アボカドを食べる方法

この記事には:生のアボカドアボカドスプレッドアボカドディップ(ワカモレ)アボカドスープ7 出典

アボカドには、カリウム、ビタミンE、ルテイン、ベータシトステロール( βシトステロール) 、その他の必須栄養素が豊富に含まれています。アボカドには、目の病気を防ぐ、コレステロールを下げる、血圧を下げる、肌を保湿する、などの効果があると考えられています。[1]アボカドは準備するのも食べるのも簡単なため、様々な調理法で楽しむことができます。下記の調理法は簡単なものばかりですので、是非試してみましょう。

材料

生のアボカドに添えるトッピング

  • シーソルト(海塩)
  • 黒胡椒
  • オリーブオイル
  • バルサミコ酢
  • レモン汁
  • ライム汁
  • パプリカ

アボカドスプレッド

  • アボカド
  • パン、トースト、イングリッシュマフィン、ベーグル、ワッフル
  • きゅうりのスライス
  • キウイのスライス
  • トマトのスライス
  • フェタチーズ
  • ポーチドエッグ
  • 赤唐辛子のフレーク
  • サルサ

アボカドディップ(ワカモレ)

12人前

  • アボカド(大) 6個、ぶつ切り
  • 玉ねぎ 1/2個、みじん切り
  • ニンニク(大) 1片、つぶしておく
  • トマト(小) 1個、角切り
  • モントレー・ジャック・チーズ 180mL、すりおろし
  • グリーンチリ 2本 、角切り
  • 生のパクチー 80mL、みじん切り
  • ライム汁 大さじ3杯(45mL)
  • シーズンドソルト(食塩、ハーブ、香辛料、 香料を混合したもの) 小さじ1杯(5mL)

アボカドスープ

16人前

  • アボカド(中~大) 3個
  • ヘビー・クリーム(乳脂肪分が36%~40%のクリーム) 250mL
  • チキンストック 500mL
  • 塩 小さじ1/2杯(2.5mL)
  • ライム汁 大さじ2杯(30mL)
  • チャイブ、アサツキなど 大さじ2杯(10mL)、みじん切り

ステップ

下拵え:アボカドの皮をむいて切る

  1. 1
    アボカドを半分に切る 片手でアボカドをしっかり持ち、もう片方の手で上から下に向けて実を半分に切ります。[2]
  2. 2
    スプーンで種をすくいだす アボカドの果肉が適度に柔らかければ、大きめの金属ナイフで種の周りを掘るようにして取り出しましょう。
    • 果肉が硬すぎる場合は、ナイフで種を取り出す必要があるかもしれません。アボカドを縦長の状態にして、アボカドの半分に種が残るように切り込みを入れます。種の周りを切って種が十分見える状態にしてから、ナイフを種の下に差し込んで種を取り出します。
    • 種を取り除いたら、処分しましょう。
  3. 3
    (別の種の取り方)種にナイフを刺して取り除く [3] 種の真ん中に、鋭い包丁の根元の角部分(あご部分)を当てます。注意しながらも力強く、包丁の角を揺らしながら種に数ミリ刺しこみます。包丁を優しくひねると、種がはずれて取り出すことができます。
    • この作業をする際には、折りたたんだ布巾でアボカドを持ちましょう。布巾を使うと、万が一包丁が滑った場合でも怪我を防止することができ、アボカドを持つ際に摩擦で持ちやすくなります。
    • 果物ナイフではなく、大きめの包丁を使いましょう。果物ナイフでは十分に力が入らず、種に刺さりにくいでしょう。
  4. 4
    果肉をぶつ切りにして取り出す 小さめのナイフを使い、アボカドの果肉に格子状の切り込みを入れます。さいの目状のアボカドの下にナイフを滑らせ、できるだけ皮の内側の近くまで切ります。
    • どの段階でも、アボカドの皮を切ってはいけません。
  5. 5
    果肉をすくい出す 金属製のスプーンかアイスクリーム・スクープをアボカドの果肉に滑り込ませます。スプーンをひねり、スプーンの端でアボカドをすくうようにして、果肉の一部を取り出します。
    • この時、アボカドの皮を突き破ってはいけません。
  6. 6
    果肉を薄切りにする 鋭いナイフを使い、半分の実をそれぞれ薄切りにします。指で皮をはがし、スライスしたものをひとつずつ優しく取り出しましょう。
    • 皮を完全に切らないようにしましょう。誤って皮の一部を切ってしまっても、薄切りにしたものを取り出すことは可能です。

