長くふさふさとしたまつ毛は多くの人にとって憧れです。しかし残念なことに、誰もがまつ毛に恵まれているわけではないため、学校で長く素敵なまつ毛の女生徒を見て羨ましいと思う人がいるかもしれません。この記事では、そんな人たちに、まつ毛を長く見せるメイク術や、まつ毛をより速く成長させるための色々な民間療法を紹介します。

方法 1 の 2:
まつ毛を長く見せる

  1. 1
    アイライナーを使ってまつ毛を強調する 自まつ毛より少し濃い色のアイライナーを使いましょう。まつ毛の根元に、実際よりもたくさんのまつ毛があるように見せるのが目的です。アイライナーを使えば、濃いまつ毛に見せることができます。
    • まぶたの内側の縁(インライン)にウォータープルーフのアイライナーを引いてまつ毛を長く見せましょう。まぶたには引きません。小さなアイライナーブラシで、上のまつ毛の根元に黒のアイライナーを引いてシャドーを作りましょう。まつ毛を濃く見せるテクニックです。目尻から少し引き伸ばして引くと、更に長く見せることができます。
    • 高度なテクニックを試したい場合は、まつ毛の間を埋めるように引きましょう。多少難しいかもしれませんが、まぶたの縁に沿ってまつ毛とまつ毛の間に薄いラインを引いてみましょう。[1]
  2. 2
    マスカラを塗る 通常、固まってダマにならない高品質のマスカラを使う限り、まつ毛をより太く、長く見せることができます。メイベリンのマスカラなどによく見られますが、「ボリュームタイプ」と書かれたものを使いましょう。
    • まつ毛の根元から先端に向かってマスカラを塗ると、太くて長いまつ毛の印象が作れます。アイシャドウ用のブラシにマスカラを少しつけ、まつ毛の根元に優しく塗りましょう。まつ毛の幅が広がり、まつ毛がたくさんあるように見えます。更にボリューム感を出したい場合は、マスカラの上からプレストパウダーを軽くつけ、更にその上からマスカラを塗りましょう。より豊かな、ふさふさしたまつ毛に見せることができます。
    • 「まつげエクステプライマー」と呼ばれる商品を揃えているブランドがあります。マスカラ同様にまつ毛に塗るものですが、白い色が特徴です。マスカラを塗る前に使い、マスカラの長さ、状態、色を強調します。まつ毛の色が薄い人には重要なアイテムでしょう。
    • 更にまつ毛を強調したい場合は、リンメルなどのブランドからまつ毛の成長を促進する美容液が出ています。
  3. 3
    まつげをカールさせる まっすぐ生えているまつ毛は短く見えます。実際にそうではなくても、角度のせいで短く見えてしまいます。そこでビューラーを使ってまつ毛をカールしましょう。ビューラーはゆっくりと慎重に使いましょう。根元からまつ毛を引っ張るとまつ毛が抜けてしまう恐れがありますが、一番避けたい事態です。
    • まず、まつげの根元を押さえましょう。根元にビューラーを当てたら10秒間押さえつけましょう。鋭い角度をつけずに、ふっくらとしたカールを作りたい場合は、まつ毛の中央にもビューラーを当て軽く押さえましょう。何度も押さえつけると、まつ毛が捲れ上がり先端がまぶたについてしまい、見栄えがよくありません。
  4. 4
    つけまつ毛をつける 有名人の写真をよく見ると、つけまつ毛をつけている人がたくさんいることに(どれほど上手につけていても)気づきます。つけまつ毛は、練習すればすぐに簡単につけられるようになります。つけた後自然に見え、落ちてくる心配もありません。コツを掴めば、劇的に長いまつ毛に見せることができるでしょう。
    • 最初につけまつ毛をカールさせましょう。つける前に適切な長さに揃えましょう。余分な部分をハサミでカットして整えます。程良い長さに、また全体が揃うようにカットしましょう。自然な形に出来るだけ近づけましょう。長過ぎると自然に見えません。整えたら、付属の接着剤をつけまつ毛の根元全体に2、3滴落とし、5、6秒待ってからつけましょう。つける時は目尻側から目頭へと徐々にのせて行きます。最後に、自まつ毛とつけまつ毛とを馴染ませましょう。マスカラを塗ると、きれいに馴染みます。[2]
    • つけまつ毛を外すには付属の除去用美容液を使用するか、まつ毛の根元にワセリンを少し塗りましょう。約10秒待ってから、目尻から中央に向かってゆっくりと外しましょう。決して強く引っ張ってはいけません。自まつ毛が一緒に剥がれてしまう可能性があります。
  5. 5
    まつげエクステンション(エクステ)をつける お金に余裕がある場合は、専門家につけてもらうと、美しく、自然な長いまつ毛に見せることができます。2時間ほどの施術で、費用は5000円~10000円(両目で120本)が相場です。つけた後数ヶ月間は持ちますが、定期的に修正が必要かもしれません。[3]
    • エクステをつけた後は、顔を洗うのに注意が必要です。強い力でゴシゴシ洗うとエクステが取れてしまう恐れがあります。目の周りを洗うか、コットンなどで自まつ毛をきれいに洗いましょう。[4]
    広告

