アルファベットで美しい署名を書く方法

署名は手続き上の重要性だけでなく、個性の表現という側面も持ち合わせています。署名の特徴から、その人の態度、性格、社会的地位などが分かることもあります。自分の署名を改善することで仕事で役に立ったり自信が増すかもしれません。理想的な署名がどのようなものかは個人差があるものの、比較的簡単に自分の署名を改善することができます。

パート 1 の 2:
自分の好みに合った署名にする

  1. 1
    現在の自分の署名を観察する 紙を用意して署名を書き、それをよく見てみましょう。どのような点を改善したいと思いますか?変えたい点を認識することで、改善方法を具体的に考えられるようになります。
    • 読みやすさに目を向けてみましょう。本名やイニシャルなど、何が書かれているのか一目で分かるるようになっていますか?
    • 草書体、活字体、あるいは両方を組み合わせるなど、詳しく考えてみましょう。
    • 名前に用いられている個別の文字、中でも特に頭文字に目を向けましょう。見た目を気に入っていますか?名前に用いられている文字の中に気に入らない見た目で書かれているものはありますか?
  2. 2
    署名を調べる 好みの書き方があると、それを参考に自分の署名を変えることができるので便利です。手始めに尊敬する著名人などの署名を検索してみましょう。様々な例をみて着想を得ることができるかもしれません。
    • アーティストとして自分が制作した作品に署名を残す場合は、他のアーティストによる作品を研究してみましょう。また、その時に用いられている道具にも着目しましょう。絵画の場合はペンよりも絵筆による署名が一般的ですが、それぞれの個性が光っているはずです。
    • 歴史上の人物の署名などを見てみましょう。昔のほうが筆跡や書法といったものが重要視されていたので、例えば19世紀から20世紀初頭の人々の美しい手書きが参考になるかもしれません。同様に、歴代大統領や文豪の署名もインターネット上で簡単に検索することができます。
  3. 3
    自分の好みを把握する 凝った草書体に惹かれているのであれば、古風な書法を調べてみると良い着想が得られるかもしれません。あるいは、角度がついていたり、少し荒い印象を与える字体が気に入ることもあります。フォントのデータベースを検索してみたり、カリグラフィーの入門書を図書館から借りて目を通してみると、好みのスタイルが見つかるでしょう。
    • 気に入ったフォントがあれば、印刷するか複写して残しておきましょう。候補が複数出てくることもあるので、それぞれからお気に入りの文字を選びましょう。
  4. 4
    大文字を書く 自分の名前の頭文字はアルファベットを用いた署名で最も重要な構成要素となるので、自分をらしさを表しているだけでなく読みやすいものである必要があります。氏名を省略して頭文字だけで署名をする場合もあるでしょう。[1]
    • 輪などを取り入れた装飾文字を試して、好みに合っているか考えましょう。
    • 自分の名前の中で大文字で書く必要のある文字は、満足した見た目になるまで何度も練習しましょう。
  5. 5
    頻繁に練習する 一貫して好みの署名を書けるようになるには、こまめに練習する必要があります。何度も繰り返すことで、書く時のリズムや動き方を手に覚えさせましょう。最終的に、意識しなくても同じ署名が書けるようになるでしょう。
    • 署名をする機会があれば、意識的に新しい署名を使うようにしましょう。
    • メモ帳などで自分の署名を何度も練習しましょう。授業中や打ち合わせ中も普段なら落書きをしてしまう時間を署名の練習に充てましょう。あるいは、家でテレビを見ている時間も練習しましょう。
    • 最終的に、無意識に書けるようになっているでしょう。
  6. 6
    署名をそろえる 署名は重要な本人確認の手段です。新しい署名を用いるのであれば、クレジットカードの裏側の署名もそれに合わせ、書類や領収書などにも一貫して同じ署名を用いるようにしましょう。第三者が署名を見比べた時に大きな違いがないようにしましょう。
    広告

