アイロンを汚れたまま使用していると、多くの弊害が生じます。アイロンをかける洗濯物が多ければ多いほど、汚れの影響を受けやすくなります。アイロンの汚れとして、まず目に付くのが水垢です。水垢は、水に含まれるミネラルが蓄積したものです。また、アイロンのかけ面に粘着性の汚れが付着することもあります。これは、スプレー糊などが焦げ付いたものです。これらの汚れは落とすのが難しそうに見えるかもしれませんが、実は比較的簡単に落とすことができます。汚れをためないように、アイロンは定期的に掃除しましょう。

方法 1 の 3:
重曹を使う

  1. 1
    ペーストを作りましょう。水大さじ1杯(15mL)と重曹大さじ2杯(6g)を混ぜて、ペーストを作りましょう。一般的なペーストよりも若干、液体に近い状態が理想的です。ただし、水分が多過ぎるとかけ面から流れ落ちてしまうので、濃さをうまく調節しましょう。[1]
    • 可能であれば、濾過水もしくは蒸留水を使用しましょう。
  2. 2
    ペーストをアイロンのかけ面に塗りましょう。冷めたかけ面にペーストを直接塗ります。アイロンを使った後であれば、必ず完全に冷たくなっていることを確認してから、汚れている部分だけに塗りましょう。ただし、アイロンを大掃除したい場合は全体に塗っても構いません。[2]
    • 指、もしくはヘラを使ってペーストを塗りましょう。
    • 汚れが酷い場合は、ペーストをたっぷりと塗りましょう。
    • 汚れが詰まっている場合は、ペーストを塗ったまま数分放置しましょう。
  3. 3
    清潔な布を用意しましょう。濡らした布を使ってペーストを拭き取ります。布を水に浸して固く絞り、かけ面に塗ったペーストを拭き取りましょう。
  4. 4
    綿棒でスチーム穴を掃除しましょう。綿棒(耳掃除に使用するタイプ)に、新鮮な蒸留水を浸み込ませましょう。その綿棒で、スチーム穴を一つずつ掃除していきます。[3]
    • スチーム穴の汚れが酷い場合、一本では足りないかもしれません。綿棒が汚れたら、新しい綿棒に取り替えましょう。
  5. 5
    タンクに水を入れましょう。中に古い水が残っている場合は、その水を捨ててから新しい水を入れましょう。給水口を開けて逆さにすると、水が出てきます。古い水を捨てたら、蒸留水もしくは濾過水をタンクに3分の1ほど入れましょう。[4]
    • 水の代わりに、水180mLと酢(ホワイトビネガー)60mLを混ぜたものを使用しても構いません。水よりも高い洗浄効果があります。取扱説明書を読んで、酢を入れても問題無いことを確認してから実施しましょう。
  6. 6
    アイロンのスイッチを入れましょう。一番高い温度に設定します。スチームのスイッチも入れましょう。スチーム穴の奥で焦げ付いている汚れや水垢が、スチームと熱によって剥がれ落ちてきます。
    • 熱くなったアイロンには十分注意しましょう。アイロンから出てくるスチームも高温なので、注意が必要です。
  7. 7
    清潔な布にアイロンをかけましょう。アイロンをかけると、中から汚れが出てきます。茶色い筋が布に付くので、汚れても構わない布を使用しましょう。ショットスチーム機能(ボタンを押すとスチームを噴出する機能)が付いている場合は、こまめに使用してスチームの量を増やしましょう。[5]
    • ここで使用する布は、台所用布巾が最適です。
  8. 8
    アイロンのスイッチを切って、冷ましましょう。アイロンは、熱いものを置いても問題無い場所(タオルを敷いた調理台など)に置きましょう。アイロンが冷めるにつれて、中に残っていた古い汚れが更に落ちてきます。
    • タンクの水が残った場合は、忘れずに抜いておきましょう。
    広告

