大きく、無邪気なアニメ風の目はサブカルチャー好きの人々の間で人気があります。カラーコンタクトを使うのも一つの方法ですが、値段が張るうえに、目を傷めないように必ず眼科医の指示を受けなければなりません。しかし、メイクを入念に施すだけでもアニメ風の目を手に入れることはできます。まずはテクニックをマスターし、憧れのルックスを目指して様々な化粧品とスタイルを試してみましょう。

方法 1 の 2:
メイクで目を大きく見せる

  1. 1
    コンシーラーとファンデーションを塗る 目の下の隈を隠し、メイクの下地となる均一な肌を作るために、コンシーラーとファンデーションを塗ります。自分の肌色より明るめのファンデーションを選びましょう。
  2. 2
    アイプライマーを重ねる 目の周りをアイプライマーでカバーし、メイクの乗りと持ちを良くさせましょう。眉毛の真下まで、まんべんなくアイプライマーを叩くように乗せます。この時、眉毛に直接塗らないよう注意しましょう。
  3. 3
    アイシャドウを使う 目の周りにアイシャドウをブラシで乗せます。何色でも構いませんが、アニメ風の女の子の目をかわいく引き立てるには、柔らかく、明るいアイシャドウが最適です。淡い色を使う場合は、その上にほんのりとしたブラウン系の色を馴染ませ、後で使う白いアイライナーとのコントラストを出しましょう。
  4. 4
    目元用シマーパウダーで目立たせる(お好みで) キラキラ光る効果を出すために、目元用シマーパウダーを目頭の周りに付けましょう。派手な仕上がりが嫌いな方やシマーパウダーを持っていない方は、この行程は省いても構いません。
  5. 5
    淡い色で目頭の輪郭を描く 白か淡い色のアイライナーを使って目頭部分の涙管近くを通るV字を描きます。この線を両目のインライン上に細く伸ばしていきますが、まぶたの3分の1を超えないようにしましょう。淡い色のアイラインは目が大きく見える錯覚を引き起こすだけでなく、目頭を強調することで両目の間隔がぐっと近づいて見えます。
    • まぶたのインラインとは、両目を閉じたときにもう片方のまぶたに触れる、まつ毛のない部分です。
    • 「大きな目」を作るための専用製品を取り扱う化粧品メーカーもあります。
    • ペンシルタイプとリキッドタイプのどちらを使っても構いません。
  6. 6
    濃い色のアイライナーで長い輪郭を描く 上下まぶたのインラインには、黒か濃い色のアイライナーを使いましょう。こうすることで両目に強い印象が生まれます。この時、白いアイラインを入れた部分は避けるか、慎重に輪郭を入れましょう。目尻側は、インラインを1、2cm超えるところまでアイラインを引き、目を少し大きく見せます。お好みで、端に小さな翼を描くのも良いでしょう。そうすると目が一層大きく、魅力的になりますが、あまり大きく描くと重々しく、目が閉じているような印象になってしまいます。これはアニメ風のスタイルには合いません。
    • 目を閉じたときに自然にできる線をさらに引き延ばすように描くと、ナチュラルな仕上がりが得られます。
    • くすんだ色のアイライナーは、目が小さく見えるので避けましょう。
  7. 7
    黒いマスカラを塗る たっぷりとした長いまつ毛にするために、「ボリューム&ロング」タイプのマスカラを使います。アニメではまつ毛は大抵、内側よりも外側の方が厚めに描かれるため、その点を意識しましょう。マスカラの塗り方には主に2つの方法があり、それぞれに仕上がりが異なります。以下のどちらかの方法で行いますが、いずれの場合も最初に塗ったマスカラが完全に乾いてから塗り重ねるようにしましょう。
    • 大胆で印象的な雰囲気を作るために、まつ毛全体に数回、厚く塗りましょう。この方法はダマになりやすいマスカラには不向きです。
    • まつ毛の外側、まん中、内側部分の3つに分けて、マスカラをひと塗りしましょう。求める効果が得られるまで、これを何度も繰り返します。
  8. 8
    つけまつ毛をつける(お好みで) ここまでの手順でまだ見た目に満足できない場合は、つけまつ毛を試してみましょう。ショートタイプを使っても、完全な長さのつけまつ毛を短く切って付けても構いません。普段よりもやや奥、インラインの端に沿わせるかインライン上に付けて目を大きく見せます。お好みで、下まつ毛を付けても良いでしょう。
    • つけまつ毛を使いたくない場合は、自分のまつ毛をカールさせることで同じような効果が得られますが、印象は薄くなります。
    • アニメキャラクターのまつ毛は、大抵まばらになっています。全体にムラなく乗せるのではなく、2~4mm間隔で付けると良いでしょう。
    広告

