アルコール依存症で疲弊した肝臓を癒す方法

共同執筆者 Chris M. Matsko, MD

この記事には:症状を認識し、専門家の助けを求める栄養失調を治療し、肝再生を促進する肝炎を薬物療法で治す24 出典

酒量の多い人の約3人に1人が肝臓障害を起こします。[1] 肝臓がアルコールを分解するプロセスで、肝臓に損傷を与える物質が生成されますが、このプロセスが途切れることなく続くと、最終的には肝硬変に至ります。まだ、肝硬変を発症していないのであれば、酒を断ち栄養不良を改善すれば、治る可能性があります。わずか数か月間で、回復に向けて大きく前進する人もたくさんいます。[2][3]

パート 1
症状を認識し、専門家の助けを求める

  1. 1
    初期段階で起こる一般的な症状を認識する 初期段階では症状がないかもしれませんが、病気が進行するにつれ症状は悪化します。症状には以下のものが含まれます。 [4][5]
    • 腹部不快感
    • 空腹がおこらない
    • 吐き気または下痢
    • 疲れ
  2. 2
    肝障害の進行を示唆する症状がないかを確認する 以下の症状がある場合は、飲酒をやめ、医師に相談し、損傷の改善に努めることが重要です。[6][7]
    • 黄疸、または、皮膚と目に見られる異常黄色
    • 足や腹部に起こる体液滞留
    • かゆみ
    • 体重の減少
    • 脱毛
    • 内部出血が原因の吐血や血便
    • 性格の変化、記憶障害、不眠症
    • 足・脚全体に起こるしびれ
    • 腹部膨脹
    • メレナ(黒のまたはタール状の便)
    • 吐血
    • 疲労
  3. 3
    禁酒する 酒を断たなければ肝臓は回復しません。医師に相談すれば、自分に合った禁酒計画を一緒に立ててくれるでしょう。禁酒を成功させる方法には次のものがあります。[8]
    • バクロフェンなどの薬剤
    • カウンセリング
    • 断酒会などの自助グループ
    • 外来患者治療プログラム
    • 居住型の療養プログラム

パート 2
栄養失調を治療し、肝再生を促進する

  1. 1
    食事療法士または栄養士に相談する 専門家は、患者の病歴やアレルギーを考慮して、健康改善のための計画作りを手伝ってくれます。
    • かなり深刻な栄養失調状態なら、チューブを使って特別な流動食を摂らなければならないでしょう。
  2. 2
    高エネルギー食をとる 肝臓障害があると、体が効率よくエネルギーを確保できないかもしれません。そういう場合は、栄養を多めに摂り不足分を補いましょう。[9]
    • 少な目の食事を5回から6回とり、健康的なスナックもとると効果的でしょう。
    • 単炭水化物や複合糖質の摂取量を増やしましょう。単炭水化物は果物から、複合糖質は全粒粉のパン、ジャガイモ、トウモロコシ、エンドウ豆、パースニップ、レンズ豆、豆、ナッツなどから摂れます。[10]
    • 脂肪を適量取ることで、炭水化物の摂取量が補え、エネルギー補給もできます。[11]
    • 飲酒しているにも拘らず体重が減ったとしたら、体が必要な栄養を取るために、筋肉を構成する細胞組織を分解し始めた疑いがあります。
  3. 3
    医師か栄養士に相談して、タンパク質の摂取量を決める 肝臓障害の程度によって、医師が推奨するタンパク質の摂取量は変わります。
    • エネルギー補給のために、タンパク質の摂取量を増やすことを推奨する専門機関もあります。[12]
    • 他の情報筋によれば、損傷を受けた肝臓はタンパク質を処理することができないので、毒素が蓄積される可能性があるとのことです。その場合はタンパク質の摂取量を減らしましょう。[13]
  4. 4
    ビタミンやミネラルをサプリで摂る 特に重要なのはビタミンBですが、ビタミンK、リン酸塩、マグネシウムも摂るようにしましょう。[14]
    • ビタミンBは、体が食べた物を分解しエネルギーに変えるのに必要です。チアミン、葉酸、ピリドキシンで、ビタミンBを補うことが出来ます。
    • 魚、鶏肉、ターキー、肉、卵、乳製品、豆、えんどう豆、緑の葉野菜には、ビタミンBが含まれます。[15]
    • 食事からビタミンを十分に摂っていない場合は、医師または栄養士からビタミンをサプリで摂るようにアドバイスされるでしょう。サプリの摂取量を増やす場合は、必ず事前に医療専門家に相談しましょう。ハーブ療法を始める場合も、肝臓に負担がかからないかを専門家に確認しましょう。
  5. 5
    ナトリウムの摂取量を1日1,500 mg、または、それ以下に減らす ナトリウム摂取量を減らすと、体液が脚、腹部、肝臓に蓄積するのを防ぎます。[16]
    • 塩分を控えましょう。
    • 高度な加工食品、包装済みの食品は控えましょう。ナトリウムが大量に使われています。
  6. 6
    水をたくさん飲んで毒素を体から流し出す 摂るべき水分量は体の大きさ、活動レベル、また住居環境により異なりますが、最低でも1日に240ミリリットルのコップに8杯の水を飲みましょう。
    • トイレが遠い、または、尿が濁っているか、色が濃いようなら、おそらく水分不足です。[17]
  7. 7
    適度に運動して食欲を増す 運動は、身体面、感情面の健康改善に役立ちます。
    • どれくらいの運動が適しているかを医師に相談しましょう。