1
生のアボカド

  1. 1
    好みの方法でアボカドを切る アボカドを生で食べる場合、前述の好みの方法で、果肉を取り出しましょう。
  2. 2
    アボカドをそのまま食べる アボカドそのものは、「スモーキー(燻製)」もしくは「ナッツ」のような風味があります。[4]
    • アボカドは夏が旬のため、夏の時期にを生で食べると特別においしく、最高の風味を味わえるでしょう。
  3. 3
    生のアボカドにシーソルトをかける 最もよく知られている生のアボカドの食べ方のひとつは、アボカドのスライスに塩をひとつまみかけるというものです。塩はアボカドの自然な風味を引き出し、さらに全体の味にわずかに深みを加えます。
    • 塩をかける量が分からない場合は、アボカドひとつにつき、シーソルトを小さじ2杯(10mL)分の量で試してみましょう。
  4. 4
    生のアボカドにオリーブオイル、バルサミコ酢、黒胡椒、塩を振りかける [5]生のアボカドを食べる際にもう少し複雑な味わいを好む場合には、他によく知られている食べ方があります。オリーブオイルとバルサミコ酢を準備しておいたアボカドスライスに軽く振りかけましょう。塩と胡椒を少量振りかけると、味わいがまとまります。
    • まず、アボカドひとつにつき、オリーブオイルとバルサミコ酢を各大さじ1杯(15mL)振りかけます。同じ量のアボカドに、塩を小さじ1杯(5mL)と胡椒を小さじ1/2杯(2.5mL)かけましょう。
  5. 5
    アボカドにレモン汁かライム汁を少量しぼる 柑橘類の汁の酸っぱくて刺激のある特徴は、隠し味としてアボカドの穏やかなスモーキーさに新たな風味を加えます。
    • 好みに応じてレモン汁とライム汁をかけましょう。かける量が分からない場合は、アボカドひとつにつき、大さじ1杯(15mL)をかけてみましょう。
  6. 6
    パプリカパウダーを使って味わいを添える アボカドに少々辛さを加えて味わいたい場合は、パプリカパウダーまたはチリパウダーをひとつまみかけるとおいしくなるでしょう。
    • まずパプリカパウダーを小さじ1/2~1杯(2.5~1mL)かけて味を確かめましょう。

2
アボカドスプレッド

  1. 1
    アボカドの果肉を塗ることができるくらいの柔らかさにつぶす スプーンでアボカドの果肉を皮からすくい出します。ミキシングボウルの中で、フォークを使ってアボカドが柔らかくなるまでつぶしましょう。
  2. 2
    (別のつぶす方法)フードプロセッサーを使う 滑らかなピューレ状のスプレッドを好む場合、フードプロセッサーを低速に設定し、30秒ほどアボカドを混ぜましょう。
    • (長く機械にかけすぎて)アボカドをクリーム状にしてはいけません。機械で混ぜすぎると、つぶした状態のアボカドではなく液体状になってしまう場合があります。
  3. 3
    アボカドスプレッドをパンにのせる アボカドスプレッドは、あらゆる種類の全粒粉パンに塗ると、健康的においしく食べられます。
    • アボカドスプレッドは、普通のパンだけでなく、トースト、ベーグル、ワッフル、イングリッシュマフィンに塗るのもよいでしょう。
  4. 4
    アボカドスプレッドにトッピングを添える アボカドだけの風味では物足りない場合は、スプレッドに少し風味を添えることができます。下記のようなトッピング例があります。
    • きゅうりのスライス
    • キウイのスライス
    • トマトのスライス
    • フェタチーズ
    • ポーチドエッグ
    • 赤唐辛子フレーク
    • サルサ
  5. 5
    マヨネーズの代わりとして、アボカドスプレッドを使う 健康的な調味料を使いたい時には、通常マヨネーズを使うサンドイッチやハンバーガーにたっぷりとアボカドを塗りましょう。アボカドを塗ると特においしくなる食べ物には、次のようなものがあります。
    • ターキー(七面鳥)サンドイッチ
    • クラブサンド
    • 鶏むね肉のサンドイッチ
    • 大豆バーガー

