大量のりんごを使い切る方法を探しているのであれば、りんごジュースを作りましょう。熟したりんごを切り、調理コンロ上で水と一緒に柔らかくなるまで煮ます。できあがったものをうらごし器などで濾して汁を搾り出します。ジュースを少量のみ作る場合は、生のりんごと少量の水をミキサーにかけ、できあがったピューレ状のりんごを濾すと新鮮なりんごジュースが出来上がります。

材料

調理コンロでりんごジュースを作る場合[1]

  • りんご、18個
  • りんごを浸すための水
  • 甘さを加えるための砂糖または蜂蜜(任意)

上記の材料で約2リットル弱のジュースができます

ミキサーで生りんごジュースを作る場合[2]

  • りんご、4個
  • 水、60mL弱
  • 甘さを加えるための砂糖または蜂蜜(任意)

上記の材料で約350mLのジュースができます

方法 1 の 2:
調理コンロ上でりんごジュースを作る

  1. 1
    りんご18個を水洗いする りんごの皮を剥かずに残しておくため、有機りんごや農薬が散布されていないりんごを選びます。好みのリンゴの種類、または下記のりんごを数種類選びましょう。
    • Gala(ガラ)
    • Rome(ローマ)
    • Fuji(ふじ)
    • Honeycrisp(ハニークリスプ)
    • Pink Lady(ピンクレディー)
  2. 2
    りんごをスライスする 包丁とまな板を使い、各りんごを8切れ程度に切ります。必要に応じて、りんごの芯を同時にくり抜くことができるりんごカッターを使用してもよいでしょう。
    • 後の工程でりんごを濾すため、芯、種、皮を取り除く必要はありません。
  3. 3
    りんごを鍋に入れて水5cm弱を注いで蓋をする 切ったリンゴと芯全てを大きい鍋に入れ、コンロに置きます。鍋に水を5cm弱注ぎましょう。
    • 水を入れすぎるとジュースが薄まります。
  4. 4
    鍋に蓋をしてりんごを20~25分間煮る 強めの中火で温め、水を沸騰させます。その後は火を中火に弱めて鍋に蓋をします。りんごが非常に柔らかくなるまで煮込みましょう。
    • 蓋を外して時々りんごをかき混ぜ、均一に火を通しましょう。
  5. 5
    網目の細かいザルをボウルかピッチャーの上に置く りんごの汁を濾す場合は、コーヒーフィルターかチーズクロスをザルに敷きます。りんごジュースが全て入る大きさのボウルを用意しましょう。
  6. 6
    ザルでりんごジュースを濾す コンロの火を消し、スプーンかレードルで煮たりんごをすくってザルに入れます。スプーンで優しくりんごを押さえて汁がボウルに滴り落ちるようにしましょう。
  7. 7
    りんごジュースを冷まして味見する りんごジュースをボウルに入れたまま室温まで冷まし、味見をします。もっと甘くしたければ砂糖か蜂蜜を少量加えてかき混ぜます。味が濃すぎる場合は、水を少量加えて好みの濃さまで薄めましょう。
  8. 8
    最長1週間冷蔵庫で保管する 密閉容器にジュースを注ぎ、冷蔵庫で保管します。長期間保存するには冷凍すれば最長6ヶ月間保存可能です。
    • りんごジュースを缶詰にすれば、食料棚で6~9ヶ月間保管できます。
    広告

方法 2 の 2:
ミキサーで生りんごジュースを作る

  1. 1
    りんご4個を水洗いしてから1/4に切る きれいにしたりんごをまな板に置き、芯と種を取り除きます。皮はそのまま残しておいてもよいでしょう。次に、各りんごを4等分に切り分けます。
    • 好きな種類のりんごを使うか、Gala(ガラ)、ふじ、Ambrosia(アンブロシア)、Honeycrisp(ハニークリスプ)、 Pink Lady(ピンクレディー)などのりんごを数種類使って試しましょう。
  2. 2
    りんごと冷水60mL弱をミキサーに入れる 高速ミキサーがなければ、りんごと水をフードプロセッサーに入れます。ミキサーかプロセッサーに蓋をしましょう。
  3. 3
    高速の設定で45秒間りんごをミキサーにかける ミキサーに付属のタンパー(食材を押さえる道具)がある場合は、りんごを底部の刃に向けてタンパーで押し下げます。タンパーがなければミキサーを1〜2回止め、長いスプーンでりんごを押し下げましょう。
    • りんごを完全にピューレ状にする必要があります。
  4. 4
    細かい網目のザルでりんごの汁を濾す 細かい網目のザルをボウルの上に置き、ピューレ状のりんごと汁をスプーンですくってのせます。そのまま10分程度放置して、ザルからりんごの汁が落ちるようにしましょう。
    • りんごの汁をまとめて絞り出すには、ピューレを少しかき混ぜる必要があるかもしれません。
    • りんごを濾して汁を絞り出す場合は、ザルにチーズクロス(綿布)を敷いてからりんごを濾すようにします。次にチーズクロスを持ち上げて汁を絞り出しましょう。
  5. 5
    すぐにりんごジュースを飲む ジュースをグラスに注いで味わいましょう。好みの甘さになっていなければ、蜂蜜か砂糖を少量加えて混ぜます。すぐに飲むか、蓋をして冷蔵庫に入れれば最長1週間保存可能です。
    • 保存用に2〜3倍の量をまとめて作る場合は、ジュースを缶詰にすると6~9ヶ月間保存可能です。またはジュースを密閉容器に入れて冷凍すれば、最長6ヶ月間保存できます。
  6. 6
    ミキサーのスピードをまず低速に設定してから高速に切り替える 切ったりんごがミキサーの刃に触れるまで待ち、その後ミキサーのスピードを徐々に高速に切り替えましょう。
    広告

必要なもの

調理コンロで作るりんごジュース

  • 包丁とまな板、またはりんごカッター
  • 蓋付きの大きい鍋
  • スプーン
  • ボウル
  • 網目の細かいザル
  • チーズクロスまたはコーヒーフィルター

ミキサーで作るりんごジュース

  • 高速ミキサーまたはフードプロセッサー
  • 包丁とまな板
  • 野菜皮むき器
  • ボウル
  • 網目の細かいザル
  • チーズクロス

関連記事

How to

牛乳からクリームを作る

How to

オートミールを作る

How to

塩気の強いスープの味を調整する

How to

ベーキングパウダーの代用品を作る

How to

ご飯を温め直す

How to

固ゆで卵をひびを入れずに茹でる

How to

オーブンでステーキを調理する

How to

ケーキのアイシングを作る

How to

フロスティングを作る

How to

シチューにとろみをつける

How to

圧力鍋を使う

How to

アイシングシュガーを使わずにアイシングを作る

How to

チョコレートを作る

How to

自家製ワインを造る
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 野菜と果物 | 調理法
このページは 172 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告