パート 3
肝炎を薬物療法で治す

  1. 1
    医師が承認した薬のみを飲む ハーブ療法、サプリ、市販薬についても医師の承認を得ましょう。医師は、肝臓がそれらの薬を処理できるかどうかを判断してくれます。[18][19][20]
    • 肝臓に害のある薬物療法やハーブ療法がたくさんあります。害を与える薬物療法の例として、アスピリン、金不換、麻黄、ジャーマンダー、セイヨウカノコソウ、桑寄生、タツナミソウなどがあります。
    • 禁止薬物を使用してはいけません。肝臓を更に悪化させる可能性があります。
    • 殺菌剤、殺虫剤、エアゾールスプレーなどの有毒化学物質は避けましょう。避けられない場合は、マスクを着用しましょう。
  2. 2
    炎症を軽くする副腎皮質ホルモン(コルチステロイド)の使用については、医師に相談する 肝臓がひどく傷ついている場合は、効果があるかもしれません。[21]
    • 副腎皮質ホルモンは通常、消化管に出血が見られた患者や、腎不全、感染症患者には処方されません。
    • プレドニゾロン(コルチゾールから作製された合成副腎皮質ホルモン製剤)は普通、28日間処方されます。ステロイドの使用中は、医師が血糖値をチェックしなければなりません。
    • およそ5人に2人が、副腎皮質ホルモンを使っても改善を見ません。
  3. 3
    副腎皮質ホルモンが効かない場合は、ペントキシフィリン(血流を改善する血流薬)の使用を考える ただし、この薬の使用を支持する証拠には、賛否両論があります。[22]
    • 医師は、最新の科学的知見から、この薬の是非をアドバイスしてくれるでしょう。
    • ペントキシフィリンは、肝障害を悪化させるサイトカイン(細胞間情報伝達分子)を抑制します。軽度から中程度の肝疾患を有する患者には効果的かもしれません。
    • 副腎皮質ホルモンとペントキシフィリンの両方が、一緒に使われることがあります。
  4. 4
    肝臓の損傷がそれほど酷くない場合は、アナボリックステロイドまたはプロピルチオウラシルを試す ただし、これらの医薬品の使用を支持する科学的証拠があまりないため、使用については議論の余地があります。
    • アナボリックステロイドは、強力なステロイド剤です。
    • プロピルチオウラシルは、もともと甲状腺の薬剤として作られました。
  5. 5
    肝臓移植について医師と話し合う 肝臓の機能が著しく低下している場合は、肝臓移植が必要かもしれません。移植を受けるための条件は以下の通りです。[23][24]
    • 飲酒していない。
    • 手術に耐え得る良好な健康状態にある。
    • 今後一切アルコールを摂取しないことに同意する。
    • 他の治療方法が効かなかった。

注意事項

  • 食事療法を変更する場合、また、市販薬やハーブのサプリを飲む、他の救済策を取る場合は、事前に医師または栄養士に相談しましょう。肝臓が損傷している場合は、講じた対策に肝臓が耐えられるかを確認しましょう。

出典

  1. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/alcoholic-hepatitis/basics/symptoms/con-20026160
  2. http://www.nlm.nih.gov/medlineplus/ency/article/000281.htm
  3. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/alcoholic-hepatitis/basics/treatment/con-20026160
  4. http://www.nlm.nih.gov/medlineplus/ency/article/000281.htm
  5. http://www.nhs.uk/Conditions/Liver_disease_%28alcoholic%29/Pages/Symptoms.aspx
  6. http://www.nlm.nih.gov/medlineplus/ency/article/000281.htm
  7. http://www.nhs.uk/Conditions/Liver_disease_%28alcoholic%29/Pages/Symptoms.aspx
  8. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/alcoholic-hepatitis/basics/treatment/con-20026160
  9. http://www.nhs.uk/Conditions/Liver_disease_%28alcoholic%29/Pages/Treatmentpg.aspx
続きを 表示する… (15)

記事の情報

この記事はChris M. Matsko, MDが共著しています。 マイケル・R・ルイスはテキサス州在住の企業幹部(引退済み)起業家、そして投資アドバイザーです。

カテゴリ: 健康

他言語版:

English: Heal Liver from Alcoholism, Español: curar al hígado de los daños del alcoholismo, Italiano: Curare il Fegato dall’Alcolismo, Português: Curar o Fígado do Alcoolismo, Русский: вылечить печень от алкоголизма, Deutsch: Die Leber von einer Alkoholsucht heilen, Français: traiter un foie endommagé par l'alcoolisme, Bahasa Indonesia: Memulihkan Kerusakan Hati Akibat Kecanduan Alkohol, Nederlands: Alcoholschade aan de lever laten herstellen, 中文: 治愈因酗酒而受损的肝脏

このページは 316 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?