3
アボカドディップ(ワカモレ)[6]

  1. 1
    材料を準備する アボカドは、前述の方法で種を取り除き、皮をむきましょう。玉ねぎ、トマト、チリペッパー、パクチーを小さく刻み、ニンニクは細かくみじん切りにするか、つぶしましょう。
  2. 2
    アボカドをつぶす ポテトマッシャーかフォークでアボカドを粗くつぶします。小さめのかたまりはそのまま残しておきます。
  3. 3
    残りの材料を入れて混ぜる 残りの材料を加え、大きめのミキシングスプーンで全体が均等に混ざるまでかき混ぜましょう。
    • 先に、ニンニク、パクチー、ライム汁、シーズンドソルトを入れて、つぶしたアボカドに完全に混ぜ合わせてから、玉ねぎなどの大きめの塊を加えるのが簡単かもしれません。しかし、材料を入れる順番はそれほど関係ありません。
  4. 4
    トルティーヤチップを添えて食卓に出す ディップはすぐに食卓に出すとよいでしょう。多くの場合、付け合わせにはトルティーヤチップが好まれます。
    • アボカドディップの保存には、食品包装用のラップで直接ディップの表面を覆います。さらにもう1枚のラップでボウルの上部分をぴったりと密封します。ディップは冷蔵庫で数日から1週間ほど保存可能です。

4
アボカドスープ[7]

  1. 1
    アボカドを皮から外す アボカドは、前述の方法で種と皮を取り除きましょう。
    • アボカドスープには、アボカドを先に角切りをしたりスライスするよりも、皮からすくうだけにした方が使いやすいかもしれません。
  2. 2
    ミキサーにアボカド、クリーム、スープストック、塩、ライム汁を入れる 一般的なミキサーまたは大容量のフードプロセッサーで材料が滑らかになるまで一緒に混ぜます。
    • スピードを中速に設定して1~2分間混ぜましょう。さらに必要であれば、続けてかき混ぜましょう。
    • 菜食主義者向けのものを好む場合、こってりとした生クリームの代わりにココナッツミルクまたは柔らかめの豆腐を使い、チキンストックの代わりに野菜ストックまたは水を使いましょう。
  3. 3
    好みに応じて塩かライム汁を加える アボカドスープの味見をしてみましょう。風味が強い方が好みであれば、塩かライム汁をさらに加えましょう。
    • 一度に加える塩の量は小さじ1/4杯(1.25mL)にしましょう。
    • 一度に加えるライム汁の量は小さじ1~2杯(5~10mL)にしましょう。
  4. 4
    30~60分間冷やす スープを蓋付きのボウルかお皿に移し替えましょう。ボウルを覆い、スープが冷えるまで冷蔵庫で保存します。
  5. 5
    食卓に出す前に、刻んだニラをスープに添える エスプレッソカップ、デザート用のお皿、その他の小さめの器にスープを注ぎ、刻んだチャイブ(またはアサツキ)を振りかけます。冷たいまま食卓に出しましょう。

ポイント

  • ハス種は最もクリーミーな品種のひとつで、アボカドスプレッドやディップ、つぶしたアボカドを使うレシピに適しています。他の品種は硬めであるため、スライスか大きめのぶつ切りで食べるのに適しています。
  • よいアボカドを選ぶには、軽く押さえた時にへこむものを探しましょう。果実に適度な重さがあり、傷がないものがよいでしょう。

必要な物

  • まな板
  • 鋭い包丁
  • 小さめのディナーナイフ
  • 金属製のスプーン
  • ミキシングボウル
  • フォークまたはポテトマッシャー
  • フードプロセッサーまたはミキサー

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む22人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 野菜と果物

他言語版:

English: Eat an Avocado, Italiano: Mangiare un Avocado, Deutsch: Avocado essen, Português: Comer Abacate, Español: comer aguacate, Français: manger un avocat, 中文: 食用牛油果, Русский: есть авокадо, Bahasa Indonesia: Memakan Alpukat, Nederlands: Een avocado eten, Čeština: Jak jíst avokádo, العربية: أكل الأفوكادو, Tiếng Việt: Ăn quả bơ, ไทย: รับประทานอโวคาโด

このページは 167 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?