PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

アイドルのファンは多く、国内のその数は280万人にも及ぶといわれています。それは一つの社会現象ともいえ、アイドルの熱狂的なファンのことを指すドルオタという言葉もあります(アイドルオタクの略)。[1] 好きなものがあると毎日が充実しますし、決して悪いことではありません。とはいえ、アイドルのファンについては、経済的な負担が大きく、ライブのための遠征などにかなりの時間を要するため、度が過ぎると普段の暮らしに悪い影響を与えることがあります。ただ、アイドルのファンはやめたいと思っても、まるで中毒のようになかなかやめられないことが少なくありません。では、どうすればスムーズにアイドルのファンをやめられるのでしょうか。

パート 1
パート 1 の 3:
アイドルのファンの現状を知る

  1. 1
    アイドルのファン層を知る アイドルのファンをやめるための具体的な方法の前に、アイドルのファンについてのいろいろな情報を紹介します。なかにはアイドルのファンにとっては好ましくない情報もあるので、それを知るだけでも、アイドルのファンをやめることに役立つかもしれません。まず、アイドルのファンにはどのような人が多いかというと、平均年齢は30.6歳で、男女比率はおよそ1:2、結婚については「未婚かつ今まで恋人がいたことのない人」が約40%で最も多いというデータがあります。[2]
    • 結婚について、「未婚かつ今まで恋人がいたことのない人」に次いで多いのは、「未婚かつ今は恋人がいない」で約25%です。そのあとは「既婚者」が22%、「未婚かつ恋人がいる」が約13%と続きます。
  2. 2
    ファン活動に掛かる費用を知る アイドルのファンとしての活動はお金が掛かります。さまざまなオタクのジャンルのなかでも、もっともお金を使うのはアイドルのオタクというデータもあります。[3] そのデータによると、1人あたりの年間の消費金額の平均は103,543円となっています。
    • なかには収入の9割をアイドルに使う人もいます。[4]
  3. 3
    ファン活動に要する時間を知る アイドルのファンの活動の一つにライブへの参加があります。自分が住んでいる場所から遠いところで実施される場合には、そこまで遠征することになりますが、遠征は交通費や宿泊費などの費用とともに移動のための時間も使うことになります。
    • 遠征が好きなアイドルファンを対象とした調査によると、好きな遠征の交通手段の第1位は新幹線、第2位は飛行機でした。一方、遠征によく使う交通手段の第1位は新幹線、第2位は高速バスとなっています。[5]
    • 高速バスはリーズナブルというメリットがある反面、飛行機や新幹線にくらべると、到着までに時間がかかるというデメリットがあります。例えば東京と大阪間の料金と移動時間は新幹線の「のぞみ」では1万5千円前後で、約2時間30分なのに対して、高速バスでは2千円前後で約8時間です(料金や所要時間は時期などによって異なります)。
    広告

パート 2
パート 2 の 3:
他の人がアイドルのファンをやめたきっかけを知る

  1. 1
    アイドルの引退がきっかけになることを知る アイドルのファンの現状を知ったら、次に他の人がアイドルのファンをやめたきっかけも確認しましょう。自分にもあてはまることがあれば、それがやめることを後押ししてくれることになる可能性もあります。きっかけとしてもっとも多いのは、自分が好きなアイドルの引退とされています。
    • とくに女性アイドルは一定の年齢になるとグループからの脱退や女優などの他のジャンルへの転身、芸能界からの引退を表明する傾向があります。それをきっかけにファンをやめる人が多いのが現状です。そのアイドルにしてみると、それまでとは違う活動内容になるので、ファンをやめたいと思っている人も、あらためて応援するスタンスを見直してみるとよいでしょう。
    • アイドルの熱愛の発覚もファンであることをやめるきっかけになります。
  2. 2
    周囲の反応がきっかけになることを知る 他の人に迷惑をかけないのであれば、アイドルのファンであることは悪いことではありません。とはいえ、度を越えると周囲の理解を得られないことも少なくないようです。アイドルのファンをやめるきっかけとして、結婚や異性との恋人としての付き合いを理由に挙げる人は少なくなく、そのような体験を記したブログは多数、公開されています。
    • アイドルのファンであることが理由で、恋人にふられたり、友達が少なくなったという意見もあります。[6]
  3. 3
    実生活への悪影響がきっかけになることを知る アイドルのファンであることが普段の生活に悪い影響を与えることもあります。例えば学生ではファン活動が原因で留年するケースもあるようです。なかにはアイドルのファン活動のためにクレジットカードのキャッシング枠を使いきってしまう人もいます。[7]
    • 握手会のためにCDを複数枚購入するファンもいますが、のちに部屋に積まれたCDケースを見たときの虚無感から心が離れるファンもいるようです。
    広告

