PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

多くの女性にとって、バストが健康ではつらつとしていることは、とても重要なことです。それでも、年齢、妊娠、体重の変動により、バストは弾力や張りを失っていきます。全ての女性の体はそれぞれ異なり、特に大きめのバストはたるんで見えるかもしれません。それは個人差でよいのです。ただし、張りのあるバストを手に入れたいなら、胸筋を強化するための様々なエクササイズを行うと良いでしょう。エクササイズではつらつとしたバストが手に入るとは限りませんが、バストはより引き締まり、乳房組織のより良いサポートとなるでしょう。[1] 生活習慣をいくつか改善することも役に立つでしょう。

方法 1
方法 1 の 2:
胸部を強化するエクササイズ

  1. 1
    腕立て伏せをする うつ伏せになり、両手のひらを肩の近くに置き、両腕で体を持ち上げます。頭は背骨の線に合わせて真っ直ぐに保ち、体を上下に持ち上げます。最初は10回やってみましょう。そして、徐々に回数を増やしていきます。[2]
    • 腕立て伏せは、膝を曲げて床につけて行うこともできます。腕立て伏せを行うのに最適な位置が見つかるまで前かがみになり、体を上げ下げします。
    • 腕立て伏せの姿勢のまま静止して、腹部にぎゅっと力を入れましょう。
  2. 2
    チェストプレスを行う ダンベルを2つ用意します。ウェイトトレーニングの経験がない場合は2キロのダンベル、慣れている場合は4〜5キロのダンベルから始めてみましょう。床かトレーニングベンチに仰向けになり、ダンベルを胸の下へ持って行きます。次に、息を吐きながら上へ持ち上げます。ダンベルが互いに接触しないように注意しましょう。[3]
    • 15回を2〜3セット行います。痛みを感じたら、すぐに中止しましょう
    • 激しい筋力トレーニングを始める前に、パーソナルトレーナーの指導を受けるか、ウェイトトレーニングのクラスを受けることを検討しましょう。
  3. 3
    ペックフライを行う 床かトレーニングベンチに仰向けになります。床の場合は膝を曲げ、エクササイズの間、背中が床から離れないように気をつけましょう。両手それぞれにダンベルを持ち、両腕を広げて体全体が「T」字型になるようにします。両腕を持ち上げて、両手を胸の上で合わせましょう。ダンベル同士は接触させず、両腕を真っ直ぐ、肩と一直線になるよう保ちます。[4]
  4. 4
    壁を使って腕立て伏せをする 窓のない平らな壁で行います。壁に向かい、壁から30cm離れて立ち、片方の足は一歩後ろへ置きましょう。壁に手を当てて(手のひら)、手は肩と一直線で、手の間は約60cm開けます。肘を曲げて、[5] 壁を10秒間押し続けます。これを2回繰り返しましょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
代替方法を利用する

