アスパラガスを電子レンジで調理する方法

この記事には:アスパラガスの下準備電子レンジで歯ごたえを残して調理する電子レンジで柔らかく調理するガーリックバタードレッシング(任意)5 出典

手軽かつ健康的にアスパラガスを調理する方法を探しているならば、電子レンジに勝るものはありません。電子レンジでアスパラガスを調理する方法は何通りかあります。以下のステップを読み、各方法について詳しく学びましょう。

材料

電子レンジで歯ごたえを残して調理する

4人分

  • 水 60 ml
  • 新鮮なアスパラガスまたは解凍したアスパラガス 450 g
  • 塩 2.5g(任意)

電子レンジで柔らかく調理する

4人分

  • 水、オレンジジュース、白ワインのいずれか 60 ml
  • アスパラガス(生または解凍) 450 g
  • 塩 2.5g(任意)

ガーリックバタードレッシング(任意)

60 ml

  • 室温に戻した無塩バター 50g
  • みじん切りにしたにんにく(生)小さじ2分の1

1
アスパラガスの下準備

  1. 1
    新鮮なアスパラガスを選びましょう。解凍したアスパラガスではなく新鮮なものを使う場合には、茎がしっかりとしまった鮮やかな緑色のものを選びましょう。穂もしっかりとしまっているものが理想的です。[1]
    • アスパラガスは太くても細くても構いません。太いものは調理にやや時間がかかりますが、太いものも細いものも同じくらい美味しく、栄養があります。どちらを選ぶにしても、太さが均一なものが理想的です。
  2. 2
    アスパラガスを冷水で洗いましょう。流水の下で穂先を優しくこすり、泥や砂、汚れを落としながら、アスパラガスを丁寧に洗います。
    • アスパラガスは砂地で育つため、穂先に汚れが付いていることがよくあります。このため、丁寧に洗うことが大切です。
    • 洗い終わったら、キッチンペーパーで軽く押さえて水気を取ります。
  3. 3
    アスパラガスの根元の部分を取り除きます。手で1本1本折るか、あるいは包丁を使って、アスパラガスの根元側3分の1を取り除きます。
    • 通常、3分の1とは長さにして約2.5〜3.8 cmです。
    • アスパラガスの根元側は、通常、特に固く、あまり美味しくありません。
    • 折るべき位置を大まかに把握するには、アスパラガスの根元の方を数回折り曲げてみましょう。固い茎が柔らかくなり始める所が一番簡単に無理なく折れる位置です。この位置ならば、通常は手で折ることができます。
  4. 4
    アスパラガスの根元側のはかま(褐色の三角形の部分)を取り除きましょう。皮むき器を使って、茎の外側の固いはかまや盛り上がった部分をそぎ取ります。
    • この作業は省略しても構いませんが、この作業を行うとアスパラガスの仕上がりが美しく見えます。また、太いアスパラガスを使う場合には、できればこの作業を行った方が良いでしょう。
    • はかまや盛り上がった部分をそぎ取るのは、根元側5cmだけで構いません。