方法 2 の 3:
酢と塩を使う

  1. 1
    酢と塩を2:1の割合で混ぜましょう。これをコンロにかけて、中火で温めます。塩が溶けるまで温めましょう。ただし、沸騰させてはいけません。[6]
    • 臭いが強いかもしれませんが、非常に効果的なアイロン洗浄液です。
  2. 2
    作成した洗浄液を冷ましましょう。冷めるまでしばらく放置します。火傷しない程度の温かさになるまで待ちましょう。
    • 酢の臭いが手に付かないように、ゴム手袋を着用しましょう。
  3. 3
    清潔な布に洗浄液を浸み込ませましょう。かけ面をその布で擦って、汚れを落とします。[7]
    • ソフトなブラシで擦っても構いません。ただし、金たわしは使用してはいけません。かけ面が傷だらけになってしまいます。また、コーティングに傷が付くので、テフロン加工のアイロンはブラシやたわしで擦らないようにしましょう。
    • この洗浄液は、アイロンに焦げ付いた汚れを落とすのに非常に効果的です。
  4. 4
    洗浄液を拭き取りましょう。汚れを落としたら、アイロンに付いている洗浄液を拭き取ります。清潔な布に酢を浸み込ませて、かけ面を優しく拭きましょう。
    • 拭き終わったらアイロンのスイッチを入れて、清潔な布にアイロンをかけましょう。残った洗浄液や酢が焼け落ちます。汚れても構わない布を使用しましょう。
    広告

方法 3 の 3:
その他の方法

  1. 1
    ドライヤーシート(乾燥機用柔軟剤シート)で磨く アイロンのスイッチを入れて、一番低い温度に設定しましょう。アイロンが温まったら、未使用のドライヤーシートでかけ面を優しく擦ります。汚れが取れるまで擦り続けましょう。[8]
    • 汚れが取れたらアイロンの温度を上げて、清潔な布にアイロンをかけましょう。かけ面に残った、ドライヤーシートの成分を落とすことができます。
  2. 2
    酢を混ぜた水を使う タンクに、酢を混ぜた水を入れます。可能であれば、水は蒸留水もしくは濾過水を使用しましょう。そして、厚手の木綿の布に5分ほどスチームをかけます。終わったらタンクの水を捨てて、タオルでかけ面を拭きましょう。
    • 取扱説明書を読んで、酢を入れても問題無いことを確認してから実施しましょう。
  3. 3
    歯磨き粉で磨く 冷えたかけ面を、歯磨き粉で磨きます。汚れている部分を重点的に磨きましょう。磨き終わったら、清潔な布で歯磨き粉を拭き取ります。最後にアイロンのスイッチを入れて、布に5分ほどスチームをかけましょう。[9]
    • 歯磨き粉大さじ1杯(3g)と重曹大さじ2杯(6g)、それに酢大さじ3杯(45mL)を混ぜたものもかけ面の掃除に使えます。
  4. 4
    新聞紙を使う かけ面が粘着性の汚れでべたついている場合は、新聞紙を使用しましょう。まずはアイロンのスイッチを入れて、一番高い温度に設定します。スチームのスイッチは切っておきましょう。アイロンが熱くなったら、新聞紙にアイロンをかけましょう。べたつきが取れるまで、これを続けます。[10]
    • これでもべたつきが取れない場合は、新聞紙の上に塩をまいてから、もう一度アイロンをかけましょう。これは、どんな粘着性の汚れに対しても有効な手段です。
    広告

ポイント

  • 市販のアイロンクリーナーを使用しても構いません。その場合は、ラベルに記載された使用方法を守りましょう。
  • アイロンの他の部分(プレートの側面など)を掃除したい場合は、濡らした布で優しく拭きましょう。ただし、アイロンが電化製品であることを忘れてはいけません。濡らし過ぎると故障の原因になるので、注意しましょう。
  • スチームアイロンを使った後は、タンクに残った水を捨てましょう。水垢の付着防止になります。[11]
  • 基本的に、蒸留水や水道水よりも濾過水の方が、アイロンには適しています。

広告

注意事項

  • アイロンの取扱説明書をよく読みましょう。掃除する方法が指定されているかもしれません。
広告

関連記事

How to

アリを殺虫剤なしで殺傷する

How to

カタツムリを駆除する

How to

マンゴーを熟成させる

How to

トマトの剪定

How to

エアーベッドの空気漏れを修理する

How to

革製品の臭いを取り除く

How to

キャンドルのロウを落とす

How to

ラベンダーオイルを作る

How to

池の藻を除去する

How to

コンクリートを仕上げる

How to

ツタを取り除く

How to

ヒューズをチェックする

How to

家庭でのノミ駆除

How to

ヒマワリを鉢植えで育てる
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 by
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は6,145回アクセスされました。
このページは 6,145 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告