劣等感や疎外感を嫉妬や憎しみとして表現してしまう人は少なくありません。こうした感情によって、その場の雰囲気が気まずくなったり、物事が上手くいっていることに後ろめたさを感じてしまうこともあります。否定的な人や嫉妬深い人には真正面から対峙し、様々な戦略を用いることによって相手の負の感情を克服させ、建設的な関係を育んでいけるようになりましょう。

パート 1 の 4:
否定的な人(アンチ)や嫉妬深い人と折り合いをつける

  1. 1
    個人攻撃ととらえない 誰かが自分に対して嫉妬心を抱いているのは、自分に非があるのではなく、すべては嫉妬している人の問題です。自信を持ちましょう。嫉妬している人のために自信を無くしたり、自己嫌悪に陥る必要はありません。[1]
    • これまでやってきたことを続け、他人に影響されたからといって辞めてしまわないようにしましょう。
    • 自分を支持してくれる人に注意を向けましょう。
    • 誰かが自分に嫉妬しているのは、自分には何か長けている要素があるからということを忘れないようにしましょう。
  2. 2
    嫉妬深く憎しみに満ちたコメントは無視する これは実行するのはなかなか難しいことですが、嫉妬している人からの心無いコメントを無視することは、自分にはこのような負の感情を正当化する気はないという意思表示になります。[2]
  3. 3
    日常に存在するアンチに真正面から対処する 無視をすることが有効な選択肢でない場合、直接状況に対応することで、嫉妬心からの緊張関係が軽減されることもあります。会話の場を設け、どうしてこのようなことをするのか正面から対峙しましょう。
    • 「仕事においての人間関係は建設的なものにしたいので、実現するために何か私にできることはありませんか?」
    • 「建設的批判は大変ありがたいと思うけれども、あなたの言葉は辛辣に感じられることがあります」などと話してみましょう。
  4. 4
    不快な気持ちになる交流を減らす 生活環境や交流関係を変えることができるのであれば、負の感情に満ちた人から受ける影響も軽減することができるでしょう。[3]
    • 自分のことを支持してくれている人と付き合うようにしましょう。そうした友人に囲まれ団体で過ごしていれば、アンチが自分に対峙してくる可能性も低くなります。
    • 自分に対して敵意を持った人を見かけた場合、自分から丁寧なあいさつなどをし、立ち去るようにしましょう。
    • 逆にこのような人の友人と仲良くなると、相手が疎外感を感じるかもしれません。
  5. 5
    日頃の習慣を変えて、こうした人と鉢合わせないようにする 歩く際は道を変え、職場のトイレは別の階に行く、あるいはクラスやシフトを変えてスケジュールを変更してみましょう。
  6. 6
    リミットを設ける 嫉妬した人の憂さ晴らしをずっと聞かされるのではないかと心配する必要はありません。しっかりと線引きをし、その人から距離を置きましょう。心のリミットを設け、それ以上長くその人と関わらないようにしましょう。この際、丁寧に断りをいれて会話を切り上げましょう。[4]
    • 例えば「この人と会話をするのは1分」と設定し、「確認しなければいけない案件があるので」と伝えて立ち去りましょう。
    • 否定的なコメントは、例えば3回まで等の上限を設定して、達した時点で会話を切り上げるようにしましょう。
  7. 7
    このような態度は理解に苦しむということをしっかり伝える 失礼な態度をとったり、相手を余計に怒らせることが目的ではない一方で、相手が自分をどのような気持ちにさせているかを伝えることで、態度が変わることもあります。
    • 「私はその話し方は苦手です」
    • 「会話中のあなたの態度は嫌な気分にさせられます。もっと建設的なやり取りをしませんか?」などと話してみましょう。
    広告

パート 2 の 4:
嫉妬を克服させる

  1. 1
    アンチや嫉妬深い人に打ち勝つ 相手がどれだけ否定的だとしても、自分自身は肯定的な態度で接するようにしましょう。もっと良い付き合い方があるのだということを例をもって示しましょう。[5]
    • その人の良い面を褒めましょう。
    • コミュニケーションをとる際は常に優しく接しましょう。
    • その人が嫉妬している技能を改善できるよう、手助けを申し出てみましょう。
    専門家情報
    Nicolette Tura, MA
    Nicolette Tura, MA
    ライフコーチ

    相手に思いやりを示してみましょう。ネガティブな人に対処しなくてはならない場合、深呼吸をして、「多分この人は今日嫌なことがあったんだ」と自分に言い聞かせます。事態が緊迫している最中には難しいかもしれませんが、大抵の場合、ネガティブな人は大変な目にあっているものだと考えると役に立ちます。あえてサンドバッグになる必要はありませんが、自分自身の尊厳を犠牲にすることなく平和的解決法を見つける手助けになるでしょう。