パート 3
パート 3 の 3:
アイドルのファンをやめる

  1. 1
    やめようと思ったきっかけを強く意識する アイドルのファンをやめようと思ったということは、きっと、その人ならではの理由があることでしょう。その理由よりもアイドルへの想いが強いということが、アイドルのファンをやめられない場合の構図です。自分のなかの「やめたい」という意思がアイドルへの想いよりも強くなれば、スムーズにアイドルのファンをやめられます。
    • 経済的な問題が理由の場合は、冷静になって、自分の収入とアイドル関連への支出のバランスを見直してみましょう。帳簿で管理するのも有効です。
    • 恋人や好きな人が理由の場合は、その人の写真をスマホの待ち受け画面にするなどして、その人のことを意識しやすいようにするとよいでしょう。
  2. 2
    好きなアイドルの新しい情報を遮断する 好きなアイドルのSNSなどをチェックするのをやめましょう。好きなアイドルの新しい情報を入手しないことによって、自然と気持ちが離れていくことも少なくありません。
    • ファンクラブに入っている場合はファンクラブをやめ、TwitterやInstagramをフォローしている場合はフォローをやめます。好きなアイドル関連のYouTubeのチャンネルに登録している場合は、その登録も解除します。
  3. 3
    好きなアイドル関連のものを整理する 身の周りに好きなアイドル関連の雑誌やCDがあると、それらが目に入るたびにアイドルのことを思い出してしまい、結果としてなかなかファンをやめられないことになります。未練を断ち切るという意味も含め、思い切って整理しましょう。
    • 好きなアイドルのライブの半券などの思い出の品も整理します。
    • 写メも保管場所をかえるのではなく、削除しましょう。
  4. 4
    他の人に相談する 自分の意思だけではやめられそうになければ、他の人に相談してみましょう。人に話すことで自分の気持ちが整理されて、自分が置かれている状況に冷静に向き合うことができるようになることも少なくありません。
    • 状況によってはカウンセラーに相談するという選択肢もあります。最近は気軽に相談できるシステムが確立されつつあり、電話やチャットでカウンセリングしてくれるサービスもあります。[8]
    広告

ポイント

  • 就職などの自分の環境の変化などによって自然にアイドルのファンをやめたケースも少なくありません。自分の気持ちがかわるまで、実生活に害のない範囲でファンを続けていくのも選択肢の一つです。
広告

注意事項

  • アイドルのファンに限らず、何かをやめるには、やめることを自分が心の底から納得していないとうまくいかないものです。「他の人にいわれたから」という理由はきっかけとしてはよいですが、それだけでは、なかなかアイドルのファンをやめられないものです。冷静に自分の心と向き合ってから判断しましょう。
広告

関連記事

プラスチックレンズの眼鏡の傷を取り除く
風船ガムを膨らませる
自分で身長を測定する自分で身長を測定する
風船を膨らませる
(初心者用)かぎ針編みで帽子を編む
勝手に沈むオフィスチェアを修理する勝手に沈むオフィスチェアを修理する
革を染める
六角形を描く六角形を描く
紙でじょうごや円錐を作る
アルミ風船を膨らませる
息を長く止める息を長く止める
プラスチックに塗装する
数独の問題を解く数独の問題を解く
剥がれた合成皮革を修復する剥がれた合成皮革を修復する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は4,748回アクセスされました。
カテゴリ: 趣味・DIY
このページは 4,748 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告