PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

眉を自然に際立たせられる正しいアイブロウの色を選ぶのは簡単ではありません。間違った色を選ぶと眉が暗くなりすぎたり、色をつけているのが露骨に見えたりします。髪色と肌のトーンを引き立てる正しいアイブロウの色を選びましょう。合う色が分かったら、適切に眉につけて、しっかりとした可愛い眉にしましょう。

方法 1 の 3:
髪色と合わせる

  1. 1
    髪色が黒か茶色の人は、髪より少なくとも1〜2トーン明るい色を選ぶ 1〜2トーン明るい色を選ぶことで、元の眉より暗くなりすぎず自然に見せることができます。また、皮脂によって眉の色は暗く見えがちなので、髪より1〜2トーン明るい色を選ぶことで眉が浮いて見えたり強調されすぎるのを防げます。[1]
    • 始めは1トーン明るい色を試して、つけたときに暗く見えて気に入らないときはもう1トーン明るい色を試します。
  2. 2
    髪色がブロンドか明るい茶色の人は、髪より1〜2トーン暗い色を選ぶ 髪色が明るい人は、髪色より少し暗めの色を選んで顔の中で際立つようにしましょう。色合いは自然に見える程度の明るさで、且つしっかり際立つ程度の暗さのものを選びます。[2]
    • 1トーン暗い色から初めて、眉をもっと際立たせたいと思ったら、もう1トーン暗い色を試しましょう。
  3. 3
    髪色がブロンドの人はトープ色を選ぶ トープ色(暗めの茶色と灰色の中間色)を選ぶことで、自然で元の眉より濃すぎない色にできるでしょう。[3]
    • とても明るい茶色や明るい髪色にブロンドのハイライトをいれている人も、トープ色を試してみるといいでしょう。
  4. 4
    髪色が茶色もしくは黒の人は、明るめの茶色を選ぶ 眉毛が暗くなりすぎないようにライトブラウンのアイブロウを探しましょう。特に髪色が茶色の人はライトブラウンを選ぶと良いでしょう。黒髪や髪色が暗い人は、ダークブラウンを選びます。[4]
    • 黒は印象が強く暗すぎるので、元の眉が黒でない限り黒を選ぶのは避けます。悩んだときは、ダークブラウンを選ぶと良いでしょう。
    • 元の眉が黒や非常に暗い茶色の人は、明るい色を選ぶと不自然な見た目になってしまいます。この場合は、黒のアイブロウ製品を使用します。
    専門家情報
    Laura Martin

    Laura Martin

    認定美容師
    ローラ・マーティンはジョージア州に住む認定美容師です。2007年よりヘアスタイリストとして働いています。2013年からは美容術の講師も務めています。
    Laura Martin
    Laura Martin
    認定美容師

    とても暗い髪色の人は、少し明るめの色を試してみましょう。認定美容師のローラ・マーティンさんのアドバイスです。「一般的に眉は髪色よりわずかに暗めの色が良いでしょう。しかし、何トーンか眉の色を明るくすると印象を和らげることができるので、非常に暗い髪色の人は試してみると良いでしょう」

  5. 5
    赤毛の人はブロンド色を選ぶ 眉を明るいブロンドにして髪の赤みを引き立てましょう。赤毛の人の眉はとても明るい傾向があるので、通常ブロンドは明るい程よく合うでしょう。[5]
    広告

方法 2 の 3:
肌の色に合わせて選ぶ

  1. 1
    肌の色が明るくアンダートーンがピンクの人は、灰色がかかったブロンドを選ぶ 一般的に、顔を赤らめたときに顔色がピンクや赤色に変わる人は、 肌のアンダートーンがピンクです。灰色がかった明るめのブロンド色を使って肌の色を引き立て、黄色やオレンジ色が強くなりすぎないようしましょう。[6]
    • 肌色が明るく髪色が暗めの人も、灰色がかったライトブラウンを選ぶと良いでしょう。
    • 髪色が暖色系のブロンドや茶色の人も、赤みがかった色や暖かい色味のアイブロウを使うのは避けましょう。眉は頭髪に比べて灰色がかった色のことが多いので、寒色系の色味の方が自然に見えます。
  2. 2
    オリーブ肌の人は中間から明るめの茶色を選ぶ 日焼けしやすかったり、生まれつきオリーブ肌の人は、ミディアムブラウンを選びましょう。ミディアムブラウンを選べば、あなたの顔色に対して眉を引き立てることができます。[7]
  3. 3
    肌の色が濃い人はマットな質感の茶色を選ぶ 肌の色がダークブラウンやそれより濃い人は、マットな質感のライトブラウンかミディアムブラウンを選びましょう。肌の色から1〜2トーン明るい色を選ぶことで、眉を顔の中で際立たせ、引き立てることができます。[8]
    広告

