ブランチングとは、沸騰した湯で調理した食材を氷水に浸けて急激に冷やす調理法です。ブランチングすると風味や食感、色を保つことができるので、アスパラガスの調理に適しています。ブランチングしたアスパラガスはすぐに食卓に出すか保存しましょう。冷蔵庫で3~5日、冷凍庫で1年保存できます。ひと手間かけることで、新鮮で栄養価の高いアスパラガスをおいしく食べられます。

パート 1 の 3:
アスパラガスを調理する

  1. 1
    アスパラガスを冷水ですすぎ、表面の汚れを落とします。アスパラガスをブランチングする前にきれいにしておきましょう。シンクで水を流し、その下でアスパラガスを10~30秒間すすぎます。
  2. 2
    アスパラガスの端を切り落とします。アスパラガスの根元をすべて揃えてまな板に置けば、簡単に切ることができます。よく切れる大き目の包丁を使って、アスパラガスの下部1/4を切り落としましょう。緑色の細い茎から白くて太い部分を取り除きます。揃えたアスパラガスの根元を一度に切り落としましょう。[1]
    • アスパラガスの根元は硬く、風味も少ないのであまりおいしくありません。
  3. 3
    大きな鍋に水を入れ、強火で熱して沸騰させましょう。アスパラガスをブランチングするために、水道水を大きな鍋の半分まで入れましょう。その鍋をコンロに置いて強火で熱します。[2]
    • 5分ほどで水が沸騰するでしょう。
  4. 4
    水に塩を加えると風味が増します。火にかけたらすぐに塩を振り入れましょう。水1.4リットルあたり大さじ2杯(30g)の塩を加えます。[3]
    • この手順は任意ですが、塩を加えるとアスパラガスの栄養分が保たれ、味付けにもなります。
  5. 5
    水が沸騰したらアスパラガスを鍋に入れます。湯から泡が立ち始めたら、洗って根元を切り落としたアスパラガスを手で鍋に入れましょう。その後、穴あきお玉やトングを使って、アスパラガスを完全に湯に浸します。[4]
    • 熱くなった鍋や蒸気で火傷をしないように気を付けましょう。
  6. 6
    アスパラガスを2~4分茹でましょう。3分ほどで完全に火が通ります。アスパラガスの色に注意しながら茹でましょう。[5]
    • アスパラガスが明るい緑色になったら茹であがりです。
    広告

パート 2 の 3:
アスパラガスを氷水に浸ける

  1. 1
    アスパラガスを茹でながら氷水を用意しましょう。アスパラガスを沸騰した湯に入れた後、大きなボウルに氷を入れ、氷を覆うように水道水を加えます。アスパラガスを移しやすいように、このボウルをコンロの隣に置きましょう。[6]
  2. 2
    アスパラガスに火が通ったら、すぐに氷水に浸します。3分ほど茹でたら、トングでアスパラガスを掴みましょう。沸騰した湯からアスパラガスを出す前に、明るい緑色になっていることを確認します。アスパラガスを湯から取り出したらすぐに氷水に浸しましょう。アスパラガスが完全に冷めるまで、1~3分ほど氷水に浸けておきます。[7]
    • アスパラガスを茹ですぎると水っぽくなり、暗い緑色に変わります。
    • 氷水に浸けると余熱で調理されることがなく、アスパラガスが柔らかくなります。
  3. 3
    氷水に3分浸けたアスパラガスを清潔なタオルの上に載せます。アスパラガスが冷めたら氷水から取り出し、キッチンペーパーや布巾の上に載せましょう。キッチンペーパーで軽く押さえるようにして、余分な水分を落とします。[8]
    広告