方法 2 の 2:
まつ毛を伸ばす

  1. 1
    まつ毛を清潔にする まつ毛を伸ばすには、まず清潔にすることが重要です。まつ毛の毛包を詰まらせる油、汚れ、メイクを取り除きましょう。まつ毛が抜けたり、毛の再生を低下させたりする一番の原因は、メイクをきちんと落とさないことです。
    • 就寝前アイメイクを優しく完全に取り除きましょう。まつ毛にメイクを施したまま長時間放置すると、まつ毛が痛んでしまい、上記の手順に従うのが難しくなります。
  2. 2
    過度に目を擦らない 特にアレルギーの季節は擦りすぎないように注意しましょう。目の炎症、痒み、赤み和らげるには、アレルギー専用の目薬を使いましょう。頻繁に目を擦ると、まつ毛の根元が緩くなり、速い速度で抜けていってしまいます。加えて、汚れ、垢、毛包を詰まらせる不純物がまぶたに付着し、頻繁に目の周りをきれいにする必要が生じます。時折まぶたをマッサージする程度なら問題ありませんが、その場合も必ず最初に手を清潔にし、強く擦らないように注意しましょう。
  3. 3
    まつ毛にオイルを塗る 就寝前、まつ毛にオリーブオイル、ひまし油、ココナッツオイル、ワセリンなどをを薄く塗りましょう。[5] まつ毛美容液やオイル(ディオールショウ マキシマイザーなど)は定期的に使えばまつ毛のボリューム、長さ、カールに大きな改善をもたらします。
    • マスカラがついていない清潔な綿棒(またはQチップ)をオイルに浸し、まつ毛の根元から先に向けて優しくブラッシングしましょう。必要に応じて、つける前にオイルを温めると良いかもしれません。室温よりわずかに高い程度に温めましょう。過度に熱くしてはいけません。オイルが熱すぎると、やけどをする恐れがあります。
    • まつ毛にオイルを塗った後で、ティッシュまたは布で軽くたたいて余分なオイルを取り除きしょう。まつ毛の乾き具合にもよりますが、数時間または一晩おきましょう。この手入れを数週間ごとに行いましょう。 頻繁に行うと、毛包をオイルで詰まらせる可能性があります。
  4. 4
    まつ毛に緑茶を使ってみる オイルが自分向きではないと思ったら、就寝前の緑茶を試してみましょう。緑茶に綿棒を浸し、まつ毛に塗りましょう。朝起きたら、よく洗い落としましょう。2週間続けると、大きな効果が見られるでしょう。
  5. 5
    ワセリンを塗ってまつ毛を長くする ワセリンは昔から家庭常備薬の1つです。就寝直前にワセリンを塗り、朝洗い流しましょう。石油製品を使いたくない場合は、オーガニックのスーパーマーケットなどで非石油系のオイルを探しましょう。[6]
  6. 6
    まつ毛の成長を促す食品を食べる 健康的な食事が鍵です。タンパク質とビタミンが豊富な食品を食べるように心がけましょう。魚、卵、豆、大豆タンパク、ヨーグルトなどの食べ物は、まつ毛の成長を促します。[7] サーモンはオメガ3脂肪酸の優れた供給源で、強い爪、つやのある髪、長いまつ毛の成長を促します。 [8] 長くて健康的なまつ毛や髪を保つために、ビオチンとして知られるビタミンB複合体を摂る女性がたくさんいます。
  7. 7
    皮膚科医に相談する 皮膚科医にまつ毛貧毛症治療薬「グッシュビスタ」を処方してもらえる場合があります。グラッシュビスタは、厚生労働省が製造販売を承認した医薬品で、医療機関でのみ購入できます(保険適用外)。まつ毛が細い、短い、少ない場合に適用され、副作用として、痒みや目の充血などが起こる場合があります。まつげの主な目的は、汚れやその他の異物が目に入らないようにすることだと覚えておきましょう。
    • まつげ貧毛症治療薬は医師による処方が必要なため、市販薬のように薬局で購入することはできません。しかし、美容液であれば化粧品とみなされるため、ドラッグストアなどで簡単に入手できます。市販のまつ毛育毛剤には、「アンファー スカルプD まつ毛美容液 6mL」「フローフシ THE まつげ美容液」などがあります。
  8. 8
    形成外科医に相談する これは最も極端で画期的な方法で、[9] 患者の頭皮からまぶたに毛包を移植してまつ毛を増やすものです。手術後、まつ毛は確実に長くなりますが、回復には痛みを伴い、数週間にわたって視力を損なう可能性もあります。実際に髪の毛の毛包はまつ毛のものとは異なるため、患者によっては手術後にまつ毛を整える必要があるという報告があります。
    広告

関連記事

How to

目の形を判断する

How to

キスマークを偽造する

How to

眉毛にスリットを入れる

How to

片方の眉を上げる

How to

肌のアンダートーンを見極める

How to

ビューラーを使わずにまつ毛をカールさせる

How to

自然な赤みのある唇にする

How to

血管を浮き上がらせる

How to

眼鏡を調整する

How to

唇の角質を落とす

How to

アイラインをきれいに落とす

How to

シュガーリング用ペーストを作る

How to

目の色を自然に変える

How to

フォアダイスを除去する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む97人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: メイク
このページは 391 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告