常に他人の行動を監視しています。
    広告

ポイント

  • 広い視野で人生をしっかりと見つめましょう。
  • コンタクトレンズを使っている人は、左目に赤いコンタクトを入れましょう。
  • アニメ「ナルト」を見ましょう。カカシの行動(「忍」を除く)をよく観察して真似ます。
  • ヘアジェルを使って、髪の毛を左上に逆立てましょう。
  • 髪の色を白かグレーに変えましょう。染めたくない場合や親に禁止された場合は、ウィッグを使うとよいでしょう。
  • 髪の色を変える前には親の許可を取りましょう。
  • チームワークと友情は何よりも大切にしましょう。
  • 既存の枠を越えて考えましょう。
  • 観察力、視力、聴力を最大限に研ぎ澄まし、強いリーダーシップを持ちましょう。
  • 一生のうちに一度は、何らかの講師や教師の任務を経験するとよいでしょう。
  • カカシとオビトのようにふざけ合える友人を持ちましょう。常に相手の上を目指し、強くなるために努力します。
  • 運命やその受け入れ方について周囲に教え、友達を見捨てることは決して許されない醜い行為であると訴えましょう。
  • 『イチャイチャパラダイス』を読んでいるときは、絶対に感情を表に出してはいけません。
  • 何か質問されたら、上の空といった態度を貫き通すか、あるいは聞き取れない素振りをして相手をかわしましょう。きちんと聞いているのかと聞かれたときには、質問に答えるか相手の話の内容をほぼ繰り返す形で返答します。

広告

注意事項

  • コンセントに指を入れても、雷切や千鳥はできるようになりません(コンセントには絶対に指を入れてはいけません)。
  • 窒息しないように、食事には最短でも10秒はかけましょう。
  • 店や学校などでは通常、マスクをした人間を簡単に建物内に入れることはありません。
  • 無理をして犬を好きになる必要はありません。
  • いやらしい本を読んでいるときには、人に見つからないように気を付けましょう。
  • コンタクトをつける必要のない人は、つけてはいけません。コンタクトレンズに目が慣れ過ぎて、視覚障害を引き起こす可能性があります。
  • これはちょっとした遊びであり、結局のところは足だけで木に登ったり、チャクラを操って水面を歩いたりすることなど不可能です。あまり真剣にならないようにしましょう。
  • 嫌味な人間になってはいけません。周囲に嫌われるだけです。
  • 常に顔の一部を覆っていると、うっとうしく感じるかもしれません。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む69人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 趣味・DIY
このページは 1,497 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告