2
電子レンジで歯ごたえを残して調理する

  1. 1
    4枚のキッチンペーパーを水で濡らしましょう。キッチンペーパーの上に、水60mlを霧吹きで吹きかけるか、手でかけます。濡らしたキッチンペーパーを優しく絞り、余分な水気を取り除きましょう。
    • キッチンペーパーは湿らせるだけで十分です。水が滴り落ちるほど濡らす必要はありません。
  2. 2
    キッチンペーパーを1列に並べましょう。湿ったキッチンペーパーを調理台の上に置き、端が隣のキッチンペーパーと重なるように横1列に並べます。
    • ロール式のキッチンペーパーを使うと、初めから各キッチンペーパーがミシン目でつながっているため理想的です。1枚ずつ分かれたキッチンペーパーを使う場合は、端を約2.5cmずつ重ねて並べましょう。重ねないと、後でアスパラガスを巻く時にうまく行きません。
  3. 3
    アスパラガスをキッチンペーパーの上に乗せましょう。下準備をしたアスパラガスを、キッチンペーパーの上に揃えて並べます。好みに応じて塩をふります。
    • アスパラガスは、キッチンペーパーの短い方の端と平行になるように置きましょう。繋げたキッチンペーパーの横方向の中央にアスパラガスを並べ、穂先や根元側がキッチンペーパーから飛び出ないようにします。
  4. 4
    アスパラガスを乗せたキッチンペーパーを巻きましょう。アスパラガスをキッチンペーパーで丁寧に包み、端まで巻きます。
    • キッチンペーパーでアスパラガスをきっちりと巻き、キッチンペーパーの外にアスパラガスが飛び出ないようにしましょう。
    • キッチンペーパーの端が上下に余る場合は、裏側に折り込みましょう。余らない場合はそのままで構いません。
  5. 5
    包んだアスパラガスを電子レンジで3〜4分加熱しましょう。包んだアスパラガスを最大出力で電子レンジにかけ、歯ごたえが残る程度に柔らかくします。[2]
    • キッチンペーパーの端が見えている側を下にして、包んだアスパラガスを電子レンジの中に置きましょう。こうすると、キッチンペーパーの端が動かずに、加熱中に包みが開くことがありません。
    • 簡単に説明すると、これはアスパラガスを電子レンジで蒸す方法です。湿ったキッチンペーパーが熱くなると、内側のアスパラガスに水蒸気が送られます。アスパラガスを蒸すと、歯ごたえとより多くの栄養を残すことができます。
  6. 6
    キッチンペーパーを注意深く取り外し、アスパラガスを皿に乗せてテーブルに出しましょう。トングを使ってアスパラガスに巻かれたキッチンペーパーを広げ、取り外します。すぐにアスパラガスを皿に乗せ、テーブルに出しましょう。
    • 巻かれたキッチンペーパーを広げる時には注意しましょう。加熱中に水蒸気が発生しているため、キッチンペーパーを広げると内側から大量の水蒸気が出てくる可能性があります。トングを使えば手を火傷する心配はありませんが、顔を火傷することもあるため、アスパラガスの包みから顔を離しておきましょう。
    • 好みに応じて、皿に乗せたアスパラガスにバターまたはガーリックバターを少量垂らしてからテーブルに出しても良いでしょう。

3
電子レンジで柔らかく調理する

  1. 1
    電子レンジ対応の皿にアスパラガスを乗せましょう。電子レンジ対応の皿にアスパラガスを並べましょう。可能であれば穂先を皿の中央に向けて並べます。
    • 穂先はアスパラガスの比較的柔らかい部分なので、固い茎よりも早く火が通ります。このため、アスパラガスを加熱しすぎた場合にグニャッとなりやすいのも穂先の部分です。
    • 電子レンジの中央部分は外側よりも温度が低いため、穂先を皿の中心に向けると加熱しすぎる失敗を防ぎやすくなります。
    • ただし、長方形の皿を使う場合は穂先を皿の中心に向けず、揃えて並べるだけにしましょう。この方法でも問題なく調理できます。
  2. 2
    水、オレンジジュース、白ワインのいずれかを加えましょう。加える分量はわずか60mlです。好みに応じて、塩をふっても構いません。
    • アスパラガスの味をそのまま引き立てたい場合、または、加熱した後でアスパラガスに味付けをしたりドレッシングであえたりする場合は、水を使いましょう。
    • アスパラガスの加熱中に手軽に味付けをしたい場合は、オレンジジュース[3]または白ワイン[4]を使いましょう。
  3. 3
    電子レンジで4〜7分加熱しましょう。皿を覆い、アスパラガスが柔らかくなるまで最大出力で電子レンジにかけます。
    • 皿に電子レンジ対応の蓋が付いている場合は、その蓋を使いましょう。ただし、蓋に弁がある場合は皿に取り付ける前に開けておき、蓋に弁がない場合は少しずらして蓋を乗せるようにしましょう。皿の内側に蒸気がこもりすぎて圧力が高くなることを防ぐためです。
    • アスパラガスを丸ごと電子レンジで加熱する代わりに、切ったアスパラガスやアスパラガスの先端のみを加熱する場合は、最大出力で3〜5分だけ加熱しましょう。
    • 加熱時間の半分が経過した時点でアスパラガスをわずかにずらすと、均等に熱が通りやすくなります。
  4. 4
    アスパラガスが熱いうちにテーブルに出しましょう。皿に乗せたアスパラガスを5分間そのままにしておき、取り皿に移してからテーブルに出します。
    • 皿から覆いを取り除く時には気をつけましょう。加熱中に大量の水蒸気が内側にこもっており、手や顔を近づけすぎると火傷する恐れがあります。
    • 好みに応じて、アスパラガスに少量のバターまたはガーリックバターを加えてからテーブルに出しても良いでしょう。アスパラガスを丁寧にバターまたはガーリックバターにあえて、表面に付けます。

