鼻から口角に伸びる「ほうれい線」は、笑いの絶えない楽しい人生を過ごした証でもありますが、深く刻まれ目立つと実年齢より老けて見える原因にもなります。角質ケア製品を使う、美容外科で皮膚充填材による美容治療を受ける、顔の筋肉を鍛えるなど、ほうれい線を消すまたは目立たなくする方法がいくつかあります。同時に、バランスの取れた食生活、水分補給、運動など、肌の健康に良い生活習慣を心がけることも重要です。

方法 1 の 3:
スキンケア製品を使う

  1. 1
    毎日保湿クリームを使います。保湿クリームで肌に潤いを与えると、ほうれい線をはじめとした細かいしわが目立たなくなります。[1] 肌にハリと弾力を与えるコラーゲン入りの保湿クリームが最適です。
  2. 2
    角質ケア製品を定期的に使います古くなった皮膚細胞である角質を除去すると、その下にある若く健康な皮膚が表面に出て、笑顔で生じた細かいしわを減らすことができます。[2] 自分の肌タイプに適した角質ケア製品を使いましょう。湯で顔を濡らした後、ハンドタオルなどを使って角質ケア製品で顔をこすります。円を描くようにこすり、その後湯で顔を洗います。
  3. 3
    黒砂糖とココナッツ油で自家製の角質除去剤を作ることができます。ココナッツ油の他様々な油を使っても構いませんが、黒砂糖とココナッツ油の組み合わせが定番です。[3] 黒砂糖大さじ2杯とココナッツ油大さじ2杯を混ぜ、やさしく円を描くように顔をこすります。数分間こすったら湯で顔を洗いましょう。
    • 角質除去効果のある黒砂糖と、保湿効果のあるココナッツ油で肌がすっきりし、長期間続けるとほうれい線が目立たなくなるでしょう。
  4. 4
    常に日光から肌を保護します。日光にさらされるとほうれい線の状態が悪化します。毎日顔に日焼け止めを塗り、できるだけ日陰で過ごし、帽子をかぶるなどして肌を守り、ほうれい線の悪化を防ぎます。普段はSPF15以上の日焼け止めを使い、海水浴やピクニックなど屋外でのレジャーに出かける際はSPF30の日焼け止めを塗りましょう。[4]
    • 日焼け止め効果のあるファンデーションを使う方法もあります。肌を日光から保護すると同時に細かいしわが目立たなくなります。
  5. 5
    しわぼかし効果のあるクリームや化粧下地でほうれい線を隠します。ほうれい線を消す効果のある方法を実行すると同時に、しわぼかし効果のあるクリームや化粧下地などでほうれい線を隠して口元の肌を滑らかに見せましょう。日焼け止めを塗った後、ファンデーションを塗る前に、化粧下地やクリームを少し指に取ってほうれい線に塗ります。その後ファンデーションを塗り通常のメイクをします。[5]
  6. 6
    皮膚充填材によるフィラー治療を受けます。皮膚充填材は、しわなどにより生じた溝を埋めるためのゲル状の物質です。ヒアルロン酸製剤のレスチレンやジュビダームなどは厚生労働省の承認を得ている安全な皮膚充填材で、ほうれい線を目立たなくする効果があります。[6] ヒアルロン酸注入によるフィラー治療は通常15分から1時間ほどかかり、美容外科で受けることができます。[7]
    • ただし、注入したヒアルロン酸などの効果は一定期間に限られる(注射器1本分で4か月~9か月持続)ので、定期的に注入を繰り返す必要があります。
    • また、他の方法に比べ費用もかさみます。病院により価格が異なりますが、1本4万円~7万円が目安です。
  7. 7
    病院で肌の美容治療を受けましょう。フィラー治療の他にもシワ改善クリーム、レチノール製品、レーザー治療、ボトックス注射などの美容治療でほうれい線やしわが改善または目立たなくなります。ほうれい線を長期間目立たなくするために上記の治療を受ける場合は、病院で医師に相談してみましょう。[8]
    広告

