PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

胃酸逆流(胃食道逆流症)は胃酸が食道に逆流し、胸部の痛みを引き起こす不快な疾患です。胃酸逆流の原因として喫煙、過食、ストレス、特定の食物などがあります。胃酸が逆流すると不快な症状が起きますが、アロエ果汁を飲むことで、アロエに含まれる抗炎症作用や治癒作用により、痛みの緩和が期待できます。アロエ果汁を日常的に摂取するだけで、数日以内に症状が改善されるでしょう。ただし、アロエを服用する際は必ず医師に相談の上行い、症状の悪化や副作用が生じた場合は、医師の診察を受けましょう。

方法 1
方法 1 の 2:
アロエを摂取する

  1. 1
    アロインやアロエラテックスを含まないアロエベラ果汁を選びましょう。オンライン、薬局、健康食品店などで最良品質のオーガニックアロエ果汁を手に入れましょう。ラベルを見て果汁が外用剤ではなく飲料用であることを確認し、アロイン、アロエラテックス、人工保存料が含まれていないか成分表を確認しましょう。また、果汁が安全なものか、「ラテックスフリー(未含有)」もしくは「アロインフリー(未含有)」などの文字がパッケージに記載されていることを確かめるといいでしょう。[1]
    • アロエ果汁はオンラインや近所の薬局で購入できます。
    • 「全葉(ホールリーフ)」と書かれているものは、アロエラテックスやアロインも含まれている可能性があるため避けましょう。

    注意事項: アロエラテックスおよびアロインは、腎障害やがんを誘発する恐れがあります。たとえ1gのアロエラテックスを毎日摂取するだけでも、命に関わる危険性があります。[2]

  2. 2
    毎日10ml(小さじ2杯)のアロエ果汁を飲みましょう。朝食の約20分前にアロエ果汁を摂取し、毎日続けて症状の軽減を図りましょう。通常数日以内に症状の改善が見られますが、効果が出るまでに最大2週間かかる場合もあります。[3]
    • アロエ果汁には苦味があります。苦味を抑えたい場合は、コップ1杯の水で薄めて飲みましょう。
    • 開封後は冷蔵庫で保管しましょう。2週間以内に使用し、残りは廃棄しましょう。[4]
  3. 3
    胃けいれんや下痢が生じた場合は、アロエの服用を中止しましょう。症状の出ない人もいますが、これらはアロエの副作用になります。胃のむかつきや原因不明の下痢を認めた場合、アロエの服用を数日間中断し様子をみましょう。症状が改善された場合はアロエが原因だったと言えますが、改善されない場合は、医療機関を受診しましょう。[5]
    • アロエは下剤作用があるため、1日1回以上服用しないよう注意が必要です。
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
医療機関を受診するタイミング

  1. 1
    2週間経っても症状が改善しない場合は、医療機関を受診しましょう。医師は自覚症状と既往歴を評価して診断を下します。深刻な疾患が疑われる場合は、診断検査を行うこともあります。また、胃酸逆流症に伴い以下の症状がある場合も、医師の診察を受けましょう。[6]
    • 持続的な吐き気または嘔吐
    • 嚥下痛
    • 食欲不振による体重減少
  2. 2
    妊娠中に胃食道逆流症が起きた場合は、医師に相談しましょう。妊娠中に胃酸逆流が起こることはよくあります。医者に胸焼けの症状や発生頻度を伝えて最適な治療法を選びましょう。また、食生活や生活習慣を振り返り、胃酸逆流を引き起こす原因を探してみましょう。[7]
    • アロエベラを含むすべての治療法を使用する前に、必ず医師に確認しましょう。
  3. 3
    胸の痛みや圧迫感に伴い、腕・顎の痛みがある場合は救急医療を受診しましょう。多くの場合は問題ありませんが、腕や顎の痛みは軽度の心臓発作の兆候である可能性もあります。医師に連絡して症状を説明し、救急医療を受ける必要があるか確認しましょう。[8]
    • このような症状はほかの疾患によっても引き起こされるため、慌てる必要はありません。医師の診察を受け原因を診断してもらい、治療を受けましょう。
  4. 4
    治療薬の処方が可能か医師に相談してみましょう。市販薬または自然療法を試しても効果が見られない場合は、医師が治療薬を処方することがあります。胃食道逆流症には、胃酸の分泌を抑制し、食道の治癒を促すH2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)またはプロトンポンプ阻害薬(PPI)が処方されます。処方薬は医師の指示通りに服用しましょう。[9]
    • H2ブロッカーは市販でも購入できます。市販のH2ブロッカーで効果が得られない場合は、医療機関での処方薬が効果的になるでしょう。
    • 処方薬で起こり得る副作用(栄養素の吸収不良など)について医師に相談し、副作用による健康被害を未然に防ぐ方法のアドバイスを受けましょう。
    • 稀に、噴門形成術と呼ばれる外科的処置が行われることがあります。この手術では、下部食道括約筋を締め、胃酸が逆流するのを防ぐ処置を行います。
  5. 5
    胃食道逆流症(GERD)食事療法について医師に相談しましょう。どの治療法でも十分な効果が得られない場合は、医師が胃食道逆流症の症状改善に効果的な食事療法を勧めることがあります。食事療法では、1度にたくさん食べるのではなく、1日を通して少量の食事を複数回に分けて取るようにします。また、脂肪分が高い食物、辛い食物、揚げ物は制限し、チョコレート、ニンニク、タマネギ、柑橘類、アルコールなども控えます。[10]
    • 食事日記をつけると、胃酸逆流症を引き起こす食品の把握に役立ちます。
    広告

ポイント

広告

注意事項

  • アロエベラは腹痛や下痢を引き起こすことがあります。異常が生じたら服用を中断し、医師に相談しましょう。[12]
  • アロインやアロエラテックスを含む製品は、腎障害またはがんを誘発し、最悪の場合死に至ることもあるため、服用は控えましょう。[13]
広告

このwikiHow記事について

Zora Degrandpre, ND
共著者 ::
自然療法医
この記事の共著者 : Zora Degrandpre, ND. デグランプリ医師はワシントン州バンクーバー在住の自然療法医で、米国国立衛生研究所と米国国立補完代替医療センターにおいて論文査読者も務めています。2007年に国立自然医学大学にて自然療法医師学位を取得。
カテゴリ: 代替医療

医療免責事項

この記事の内容は、医師による指導、診察、診断、治療の代わりになるものではありません。治療の開始、変更、停止などにあたっては、必ずかかりつけ医もしくは資格を持った医療従事者に相談してください。

このページは 574 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告