アドボン・マノックを作る方法

アドボン・マノック(鶏肉のアドボ)は定番のフィリピン料理です。風味豊かなフィリピンの郷土料理で、何世代にもわたって作られてきました。ご飯にかけて、ジャガイモと一緒に、もしくはそのまま食べることもできます。

材料

  • 握りこぶし大に切り分けた、鶏肉1羽分
  • 醤油60ml
  • 酢240ml
  • 砂糖小さじ1
  • 塩こしょう1つまみ
  • ベイリーフ3枚
  • 水240ml
  • 玉ねぎ1玉(みじん切り)
  • にんにく4片(すりつぶすかみじん切り)
  • 料理油
  • 味付け用の塩こしょう

方法 1 の 2:
コンロで調理する

  1. 1
    中火で油を引いて、にんにくと玉ねぎを炒めましょう。にんにくを先に入れて、薄い茶色になるまで炒めましょう。そして、みじん切りにした玉ねぎを加えて、半透明になるまで炒めましょう。
    • にんにくと玉ねぎを焦がさないように気をつけましょう。木製のスプーンやへらを使って食材を動かしましょう。
  2. 2
    鶏肉を加えて混ぜましょう。鶏肉を全部使う必要はありません。その代わり、好みの鶏肉の部位を使うのもいいでしょう。
  3. 3
    醤油、酢、塩こしょう、砂糖、水、ベイリーフを加えましょう。かき混ぜて全ての食材を混ぜ合わせましょう。[1]
  4. 4
    鶏肉を煮ましょう。全ての食材が煮えはじめたら、弱火にしましょう。[2]
    • 水分が足りないと感じたら、水をさらに加えましょう。
  5. 5
    鶏肉を20分から30分煮込みましょう。フライパンに蓋をし、鶏肉が柔らかくなるまで煮込みましょう。[3]
    • 15分経ったら、鶏肉を煮汁をかけましょう。そして、残りの時間は煮込んだままにしましょう。
    • さっぱりとした鶏肉が好きなら、もう少し長く煮込みましょう。
  6. 6
    出来上がった料理を楽しみましょう。アドボン・マノックはご飯の上に盛りつけて食べたり、あるいはジャガイモやパンと一緒に食べたりもできます。そして、冷たいソーダやフレッシュジュースも用意しましょう。
    広告

方法 2 の 2:
鶏肉をマリネにする

  1. 1
    鶏肉をボウルかタッパーかフライパンに入れましょう。ボウル、タッパー、フライパンは冷蔵庫に入れることになるので、鶏肉を全部入れることができて冷蔵庫に入るサイズのものを選びましょう。
    • 鍋に入れると、後でそのまま加熱できるので便利です。
  2. 2
    醤油、酢、砂糖、にんにく、玉ねぎ、塩こしょう、ベイリーフを加えましょう。そして、鶏肉が完全にソースに絡まるように混ぜましょう。[4]
  3. 3
    ラップをして、容器を冷蔵庫に入れましょう。一晩マリネするのが最もよいでしょう。[5]
    • その日のうちにアドボを作りたいのなら、マリネする時間が2〜3時間でも構いません。もっとも、風味豊かにするには一晩マリネできれば最高です。
  4. 4
    マリネした鶏肉を調理しましょう。マリネした鶏肉をフライパンやコンロに移して、中火で調理しましょう。水を加えましょう。
  5. 5
    鶏肉を煮ましょう。全ての材料が煮えはじめたら、弱火にします。
    • 水分が足りないと感じたら、水をさらに加えましょう。
  6. 6
    鶏肉を20分から30分煮込みましょう。フライパンに蓋をして、鶏肉が柔らかくなるまで煮込みましょう。[6]
    • 15分経ったら、鶏肉に煮汁をかけましょう。そして、残りの時間は煮込んだままにしましょう。
    • さっぱりとした鶏肉が好きなら、もう少し長く煮込みましょう。
  7. 7
    出来上がった料理を楽しみましょう。アドボン・マノックはご飯の上に盛りつけて食べたり、あるいはジャガイモやパンと一緒に食べたりすることができます。そして、冷たいソーダやフレッシュジュースも用意しましょう。
    広告

ポイント

  • いろいろな風味を楽しむために、様々なスパイスをアドボに加えてみましょう。

広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む14人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: レシピ
このページは 161 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告