方法 2 の 3:
顔の筋肉を鍛える

  1. 1
    笑顔を作る表情筋に抵抗を加えて鍛えますフェイシャルヨガ(顔ヨガ)は表情筋を鍛える効果があり、自然にしわが減るので顔が若返ります。まず、人差し指を口の端に引っ掛けて左右に引っ張ります。同時に、引っ張られる力に抵抗して口を閉じるように5~10秒間力を入れます。10~25回を1セットで行います。毎日繰り返すと効果的です。[9]
  2. 2
    息を大きく吸って口の中にため、頬の筋肉を鍛えます。口で大きく息を吸ったまま止めて、頬を風船のように大きく膨らませます。次に左右の頬を片方ずつ膨らませます。息を吐き、始めから繰り返しましょう。頬の筋肉を鍛え、肌を滑らかにする効果があります。[10]
  3. 3
    上下の歯をつけたまま、大きな笑顔を作ります。大きな笑顔を作るとほうれい線が引き締まり、顔の表情筋を鍛えることができます。上下の歯をつけたまま、できるだけ大きい笑顔を作りましょう。10秒間維持してから緩めます。毎日10~20回繰り返しましょう。[11]
  4. 4
    頬を上げます。手で顔の筋肉を引っ張って、ほうれい線やしわを伸ばします。指が頭の横に当たるように、手のひらを斜めに強く頬に当てます。歯の一部が見えるくらいまで口の端を引っ張ります。30秒間維持した後もとに戻します。3回繰り返しましょう。
    広告

方法 3 の 3:
健康的な生活習慣を心掛ける

  1. 1
    水をたくさん飲みましょう。水を飲むと自然に肌が潤い、細かいしわを減らすのに最も理想的な方法です。毎日の水の摂取量を増やしましょう。また、炭酸飲料、コーヒー、甘い飲み物の代わりに水を飲むようにします。また、コーヒーや甘い飲み物は脱水を促すので、肌の潤いが減少しほうれい線の状態が悪化します。[12]
  2. 2
    日ごろから運動します運動すると肌の血行が良くなり皮脂や潤いが増し、皮膚細胞の新陳代謝が促進します。そのため結果的にほうれい線を消すまたは、目立たなくする効果を得られます。ジョギング、ハイキング、ダンス、水泳など、有酸素運動を週に数回行う習慣をつけましょう。[13]
  3. 3
    抗酸化物質の豊富な食品を摂ります。抗酸化物質は天然の成分で、ビタミンの多くが抗酸化物質です。抗酸化物質を摂ると皮膚のコラーゲンやエラスチンの生産量が増えるので、細かなしわを消す効果があります。抗酸化物質の豊富な食品は、ブラックベリーやクランベリーなどの果物、トマトやブロッコリーなどの野菜、緑茶などです。[14]
  4. 4
    オメガ3脂肪酸をもっと摂りましょう。オメガ3脂肪酸は抗炎症効果や肌の健康を促進する効果があり、ほうれい線の改善に役立ちます。オメガ3脂肪酸を豊富に含む食品は、まぐろ、サーモン、クルミ、亜麻仁、チアシードなどです。[15]
    • 魚1人前、亜麻仁大さじ2杯、チアシード大さじ1杯、クルミ55g、大豆300gのいずれかで、オメガ3脂肪酸の1日分の摂取量になります。[16]
  5. 5
    禁煙します多くの煙草に含まれる化学物質は皮膚のコラーゲンやエラスチンを破壊するので、ほうれい線の悪化につながります。喫煙している場合は、直ちに禁煙するとほうれい線やしわを消すまたは目立たなくするのに役立ちます。[17]
    広告

ポイント

  • 美容外科でより本格的な治療を受ける前に、まずエステサロンでほうれい線を消す方法がないか相談してみましょう。エステティシャンは肌の診断を専門的に行うことができ、肌のタイプに基づいてほうれい線を消す効果のある方法をアドバイスしてくれます。
  • 肌にトラブルがある場合、現在皮膚の治療を受けている場合は、顔に何かを塗る前に必ず皮膚科医に相談しましょう。

広告

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

防犯タグを外す

How to

髪に付いたガムを取る

How to

お酒の臭いを消す

How to

ペニスを洗う

How to

爪を噛むのをやめる

How to

全身をマッサージする

How to

ジーパンをショートパンツにリメイクする

How to

えくぼを自然に作る

How to

絆創膏の粘着剤を落とす

How to

デリケートゾーンの匂いを消す
広告

このwikiHow記事について

Luba Lee, FNP-BC, MS
共著者 by
治験審査委員
この記事の共著者 by Luba Lee, FNP-BC, MS. ルーバ・リーはテネシー州に住む家庭医療を専門とするナース・プラクティショナー(一定レベルの診断や治療を行うことが許可されている上級看護師)です。2006年にテネシー大学にて 看護学修士号を取得しています。
このページは 487 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告