アクリル樹脂で人工爪を作る方法

この記事には:必要なものを揃える自爪を整えるアクリルを付けるネイルを完成させる出典

アクリルネイルは、わざわざネイルサロンに行かなくても自宅で手軽にできます。それも半額の値段で。必要なものはドラックストアで購入できるちょっとした道具と根気だけです。

パート 1
必要なものを揃える

  1. 1
    アクリルネイル・セットの購入を検討する アクリルネイルを初めて塗る場合はセットを購入するとよいでしょう。セットには必要なものが全て入っていて、好みのスタイルに仕上げるための詳しい説明書が付いてきます。
  2. 2
    道具を別々に揃える スタイルの幅を広げたいという場合には道具を別々に揃えることも考えましょう。そうすると爪が伸びたときにも道具が手元にあって便利です。美容専門店で次の製品を購入しましょう。
    • アクリルネイルのチップとネイルグルー チップは通常長く作られていますが、好みの長さに切ったり削ったりすることができます。
    • アクリル用の爪切りバサミとネイルファイル 普通の爪切りやファイルはアクリル爪には適していません。
    • アクリルリキッドとパウダー リキッドとパウダーを混ぜ合わせてアクリル爪を作ります。
    • アクリル用の容器とブラシ アクリルを混ぜて爪にのせる時に使います。

パート 2
自爪を整える

  1. 1
    古いマニキュアを落とす アクリルは何も付いていない爪に付ける必要があるので、古いマニキュアが残っている場合はアセトンを含む除光液で落とします。古いアクリルネイルやジェルネイルがついていたら、アセトン液に直接浸けて落とします。
  2. 2
    爪を切る アクリルを付けやすくするために、爪切りや爪切りバサミで自爪を手入れのしやすい長さに短く均一に整えます。さらにネイルファイルで爪を滑らかに仕上げます。
  3. 3
    ファイルで爪の表面の角質を落とす 次は軟らかめのファイルを使って、表面を少々粗くマットな仕上がりに磨きます。これでアクリルが爪に付きやすくなります。
  4. 4
    甘皮を押し上げる アクリルは皮膚の上ではなく爪に載せなければなりません。そこで、爪の手入れをしながら甘皮を指の方向に押し上げましょう。
    • 甘皮を押し上げる際には金属製か木製の道具を使いましょう。専用の道具が手元にない場合はアイスの棒などで代用してもかまいません。
    • 甘皮は乾いている時よりも湿って軟らかくなっている時のほうが押し上げやすくなっています。甘皮の処理を行う前に温水に手を数分浸けましょう。
  5. 5
    プライマーを塗布する プライマーは爪の表面の水分や油分を取り除き、アクリル爪の装着準備時に使います。油分が爪の表面に残っているとアクリル爪がうまく載りません。
    • プライマーをつけた綿棒で爪の表面をやさしくこすります。
    • プライマーはメタクリル酸を含むため、引火する恐れがあります。過剰な使用や皮膚への付着に十分に注意してください。

パート 3
アクリルを付ける

  1. 1
    チップをのせる まずは自爪に合ったサイズのチップを探します。チップが爪にぴったりと合わない時はファイルで削ってサイズを合わせましょう。先端に少量のグルーを付け、チップの下端が自爪の下半分を覆うように載せます。そのまま5秒間押さえて、グルーが乾くのを待ちましょう。
    • チップが曲がって付いてしまった時には、水に数分浸けて外します。自爪とチップを乾かした後に、再度チップを装着します。
    • その際、グルーが皮膚に付かないように気をつけましょう。
  2. 2
    アクリルの材料を用意する アクリルリキッドをアクリル製の容器に注ぎ入れ、パウダーを別の容器に入れます。アクリルは有毒になり得るガスを放出する強力な化学薬品であるため、作業は十分に換気された場所で行ってください。
  3. 3
    アクリルブラシにアクリルをつける アクリルが入った容器にアクリルブラシを入れ、先端を湿らせる程度にアクリルをつけます。付けすぎてしまったら、容器の角で余分なリキッドをブラシから落とします。アクリルパウダーにブラシの先端をつけ、湿った小さな玉(ミクスチャー)を作ります。
    • リキッドとパウダーの適当な割合が分かるようになるまで何度か練習する必要があるかもしれません。ミクスチャーは湿って伸ばしやすい状態でなくてはいけませんが、水分が多すぎてもいけません。
    • 余分な水分をふき取るために、ペーパータオルを用意しておきましょう。
  4. 4
    アクリルのミクスチャーを爪に塗る チップの下端(笑顔になった時の口の形に似た曲線)から付け始めます。ミクスチャーを曲線の上で潰し、爪の上部に向けて塗ります。素早く滑らかに伸ばし、自爪とチップの境目が平らになるように整えましょう。この作業を10本全ての指に行います。
    • この作業を正しく行うと、自爪とチップの境目ははっきりと目立つ曲線ではなく緩やかな曲線になっているはずです。曲線の出来具合によっては、2度塗らなければならないこともあります。
    • 甘皮にアクリルが付かないように気をつけましょう。甘皮の数ミリ上に装着すると皮膚には付きません。
  5. 5
    アクリルを乾かす アクリルは10分ほどで完全に乾きます。アクリルブラシの柄で軽くたたいて確認してみましょう。コツコツという音がしたら、次のステップに進みましょう。

パート 4
ネイルを完成させる

  1. 1
    爪の形を整える アクリルが固まったら、アクリル用爪切りと粗いネイルファイルで爪の先端を好みの長さに整えます。さらにバッファーで爪の表面を磨き、滑らかにします。
  2. 2
    マニキュアを塗る 透明または色つきのマニキュアでコーティングします。爪全体に均一に塗りましょう。
  3. 3
    アクリルネイルのお手入れ 2週間ほどで自爪は伸びてしまいます。その際には、再びアクリルネイルを装着するか、完全に自爪から取り外しましょう。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む26人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: ビューティー・ファッション

他言語版:

English: Do Acrylic Nails, Español: ponerte uñas acrílicas, Português: Aplicar Unhas Postiças de Acrílico, Italiano: Eseguire la Ricostruzione delle Unghie in Acrilico, Deutsch: Acrylnägel machen, 中文: 做水晶甲, Français: faire soi‐même ses ongles acryliques, Čeština: Jak si udělat akrylové nehty, Bahasa Indonesia: Membuat Kuku Akrilik, ไทย: ทำเล็บอคริลิค, Nederlands: Zelf acrylnagels zetten, हिन्दी: ऐक्रेलिक नाखून (Acrylic Nails) लगायें, العربية: تركيب أظافر أكريليك

このページは 10,300 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?