4
ガーリックバタードレッシング(任意)

  1. 1
    バターとにんにくを混ぜましょう。[5]フォークを使い、室温に戻した柔らかいバターに、みじん切りにした生のにんにくを混ぜます。にんにくがバターの中で均等になるまでしっかりと混ぜましょう。
    • バターは柔らかくしておく必要があります。バターが冷たいままだと、にんにくを均等に混ぜ込むことができません。
    • バターを柔らかくするには、調理台に約30分間置いておきます。時間がない場合は、バターを紙に包まれたままの状態で10秒間ほど電子レンジにかけましょう。バターがホイルに包まれている場合は、そのまま加熱することはできません。
    • 生のにんにくが手に入らない場合、または、刻んだにんにくがアスパラガスに混ざるのを避けたい場合は、刻んだにんにくをガーリックパウダー小さじ8分の1で代用しても構いません。
  2. 2
    アスパラガスをテーブルに出す前に、少量のガーリックバターを加えましょう。電子レンジで加熱した熱いままのアスパラガスに、ガーリックバターおよそ大さじ1を丁寧にあえ、バターを溶かして表面に付けます。
    • 加熱しながらアスパラガスに味を付けたい場合は、上記の電子レンジで柔らかく調理する方法に従い、皿に乗せたアスパラガスを覆い加熱する前の塩を加える段階で、ガーリックバター大さじ1を加えます。
    • 残ったバターは、密封容器に入れて冷蔵庫で保存すれば3日間持ちます。

必要なもの

アスパラガス

  • 乾いたキッチンペーパー
  • 皮むき器
  • キッチンペーパー4枚または電子レンジ対応の皿
  • トング

ガーリックバター

  • ボウル(小)
  • フォーク
  • 密封容器

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 調理法

他言語版:

English: Cook Asparagus in the Microwave, Italiano: Cuocere gli Asparagi nel Microonde, Español: cocinar espárragos en el microondas, Deutsch: Spargeln in der Mikrowelle zubereiten, Русский: приготовить спаржу в микроволновой печи, 中文: 微波芦笋, Français: cuire des asperges au microondes, Nederlands: Groene asperges bereiden in de magnetron, Bahasa Indonesia: Memasak Asparagus di Dalam Microwave, Čeština: Jak uvařit chřest v mikrovlnné troubě, ไทย: ปรุงหน่อไม้ฝรั่งในไมโครเวฟ, हिन्दी: माइक्रोवेव में ऐस्पेरेगस पकायेँ, Tiếng Việt: Chế biến Măng tây bằng Lò vi sóng, 한국어: 전자레인지로 아스파라거스 익히는 방법, العربية: طهي الهليون في الميكروويف

このページは 1,892 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?