アンティーク風の紙を作る方法

この記事には:しわをつけて霧吹きをする染色してオーブンで焼く炎と熱を使う紙を土に埋める

アート作品をおしゃれにしたいときや、お気に入りの詩にコピー用紙よりも素敵な台紙が必要なとき、古びたアンティーク風の紙が役に立つかもしれません。インターネットで調べると、紙をアンティーク風に加工する方法がいくつも見つかります。中でもしわをつけて霧吹きをする方法は、一番に試したい加工です。この方法で思ったような古さが出せないときは、染色してオーブンで焼く方法を試しましょう。炎と熱を使う方法や紙を土に埋める方法でも、雨風にさらされた古びた雰囲気を作ることができます。

1
しわをつけて霧吹きをする

  1. 1
    紙をくしゃくしゃにしてしわをつけましょう。紙を掌でボール状に握り、くしゃくしゃにします。固く握れば握るほど、紙にたくさんのしわがつきます。
  2. 2
    紙を開き、水、紅茶やコーヒーで霧吹きをしましょう。紙を開き、霧吹きに好みの液体を入れます。加工したり染色したい箇所がしっとりするまで、紙に霧吹きをします。
    • 使う液によって紙の印象が変わります。水では紙に色はつきませんが、質感が変わります。紅茶を使うと紙は淡い茶色に染まり、コーヒーを使えば濃い茶色になります。
  3. 3
    さまざまな種類の加工を施しましょう。紙が湿っている間は加工がしやすいので、紙の端を破いたり、爪を使って小さな穴をあけたり、細かいしわをつけるなど、いろいろと試してみましょう。[1]このようなダメージ加工は、時間の経過を表現します。紙を古く見せたければ見せたいほど、より多くの加工を施しましょう。
    • さらに濃く、深いしわを作りたい場合は、湿った紙を再度握りましょう。その際、紙を破かないように気をつけましょう。
  4. 4
    広げて空気乾燥させましょう。紙をカウンターやテーブルなどの平らなところに置けば、数時間で完全に乾くでしょう。
    • あるいは、時間短縮のためにヘアドライヤーを使ってもよいでしょう。

2
染色してオーブンで焼く

  1. 1
    染色液を選び、抽出しましょう。アンティーク風の紙を作る際、紙を濃い色に染めたいときはコーヒーを、薄めの色にしたいときは紅茶を使います。抽出段階で染色液の濃さを調節して、紙の染まり具合を変えることもできます。
    • コーヒーを使用する場合は、粉の量を増減して色の濃さを変えることができます。
    • 紅茶の場合は、染色液を作る際に茶葉をどのくらいの時間水に浸しておくかで、紙の染まり具合が変わります。長く浸した紅茶液ならば濃く染まり、短めに浸した液ならば薄く染まります。
    • 染色液は冷ましてから、次の工程に進みましょう。
  2. 2
    紙をオーブン用の天板に乗せましょう。天板の縁にかからないように、天板の中央に紙を置きます。
  3. 3
    あらかじめオーブンを90℃に温めましょう。この段階でオーブンを温め始めれば、紙の準備が整うころにはちょうど良い温度になります。
  4. 4
    天板に染色液を注ぎましょう。紙の上に直接注がず、天板の角から染色液を流し込みます。紙の表面が染色液の薄い膜で覆われれば染色液の量は十分です。染色液は下から徐々に染みこんでいくので、完全に紙が浸されていなくても心配ありません。
  5. 5
    スポンジブラシを使い、コーヒー液や紅茶液を紙の周囲に広げましょう。染め方を工夫すれば、さまざまな味わいが生まれる方法です。全体に統一感を出したい場合は、染色液を紙の周りに均一に広げます。反対に液を不規則に広げれば、はっきりとしたわかりやすい模様になります。[2]
    • よりはっきりとした斑模様をつけたい場合は、コーヒーの残りかすを紙に散らして数分そのまま置きましょう。[3]
  6. 6
    余分な水分をペーパータオルで軽くふき取りましょう。紙の上にも天板の中にも余分な染色液の水たまりが残らないようにしますが、紙を完全に乾かすのではなく、紙に染み込まない余分な水分をふき取る程度にしましょう。
  7. 7
    紙に修正を加えましょう。天板に乗った紙をオーブンに入れる前に、まだ湿り気があり、扱いやすい状態の紙に少し手を加えて、より古びた印象を出します。縁がギザギザになるように紙の周囲を細い帯状にちぎります。もしくは、爪を使って紙に小さな穴をあけてもよいでしょう。穴をあけた際にちぎり取った小さな紙片をくしゃくしゃにして、紙の残った部分に付け直せば、でこぼこした羊皮紙のような加工になります。さらに、フォークなどを紙に押し当てて跡をつけてもよいでしょう。
  8. 8
    天板をオーブンに4~7分入れます。天板はオーブンの中段に置くのが理想的です。焼いている最中は紙から目を離さないようにしましょう。紙の角が丸まり始めたら出来上がりです。所要時間はオーブンによって異なります。
  9. 9
    紙を取り出して冷ましましょう。オーブンミトンや鍋つかみを使い、オーブンから天板を取り出します。紙に書き込む際は、10~15分冷ましてから行いましょう。