  1. 1
    適正な体重を維持する 太り過ぎや体重の増減を繰り返していると、バストが垂れる原因となります。[6] かなり太ると、バストは張りが出て重くなりますが、その後痩せると、余分な皮膚が残ってバストがたるんで見える場合があります。健康的な体重とBMI(肥満指数)を維持すれば、バストのたるみを防ぐのに役に立つでしょう。
    • 乳房組織よりも脂肪の割合が高いと、バストは垂れやすくなります。乳房の密度が高いほど、つまり脂肪とは反対に乳房組織が多いほど、バストが垂れる可能性は低くなります。[7]
  2. 2
    様々なヨガのポーズを試す ヨガは胸の筋肉を含む体の多くの部分を強化することができます。全身運動のために、ヨガクラスに入ることを検討しましょう。または、自分でできるストレッチ法があります。次のポーズにトライしてみましょう。
    • 弓のポーズ:[8] うつ伏せになり、背中を反らせて両腕を体の後ろに置き、両手で足首が掴めるように足を持ち上げます。
    • コブラのポーズ:うつ伏せになり、手を脇の近くに置き、手のひらは下へ向け、爪先は伸ばします。ゆっくりと体を起こして背中を反らせます。腰は床から離れないように、この姿勢を5秒間キープしましょう。[9]
  3. 3
    泳ぐ 水泳、特に平泳ぎを行うと、胸の筋肉が強化されます。水泳の前後は必ずストレッチをしましょう。水泳はまた、全体的なフィットネスや容姿の改善にも効果的でしょう。
  4. 4
    正しいサイズのブラジャーを着用する[10]  バストにより張りを持たせるには、サイズの合った良いブラジャーが必要です。デパートやランジェリー専門店へ出かけ、正確に測定をしてもらいましょう。間違ったサイズのブラジャーを着けている女性が多く、背中が痛む原因にもなります。
    • ソフトカップのブラジャーと比べて、ワイヤー入りのブラジャーは高いサポート力があります。
  5. 5
    姿勢を正しく保つ 背筋を伸ばし、猫背にならないように注意しましょう。バストのたるみを改善することはできませんが、背中を丸めているとバストが余計に垂れ下がって見えてしまいます。鏡を見て、真っ直ぐ立っているかチェックしましょう。[11]
  6. 6
    バストをマッサージする バストの血行を良くするため、ビタミンE、またはシアバターでマッサージしましょう。肌のきめにも効果があるでしょう。[12] アーユルヴェーダのバスト用ざくろオイルもまた、バストに張りを与えるのに効果的です。
  7. 7
    温水と冷水を交互に浴びる シャワーでまずバストを温水で30秒間洗い、次に冷水を10秒間浴びます。これを数分間繰り返して、最後は冷水で終わらせましょう。[13]
    • この方法は、バストの血行が良くなり、エラスチンやコラーゲンのレベルを改善するのに効果があるでしょう。[14]
  8. 8
    手術を検討する 自分のバストに満足できないなら、バストのたるみを取る手術を受けることができます。様々な方法がありますが、既存の乳房組織と除去する必要のある皮膚の量によって異なります。決定を下す前に、複数の美容外科で相談をしましょう。そのクリニックではどのくらいの頻度でバストの手術を行うのかを調べ、手術前と手術後の写真を見せてもらい、またこれまでに行った手術症例数についても尋ねましょう。必ず資格を持った美容外科医を選択し、手術が正式認可を受けた施設で行われることを確認しましょう。[15]
    • 美容外科手術は、瘢痕化やバストの感覚の喪失を引き起こす可能性があることに注意しましょう。
    広告

ポイント

  • 授乳はバストが垂れるかどうかの要因ではありません。妊娠中はバストのサイズが変動するため、垂れる可能性がありますが、授乳自体はバストの張りに影響はありません。
  • 若い女性の場合、バストの発育はまだ初期段階であると覚えておきましょう。全ての女性のバストがすぐに発育するわけではなく、それぞれ速さは異なります。
広告

関連記事

タトゥーシールをはがす
靴の音鳴りを止める靴の音鳴りを止める
ワンピースのウエストを詰める
防犯タグを外す防犯タグを外す
眼鏡のレンズについた傷を消す
革に付いた油染みを落とす
ジーンズについた血液のシミを落とす
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
声を変える声を変える
縮んだ服を伸ばす
皮膚に付いた食品着色料を落とす
ポリエステル製の服を縮めるポリエステル製の服を縮める
ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かすドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす最高の方法
肌に付いた塗料を落とす
広告

このwikiHow記事について

Daniel Barrett, MD
共著者 ::
認定形成外科医
この記事の共著者 : Daniel Barrett, MD. ダニエル・バ―レット医師はカリフォルニア州ビバリーヒルズにて「Barrett Plastic Surgery」を経営する認定形成外科医です。形成外科医として6年以上の経験を保有。顔、鼻、身体の美容形成及び再建手術を専門としており、患者の傷痕を最小限にとどめるべく独自の傷痕ケア方法と皮膚縫合の技術を開発しました。ジェームス・マディソン大学にて学士号を取得。ヴァージニア医学校にて医学博士号、生理学修士号、健康管理修士号(MHA)を取得。 この記事は1,285回アクセスされました。
このページは 1,285 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告