パート 3 の 3:
アスパラガスの盛りつけと保存

  1. 1
    健康的なおやつや副菜として、ブランチングしたアスパラガスをそのまま食べましょう。アスパラガスが乾いたら、そのまま食べましょう。味が足りなければ、塩とコショウを振りかけます。[9]
    • 例えば、ブランチングしたアスパラガスをそのまま皿に盛れば、おいしい前菜になります。新鮮なニンジンやセロリ、ブロッコリー、カリフラワーと一緒に盛り合わせ、ディップを添えても良いでしょう。
  2. 2
    アスパラガスをサラダに入れる場合は、小さく切りましょう。よく切れる包丁でアスパラガスを一口サイズに切り、切ったロメインレタスやほうれん草と合わせましょう。乾燥クランベリーやゴートチーズをトッピングすると、おいしく健康的なひと皿になります。[10]
    • 好みのサラダにアスパラガスを入れましょう。
  3. 3
    バルサミコ酢を使って、アスパラガスにおいしいソースをかけましょう。アスパラガスを大皿もしくは個別の皿に盛ります。ボウルにバルサミコ酢大さじ3杯(45ml)、赤玉ねぎのみじん切り大さじ2杯(30ml)、オリーブオイル大さじ2杯(30ml)、ニンニクのみじん切り1片、黒コショウ少々を入れ、泡だて器で混ぜましょう。このソースを、盛りつけたアスパラガスにかけます。[11]
    • バルサミコ酢のソースをかけたアスパラガスは、おいしい副菜や前菜に最適です。
    • このソースの分量はアスパラガス4人分です。
    • 中くらいのフライパンにソースを入れて2~3分温めてからアスパラガスにかけると、温かく食べられます。
  4. 4
    オリーブオイルとパルメザンチーズのおいしいトッピングでアスパラガスを和えましょう。ボウルにアスパラガスを入れ、オリーブオイル大さじ2杯(30ml)、すりおろしたパルメザンチーズ大さじ2杯(30ml)、レモンゼスト小さじ1杯(5g)を加えます。好みに応じて、塩とコショウで味をつけましょう。全体を軽く混ぜ合わせ、大皿や個別の皿に盛りつけます。[12]
    • 温かいアスパラガスを食べるには氷水に浸ける手順を省き、温かいうちにトッピングをかけてあえましょう。
  5. 5
    ブランチングしたアスパラガスは、冷蔵庫で3~5日保存できます。良い状態で保存するためにブランチングしてから2時間以内に冷蔵庫に入れましょう。アスパラガスをラップでしっかりと包み、タッパーウェアなどの密封容器に入れます。密封容器の蓋を閉め、冷蔵庫で保存しましょう。[13]
    • 保存したアスパラガスは3日以内に食べるか冷凍しましょう。
  6. 6
    アスパラガスを長期間保存する場合は冷凍しましょう。天板にクッキングシートを敷き、アスパラガスを並べます。天板を冷凍庫に入れ、アスパラガスが完全に凍るまで1~3時間冷凍しましょう。冷凍庫から取り出し、フリーザーバッグに凍ったアスパラガスを入れます。フリーザーバッグの空気をできるだけ抜いてファスナーを閉じ、冷凍庫に入れましょう。8~12か月保存できます。[14]
    • 1本ずつ少し隙間を開けるようにして、アスパラガスを天板に並べましょう。
    • フリーザーバックの代わりに冷凍保存容器に凍ったアスパラガスを入れてもかまいません。
    • 必要に応じて、フリーザーバッグや容器に冷凍した日付を油性ペンで記入しておきましょう。
    • 冷凍したアスパラガスを調理する際は、使う分だけ取り出しましょう。
    広告

必要なもの

  • アスパラガス
  • 包丁
  • ボウル
  • 塩(任意)
  • トング
  • フリーザーバッグまたは密封容器(任意)

ポイント

  • できるだけ新鮮なアスパラガスを使いましょう。アスパラガスを未調理のまま3日を超えて保存すると歯ごたえが失われる可能性があります。

広告

関連記事

How to

牛乳からクリームを作る

How to

ラザニアの冷凍保存

How to

塩気の強いスープの味を調整する

How to

オーブンでステーキを調理する

How to

オートミールを作る

How to

固ゆで卵をひびを入れずに茹でる

How to

ケーキのアイシングを作る

How to

ご飯を温め直す

How to

圧力鍋を使う

How to

ロブスターテールを茹でる

How to

自家製ワインを造る

How to

スペアリブを温め直す

How to

ソーセージを調理する

How to

フロスティングを作る
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は1,429回アクセスされました。
カテゴリ: 調理法 | 野菜と果物
このページは 1,429 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告