3
炎と熱を使う

  1. 1
    紙を洗面台の上で持ちましょう。紙が炎上した場合に備え、洗面台や流し台の上で作業を行うことが大切です。燃えあがってしまったら紙を洗面台に落とし、水で消火しましょう。万が一紙が燃えてせっかく書いたものが消失してしまわないように、この方法をとる場合は加工が終わってから紙に書き込みをするとよいでしょう。
  2. 2
    ろうそくやライターを使いましょう。どちらを使用しても効果は同じなので、手に入りやすい方を使いましょう。ブタンガスを使った着火ライターは火が強すぎるため、このような作業には向きません。
  3. 3
    炎で紙の周囲をなぞりましょう。紙の端を持ち、炎から1cm~2.5cm上の位置で保ちます。炎を動かし、紙の外周に沿って往復させましょう。長い年月が経ち、時間や環境の影響で古く黒ずんだ紙を表現できます。炎を同じ場所に長く当てすぎないようにしましょう。
    • 炎を紙の同じ場所に長くとどめないようにしましょう。紙全体が燃えてしまうことがあります。[4]
    • やけど防止のため、紙の縁に沿って炎を動かす際は紙を持つ手と反対方向に向かって動かしましょう。
  4. 4
    炎で小さな穴をあけましょう。紙にさらにダメージ加工を施したいときは、炎で小さな穴をあけましょう。上記の要領で紙を炎の2.5cmほど上で持ちますが、この方法に限ってはしばらく炎を同じ位置で保ちましょう。穴が徐々に茶色から黒に変化するので、注意深く見守ります。穴の周囲が好みの色になったら、炎を紙から離します。
    • 炎で紙に穴を開けたいときは、紙を少し長めに炎の上にかざしましょう。しばらくすると熱で紙に穴が開き、少しだけ火が移ります。紙に火がついたら素早く吹き消しましょう。
    • 火の回りが早く、吹き消せないほど燃え上がってしまったら、すぐに紙を流しに落として水で鎮火しましょう。

4
紙を土に埋める

  1. 1
    庭の土に穴を掘りましょう。テニスボールが埋まるくらいの深さで十分です。庭を台無しにするほど掘り返す必要はありません。
  2. 2
    紙をくしゃくしゃに丸めて穴の中に収めましょう。まず、丸めた紙に水を少々振りかけます。振りかける水の量はカップに1/4ほどで十分です。それ以上は必要ありません。湿らせた紙を穴に入れる前に泥を擦り付けます。この作業により、紙に汚しや染みが入ります。
  3. 3
    穴を土で埋めます。丸めた紙を穴に入れたら、上から土を入れて紙を完全に埋めます。時間の経過とともに、泥の力で紙が傷み、使い古された風合いが生まれるので、しっかりと土の中に埋めるようにしましょう。
  4. 4
    3~14日後、紙を土の中から回収しましょう。どの程度の古さの紙を作りたいかによって、土の中に放置する日数を調節します。

ポイント

  • 焼く加工は、染色後、紙が湿った状態で行ったほうが味わい深い古さが生まれ、洗練された印象に仕上がります。
  • 火を使う加工は、本番の紙で行う前に別の紙で練習をしましょう。
  • 紙を湿らせたり、染色をする際は、紙に水を含ませすぎないようにしましょう。水分が多いと紙が破れてしまいます。
  • 黒ずんだ折り目をつけたい場合は、染色液に漬けたり、霧吹きをする前に折り筋をつけましょう。
  • コーヒー液でアンティーク風の紙を作る場合、グラスに数杯の赤ワインを混ぜましょう。液体の性質の違いから、コーヒーは「広い」範囲を、赤ワインは「小さなしわ」を染めます。
  • 紙が出来上がり完全に乾いたら、上から透明のラッカーを吹き付けて、さらにこだわった仕上がりを楽しんでもよいでしょう。
  • 上記の方法をいろいろ組み合わせてみましょう。例えば、紙を染めたあとオーブンで焼き、さらに数日土に埋めてもよいでしょう。

注意事項

  • 液体に浸す方法を行う場合、何枚も一緒に液に浸すと紙同士が癒着してしまいます。同じ紅茶液を使ってもよいので、一枚ずつ別々に浸しましょう。
  • 紙の劣化につながるので、長時間液に浸さないようにしましょう。
  • 燃え上がる可能性があるので、紙を炎に近づけすぎないようにしましょう。
  • インクで書き込みがある紙は、液体に浸さないようにしましょう。インクがにじみ、書いた内容が読めなくなってしまいます。濡らす前に紙に書き込む場合は、ボールペンや鉛筆を使いましょう。
  • 18歳以下の人が火を扱う場合は、必ず大人の監視の元で使用しましょう。

必要なもの

  • ティーバッグまたはコーヒー
  • 霧吹き
  • スポンジブラシ
  • オーブン用天板
  • ペーパータオル
  • オーブン
  • ろうそくまたはライター
  • ヘアドライヤー

記事の情報

カテゴリ: 趣味・工芸 | 趣味・DIY

他言語版:

English: Make Paper Look Old, Español: envejecer una hoja de papel, Português: Envelhecer Papel, Français: donner un air ancien à du papier, Deutsch: Papier alt wirken lassen, Italiano: Invecchiare la Carta, Русский: состарить бумагу, 中文: 让纸张看起来古老, Nederlands: Papier oud laten lijken, Čeština: Jak dodat papíru starý vzhled, Bahasa Indonesia: Membuat Kertas Terlihat Tua, العربية: إضفاء مظهر قديم على الورق, हिन्दी: कागज़ को पुराना बनायें, ไทย: ทำกระดาษให้ดูเก่า, Tiếng Việt: Làm cũ giấy

このページは 9,930 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?