アンダーヘアを剃る方法

3 パート:剃る準備をする正しく剃る肌トラブルを防ぐ

アンダーヘア(陰毛)のシェービングは男女問わず行う人が増え、人気がありますが、きれいに剃るにはいくつかコツがあります。女性も男性も工程はほぼ変わりません。肌トラブルを防ぎ、きれいに仕上げましょう。

パート 1
剃る準備をする

  1. 1
    剃刀で処理する前にアンダーヘアを短く整えましょう。処理する毛が長すぎると刃先に毛が詰まり、すぐに剃り味が悪くなります。毛をやさしく持ち上げて肌から離し、小さい、切れ味の良いハサミで切って整えていきます。肌を傷つけないよう、できればムダ毛カット用のセーフティハサミを使いましょう。あるいは電動トリマーを使っても良いでしょう。回転式ヘッドのシェーバーは避けてください。毛の長さは0.6cm以下に整えます。
    • 初めてアンダーヘアを処理する場合、毛を短く整えた状態で数日過ごして、毛がない状態に慣れるのも良いでしょう。
    • 手先が不器用な人はデリケートゾーンにはさみを使うのに抵抗があるかもしれません。ハサミでは肌のごく近くに刃を当てることになるので、不安な人は電動トリマーを使いましょう。刃が肌に当たらないようにできていて安全です。
  2. 2
    毛と毛穴を温めて柔らかくしましょう。温かいシャワーや入浴によって、かたいアンダーヘアもかなり剃りやすくなります。余分な工程に思えるかもしれませんが、毛を柔らかくすることでずいぶん処理が楽になります。
    • お風呂に入る時間も惜しいという人は、温かい蒸しタオルを5分程当てて毛を柔らかくしましょう。[1]
    • シェービングの手順として、剃った後の角質のケアに言及することはあっても、剃る前については触れられないことがほとんどでしょう。アンダーヘアの扱いに慣れた経験者ならば、剃った後だけでなく、剃る前の角質ケアも大切だと言うかもしれません。ボディーソープ、スクラブなどで肌の余分な角質をやさしく取り除くと、毛流れが整ってより深く剃れる上、剃刀が引っかかって肌を傷つけるリスクも減る効果があります。時間があれば、剃る工程の前にも角質ケアも取り入れるとよいでしょう。
  3. 3
    シェービング剤を塗って肌トラブルを予防しましょう。無香料のシェービングフォームか、クリーム、ジェルなどを使ってアンダーヘアを覆います。髭用のシェービング剤とアンダーヘア用のシェービング剤では処方が異なるため、専用のものを用意するのがよいでしょう。潤滑剤なしにアンダーヘアを剃るのは危険です。避けましょう。
    • シェービング剤の種類や肌質によってアレルギー反応が出ることがあります。必ずパッチテストを行いましょう。
    • 女性用として売られている商品だから男性は使えない、ということはありません。女性用シェービング剤は一般に男性用より肌にやさしく作られています。逆に、男性用のシェービング剤の多くは香料が含まれていて、これが肌トラブルの原因になることもあります。[2] 男性も恥ずかしがらず女性用の商品を買い求めるか、誰かのものを拝借できるならそれも良いでしょう。

