アブラムシを駆除する方法

共同執筆者 Lauren Kurtz, 園芸家

この記事には:アブラムシを特定する手でアブラムシを取り除く忌避剤や殺虫剤を使用するアブラムシを予防する28 出典

アブラムシを発見すると不快ですが、安全な駆除方法で継続的に対処すると比較的簡単にアブラムシを抑制することができます。アブラムシは柔らかい体をしていて、口針を突き刺して植物の汁を吸い取ります。数が少ない場合は手で取り除いて、部分的に剪定したり、自家製のオーガニック忌避スプレーを使用するとより効果的です。アブラムシがいなくなったら、益虫の助けを借りたりアブラムシが嫌う植物を植えて、庭に再び戻ってこないよう抑制しましょう。

1
アブラムシを特定する

  1. 1
    アブラムシの外観を知る アブラムシは小さく丸い体に長い触覚、そしてお尻の両側に2本の細長管を持っています。種類によって白、黒、灰色、緑、黄色、ピンク色のもの、近くで見ると綿のような微毛で覆われたものもいます。[1]
    • アブラムシには飛行するタイプと羽のないタイプがいて、管理するのが厄介です。一部の種類は食べ物がなくなってくると羽が発達し、他の栄養豊富な土地に飛んで移動します。[2]
    • アブラムシは世界中で目にする害虫で、ほとんどどんな作物、木、低木、顕花植物にも発生します。
  2. 2
    葉っぱの裏側を調べる 葉っぱを裏返して近くで見てみて、その場で捕まえましょう。小さいですが裸眼で確認することができます。自分の目で確かめることが、アブラムシの発生の一番の証拠になります。[3]
    • アブラムシは果物や野菜の葉の中でも水分の多いものを好みますが、植物なら何でも食べます。
    • アブラムシの数が少なくても、農業やガーデニングに大打撃を与えることがります。
  3. 3
    丸まったり変色した葉に注意する 原因が分からずに元気がなくなった植物は注意して見ておきましょう。食欲旺盛なアブラムシに侵されてしばらくたつと、健康だった植物が弱り病気が蔓延して、植物が元気をなくすことがあります。[4]
    • 明らかな病気の症状と共に、葉っぱの縁や葉脈に小さな噛み跡が見つかることがあります。
    • アブラムシは暑い夏の時期に活動的になる傾向があります。
  4. 4
    蜜を探してアブラムシの餌場を知る アブラムシは健康な植物の汁を吸うと、「甘露」と呼ばれる蜜を分泌します。葉っぱにつるつるした光沢があったり、粘液のようなものが付着していたら、アブラムシがいる可能性が高いでしょう。[5]
    • 蜜の上でカビや菌が増殖すると焦げ茶色や黒色に見えることがあります。[6]
    • アブラムシが付いた植物を定期的にホースの水で流すと、アブラムシだけでなく虫が残した物質も洗い流すことができます。
  5. 5
    植物にこぶができていないか注意する 数週間に1度庭の植物を根から先までチェックしてこぶがないか確認しましょう。こぶは被害のある植物の表面にポツポツと腫れた所や成長異常が現れている箇所で、アブラムシ等の虫が食べたり産卵することによる刺激が原因でよく起こります。[7]
    • コブは大きく変色していて、黒いブツブツやカビの斑点のように見えることがあります。
    • 植物のこぶをそのままにしておくと、より深刻な病気にかかりやすくなります。

2
手でアブラムシを取り除く

  1. 1
    アブラムシの数が少ないときは手で取り除く 植物についたアブラムシはつまんで指で潰しましょう。アブラムシの体は柔らかいため、簡単に押しつぶして殺すことができます。ざっと半ダース以上いる場合は、湿らせたペーパータオルで拭き取ると良いでしょう。[8]
    • 手でアブラムシを取り除くときは、皮膚への刺激を避けるため必ず手袋を着用しましょう。[9]
    • アブラムシは普通群れで移動し餌を食べますが、1、2匹だけ現れることもあります。
  2. 2
    アブラムシが付いた葉にホースで水をかける 水の勢いで頑固な害虫も除去できるでしょう。アブラムシが集まりやすい葉っぱの裏側をめがけて水を当てましょう。アブラムシの数が減少するまで、毎日1、2回水で流しましょう。[10]
    • 植物自体を傷つけたり、水のやりすぎになるような水圧の強い水を使用するのは避けましょう。
    • 健康に根付いた植物の上に発生した小さなコロニーを撃退するには普通のホースの水が一番効果的です。[11]
    • 水やりをしてから次の水やりまでに葉っぱが完全に乾くようにしましょう。葉っぱが濡れていると、胴枯れ病やさび病等、湿気が高いと発生する病気にかかるリスクが高くなります。[12]
  3. 3
    大きなコロニーが付いた植物は切り落とす 大量のアブラムシが密集している箇所は切り落としましょう。切り落とすの部分は、葉っぱや果実だったり茎もしくは枝全体を処理しなければならないこともあります。植物の他の箇所にも付いていないか、見逃しがないように確認しましょう。[13]
    • 虫が付いた植物を部分的に切り落とした後は、水でしっかりと流すか、下記で説明する自家製のアブラムシ忌避剤等を使用しましょう。
    • アブラムシが植物の特定の場所に限られている場合、部分的に剪定するのが最適でしょう。