パート 2 の 2:
正しい印象を与える

  1. 1
    大きさを決める 署名の大きさによって、醸し出される自信も変わってきます。周辺の文字よりも大きく書かれた署名からは、その人の強い自信を感じ取ることができますが、同時に虚勢を張っていたり、厚かましい人間という印象を与える可能性もあります。周辺の文字よりも小さく書かれている署名からは自発性が感じられる一方で、自信がない人という印象を与えるかもしれません。[2]
    • まずは中くらいの大きさで署名するようにしましょう。調和がとれ、謙虚な印象を醸し出します。
  2. 2
    読みやすさを確認する 識別不可能な署名を書く人は、時間がないことを言い訳にする傾向がありますが、それとほとんど変わらない時間で読みやすい署名もできあがります。
    • 識別できず何が書かれているのか分からない署名からは、あえて名乗らなくても皆自分のことを知っているだろう、という態度が感じられます。
    • こうした署名をすると傲慢あるいは不注意という印象を与えてしまうかもしれません。[3]
  3. 3
    頭文字を用いることを検討する フルネームの署名をすると堅苦しくなってしまう場合もあります。ただ、頭文字同士の組み合わせ次第では、好ましくない言葉が出来上がることもあるので注意が必要です。
    • 自分の氏名の頭文字で実在の頭字語が完成する場合は、頭文字の署名は控えましょう。
    • 職場で親しみやすい雰囲気を作りたいと考えているのであれば、苗字をイニシャルのみにして短縮し、名前を見せて署名をしましょう。
    • より実務的で上下関係のはっきりした関係を確立しようとしているのであれば、名前を頭文字のみにして短縮し、苗字を強調した署名を用いましょう。
  4. 4
    署名に含める情報量を決める 署名に含める内容は時と場合で判断するようにしましょう。ほとんどの場合、名前だけでは誰なのかわかりません。有名人であれば苗字を省いて署名をして、それで通ってしまうこともあるかもしれませんが、一般的には賢明な方法ではありません。
    • 例えば、自分の氏名が非常に一般的で、同姓同名の人と混同されてしまう恐れがある場合、可能であればミドルネームを含むと良いでしょう。
    • 手紙などの受取人がよく知っている相手で、親密な内容を送りたいのであれば、苗字は省き名前だけの署名をしましょう。例えば、家族に宛てた手紙はこうした署名でよいでしょう。
    • 目下の人物も参加する、より公的な場では教授、博士といった肩書きを含めましょう。このような署名をすることで、やや馴れ馴れしい相手がいても実務的な雰囲気が生まれやすくなります。
  5. 5
    敬称接尾辞は控え目に用いる 努力をして職業や学術上の地位を取得したのであれば、署名に含めたいと考えてしまうのも無理はありません。ただし、こうした接尾辞は署名の一番最後に添えるようにし、さらに、社交的な場では含めないようにしましょう。[4]
    • 自分の仕事に関わる場ではこうした敬称接尾辞を用いましょう。「公認看護師(RN)」、「医学博士(MD)」あるいは「哲学博士(PhD)」といった言葉は職業資格を持っているということを示します。短期大学や4年制大学の学士号はこのように用いられることはなく、署名にも含めません。こうした学位の取得は履歴書に記載するようにしましょう。
    • 軍の序列と職業、学術上の地位が両方一緒に用いられることは一般的にありません。双方の敬称を持っている人は、軍に関わるもののみを記載するようにしましょう。職業上の敬称のほうが相応しいような雰囲気の場では、軍に関わる敬称は省きましょう。
    • その時の場に考慮して署名の仕方を工夫しましょう。あなたが教授だとしても、その場の参加者全員が同様に博士号保持者であれば、わざわざ敬称を誇示すると失笑を買ってしまうかもしれません。こうした場合は、目下の人に対しては形式的に、同僚に対してはより親しみやすく接すると良いかもしれません。
    広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む83人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: ティーン
このページは 488 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告