パート 2
正しく剃る

  1. 1
    まだ新しく剃り味の良い剃刀を使います。デザインは問いませんが、刃は複数枚で、潤滑のためのジェルなどがついているようなT字のものを選びます。刃が鋭く、3枚以上ついているものは剃り心地が良いだけでなく、肌を傷つけにくいでしょう。
    • 毎回刃を替えるのでない限り、刃の正しい管理が重要です。アンダーヘア専用の剃刀を用意し、使い終わったらきれいにしておきます。きちんと水気を取って、錆びを防ぎましょう。
  2. 2
    剃る部分の皮膚をピンと張ります。皮膚がたるんでいると肌を傷つける恐れもあります。剃刀を滑らせやすいように、空いている手で皮膚を軽く引っ張って伸ばし、しっかり押さえましょう。
    • へその下の辺りで皮膚を上に引っ張り、シェービング剤を乗せた部分を剃り始めましょう。Vラインの毛を剃る範囲は自由に決めて処理します。気になる部分だけを剃るのでも、全体をツルツルにするのでも、自分次第です。
  3. 3
    ゆっくり、やさしく剃りましょう。毛の生えている方向に沿って剃る順剃りは、肌の炎症や埋没毛の発生しにくい剃り方です。一方、毛の方向に逆らって剃る逆剃りは、順剃りより毛の根元近くから深く剃ることができます。[3] かなりの敏感肌なら、きれいに剃り上げるには倍ほど時間がかかるとしても、順剃りに徹するのが賢明でしょう。
    • きれいな深剃りを目指すなら、毛の生えている方向を横切って剃る方法もあります。下向きに生えていれば、左右に剃刀を引くということです。また、毛の生え方を目で確認するより、触って分かるように慣れると時間短縮できます。
    • 何度も同じところを剃ると剃刀負けの原因になります。剃刀の当てすぎには注意しましょう。
    • アンダーヘアを剃るようになって早いうちは、2日続けてのシェービングは避けましょう。炎症を起こして赤いブツブツや、痒みが出たりすることがあります。肌が刺激に慣れるまで、数日の間隔を空けて行うようにします。
  4. 4
    ともすると忘れられがちなOラインの毛も、もちろん処理の対象になります。アンダーヘアを全て処理するなら、剃り残しのないようにしましょう。
    • 空いている方の手でなぞって剃り残しを確認します。鏡に映してきれいに剃れているように見えても、触ってみると毛が残っているのが分かるかもしれません。
      • デリケートゾーンの毛を全て剃っている場合は特に、性感染症のリスクが高まるということは知っておきましょう。これは主に、剃刀によって細かく傷ついた肌から接触感染する可能性があるためです。HPV感染症、伝染性軟属腫(水イボ)などが代表例として挙げられます。水イボというとそのイメージがないかもしれませんが、性交渉で感染することのある、れっきとした性感染症のひとつです。[4]
  5. 5
    処理の後片付けを忘れずに。自分以外の人と共有の浴室の場合、アンダーヘアを流したあとの排水溝をそのままにしておくと、大変迷惑なだけでなく、自分も恥ずかしい思いをするでしょう。自分の後始末は必ず自分でしましょう。
    • あくまで後片付けのしやすさという観点でいえば、毛の長さを整えるにはトイレ、毛を剃るには浴室が向いているといえます。排水溝、床、タオル類、そして使い終わった剃刀を見て、毛の処理をしたとは分からない状態か確認しましょう。立つ鳥跡を濁さず、です。

パート 3
肌トラブルを防ぐ

  1. 1
    シェービング後の角質ケアで、肌をきれいに保ちましょう。普段使っているボディーソープで、デリケートゾーンをやさしく洗います。肌表面に残っている古い角質を取り除き、清潔にすることで、毛流れを整え、毛穴が覆われて発生する埋没毛や炎症を防ぐ効果があります。せっかく毛の処理をするのですから、肌トラブルなくきれいに仕上げましょう。
    • 角質ケアにシュガースクラブを使うと、赤ちゃんのお尻のごとくスベスベの肌にすることができます。シュガースクラブが手元になければ、重曹のペーストで代用しても同様の効果があります。
    • 女性は性器の粘膜までせっけん等で洗うことのないよう注意します。膣には自浄作用があり、水以外のもので洗浄する必要はありません。雑菌などの侵入を防ぐため、膣内は常に酸性に保たれています。せっけんで洗うと酸度のバランスが崩れ、感染症に対する免疫力低下に繋がります。[5]
  2. 2
    エッグオイルを使うとよいでしょう。エッグオイルには感染症や炎症を防ぐ効果があり、肌の再生を助けます。
    • 1日2回、シェービングをした箇所にエッグオイルを塗りこみます。1週間続けましょう。
    • 次にシャワーを浴びるときまでエッグオイルは洗い流さずにおきます。肌に容易に浸透するため、そのままで問題ありません。
  3. 3
    剃ったアンダーヘアは全てきれいに流し、肌の水分をやさしく拭き取ったら、保湿します。アロエベラのジェルや、ベビーオイル、デリケートゾーン専用の保湿クリームなどを使いましょう。エッグオイルも保湿に有効です。とくに免疫グロブリン含有のエッグオイルは、肌が微細に傷ついたことによる発疹を防ぎます。着色料や香料を含む保湿剤は避けましょう。
    • 保湿剤の種類はなんであれ、無香料であることを確認しましょう。香料は肌トラブルの原因になります。また、男性用アフターシェーブローションは絶対に避けましょう。肌を刺激することにしかなりません。[2]
    • 身近なドラッグストアやスーパーで手に入る、使いやすいものならなんでも問題ありません。ニベアクリーム、ユースキンA、馬油などはよく知られ、手に入りやすい商品です。
    • コンドームを使う予定があるときは注意が必要です。ラテックス製のコンドームはベビーオイルやワセリンといった油分と接触すると劣化し、破れる危険があります。[2]
  4. 4
    ボディパウダーは汗や油分のベタつきを抑え、肌トラブルの予防にも繋がりますが、注意も必要です。性器周辺の特にデリケートな部分にはパウダーを付けないようにしましょう。また、パウダーを付けすぎると毛穴が詰まってニキビの原因になることもあります。
    • 女性器にタルクの使用は厳禁です。タルクはベビーパウダーの主な原料ですが、卵巣がんを引き起こす可能性が指摘されています。 [6] タルクの有害性、特に粘膜に付着した場合の危険性は広く知られています。以前までパウダー付手術用手袋にはタルクのパウダーが使用されていましたが、今では使用されていないほどです。
  5. 5
    ピンセットで仕上げをします。どんなにシェービング経験の豊かな人が上等の剃刀を使ったとしても多少の剃り残しはあるでしょう。毛抜きで処理します。痛みはあるとしても一瞬です。