  2. 2
    自身の苦労話などをしてつながりを持つ 世の中には自分一人だけ嫌な経験をしていると感じている人もいます。こうした場合は、これまでに経験した人生の落とし穴などを紹介することで「大変な思いをしているのはあなただけではない」ということを示し、関係を改善できるかもしれません。
    • 失敗談を話してみましょう。
    • 自分が苦労している仕事について話し合ってみましょう。
    • 嫉妬深い相手が自信をつけられるよう、自分に出来ることがないか聞いてみましょう。
  3. 3
    相手の自己向上の手助けをする 嫉妬は劣等感から生じることもあります。嫉妬している人に対して、スキル向上のために自分が家庭教師や指導をする提案をすると、相手の感情も和らぐかもしれません。この際、自分のほうが相手よりも優れているかのような見下した態度に見られないよう、その人の努力を常に支持するよう心がけましょう。[6]
  4. 4
    代替案を示す 誰かが自分の所有しているもの、行っていることに対して嫉妬しているのであれば、別の選択肢も代替案としてあるのだということを示しましょう。常に全員がほしいものを手に入れられるわけではありません。嫉妬している人に対し、創造性に富んだ選択肢を示してみましょう。この際、複数の可能性を提示できると良いでしょう。[7]
  5. 5
    ソーシャルメディア上で炎上しそうなコメントや写真を公開しないようにする ソーシャルメディアの利用をやめる必要はありませんが、他の人が自分をどのように認識するかを考えてみることで、自分の公開する情報が「侮辱している」と受け取られることを防ぎ、嫉妬を生まなくなるでしょう。
    広告

パート 3 の 4:
嫉妬や否定的な態度が何から由来しているのかを理解する

  1. 1
    嫉妬が何かを理解する 本来自分にこそ相応しいものを他の人が所有していると感じる時、嫉妬が生じます。嫉妬している人は何が自分の感情を傷つけているのかを認識するよりも、周囲の人間を責める傾向があります。[8]
  2. 2
    嫉妬の原因を特定する 大半の嫉妬は恐れから生じます。見下されることに対する恐れ、愛されていないという恐れは大きな影響を及ぼします。どのような恐れが嫉妬をあおっているのかを突き止め、その人が感じていることの全体像を把握できるようにしましょう。下記のように様々な事情が嫉妬の元になり得ます。[9]
    • 実在する対象物
    • 個人的な人間関係
    • 職業上の立場
    • 社会的地位
  3. 3
    何が不満なのか直接聞いてみる 自分に対して嫉妬しているような態度をとったり、成功を憎んでいるように振舞っている人がいるのであれば、丁寧になぜなのかを聞いてみましょう。その際、失礼な態度で尋ね、余計に憎まれる理由を増やしてしまわないように気をつける必要はあるものの、単刀直入かつ率直であることが一番です。相手に話させる方法の例として下記のようなアプローチを試してみましょう。
    • 「自分に対する態度が他の人と違うように思うけれど、何か気に障ることをしてしまいましたか?」
    • 「あなたを怒らせるようなことはしてないと思うけれど、何か悩み事でもあるのですか?」
    • 「あなたは素晴らしい人間なので、もし二人の関係に支障をきたしている要因があるのであれば教えて下さいね」
    広告

パート 4 の 4:
嫉妬と批判を区別する

  1. 1
    出どころを考える 誰が自分に対して嫌悪や嫉妬がこもっているように感じられるコメントを発しているのか考えてみましょう。目上の立場の人物、指導者の立場の人物から発せられているコメントなのであれば、その人は相手を打ちのめすのではなく、助けようとしてくれていることが考えられます。
  2. 2
    自分以外の人にどのように接しているのかを観察する 場合によっては、医学的に認識されているような被害妄想にとらわれている人もいます。こうした人は頻繁に嫉妬心を表現しますが、実際の考えとは異なっていることもあります。
  3. 3
    好意的な態度で批判を受け止められるようになる たとえ相手の言葉があまりに無遠慮で失礼だと思っていても、建設的批判として受け止めることもできます。進言を受け入れ、これからのものの見方を前向きに保ちましょう。
    広告

ポイント

  • 誰かに嫉妬されていたら、それは自分が物事に長けているからだと考え、やる気の源と捉えてみましょう。
  • 自己陶酔している人には何も伝えないようにしましょう。このようなタイプは他人の不利な情報を糧にして、周囲の印象を操作する道具として利用します。安全な距離を保ち、コミュニケーションを避けましょう。家族内にこのような人間がいるのであれば、自分のことに話が及ぶのを避けるためにその人のことを話しましょう。
  • アンチは、才能や情熱など他人に備わっているものに対して負の感情を抱くのであって、矛先となっている人の人格の問題ではありません。
  • このような人のために自分が変わる必要はありません。ありのままでいましょう。
  • 完全に無視してしまいましょう。否定的な意見を無視すればするほど相手も自らの重要性の薄さを痛感します。
  • 自分のやらねばならないことを全うしましょう。否定的な人のことは忘れましょう。自分を幸せにしてくれて、ありのままに受け入れてくれる人と日々を過ごしましょう。
  • 負の人間とは十分な距離を常に保ちましょう。こうした人から善い行いを期待するのはやめましょう。逆に意欲を削ごうとするでしょう。対応する際は大胆な方法を取りましょう。

広告

関連記事

How to

すぐに涙を出す

How to

恋人からの信頼を取り戻す

How to

ソシオパスかどうかを見抜く

How to

他者に依存しない

How to

復讐する

How to

キスが上手になる

How to

泣いている人を慰める

How to

敬意を持って人に接する

How to

相手が自分を本当に好きかを知る

How to

女性をその気にさせる

How to

友達がゲイかどうか見分ける

How to

相手に嫌われていないかを判断する

How to

キスマークをつける

How to

男性からの好意に気付く
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む78人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,472回アクセスされました。
カテゴリ: 人間関係
このページは 1,472 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告