3
忌避剤や殺虫剤を使用する

  1. 1
    せっけん水を作る スプレーボトルに刺激の少ない液体食器用洗剤10~15mlとぬるま湯半カップ程度を入れてよく振り混ぜ、アブラムシが付いている植物にたっぷりとスプレーしましょう。せっけんに含まれる界面活性剤が、植物に影響を与えることなく最終的に虫を干からびさせます。[14]
    • せっけん水に赤唐辛子を一つまみ加えるとより効果的な忌避剤になるでしょう。[15]
    • スプレーボトルは庭に近いガレージや納屋に置いておき、必要な時にすぐ使えるようにしておくと良いでしょう。
    • この液は益虫も殺してしまうため、植物に使用する時は慎重に使用しましょう。使用するごとに新しく液を作るとスプレーボトルのノズルを詰まらせずにすむでしょう。
  2. 2
    混合エッセンシャルオイルを試す 水を入れたスプレーボトルにローズマリー、クローブ、シーダー、オレンジ、ペパーミントオイルを4~5滴(もしくは自分でオリジナルの混合液を作って)混ぜ、虫が付いた植物の葉から根までスプレーします。アブラムシはエッセンシャルオイルを嫌うため、天然の忌避剤として使用すると虫を殺さずに撃退することができます。[16]
    • エッセンシャルオイルは安全性が高いだけでなく、香りのよい虫よけにもなります。
    • オイルは必ず希釈しましょう。余分なオイルが葉に残ると、その部分が焼けることがあります。オイルはボトルにしみ込むため、この用途に使用するボトルを1本決めましょう。
  3. 3
    ニーム油を購入する ニーム油は植物ベースの合成物で、アブラムシ退治に便利です。純粋なニーム油を購入して、2%の濃度に水で希釈し害虫を見つけたらスプレーしましょう。しつこくかけているとアブラムシが窒息して数時間で死ぬでしょう。[17]
    • ニーム油は大きな園芸用品店で購入できます。毒性がなく空気に触れるとたちまち分解されるため、人間や植物に害を与えません。[18]
    • おまけに、ニーム油はコナカイガラムシ、甲虫、毛虫等の他の一般的な害虫にも効果的です。ただし、害虫と同様に益虫も殺してしまうため、スプレーする際は慎重に行いましょう。
  4. 4
    植物に殺虫ソープをかける ニーム油やその他天然の殺虫剤と同様に、殺虫ソープもアブラムシを窒息させます。アメリカではほとんどの園芸用品店、苗木店、ホームセンター等で購入でき、基本的に調合済みで販売されているため、面倒な調合は不要です(日本では殺虫ソープは馴染みがないですが、自分で作ったせっけん水でも効果があるようです。インターネット等で調べてみると良いでしょう。)。[19]
    • 殺虫ソープは特定の植物に有害なこともあるため、庭に撒く前にラベル表示の使用方法や注意書きをしっかりと読みましょう。[20]
  5. 5
    最終手段として市販の殺虫剤を使用する 上記の全てが効果がなかったり大量発生している場合は、より強力な殺虫剤が必要でしょう。アブラムシへの効果が証明された商品を探しましょう。便利なスプレーボトルタイプから自分で調合して薬液噴霧器で散布するものまで様々なものがあります。[21]
    • 市販の薬品の入った殺虫剤は植物や害虫を食べる益虫までダメにしてしまうことがあります。必ず製品ラベルの使用方法に従い、指示されている以上の使用は避けましょう。
    • アメリカには国立農業環境情報サービス(ATTRA)というサービスがあり、農業従事者や園芸家のためにリスクの低い殺虫剤のデータベースを作成しています。対象の植物は多岐にわたっています。[22]

