むくみや腫れは怪我、妊娠、その他疾患によりおこります。放置すると、煩わしいだけでなく、痛みさえも伴うようになります。腫れやむくみの症状は、患部を高い位置に上げる、十分に水分補給をする、患部を冷やす、などの対処法で緩和することができます。続きを読んで、腫れやむくみを治す方法を学びましょう。

パート 1 の 3:
怪我による腫れを治す方法

  1. 1
    患部を休ませる 怪我による腫れや血液循環が悪くなったことによるむくみは、いずれの場合も患部を休ませるのが一番です。足が腫れたりむくんだりしている時は、症状が軽減されるまで最低でも2、3日はあまり足を酷使しないようにしましょう。
    • 足を怪我した場合は、腫れた部分に力をかけないように松葉杖や杖を使うことも検討しましょう。
    • 怪我により腕が腫れている場合、作業をするときは反対側の腕を使うか、または誰かに手伝ってもらいましょう。
  2. 2
    患部を高く上げる 座っているときや横になっているときには、患部の下にクッションを置いて心臓よりも高くしましょう。[1] そうすることで、血液が患部に集まるのを防ぎ、血液循環を促します。
    • 腕を高い位置に保つために、必要に応じて三角巾を使いましょう。
    • 症状がひどい場合は、座りながら患部を高い位置に上げる時間を必ず数時間作ってください。
  3. 3
    患部に冷却剤をあてる 温度が高くなると症状が悪化しますので、冷却剤をあてましょう。肌に氷を直接あてず、タオルで冷却剤を包んでから患部にあてます。1回15分、一日に数回行ってください。[2]
  4. 4
    薬を服用する 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は痛みや腫れを軽減します。他によく使われる薬の代表として、アセトアミノフェン、イブプロフェン、ナプロキセンがあります。どの薬があなたの症状に最適か医師に相談してください。
    広告

パート 2 の 3:
一般的なむくみを治す方法

  1. 1
    負荷の少ない運動をする 患部を休ませるべきですが、長い間動かないでいると、血の巡りが悪くなり、最終的にむくみを悪化させます。仕事のある日は、時々立ち上がり、歩き回るようにしましょう。毎週の習慣として負荷の少ない運動をとりいれましょう。負荷の少ない運動には、ヨガ、水泳、ウォーキングがあります。
    • 一日中、机に向かっているのならば、スタンディングデスクを時々使うようにしましょう。それができない場合、約一時間ごとに立ち上がり、オフィスを歩き回ることを心がけましょう。
    • 座っているときは、たびたび姿勢を変え、時間の許す限り、足を少し高く上げておきましょう。
  2. 2
    塩分摂取量を最小限に抑える 体内の塩分レベルが上がると、むくみの原因になります。そのため、塩分を多く含む食品の摂取は控えましょう。 また、体内から塩分を排出するために水をたくさん飲みましょう。[3]
    • 水の洗浄作用を高めるために、輪切りにしたきゅうりやレモンをいれてみましょう。両方とも、自然の抗炎症薬です。
    • 可能な限り、塩分を含む飲み物より水を選ぶようにしましょう。甘い飲み物にはたいてい塩分が多く含まれています。
  3. 3
    着るものを工夫する むくんでいる箇所の上にきつい衣類を着用すると、さらに血流を阻害し、むくみを悪化させます。きつい衣類(特にナイロンのストッキングやガーター)の着用は避け、代わりにむくみをサポートするストッキングを着用しましょう。[4]
  4. 4
    マグネシウムのサプリメントを飲む マグネシウム欠乏症の方は、むくみが悪化する可能性があります。近くの健康食品を取り扱うお店からマグネシウムのサプリメントを購入し、毎日250mg摂取しましょう。
  5. 5
    トニックウォーターに患部を浸す トニックウォーターに含まれる気泡とキナ抽出物が腫れの抑制を促します。冷やしたトニックウォーター(冷たいのが耐えられない場合は常温のもの)を容器に入れ、1日1回、10分~20分腫れた部分を浸します。
  6. 6
    エプソムソルトを入れたお風呂に入る エプソムソルトは水に溶かすと自然の抗炎症剤として作用します。混ざり物のないエプソムソルトを大さじ2杯、お風呂にいれて溶かします。最大の効果を得るためには毎日入りましょう。
  7. 7
    マッサージをする むくんだ部分をマッサージするとむくみが緩和され、血流がよくなります。プロのマッサージを受けるか、または体のむくんだ部分を自分でマッサージしましょう。マッサージしやすくするためにグレープフルーツのエッセンシャルオイルを使ってください。自分でマッサージする場合、むくんだ場所を下方向にではなく、上方向に押しあげるようにします。[5]
    広告

パート 3 の 3:
治療を受けるタイミングを知る

  1. 1
    慢性的なむくみがある場合、医師の診断を受ける 上記の方法を試しても数日以内にむくみがひかない場合、むくみの原因となる他の病気が隠れていないかを判断するために病院で診てもらいましょう。
    • 妊娠中のひどいむくみは妊娠高血圧腎症の兆候かもしれません。この深刻な病気は、むくみと高血圧を発症させます。[6]
    • 薬によってはむくみの症状が出るものもあります。抗うつ薬、ホルモン治療剤、高血圧の薬はむくみを引き起こすことがあります。[7]
    • 心不全、腎不全、肝不全を患うと体に水分が溜まり、むくみを引き起こします。[8]
  2. 2
    他の深刻な症状がみられる場合、速やかに医師の診察を受ける 他の症状に伴うむくみの場合、心臓、腎臓、または肝臓に疾患がある可能性があり、すぐに治療を受ける必要があるかもしれません。次のいずれかの症状にあてはまる場合、病院にいきましょう。
    • 胸痛がある[9]
    • 息切れがする
    • 妊娠中で突然むくみがひどくなった
    • 熱がある
    • 心臓や肝臓の疾患と診断されたことがあり、むくみがみられる
    • むくんだ箇所が熱をもっている
    広告

ポイント

  • 一度に複数のむくみをとる方法を試しましょう。一緒に行うことで特に効果を発揮することがあります。
  • 太りすぎはひどいむくみの原因となります。太りすぎで、血の巡りが悪く、結果的にむくみをおこしている場合、少し体重を減らして健康的になる方法を調べてみましょう。

広告

注意事項

  • 原因不明の腫れやむくみが体にあらわれた場合、医師の診察を受ける必要があります。
  • 顔(口、目など)のどこかが腫れている場合、すぐに治療をうけましょう。
  • 深刻な腫れがある、または骨折の可能性がある場合は、すぐに病院にいきましょう。
広告

関連記事

How to

爪が割れたときの対処

How to

2週間でお腹周りの脂肪を落とす

How to

吐き気を止める

How to

自分で身長を測定する

How to

お酒の酔いを早く覚ます

How to

勃起を抑える

How to

生理をはやく終わらせる

How to

割れた足の爪を処置する

How to

声を低くする

How to

キスマークを偽造する

How to

胸骨をポキッと鳴らす

How to

嘔吐を誘発する

How to

マスターベーション依存症の克服

How to

早く酔う
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む23人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は29,151回アクセスされました。
カテゴリ: 健康
このページは 29,151 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告