アイスコーヒーを作る方法

この記事には:ホットコーヒーを淹れる冷たいコーヒーを淹れるコーヒーフラッペインスタントジャマイカシェイカーエンハンスメントコーヒー

コーヒーの時間なのに目玉焼きが作れるほど歩道は熱く、ホットコーヒーを飲むには暑すぎる。そんな日は、車で一番近くのスターバックスに直行するのもいいですが、足の裏を焦がすような車の革シートは、歩道で作る目玉焼きよりも食欲を減退させます。快適な自宅を出ずに、自分専用の冷たいカフェイン飲料を自宅の台所で作りませんか?とても簡単で時間とお金の節約になります。アイスコーヒーを作る方法をいくつかご紹介しますので、このまま読み進めてください。

1
ホットコーヒーを淹れる

  1. 1
    新鮮なホットコーヒーを淹れる。普段よりも濃いめに作り、氷で薄めます。使用する氷の量で、淹れるコーヒーの濃さも変わります。
    • グラニュー糖は、温かい液体に入れる方が溶けやすいため、コーヒーに砂糖を加える時はこの段階で入れます。
  2. 2
    淹れたてのコーヒーをピッチャーに移します。室温で(約1時間)コーヒーを冷ました後、冷蔵庫内に2時間程度入れて、しっかりと冷やします。
  3. 3
    さあどうぞ!冷えたコーヒーを背高グラスに注いだら、氷を数個と、お好みで牛乳かクリーマーを加えます。

2
冷たいコーヒーを淹れる

  1. 1
    冷たいコーヒーを淹れる。この方法で、ホットコーヒーの酸味を67%まで抑えた、甘くておいしいアイスコーヒーが出来上がります。冷たいままで淹れるコーヒーは、温かいコーヒーに含まれる不快な特徴や苦みがありません。
  2. 2
    水とコーヒーを混ぜる。お好みの味になる分量の、粗く挽いたコーヒー豆をピッチャーの中に入れます。こくのある濃いローストが、より豊かな風味をコーヒーに加えます。
  3. 3
    水を加える。冷たい水もしくは室温の水9カップをピッチャーに加えます。
  4. 4
    水出し。ピッチャーのフタをして、少なくとも12時間、冷やしながら水出しを行います。
    • 水出し後、水からコーヒー粉を取り除きます。
  5. 5
    コーヒーを漉す。目が細かく、しっかりとした作りのざるを使ってコーヒーを別の容器に注ぎ入れます。
    • ざるにコーヒーフィルター(ペーパータオル2枚でも大丈夫です)を敷き、コーヒーを丁寧に注いでコーヒー粉を取り除きます。
    • 甘くこくのある濃縮コーヒーが出来上がります。
  6. 6
    飲みましょう! グラスにお好みの量の氷と、濃縮コーヒー1に対して水もしくは牛乳を3の割合で入れます。お好みで砂糖を加えます。

3
コーヒーフラッペ

  1. 1
    新鮮な淹れたてコーヒー約1カップをブレンダーに注ぎます。
    • 砕いた氷を加えます。
    • 牛乳1/4カップを加えます。
  2. 2
    約10秒ブレンダーで混ぜます。氷が粗い雪玉のようになるのが目安です。
    • さらに甘く仕上げる時は、砂糖を大さじ数杯加えます。フレンチバニラやフレーバークリーマーなどで、ご自由に香りを加えてください。
    • 滑らかになるまでもう一度ブレンダーにかけます。
  3. 3
    自分で手作りしたおいしいコーヒー飲料をお楽しみ下さい。

4
インスタントジャマイカシェイカー

  1. 1
    インスタントコーヒーと砂糖を水で溶かします。
  2. 2
    冷たい牛乳200mlと砕いた氷を混ぜます。
  3. 3
    シェイカーボトルを使うなら、振って振って振って!マグカップかコップの場合は、混ぜて混ぜて混ぜて!

5
エンハンスメントコーヒー

  1. 1
    芳香を加える。とてもおいしいオレンジアイスコーヒーデザートを作るには、よく冷えたコーヒーに、オレンジの皮少々、オレンジジュース、そしてオレンジアイスクリームを加えます。
  2. 2
    ラスベリーアイスクリームと新鮮なレッドラズベリーを購入します。冷やしたコーヒーに加えると、普段とは違う風味のコーヒーが出来上がります。
  3. 3
    成人向け:冷やしたコーヒー、アイリッシュクリーム、ウオッカをそれぞれ2の割合で混ぜ、バニラを少々加えます。「どこか」で5時に飲みたくなる飲み物です。

ポイント

  • アイスコーヒーに砂糖を入れるのが好きな場合は、コーヒーが熱いうちに砂糖を入れるとよく混ざります。先に牛乳と砂糖を混ぜてからコーヒーに混ぜる方法もお試しください。
  • 残ったコーヒーや未使用のコーヒーを、製氷器に入れて氷にすれば、次回作るアイスコーヒーが薄まりません。

注意事項

  • ホットコーヒーが入ったポットを冷蔵庫に直接入れてはいけません。ガラス容器にヒビが入り、冷蔵庫内にコーヒーが漏れる危険がありません。熱衝撃(サーマルショック)と呼ばれますが、他の名称でも表現できます。

記事の情報

カテゴリ: 食・おもてなし

他言語版:

English: Make Iced Coffee, Italiano: Preparare il Caffè Freddo, Español: hacer café helado, Français: préparer un café glacé, Deutsch: Eiskaffee machen, Português: Fazer Café Gelado, Nederlands: IJskoffie maken, Русский: приготовить кофе со льдом, 中文: 制作冰咖啡, Čeština: Jak si vytvořit ledovou kávu, Bahasa Indonesia: Membuat Es Kopi, ไทย: ชงกาแฟเย็น, हिन्दी: बनाए कोल्ड कॉफ़ी, 한국어: 아이스 커피 만드는 방법, العربية: عمل القهوة المثلجة, Tiếng Việt: Pha cà phê đá

このページは 1,854 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?