PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

もみ込み用スパイス(もみダレ)とは、肉に味をつけるために使用する塩、胡椒、砂糖、ハーブ、スパイスを合わせたものです。 マリネとは異なり、もみ込み用スパイスをつけた肉をグリルすると外側に香ばしいクラストができます。もみ込み用スパイスのレシピが既にある場合や自家製スパイスを作ったのであれば、厚切りのステーキ肉を選んでスパイスを手で軽くもみ込み、おいしい料理を友人や家族に振る舞って食事を楽しみましょう。

材料

一般的なもみ込み用スパイス

  • ブラウンシュガー 大さじ4杯(約60g)
  • スモークパプリカ 大さじ4杯(約60g)
  • 粗塩 大さじ2杯(約30g)
  • 挽いた黒胡椒 大さじ1杯(約15g)
  • ガーリックパウダー 小さじ2杯(約10g)
  • オニオンパウダー 小さじ2杯(約10g)
  • クミン 小さじ1杯(約5g)
  • 挽いたコリアンダー 小さじ1杯(約5g)
  • カイエンペッパー 小さじ1杯(約5g)

スパイシーなもみ込み用スパイス

  • スモークパプリカ 40g強
  • チリパウダー 小さじ2杯(5g強)
  • クミン 大さじ1杯(6g)
  • カイエンペッパー 小さじ1杯(2g弱)
  • ブラウンシュガー 大さじ3杯(40g強)
  • グラニュー糖 大さじ2杯(25g)
  • シーソルト 大さじ1杯(18g)
  • 挽いた黒胡椒 大さじ1杯(7g弱)

パート 1
パート 1 の 2:
ステーキ肉を選び、もみ込み用スパイスを作る

  1. 1
    2cm弱の厚みのステーキを選ぶ 非常に薄いステーキを使用すると、もみ込み用スパイスの味が強く出過ぎてしまうかもしれません。最低2cm弱程度の厚みのステーキ肉を選びましょう。筋の少ない、または筋の全くないきれいな霜降り状のステーキ肉を用意します。リブアイステーキ、Tボーンステーキ、ニューヨークストリップステーキ、サーロインステーキなどが適しています。[1]
    • 厚めのステーキは調理に時間がかかるかもしれません。
  2. 2
    もみ込み用スパイスの材料を蓋付きの密閉容器に入れる スパイスの材料全てを容器に入れます。もみ込み用スパイスに一般的に使用されるハーブとスパイスは、ブラウンシュガー、パプリカ、クミン、オニオンパウダー、ガーリックパウダー、マスタードパウダー、チリフレーク、カイエンペッパー、タイムなどです。自家製レシピを試す場合は、各材料を大さじ1杯(15g)ずつ加えてみましょう。[2]
    • 決まったレシピに沿って作るのもよいでしょう。
  3. 3
    スパイスを振って材料を合わせる 容器に蓋をして密閉されているかを確認します。スパイスを振って材料を合わせます。均等に混ざっていることを確認しましょう。[3]
    • 均等に混ざっているか不安な場合は、フォークで材料を混ぜ合わせましょう。
    広告

パート 2
パート 2 の 2:
ステーキの味付けをして調理する

  1. 1
    ステーキの両面に十分な量のスパイスを手でつける スパイスをつけるのは、1度にステーキ1枚ずつにしましょう。ボウルに入ったスパイスを十分な量つかみます。指でステーキの片面にスパイスをすり込みます。ステーキの片面全体を均等にスパイスで覆ったら、ステーキを裏返し、もう片面にもスパイスを同様にすり込みましょう。[4]
    • 肉の切り身が大きい場合は1度にスパイスを少量だけつかむのではなく、スプーンでスパイスをすくい取って肉に振りかけてからすり込みましょう。
  2. 2
    ステーキの側面にもスパイスをつける スパイスを少量指でつまみ、ステーキ1枚分の側面に慎重にスパイスをかけます。指でスパイスを肉にすり込みましょう。スパイスがついていない部分がないように、ステーキ全体を確実にスパイスで覆います。残りのステーキの側面にも同様にスパイスをすり込みましょう。[5]
    • スパイスをステーキに多くすり込むほど、風味が増すでしょう。
  3. 3
    最低40分間または一晩、ステーキを冷蔵庫で寝かせる 時間に余裕があるかどうかにもよりますが、最低40分間または一晩ステーキにスパイスをつけたまま寝かせましょう。40分あればスパイスに含まれる塩が肉に浸透し、一晩寝かせるとスパイスの中の風味や香辛料がさらにステーキに染み込みます。[6]
    • ステーキを一晩冷蔵庫で寝かせる場合は、アルミホイルかラップをかけておきましょう。
  4. 4
    ステーキを好みの焼き加減になるまで調理する グリル、 オーブン、 フライパン でステーキを調理しましょう。調理時間の半分の時間が経過したらステーキを裏返し、全体を均等に焼きます。ステーキは好みでレア、ミディアムレア、ウェルダンで焼きましょう。[7]
    • 残りのスパイスは生肉に触れていない限り、密閉容器で最長1ヶ月間保管できます。
    広告

ポイント

  • 調理時間を短縮するには、ステーキをグリルする前に室温にしておきましょう。
広告

必要なもの

  • 密閉容器
  • スプーン(必要に応じて)
  • アルミホイルかラップ(必要に応じて)

関連記事

傷んだ鶏肉を見分ける
豚肉に火が通ったか確認する
ソーセージを解凍する
鶏肉料理を温め直す鶏肉料理を温め直す
ロティサリーチキンを温め直す
ソーセージをオーブンで焼く
鹿肉を調理する鹿肉を調理する
鶏肉を柔らかくする最高の方法
ステーキを温め直す
ベーコンを素早く解凍するベーコンを素早く解凍する
鹿肉ソーセージを調理する
豚すね肉を調理する最高の方法
冷凍ハンバーガーパティの解凍冷凍ハンバーガーパティの解凍
チャックステーキを調理するチャックステーキを調理する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHowスタッフライター
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
このページは 768 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告