ポイント

  • 起床後に毛を剃る場合、眠っている間に生じたむくみが落ち着くまで、30分は待ちましょう。[2]
  • アンダーヘアを一部残す場合、Vラインの毛の形を整えると清潔感のある見た目になります。
  • 痒みや発疹があれば、デリケートゾーン用の鎮痒消炎薬や、かぶれ用のクリーム、白色ワセリンなど敏感になっている肌を落ち着けるものを塗りましょう。痒いからといって掻くと症状が悪化します。痒みがひどければ感染症の可能性も考え、医師に相談します。
  • アンダーヘアをどう扱うかは個人の自由です。シェービングは誰かに強いられてすることではありません。
  • アンダーヘアを剃ったあとで、それまでと生え方や生える箇所が多少変化することもあります。
  • 男女に関わらずデリケートゾーンはとても繊細で傷つきやすく、シェービングの刺激に慣れるまで時間がかかるかもしれません。4、5回と繰り返すうちに徐々に肌が慣れてきますが、まったく肌トラブルを起こさずツルツルに仕上がるようになるにはしばらくかかるでしょう。
  • 作りの上等な剃刀のほうが使い捨ての安いものより、深剃りのきれいな仕上がりになるでしょう。他の部位に普段使用しているものとは違う剃刀や異なる種類の替え刃を用意すると良いかもしれません。アンダーヘアの処理に使う剃刀は、顔に使うものや脇に使うものとは区別して、アンダーヘア専用にします。
  • 毎日剃ることはありません。肌トラブルを避けるためにも、数日間隔を空けます。
  • 同じ箇所を違う方向でくりかえし剃ると肌トラブルに繋がります。また、性器周りを剃りすぎると、腫れぼったくなることがあります。
  • 刃物を扱うので、常に注意が必要です。特に肌が乾いた状態でのシェービングは大変危険です。どうしても乾いた状態で剃る場合は、切り傷になりやすいため、気を付けて行いましょう。
  • シェービング剤が性器に入らないように気を付けましょう。粘膜が荒れるなどの恐れがあります。
  • 子どもは自己判断で処理をせず、大人に相談するべきでしょう。

必要なもの

  • ムダ毛処理用のハサミ
  • 新しい剃刀
  • シェービング剤
  • ボディーソープやボディースクラブ
  • アロエベラのジェル、ベビーオイル、スキンローションなど保湿剤
  • 毛抜き
  • タオル

記事の情報

カテゴリ: 個人衛生

他言語版:

English: Shave Your Pubic Hair, Français: raser les poils de votre pubis, Italiano: Radere i Peli Pubici, Español: rasurar el vello púbico, Português: Raspar os Pelos Pubianos, Deutsch: Die Schambehaarung rasieren, Русский: правильно брить волосы в интимной зоне, 中文: 刮阴毛, Nederlands: Je schaamhaar scheren, Čeština: Jak si oholit pubické ochlupení, Bahasa Indonesia: Mencukur Rambut Kemaluan Anda, 한국어: 비키니 왁싱 하기, Tiếng Việt: Cạo lông Vùng kín, हिन्दी: जघन क्षेत्र (pubic area) के बालों को शेव (shave) करें, ไทย: โกนขนบริเวณจุดซ่อนเร้น, العربية: حلاقة شعر العانة, Türkçe: Kasık Kılları Nasıl Tıraş Edilir

このページは 747 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?