べちゃべちゃなご飯を復活させる方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

ご飯がべちゃべちゃ、べとべと、どろどろ、べたべたになっても心配することはありません。まだ希望はあります。ご飯の水分を蒸発させたり乾かしたりして、復活するか試しましょう。復活できなかったとしても、他のレシピに使ったり別の物に作り替えるため、取っておきましょう。残念ながらご飯を炊き直す必要がある場合もあります。簡単ないくつかのコツを覚えれば、またべちゃべちゃなご飯ができることは無くなります。

方法 1 の 3:
ご飯を復活させます

  1. 1
    お釜の中に水が残っている場合、蒸発させます。蓋を取り、蒸気を逃がしましょう。弱火でご飯を5分ほど炊き続けます。最終的に水を無くします。[1]
  2. 2
    目の細かいこし器やざるで余分な水けを切ります。お窯の中にまだ水が残っている場合、こし器やざるを流しの上に用意し、そこにご飯を入れます。しばらく水けを切ります。別のこし器やざるに移し替えるとより早く水けが切れます。[2]
    • この時点でご飯が復活することもあります。その場合はそれ以上何もする必要はありません。
  3. 3
    ご飯が互いにくっつくようであれば、冷水で洗います。ご飯がべたべたくっつきすぎる場合、調理のし過ぎです。ご飯の水けを切ったら、こし器やざるの上から優しく冷水をかけます。指で優しく粒どうしを離しましょう。[3]
  4. 4
    オーブンでご飯を5分焼き、余分な水分を除きます。それでもご飯が水っぽく、べちゃべちゃする場合、オーブンで余分な水分を飛ばします。温度を 350 °F (177 °C)に設定します。クッキングシートまたは焼き型の上にご飯を平らに広げます。それをオーブンで5分焼きます。[4]
  5. 5
    新しくご飯を炊きなおします。ご飯を復活させられない場合もあります。時間があれば、新しく炊き直しましょう。べちゃべちゃのご飯はタッパーに入れて保存します。冷蔵庫、または冷凍庫に入れましょう。後で美味しいレシピに活用できます。[5]
    • 調理したご飯は冷蔵庫で4~6日、冷凍庫で6か月持ちます。
    広告

方法 2 の 3:
ご飯を再利用します

  1. 1
    ご飯を 炒めご飯にします。フライパンに油を温めます。ニンニクと生姜を半透明になるまで炒めます。人参やえんどう豆などの野菜を加え、好みに応じて醤油大匙1も加えます。ご飯をスプーン1杯ずつ加えます。ご飯を時々かき混ぜます。ご飯全体に火が通り、蒸気が上がっていれば完成です。[6]
  2. 2
    ライスプディングを作ります。弱火でご飯を温めます。全乳3カップ(735グラム)、生クリーム1カップ(245グラム)、砂糖1/2カップ(100グラム)を加えます。バニラ・ビーンズ1本を加えます。火力を上げて中火にします。時々かき混ぜながら、プディングを約35分調理します。バニラ・ビーンズを取り除き、冷ましてから食べます。[7]
    • バニラ・ビーンズを加える前に、さやを裂き、種を掻き出してプディングに入れます。そして残りの部分を加えます。こうすることで、風味がプディング全体に広がります。
  3. 3
    ご飯をお煎餅にします。ご飯をクッキングシートの上にできるだけ薄く平らに伸ばします。200 °F (93 °C)で2時間焼きます。取り出したら、小さく割ります。それを 400 °F (204 °C)の油で揚げます。お煎餅が表面に浮いたら、穴杓子ですくい出します。食べる前にキッチンペーパーの上で油を切ります。 [8]
  4. 4
    ベジバーガーを作ります。ご飯1カップ(175グラム)、インゲン豆2カップ(200グラム)、トウモロコシ1カップ(175グラム)、ニンニクのみじん切り3片分、乾燥トマトのみじん切り1/3カップ(20グラム)、バジルのみじん切り一掴み、クミン小匙1/2(3グラム)、塩小匙1(6グラム)をピューレ状にします。ピューレでパテを作ります。パテを強めの中火で片面6分ずつ焼きます。[9]
    広告

方法 3 の 3:
完璧なご飯を炊きます

  1. 1
    調理前にお米を冷水で洗います。お米をこし器や目の細かいざる、またはお釜に入れます。お米を冷水で洗い、余分な澱粉を落とします。こうすることで、ご飯どうしがくっついて、どろどろになるのを防げます。[10]
    • お釜を使う場合、水を流し、再度入れましょう。調理前にあと1、2回洗います。
    • こし器やざるを使う場合、優しくゆすったりお米をかき混ぜたりして、水を切ります。
  2. 2
    正しい量の水を加えます。1カップのお米に対し、1 ½または1 ¾ (350または400ml)の水を使います。短粒米は水の量を若干減らし、玄米は水の量を若干増やします。ただし、水を加え過ぎてはいけません。水が多すぎると、どろどろに炊き上がります。[11]
  3. 3
    お釜を中火にかけます。強火にしてはいけません。そうしても調理時間が短くなるわけではありません。火の通りにムラができてしまいます。あるいは、ご飯を焦がしてしまうこともあります。ゆっくり水を沸騰させましょう。[12]
  4. 4
    お釜と蓋の間に布巾を挟みます。沸騰し始めたら、お米に対してお湯がひたひたになるようにします。そうなったら、清潔な布巾をお釜と蓋の間に挟みます。こうすることで、お釜の中に水滴ができるのを防げます。水滴ができすぎると、ご飯がべちゃべちゃになります。[13]
    • 布巾をお釜の横に垂らしてはいけません。火事になる可能性があります。先は蓋の下に押し込みましょう。
  5. 5
    15分経ったら火を止めます。蓋をしたままご飯を火からおろします。5分待ちます。時間になったら蓋を取り、しゃもじでご飯をふわっと混ぜます。これで完成です。[14]
    • ご飯を置くことで、下がべちゃべちゃ、上がぱさぱさになるのを避けられます。
  6. 6
    炊飯器を買います。 炊飯器を使えば、水の量さえ間違わなければ毎回完璧なご飯が炊けます。炊飯器はキッチン用品店、ホームセンター、ネットなどで非常に安く買えます。[15]
    広告

注意事項

  • ご飯を火にかけたまま放置してはいけません。調理中は絶対に台所を離れないようにしましょう。
広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: レシピ
このページは 224 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告