方法 2 の 2:
その他の方法でアニメ顔を手に入れる

  1. 1
    コンタクトレンズを使う 黒目を大きく見せるための「サークルレンズ」を着ければ、メイクを施しただけの目元よりもずっと印象的になります。瞳の色を変えられる「カラーコンタクトレンズ」ならば、なお効果的です。ただし、初めに必ず眼科医による視力検査を受け、信頼できる販売元から購入しましょう。品質の悪いものや目にきちんと合っていないものは、目に重大なダメージを与えかねません。
    • 特に力強い印象を持たせたい場合は、眼球の見えている部分をすっぽり覆う「スクレラレンズ(全眼レンズ)」を試してみましょう。
    • コンタクトレンズは必ず、マスカラを付ける前に装着しましょう。
  2. 2
    明るい色の口紅かグロスを使う 濃く、厚い口紅は唇をたっぷりと大きく見せるため、目の印象が薄くなってしまいます。口紅とアイメイクを強調しすぎると、どのような顔のタイプでも大抵はしつこく、ごちゃごちゃとした印象になりがちです。明るいピンクの口紅か透明のグロスにしてみましょう。
    • ただし、唇の一番高い部分がくっきりと出ているキャラクターを真似る場合は、ハート型の輪郭をしっかりと描いて唇を強調しても良いでしょう。
  3. 3
    ピンクのチークを入れる 女の子のアニメキャラクターがもつ無邪気なルックスは、頬骨に明るいピンクのチークを乗せると強調できます。アニメ特有のルックスを得るために、片方の頬骨から鼻を通して反対側の頬骨へとブラシを走らせます。
  4. 4
    色付きのアイライナーでルックスを変える 鮮やかな紫、青、緑、その他のアイライナーを使うと、非現実的なルックスを得ることができます。サイバーパンク・アニメなどの特殊なスタイルを真似する場合は、黒いアイライナーの代わりにこれらの色を使っても良いでしょう。
  5. 5
    偽の眉毛を描く 細く吊り上がった眉を大胆に描くと、自然な眉よりも一層アニメ風に見えます。お好みで、変わった色を使っても良いでしょう。
    • 自前の眉毛にスティックのりを塗ると眉の毛羽立ちが目立たなくなり、偽の眉毛がさらに映えます。
  6. 6
    スプーンで目を引き締める スプーン2本を冷蔵庫で20~30分冷やします。スプーンの背をまぶたに当てて、スプーンが温かくなるまで待ちます。そうすると目の周りの肌が引き締まり、一時的に目が大きくなったように見えます。
    広告

ポイント

  • 少し大げさでふざけた雰囲気を出すには、実際の目よりも大きく輪郭を取りましょう。そして頬骨のすぐ上辺りに偽のまつ毛を付け、その位置に淡い色のアイライナーで目のアンダーラインを描きます。あるいは白と黒のアイライナーを使って、閉じたまぶたに瞳と白目を描くこともできます。偽物の瞳に白く輝く点を描き入れましょう。
  • あまり作り込み過ぎないように注意しましょう。滑稽なルックスになり、笑い者になるかもしれません。
  • 普段、日本語を話さないのなら「~です」「可愛い~○○さん!」「すごーい」などの言葉はあまり使わないようにしましょう。単なる日本かぶれだと思われるかもしれません。

広告

注意事項

  • 瞳を広げると称する製品は絶対に使ってはいけません。深刻なダメージを与える可能性があります。
  • 目と肌を健康に保つために、寝る前にはメイクを落としましょう。
  • 処方箋のないコンタクトレンズを購入する前には、必ず眼科医の診断を受けましょう。目が深刻なダメージを受けるかもしれません。
  • 大きな目を手に入れたからと言って、実際にアニメのキャラクターや日本の女子高生になれるわけではありません。現実をしっかりと見つめましょう。
広告

関連記事

How to

目の形を判断する

How to

キスマークを偽造する

How to

眉毛にスリットを入れる

How to

肌のアンダートーンを見極める

How to

片方の眉を上げる

How to

自然な赤みのある唇にする

How to

眼鏡を調整する

How to

血管を浮き上がらせる

How to

ビューラーを使わずにまつ毛をカールさせる

How to

アイラインをきれいに落とす

How to

ローズウォーターを作る

How to

目の色を自然に変える

How to

鼻を細く見せる

How to

フォアダイスを除去する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む37人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,287回アクセスされました。
カテゴリ: メイク
このページは 1,287 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告