4
アブラムシを予防する

  1. 1
    庭に益虫を取り入れる てんとう虫、ハナアブ、クサカゲロウはアブラムシを捕食する数少ない昆虫です。戦略として庭に放すとより有害な害虫の数が減少し、被害があった場所が元通りになるでしょう。[23]
    • アメリカの大きな園芸用品店では捕食昆虫の卵や幼虫、生きたものまで販売していますが、日本では専門業者からインターネットで購入できるでしょう。
    • てんとう虫やハナアブ自体が害虫になることもあります。虫に虫で対抗する時は、導入する数は少量にして、害虫の種類が変わっただけという事にならないように注意しましょう。
  2. 2
    てんとう虫を引き寄せる植物を選ぶ スイートアリッサム、ひまわり、ノラニンジン、パセリ等の捕食昆虫の好みの植物を導入してみましょう。うまくいけば、わざわざてんとう虫を購入して庭に放し、監視するという面倒なしに、庭にてんとう虫を集めることができるでしょう。[24]
    • 雑草を見つけたらよく考えてから抜きましょう。雑草をそのままにしておくと植物が多様化して、てんとう虫が好むタンポポやシロネ等が育ったりと、良い点もあるでしょう。[25]
    • センサー式スプリンクラー、小さな噴水、バードフィーダー等を設置して、てんとう虫に必要な水源を確保しましょう。虫が昇り降りできて、誤って溺れないように、真ん中に小さな石を置くと良いでしょう。
  3. 3
    忌避剤として芳香植物を使用する 玉ねぎやニンニク等のネギ属、根生姜やオレガノ、セージ等の香りのする植物をアブラムシが集まっている植物の周りに植えましょう。強烈な臭いを虫は不快に感じ、最終的には逃れるために違うところへ移動するでしょう。[26]
    • 即効性を求める場合は、ネギ属の植物を時間をかけて育てるのではなく、カットしたものを庭の周辺に撒きましょう。
  4. 4
    アリのコロニーを駆除する 市販のアリ用殺虫剤で迷惑なアリの群れを駆除して、アリの巣を破壊し再び戻って来ないようにしましょう。アリはアブラムシを餌とする虫を狙います。アリがいる限り、アブラムシの問題が続くでしょう。[27]
    • アリはアブラムシの分泌物を摂取するために、アブラムシを守り世話をすることで知られています。[28]

ポイント

  • 庭を定期的に調べ、いなくなったアブラムシが戻ってきていないか確認しましょう。
  • キンレンカ、キンセンカ、マリーゴールド等の特定の植物は、遠くからでもアブラムシを引き付けます。庭にこういった植物を植える場合は、アブラムシから守りたい植物とは安全な距離を保ちましょう。

注意事項

  • アブラムシの発生に薬品の入った殺虫剤を使用するのは避けましょう。こういった製品はアブラムシだけではなく、天然の捕食者や有益な送粉者までも殺して汚染し、使用する前よりも大きな問題を残すことがあります。

必要なもの

  • 園芸用手袋
  • 剪定ばさみ
  • 水まきホース
  • 刺激の少ない液体洗剤
  • ニーム油または消毒用アルコール(任意)
  • 益虫
  • ネギ属、ハーブ、その他の芳香植物
  • アリ用殺虫スプレー
  • スプレーボトル

出典

  1. https://www.growthis.com/how-to-identify-aphids/
  2. https://www.insectidentification.org/insect-description.asp?identification=Aphids
  3. https://www.almanac.com/pest/aphids
  4. https://www.growthis.com/how-to-identify-aphids/
  5. https://www.almanac.com/pest/aphids
  6. https://entomology.ca.uky.edu/ef103
  7. http://www.mortonarb.org/trees-plants/tree-and-plant-advice/help-pests/plant-galls
  8. https://www.apartmenttherapy.com/organic-pest-control-dealing-w-150021
  9. https://www.bgi-usa.com/pests-diseases/
続きを 表示する… (19)

記事の情報

この記事はLauren Kurtzが共著しています。 ローレン・カーツはコロラド州オーロラに住む自然主義者で、園芸の専門家です。現在はオーロラ市の水保全課で、市民センターにある庭園「Water-Wise Garden」の管理者を務めています。2014年、西ミシガン大学にて環境持続可能性研究の学士号を取得。

カテゴリ: 園芸・ガーデニング

他言語版:

English: Get Rid of Aphids, 中文: 驱除蚜虫, Italiano: Sbarazzarsi degli Afidi delle Piante, Deutsch: Blattläuse bekämpfen, Português: Se Livrar de Pulgões, Español: deshacerte de los pulgones, Русский: избавиться от тли, Français: se débarrasser des pucerons, Bahasa Indonesia: Mengusir Kutu Daun, Nederlands: Bladluizen verwijderen, العربية: مكافحة حشرة المن, Tiếng Việt: Diệt trừ rệp cây

このページは 78 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?