やかんの内側には時間とともに石灰のカスがたまりやすく、そうなると汚らしい見た目になります。たまったカスが原因で沸騰まで時間がかかるようになったり、最終的にはやかんが高熱のため使い物にならなくなったりすることもあります。でも、心配ありません。やかんに石灰のカスがたまっても、酢やレモン果汁で簡単に取り除くことができます。

方法 1 の 2:
酢で湯あかを落とす

  1. 1
    酢と水を2カップずつやかんに入れる やかんの容量がかなり小さく酢の溶液が多い場合は、溶液を半分くらいまで注ぎ入れたら、残りはとっておきます。酢と水の割合は1:1が最も効果的です。 [1]
    • 電気ポットの場合は、水と酢を注ぎ入れる際はプラグを抜いておきます。
    • 特殊な電気ポットの場合は、ポットの内釜に酢を入れても大丈夫かどうかを取扱説明書を読んで必ず確認しましょう。

    ポイント:市販の洗浄剤を使う場合は、金属製のやかん用のものではなく電気ポット専用のものを使用しましょう。適した洗浄剤を選び、付属の使用書に従って使用します。

  2. 2
    やかんを火にかけ、酢の溶液を沸騰させる  電気ポットの場合はプラグを差し、やかんの場合はコンロの火にかけ酢の溶液を1分ほど沸騰させます。[2]
    • 強火にして溶液をできるだけ早く沸騰させます。5分弱程度で沸騰します。
  3. 3
    沸騰したらやかんの火を止め、1時間置く 酢の溶液をやかんに入れて置いておくだけで湯あかが落ちるため、沸騰させる時間は大体でかまいません。丸々1時間置く時間がなければ、短くとも30分置いてから溶液を流し捨てます。[3]
    • 自動的に電源が切れる電気ポットの場合は、自動的に電源が切れるまで待てばよいため沸騰を確認する必要はありません。
  4. 4
    1時間置いたら溶液を流し捨て、中をすすぐ やかんが手で触って熱くないことを確認してから作業をします。やかんの内側を流水でしっかりすすぎ、酢の溶液が残らないよう洗い流します。できれば、2~3回ほど水を入れ替えてすすぎ、可能な限り酢を洗い流します。[4]
    • やかんの蓋が取り外し可能な場合は、取り外した方が内側が洗いやすくなります。蓋もきれいにすすぎましょう。
  5. 5
    湿らせた清潔な布巾で残った石灰のカスを拭き取る 酢の溶液は石灰のカスを全て取り除くことはできませんが、酢の溶液では落としきれなかったカスを手で簡単に取ることができます。湿らせた布巾では落ちない場合は、湿らせたスポンジに重曹を少量つけてやかんの内側を掃除します。[5]
    • マイクロファイバーの布巾や細長い柄のついた掃除用ブラシを使うと効果的です。角の部分も全てきれいにします。
  6. 6
    水を沸かして残った酢のにおいを取り除く やかんの半分まで水だけを注ぎ入れ、沸騰させます。 沸騰したら水を流し捨てます。やかんの中の酢のにおいを完全に取り除くには、これを2~3回繰り返す必要があります。[6]
    • やかんの中の酢のにおいがなくなるまで繰り返します。飲み物に酢が混ざらないよう、酢の味やにおいがしないかどうかを口に含んでみて味を確認してみてもよいでしょう。
    広告

方法 2 の 2:
レモンを使う

  1. 1
    水1.5カップにレモン果汁1個分を絞り入れる 果汁を絞ったレモンは、小さく切り分けてそのまま水の中に入れます。レモンがない場合は、市販のレモン果汁と水を1:3の割合で混ぜ合わせます。[7]
    • 特殊なやかんや電気ポットの場合は、中にレモン果汁やレモンの房を入れても問題ないかを取扱説明書で確認します。 問題ないと思われる場合でも、念のため確認しましょう。
    • ライムを使うこともできます。ただし、レモンの方が効果的です。
  2. 2
    レモン水をやかんに入れて沸騰させる やかんにレモン水を半分くらいまで注ぎ入れます。電気ポットの場合はプラグを差し、やかんの場合はコンロにかけてレモン水を沸かします。残ったレモン水は捨てます。[8]
  3. 3
    やかんの火を止め、レモン水を入れたまま1時間置く レモン水を1分ほど沸騰させたら火を止めます。電気ポットの場合はプラグを抜き、やかんの場合は火を止めて涼しい所に置いておきます。置き時間は1時間が理想ですが、急いでいる場合は30分程置けばよいでしょう。[9]
    • 時間を置くことでやかんの湯あかが落ちるだけでなく、やかんの温度を十分に冷ますことができます。
  4. 4
    やかんが冷めたらレモン水を捨て、すすぐ やかんが手で触って熱くないことを確認してから作業します。中のレモン水やレモンを捨ててから流し台の中でやかんをすすぎます。4~5回かけて十分にすすぎましょう。[10]
    • できれば、やかんの蓋を取り外します。この方が流水ですすぎやすくなります。
  5. 5
    やかんの内側を拭き、水だけを入れて沸かす作業を繰り返す やかんの内側にまだ石灰のカスが残っている場合は、湿らせた布巾またはスポンジに重曹をつけて拭きます。次に、やかんに水を半分くらいまで注ぎ入れ、沸騰させます。やかんを火から下ろし、沸騰した水を捨てます。やかんの中の石灰のカスがなくなるまでこの工程を繰り返しましょう。 [11]
    • やかんの内側の石灰のカスが完全になくなるまで、またはレモンのにおいがしなくなるまで、 2~3回繰り返す必要があります。
    広告

必要なもの

  • 布巾
  • 酢またはレモン

関連記事

How to

銅製品の汚れを落とす

How to

紙に付着した染みを取り除く

How to

天然成分の消毒剤を作る

How to

失くしたテレビのリモコンを見つける

How to

窓ガラスの水垢を取る

How to

濡れたカーペットを乾かす

How to

カーペットの臭いを消す

How to

時間が経った犬のおしっこのシミを落とす

How to

タイルの目地をきれいにする

How to

アイロン面の汚れを落とす

How to

クモの駆除

How to

ホワイトボードを綺麗にする

How to

冷凍庫の霜取り

How to

ワッフルメーカーを手入れする
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 掃除
このページは 103 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告