方法 3 の 3:
アイブロウをつける

  1. 1
    アイブロウを眉につける前に、肌につけて色を試す 頬か眉の近くの肌に少量を軽く乗せて、アイブロウの色が合っているか確認します。ペンシルタイプやジェルタイプのアイブロウはこの方法で試すことができます。髪色や肌のトーンによって、髪色より1〜2トーン暗く見えるか明るく見えると良いでしょう。肌や髪の色と明らかな対比をなす色ではなく、肌や髪の色と合う色を選びましょう。[9]
    • 皮脂によって眉の色は暗く見えやすいことを頭に入れておきましょう。特に一日中つけていると暗く見えます。慎重すぎるくらいが丁度良いことが多く、明るめの色から試し始めるのが最適でしょう。
  2. 2
    先が細いアイブロウペンシルを使って、眉の密度を高く見せる 眉の隙間をペンシルで埋めようとするのは止めましょう。代わりに、眉の上下を先が細いペン先で書いて、より自然な見た目に仕上げます。しっかりと輪郭を描くのは避け、素早くさっさっとペンを動かして毛に見えるような線を描きましょう。それからスクリューブラシ(螺旋状に毛がついたブラシ)を使って、下から上、内から外に向かってブラシをかけます。[10]
    • アイブロウペンシルの中には、簡単に使えるように片端が細いペンで、反対側がスクリューブラシになっているものもあります。
    • アイブロウペンシルは地域のドラッグストアや美容雑貨店、オンラインショップ等で購入できます。購入する前に色を試せるように、実店舗で購入すると良いでしょう。
  3. 3
    素早く簡単に仕上げたいときは、アイブロウジェルを試す ペンシルで眉毛を描くのが面倒で時間がないときは、アイブロウジェルが最適です。スクリューブラシかアングルブラシ(毛先が斜めにカットされたブラシ)を下から上に、内から外に動かして、アイブロウジェルをつけましょう。[11]
    • また、アイブロウジェルは一日中落ちにくく眉に色を保つので、剥がれたり消えたりしません。
    • アイブロウジェルは地域のドラッグストアや美容雑貨店、オンラインストアで購入しましょう。購入する前に試せるので、実店舗で買うのが理想的でしょう。
  4. 4
    アイシャドウを眉にのせて柔らかい印象にする アイシャドウは、くっきりしたペンシルやジェルの代わりとして最適です。小さいアングルブラシに、眉に合う色のアイシャドウをのせて、眉の下から上に向かって払うような動きでアイシャドウをつけましょう。こうすることで、輪郭がくっきりしすぎず、毛のような線を描くことができます。気に入った見た目になるまでこの手順を続け、スクリューブラシを使って眉にアイシャドウを馴染ませます。[12]
  5. 5
    眉を染めて長期的に眉の見た目を保つ 眉を染めれば、3〜4週間整った眉を保つことができ、その間最小限の手直しだけで済ませることができます。 眉のカラーリング剤は肌ではなく眉の毛だけを染めて、くっきりと形の整った眉毛を保ちます。専門のサロンでプロの美容師に染めてもらい、最高の見た目に仕上げましょう。[13]
    • 家で眉を染める場合は、暗く染めすぎないように気をつけましょう。眉と同じ色か1トーン暗めの色を探します。(注:日本では眉毛用のカラーリング剤はほとんど市販されていませんが、北米などでは市販されています。)
    • カラーリングよりもティントの方が髪と肌への刺激が弱いので、安全で良いでしょう。
    • 眉を染めても、毛が薄い箇所を埋めたり眉のバランスを整えたりするのにペンシルを使う必要があることもあります。
    広告

関連記事

靴の音鳴りを止める靴の音鳴りを止める
軽石を活用する軽石を活用する
タトゥーシールをはがす
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
ワンピースのウエストを詰める
生理を早める生理を早める
防犯タグを外す防犯タグを外す
縮んだ服を伸ばす
革に付いた油染みを落とす
アロエベラジェルでニキビを消すアロエベラジェルでニキビを消す
ジーンズについた血液のシミを落とす
ポリエステル製の服を縮めるポリエステル製の服を縮める
速くヒゲを生やす速くヒゲを生やす
ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かすドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす
広告

このwikiHow記事について

Laura Martin
共著者 ::
認定美容師
この記事の共著者 : Laura Martin. ローラ・マーティンはジョージア州に住む認定美容師です。2007年よりヘアスタイリストとして働いています。2013年からは美容術の講師も務めています。
このページは 236 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告